2016年6月8日対ホークス1-4● やっぱりラミレス監督は無能なのだろうか… 


横綱相手にハンデをつける弱者

ハンデとは強いものが弱者相手につけるのがつけるものだと思っていた
しかし今日の試合を見る限り、弱者が横綱相手にハンデをつけて負けに行く采配もあるのかと疑った
無論、指揮官にそのつもりはないのだろうが
それでも今日のスタメンを見て勝ちに来てる打線とは到底思えなかった

昨日の1本で打率.103の助っ人を5番に座らせるBOSS

ロペスの練習中のアクシデントで急きょだったのかもしれいないが
それにしても代役に「5番ファーストロマック」は頷けない
代わりがいないわけでもない、宮崎をファーストに回すなどの方法もあったのに
なぜ、ロマックでなければならないのか…
昨日の70打席目に出た初の長打が評価されてクリーンアップに使うなら
ロマックが打てなかった69打席の間に活躍してきた選手達にチャンスを与えてしかるべき
ほんとにわざわざロマックを起用しなければならない理由がない
今日のホークス先発和田は左投手であるが
今シーズンは左打者の方が打たれている

相変わらずの左右病でロマックを使ったのかそれとも
米国時代に和田はロマックに手痛い一打でも打たれたのか…もちろんそんなデータはない
ロマック個人どうこうではなく、本当にラミレス監督が頑固に起用する理由が見えない
正直、ファームで試合に出始めている後藤でも昇格させて起用した方がずっと勝利に貢献するだろう

ルイーズ、サラサ-以下のロマックに魅力があるのか

2012年に途中入団した選手にランディ・ルイーズという選手がいる
彼は32試合に出場して65打席立って打率は.210 本2 点5
典型的なダメ助っ人であったが(そもそも楽天時代も成績は微妙だった)それでも今のロマックより上
ルイーズと同じ年にテスト入団したサラサ-だって30打席で今のロマックと同じ6本のヒットを打っている
まだ5年のDeNA歴史を紐解いてもロマックより散々な野手助っ人はいない
来日しなかったグリエル弟、ルルデス・グリエルよりは日本に来た分マシかもしれないが…
そのロマックの打席を昨日に続いて振り返る

単純に右打者だからロマックは起用されてるだけか…

第1打席:2回表 先頭打者 対:先発和田(左)
立ち上がりボールが少しばらついていた和田
ここでも初球アウトコースに決まった変化球でストライクをとると
直球を4球続けると球がばらけカウントは2-2に
直球にタイミングがあわなかったロマックに
最後は緩い球を投げて空振り三振今シーズン23個目の三振を喫する

第2打席:4回表 二死ランナーなし 対:先発和田
初球低めの130キロ後半の直球を見事にレフト前ヒット
昨日も低めのインコースをヒットにしていたが、得意なコースというわけでもなさそうだが…
しかしこの1本で「ロマックは調子を取り戻した」と言えるわけない
そもそも今シーズン取り戻す調子を見せていない
偶然的に2試合ヒットが続いただけでクリーンアップ起用に納得するのもおかしな話だ

第3打席:6回表 1死2,3塁 対:先発和田
宮崎、筒香でチャンスを作って2,3塁
ここでもし、ロマックが打つようなことがれば私も手のひらを返したかもしれない
ただ同時にここで打つような選手ならもっと結果を残しているだろうと思ったのも事実
さらに和田-鶴岡のバッテリーもここまで直球中心でロマックに対して組み立ててきたが
ここでは緩い低めのチェンジアップで追い込んで最後は直球をアウトローの完璧なところに決めて三振
今シーズン24個目の三振を難なく奪った

第4打席:代打下園起用でベンチへ
チャンスらしいチャンスでもないところでロマックは右の森が投げていたからなのか
代打をだされ、左打者の下園が起用される

単純に先発和田が左投手だから、右で打つロマックを使っただけなのか…
贔屓でもなく個室でもなく単純にそれだけが理由ならばラミレス監督は無能としか言えない

無能とも言えない、2番エリアン起用

ラミレス監督のロマックのクリーンアップ起用は到底誉めることはできないが
その一方で個人的におもしろいと感じたのは2番エリアン起用だ
スイッチヒッターで、動きはなかなか俊敏さらに広角に打てる
2番にエリアンを使えないかと私も思っていただけにこの起用はなかなか興味深い
今日の結果だけで2番が適正かどうかは判断できないが
梶谷を2番に起用する計画が脆くも崩れた今
ラミレスベイスターズの懸念の2番問題にも片がつくかもしれない
ただ現状1番打者が決まっていないだけに2番を固定する意味もないが…
(まあ、そもそも4番筒香以外は固定出来ていない打線だが…)

