2016年6月4日 対ロッテ 6-5○ 勝ちに驕らず、ラミレスは梶谷を外す決断をできるか  


ロッテに劇的な勝利で連勝の裏で

劇的な勝利!今季1番のナイスゲームを言ってもいいだろう
ここまで完璧な投球を見せてきた今永が炎上
6月1日の西武戦で石田が打たれて負けた試合が脳裏に…
しかし宮崎、筒香、ロペスのクリーンアップ揃い組のホームランで追いつき
延長10回裏に筒香がサヨナラのもう1本で勝利した
今永の後を受けたリリーフ投手
熊原-田中-須田-山崎-三上が無失点で10回まで抑えたことも大きい
私が昨日書いた記事の中で述べた不安要素のひとつだった三上も
しっかりと安定したピッチングを見せてくれた
その一方で気になるのが今日も1番に入った梶谷
5打席回って出塁したのは1打席目の四球のみ打率も今日で.198
トップバッターでこの数字は苦しい
連勝の裏で梶谷の起用の判断もラミレス監督には求められる

悪い時の梶谷が出ている

今日の梶谷の全打席を振り返る

第1打席:初回 先頭打者
ロッテのチェンのコントロールが乱れ得意のスライダーが決まらず
6球投げさせて四球を選んで出塁
出塁はしたがチェンの制球も悪すぎたので評価はできない

第2打席:3回 2死ランナーなし
初球の高めの直球を見逃してストライク
2球目のスライダーは大きく外れボール
今日はチェンのスライダーが決まらない
3球目のド真ん中の直球に振り遅れファウル
4球目にインハイの直球を空振りして三振
粘ることも出来ないトップバッターは苦しい

第3打席:4回 2死1,2塁
筒香、ロペスのホームランで同点に追い付き
尚チャンスの場面、相手は2番手投手南
初球のフォークはワンバンドになって見逃すも
2球目のインローに落ちるフォークに空振り
3球目はやや真ん中に入ったフォークに手を出して
泳ぎ気味になってフライ
低めの球にはバットが止まらず空振りする梶谷の悪い癖が出てしまっている

第4打席:7回 先頭打者
代わった投手内
内の初球の高めの直球を打ちあげてフライ
高めの球に手を出して打ちあげるのも悪い時の梶谷である
代わった投手のボールを簡単に初球から打つのも考えがない
完全に今の梶谷は戦力になっていない

第5打席:9回 2死ランナーなし
この回から代わった西野
今の梶谷はどうしても低めのボール手が出てしまう
ここでも西野の低めのフォークに手を出し追い込まれると
最後は低めに落ちる緩いボールに空振り
低めのボールにバットが止まらず三振
「梶谷には低めの変化球でいいだろう」
ロッテバッテリーの声が聞こえてきそうだ

5打席立ってヒットなし2三振、1番打者としては完全に失格
というよりも今の梶谷は打順の前にレギュラーとして使うのは苦しい

好調な今だからこそ一度休養を

現状梶谷は考え過ぎているのか何も考えていないだけなのかわからないが
相当調子を落としている
ここまで打率2割を切っているのは深刻だ
梶谷は元々4月・5月が好調で6月7月は調子を落とす傾向にはある
といっても最近の梶谷はそんな傾向関係なく酷い
1番打者では使えないうんぬんの前にスタメンで使うのも苦しい

梶谷がベイスターズの中心選手であるのは間違いないし
梶谷が復調しない限りベイスターズの浮上はない

しかし今梶谷を使い続けても結果は良くならないだろう
一度休養も兼ねて梶谷を外す決断をしてみるのも悪くないだろう
交流戦とはいえ、チームは好調だ
だからこそ、無理に梶谷を使う必要はない
「今の」梶谷の代わりなら乙坂、桑原で事足りる
鳥の目のようにスタメンを代えるラミレス監督だからこそやって欲しい

明日のロッテ先発は唐川
左打者には打率.350以上打たれているので
左の梶谷をスタメンから外すことは戦略的にも考えにくいが
梶谷は塁に出てこそ活きる選手
塁に出られないなら外して休養させることも必要では…と思う

ラミレス監督がもうひとつ上のステージを目指すなら
大きな決断をして欲しい

18年前、権藤が2週間近く4番ローズをスタメンから外したことがあったように…

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 梶谷の件はまさに貴殿の言う通り、私はダミレスと呼んでいる。今日も采配で勝ったのではない。
    私なら8回に無死で筒香で塁に出た時に代走関根で盗塁で勝負をかける。裏責めの特権である。
    そして結果オーライだがなぜ、山崎をロッテの下位打線にぶつける。その裏にベイが上位打線なら
    良いがベイも下位打線。点が入るとは思えない。
    不調ではない、ザガスキーと柳田を外したのも解せない。ロマックは不要。つかうなら今年はイースタンで鍛え20本はHR打ってなら検討だが代打専門以外あり得ない。エリアンも今日の2打席目くらいまでにヒットなければ試合が接戦なら代打も必要。外国人のバッターばかり厚遇するのはやめて欲しい。

    1. ラミレスの采配で勝ったと思う試合は今年乏しいですよね
      特にこの試合ではタイムリーがなく本塁打の得点のみ
      これは誰が監督でも…と思うことが多いでうよね。
      非常に興味深い勉強に成るコメントありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。