2016年5月17日対巨人 2番梶谷を活かすのは1番桑原だぞ!いけるぞ、これ! 


ラミレス政権の屋台骨、2番梶谷

開幕前にラミレス監督が強く構想として描いことがある
「2番センター梶谷」
ここ数年は1番や3番での起用が多かった梶谷を2番打者に据えるという構想だ
この構想は、評論家でもファンでの間でも賛否両論というより、やや賛成意見が多かったように思える
今日初めてラミレス監督はその2番梶谷をスタメンに記した
この2番梶谷に注目して今日の試合を観戦した

調子が悪い中での2番梶谷

まずは、例の如く今日の梶谷打席をざっと振り返る

第1打席:1回表 1死 0-0
はっきり言ってがっかりしたとしか言えないのが第1打席
高めの直球を2球連続でファウルをし
3球目のフォークを空振りしてしまった
初回であり1番打者がアウトになって後だけに
アウトになるにしても、もう少し球数を稼いで欲しかった
トップバッターの桑原が6球投げさせてアウトになっただけに
久々に投げる内海にもっとプレッシャーをかけて欲しかった

第2打席:3回表 1死 0-1
ランナーなしで1点ビハインドの3回表
ここでは梶谷はファウル3球、ボール3球で粘り
7球目の強いあたりをショートに打ち坂本のエラーを誘った
第1打席目の3球で終わったのと、うって代わって7球を内海から費やしたのは大きいだろう
しかし一方で2球と7球目のファウルになったストレートは粘ったというより打ち損じた打球なので
甘い球を仕留めるだけの調子はまだ取り戻してないということだろう

第3打席:5回表 1死 1塁 0-1
今日初めてランナーがいる場面での打席
桑原をいかに進塁させるかも大事な場面になる
ここで初球甘く入ってきたスライダーを見逃してしまう
2球目はチェンジアップをひっかけ進塁打
2番打者としては仕事をしたといっていいところだが
“2番梶谷”としては働いたとは言えない

第4打席:6回表 2死1、3塁 3-1
疑惑の判定と桑原の働きもあり2点を勝ち越した後の場面
梶谷がここで1本打ってくれればこの試合が決まる場面
投手はここで内海から左の公文に代わる
巨人バッテリーはここで巧く攻める
アウトローにボールを集めカウント2-1となったところで
スライダーが甘く入るも仕留め切れず
5球目のアウトローの直球を空振りし三振
梶谷調子の悪さも然ることながら、それ以上にここでは
巨人バッテリーにやられた感もある

第5打席:8回表 1死2,3塁 5-1
左の山口に巧くインコースを攻められて凡打に終わってしまった
さらにこの後、1塁ランナーに残るも盗塁失敗

今日の梶谷は2番打者としては決して全く機能しなかったとは言わないが
“2番梶谷”としては不満しか残らなかった
それでも私は2番打者梶谷に期待する

4番筒香を機能させる2番梶谷

今日は2番梶谷が機能したとは言えないが
それでも私はこの起用法を支持する
まず、2番に梶谷を起用したことで筒香が打席に集中できる
ラミレス監督が「2番梶谷にしたことで筒香の前にランナー2塁の場面が用意できる」
と言っているが
これはおそらく「筒香が打席で1塁ランナー梶谷を気にしないで集中できる」という意味だろう
3番梶谷だと出塁した場合、筒香の打席で梶谷はリードや盗塁で相手バッテリーを揺さぶる
それによって筒香も打席へ集中力は多少そがれてしまうだろう
以前、「俺の打席のときにチョロチョロするな!」と怒ったかつての本塁打王がいたが
やはり4番にとってランナーの動きは気になるものだろう
かと言って梶谷に足を使わせないのはあまりに勿体ない
その折衷案してはこの2番梶谷構想は悪くない

また今日は出塁はなかったが
5月8日の広島戦でも2つの四球を選んだこともあって梶谷は昨年以上に選球眼が良くなったと見ている
今日の試合では球数を投げさせる姿勢や四球を狙いにいく形は見えなかったが
昨年のような三振量産パターンには陥らないと思う
そうなれば2番打者としての価値もあがってくるだろう

1番桑原が2番梶谷を活かす

まだ、2番梶谷が失敗か成功かを論じることはできない
個人的に梶谷は2番より1番打者として活躍して欲しいと考えていた
それでも今日の試合を見て
私はこの2番梶谷に賭けてみてもいいと思っている

その一番の理由は
1番桑原が機能していることだ
私が1番打者に期待する「球数をいかに多く投げさせるか」ということのみ
今日の桑原は
第1打席6球 第2打席5球 第3打席7球 第4打席6球 第5打席1球
5打席で25球の球数を投げさせ、さらに3安打は合格点だ

トップバッター桑原がこのような働きを見せてくれるなら
梶谷を2番に置くことのメリットは増すことになる

2番梶谷が機能すればベイスターズ夢の4位も見えてくる
(4位とは小さい夢ですが…)

◆ピックアップ記事に梶谷関連の過去記事があるのでぜひ、参考に
・梶谷は果たして救世主なのか

梶谷2番構想で見えたラミレス監督への期待と不安

このままでは2流選手に終わる可能性もある梶谷にレギュラー確約するな

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. やっとチームもファンも期待の打順で野球ができる、そして見れる状態になってきました。
    でもここからですよ。いよいよ他のマークがきつくなってくる。
    ここからがホントに勝負ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。