2016年5月31日対西武 5-2○ もうロマックには帰国してもらっていい 


:新助っ人を育成している余裕はない:

ロマックが1軍登録即スタメン
正直、わざわざスタメンで使う必要はないだろうと思った
少しファームで打ったからといって開幕から打てない新助っ人の復調を待っている余裕はない
スタメンでも代打でももっとましな選手がいるのにわざわざ使ってあげる選手でもない
「7番ライトロマック」
彼の打席を振り返りながら今日の試合を見ていく

:3打席で2三振4アウト、ダメ助っ人の最期:

今日のロマックの打席を振り返る

第一打席:2回表 1死ランナー無し スコア1-0
西武先発は佐藤、初回に宮崎にタイムリーを打たれたこともあり
リズムは乱れていた
このロマックとの対決でも初球直球でストライクをとる
2球目はサイン違いだったのかボール球
しっかりボールを見極めていけば、いけそうだったが
3球目の落ちる球に簡単に空振り、4球目は直球高めを振って三振
何を狙っていたのかもわからないまま打席が終わった

第2打席:4回表 1死ランナー無し スコア4-0
この回にロペスのスリーランもあって完全に佐藤は抜け殻状態
さらにロペスの後の倉本はアウトになったものの佐藤から9球粘っている
ロマックにとっては投げる前から優位にたっていた場面だ
初球の低めのカーブに手が出ずストライクになるも
2球目と3球目が外角に外れボール、カウントは2ボール1ストライクになる
カウントでも完全に優位にたっているにも関わらず
ここでインコース低めのフォークボールを空振り2ボール2ストライク
すると5球目は外角のボール球に簡単に手を出して空振り三振
バットが振りたいだけで何も考えていない助っ人の典型のような打席だった

第3打席:6回表 無死1塁 スコア5-0
2番手の小石に対する、ロマック第3打席目
この回先頭の倉本がヒットで出塁した後
3球連続でボール選びカウント3ボールナッシング
開幕直後は打たなくても四球を選び選球眼は良かったロマックらしく
四球を選んでくれるかと思ったが
4球目のド真ん中の直球を見送りストライク
甘い球を見送ったことがロマックを焦らせてしまい5球目のスライダーに手を出して
ショートゴロ併殺打
3打席にたって4つのアウトを献上し、さらに2三振という散々な結果

結局次の回から守備固めで関根と代わり約1カ月ぶりのスタメンはまったくの役立たずで終わった

:既に3月の時点で助っ人失格だったロマック:

以前の記事でも書いたが
ロマックはキャンプからオープン戦にかけて
サードの守備が出来ないとわかった時点で
16年シーズンのベイスターズの助っ人としては失敗だった
15年オフにそれまで2シーズン在籍したサードのレギュラーだったバルディリスを切った以上
ベイスターズに必要な助っ人は外野手やファーストを守る助っ人ではなく
サードをしっかり守れる選手だった
特にバルディリスはサードの守備は文句がなかったので
そのバルのクビを切ってまでとった選手はバル以上に打力も期待されていた
外野にまわってい筒香をサードに再転向させないと決めたのであれば尚更だった
だからこそロマックを獲得した時も「サードができる大砲助っ人」と報じられていた
しかし蓋を開けてみれば…いや蓋を開ける前から
ロマックはサードの守備は目を当てられない状態
守備を重視するラミレス野球のサードには全くマッチせず(なら、なぜとった)
前年までマイナーで外野の守備を守ることが多かったので外野手として
オープン戦で起用するようになり、開幕戦でもライトで起用された
何度も言うが、サードが出来ない以上ロマックは失敗助っ人だった
16年助っ人失格だった
ベイスターズは「サードができる大砲」を求めていたのであって
「外野しかできない選手」は求めていなかったわけだから…
ひょっとすればその時点でバイバイしても良かったかもしれない
結果的に5月31日現在
サードの定位置は白崎や山下で争っているが
どちらも及第点にもなっていない

:ダメ助っ人を捨てるのも指揮官の質:

以前も書いたが、ラミレス監督は助っ人選手に対して情が深い
ぺドリックを大事な場面でいかせたり、ザガ-スキーに対してもそんなこともあった
特に4月は不調のロマックを使い続けてチームも白星から見放された
これは4月、チームの得点力不足ともつながってくる話だ
一人の選手に固執すればチームの勝敗は変わってしまう
4月と5月の勝敗差を見ても明らかだ
今日の試合3打席でロマックを見限ったラミレス監督の判断は正しいだろう
しかし明日も3打席チャンスを与えるようなら6月のベイスターズはまた悪くなる
新助っ人も獲得したわけだし、ロマックには帰国してもらっていい
5割になったチームにロマックの貢献は1勝もないのだから…

18年前も5月の時点で権藤は当時の助っ人ホセ・マラべに見切りをつけた

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. その通りであります。 試してるなんて余裕ない。
    ちょっとした油断がリズムを狂わす。
    試合に出たいと思っていて、結果を残せる若者がウジャウジャいるんだから、その子らを使うべき。
    今は情なんていらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。