2016年5月27日対広島6-1○ 我々はカープにだけは絶対負けられない!そして石川にも頭下げとく! 


首位叩き、借金返済以上の意味…

ベイスターズは5月に入って着実に借金を返し、現在まで2つと減らすことが出来た
27日からの広島3連戦を2勝1分以上で行けば借金を返済することができる
交流戦は借金を作ることは致し方ないと私は考えているので
絶対に5割で交流戦を迎えたい
この3連戦の相手である広島カープは現在まで絶好調で首位を走る
今のベイスターズの勢いが本物かどうかの試金石には絶好の相手だ
しかし広島カープに勝たなければならない理由は
首位だから…とか5割だからとか
そんな小さい理由ではない、我々ベイスターズはカープにだけは勝たなければならないのだ

昔のコイ人は、今や隣人でなく見下された

広島カープは2000年台
我々の良き隣人、良き友、良き悪友、良きドングリの背くらべ相手だった…
2001年シーズン、勝率は低いのに勝数で上回ったという理由でお零れ3位を
4位のカープにもらってからというのは我々の隣にはいつもカープが居た
2002年5位カープ最下位ベイ
2003年5位カープ最下位ベイ
2004年も同じ、2005年はベイが3位でカープが最下位になるも
2006年も5位鯉6位星、2007年は4位星5位鯉
2009年~2011年5位カープ、6位ベイスターズだった
当時疎らハマスタ最終戦でカープとベイスターズでエール交換をするほど
我々と鯉は傷をなめあっていた
「いつか一緒にCSでて日本シリーズの出場権を争おうね!」
ところが、広島が旧市民球場を捨て今のマツダスタジアムに本拠地が変わってから
彼らの態度が冷たくなった
我々の聖地ハマスタは気付けば赤いユニフォームで埋まっていた
オレンジや黄色に占拠されるのは慣れている
しかし赤いコイ人に我がもの顔で浸食され始めた
2012年「熱いぜ、DeNA」と明るいだけの監督が叫ぶ一方で
本当に熱かったのは広島だった
ハマスタではマエケンにノーヒットノーランをされるなど気付けば対戦成績は6勝16敗
10も勝ち星を援助したおかげで鯉は初のCS争いを演じていた(結局4位だったが…)
2014年も8勝15敗と大きく星を落とし、一方でカープはCSの常連になりつつあった
もう鯉人は恋人ではなく隣人でもなく、我々を見下していた
昨シーズン15勝10敗と久しぶりに勝ち越すことができた
もうカープにいいようにはさせない!
今日も勝たなければならなかった!
そんな試合は石川の活躍が勝利に導く

ハイライトは石川のタイムリー

今日の勝因をあげるなら、7回の石川のタイムリーだろう
5月からブログ再開後、石川をやや批判的に書いた記事を数本更新したが
まずは水曜の猛打賞と今日のこのタイムリーを打ったことで
石川には頭を下げたいm(__)m
今日の勝因は間違いなく石川だろう
5回の勝ち越しの走塁を誉める声もあるだろうが
あの程度の走塁は、8年も競争なしでポジションを与えた選手なんだから出来なきゃ困る
(なぜ普通に誉められない(--〆))

しかし7回のバスターからのタイムリーは見事だ
梶谷が出塁した後
どうしても追加点が欲しいところで広島戸田はボールが荒れる
バントの構えをしていた石川は3球見逃して0-3
4球目も見逃してカウント1-3とすると
5球目でバント失敗
バント失敗は反省点だが、バントの下手くそな選手にサインを出したベンチが悪いので
石川は気にしなくていい(皮肉しか言えない…)

しっかりバスターエンドラインを決めた石川に文句は言えない
ちゃんと誉めよう!
この打席の石川は最高だった!

実は、今の広島のような球団になりたかったベイファン

石川の一打で勝った今日の試合
かつての隣人を打ち破り、現在の首位チームを倒すことが出来た
ここで話をもう一度広島と我々の関係に戻そう
平屋の隣人は今やヒルズ族になったかのように遠い存在になってしまった

おそらくだが、今ベイスターズファンの中にはアンチ巨人と同じくらい
アンチカープがいるような気がしている
私の馴染みの床屋のダンナが大のベイスターズファンだが
「なんか俺アンチ巨人なのに最近広島と巨人が試合すると巨人応援しちゃうことあるんですよ」
昔から嫌いで住む世界が違う球界の盟主は憎いが
それ以上に同じ立場にいたかつての友人が成りがあがると嫉妬もあってもっと憎くなる
人間関係でもよくある話だが
かくいう私も現状カープが羨ましいし、カープが優勝する前に
ベイスターズには優勝して欲しいと心から願っている

しかしそれは嫉妬と同時に今のカープの姿が
かつてベイスターズが、ベイスターズファンが想像した姿・形だからだ
昨年の10月8日奇しくもベイスターズが優勝した日に書いた記事
カープの悔しさを味わえない、ベイスターズファン
その一部引用する

17年前、我々ベイスターズファンは
その10年後もしくは20年後
おそらく横浜ベイスターズは
今の広島カープのような球団になっているものと思っていた
横浜市民の9割はベイスターズファン
新球場の横浜ドームはみなとみらいで1番人が多く集まる施設
監督は98年優勝した大魔神ササキ
ヘッドコーチの谷繁が次期監督
打撃コーチの尚典や内野守備走塁コーチの琢朗はその後の争いかな
元気印の波留は外野守備走塁コーチ
2軍監督は佐伯監督のもと、確実に選手が育っている
谷繁引退後は、ポスト谷繁のベテラン新沼が頑張ってるけど
もう、そろそろ若手がしっかり育って欲しい
多村、紀田は主軸で頑張ってるけどもう引退も近いだろう
98年のドラフトで引き当てた松坂はメジャーから横浜愛でベイスターズに復帰し
今年は男気エースとしてまだ頑張ってくれている
三浦とのダブル大輔コンビは今年も2人で25勝してくれた…
市民球団横浜ベイスターズのファンがいる限りこのチームは死なない

 

この妄想に近い形を実現したのが広島カープと言っていいだろう
我々ベイファンがカープに感じる憎悪は、こんな嫉妬から来ている気がしてならない

しかしベイスターズはこの私のした妄想に近付いている
ベスターズファンは増え、横浜スタジアムは数年後には生まれ変わることになるだろう
生え抜きとまで言えないがOBのラミレスが指揮をとる
チームは確実に強くなってきた

もうカープに遠慮も嫉妬もいらない
今こそあの時隣人と約束した
「CSで日本シリーズの出場権を争おう」という
約束が実現しそうだ

18年前の98年も5月に広島と首位を争っていた…

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. カープは前田健太という若武者が出現し、それ以後彼がグイグイチームを引っ張って今のステイタスを構築したような気がします。 その勢いのあるカープに、ちょっと前はハマスタで平気で3連敗してましたからね ベイは‼
    そして今 この絶好調は本物ですかね ? セ・リーグのレベルが低いんですかね? 勝ったら勝ったで心配はつきませんね。
    そして石川 当たってきました。たまたまなんでしょうか? 根拠があり、それを本人はわかってるんでしょうか?
    こういう絶好調時は昨年もあったし、それまでもあったと思います。 (このくらいの活躍は結構多くの選手がしてる )
    もっと×1億倍 精進して、若手や助っ人らの競争に勝ち、ベイスターズ史上最高のセカンドになればいい。
    で 私のような失礼な一ファンを黙らせて欲しい。 あえて言いましょう やれよ‼石川

    あ ッ 我に帰りました。 えらそうなことを言ってスミマセン。

    1. いやーおっしゃる通りです
      期待すれば裏切られるベイスターズのことですから5割くらいで信じても平気で10連敗したりしますからね
      石川もしっかり競争してポジションを奪わないとダメですよね
      石川含め全てのベイスターズの選手がしっかり精進しないと今のベイスターズは逆にひっくり返されますよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。