左右病ラミレス監督の心の内は

今日の試合はまた点差以上に大敗だった
しかしソフトバンクの強さを感じたというより
何だかベイスターズの方が取れる戦略をとらなかった感じもする

昨日今日とロマックをやり玉にあげたが、やはり打率1割にも満たなかった選手をスタメンで起用することに
チームの必死さが伝わってきた感じはしない
正直、試合もだらけてしまった
またスタメン起用の宮崎を右投手がでてきたら石川に代えてことも
もはや8回の場面でのロマックから下園への代打も
単にラミレス監督の左右病が顕著にでた結果にも見える
左右病がここまで深刻だと、2番にスイッチヒッターのエリアンを使う意図もわかる

横綱相手に連敗したことは致し方ない
しかしどうもその内容が勝負して負けたというより
試合前のスタメン発表の時に負けていた気がしてならない
ハンデを使わないでしっかり横綱と戦って欲しい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 再コメントになりますが、もう一度愚痴らせて下さい。
    対鷹第三戦、7回表4-1負け、1アウト1・3塁で打者筒香の場面から左腕森福登場。 しかし筒香四球、倉本タイムリーでアップアップの状態。 ここで次打者乙坂というところで、何を血迷よったかラミレス監督「代打桑原」。 工藤監督は「ありがとうございます」とばかりに右腕岩嵜に交代させて、桑原、宮崎を打ち取り、万事休す。 この手を打てば相手がどう出てくるかという初歩的な思考力も欠いているのては、無能を通りすぎていますよね。
    また、コーチ陣が止めることが出来ないほど、ベンチで孤立しているんだと思います。
    このような監督を選び、サポート体制を作れなかったのは、もちろん高田GMの責任だと思いますので、DNAはGM制度を考え直した方がよいのではないでしょうか?

    1. 今日の試合の記事はもう書いてしまったんですが
      確かに代打桑原の場面は思わず転げ落ちましたね
      ラミレス監督がここまで左右病が酷いと処方箋は口出ししかなさそうですが
      もはやそのGMも癌になっている感じがしますね
      ラミレスという外国人政権の中に監督の腹心と呼べる人間がいないのも問題かもしれませんね
      もはや今シーズン終盤あたりには、いつものお家騒動がおきないことを願うばかりですね

  2. [今年のメンバーで、セ他球団が今の状況であるなら、権藤監督、山下ヘッドが采配すれば優勝するであろう]
    調子にのって再コメント失礼します。上記が今の実感であります。
    [ラミレス監督は、きっと人の心を読めない人なんだろうな]
    これは、自軍選手が気持ちよくプレーし、相手監督、選手の嫌がる采配が出来ていないという感想であり、鷹戦でその実例を述べます。
    ・初めてロマックに期待した場面がありました。1回戦8回表、2点負、2アウト1・3塁、前の打席で2塁打を放ち気分よくしているロマックに打順が。この場面、「も、もしかしたら衝突事故でロマちゃんが大ヒーローになるのではないか!」と。 しかし、代打下園。 解説のこけしバット山崎さんも述べられてましたが、ここは本塁打が欲しい場面、右投手で下園は代打の切り札ではあるがここの代打はないのではないかと。相手ベンチも嫌な予感がしたと思うし、ロマックにしても「これでヒーローになるんだ、ダメなら日本での野球生活にあきらめもつく。」と思ったのではないでしょうか。そもそも、この場面で代打を出さないといけない選手をツツ、ロペの後ろに置くのが間違っているのでしょうが。
    ・田中の連投、須田の回跨ぎ。「負けゲームじゅあないか。俺たちは勝パターンカルテットの一員だと思っていたのに。」
    ・今、ツツ、ロペ(早くケガ治してね。)の次に相手チームに恐れられている打者は宮崎である。投手の左右に拘わらず3番固定で、勝ちゲームの守備固め以外に交代させるべきではない。自信をつけさせて定着させたいと思います。

    下手な文章で失礼しましたが、私の結論はラミレス監督は無能であります。

    1. 昨日の試合のハイライトの批評を詳しくかいていただきありがとうございます
      本当に参考に成ります
      8回のロマックに代打の下園を送ったところも私も少し疑問に思いました
      さらに須田の回跨ぎ、田中の連投もおかしいですよね
      宮崎の守備固めも同じ意見ですね
      相手の嫌がる采配をできない今のラミレス体制で今年の浮上は厳しいでしょうね、というより厳しくしてしまってますよね
      他の人間ならもう少ししっかりした野球が出来るでしょうね
      ラミレスは人の心を読めない…まさにこの言葉こそが今のベイスターズの闇の部分かもしれませんね!
      貴重な意見ありがとうございます

  3. せっかく5月には勝率を上げ、交流戦に入りロッテに3連勝と勢いに乗るかと思われた直後、この選手使いには正直ガッカリというよりラミネス采配に怒りさえ感じてしまいます。
    今のベイスターズには短期的戦略として、外国人選手補強でチームの弱点補強をせざるを得ません。勿論ホークスのようにお金を無尽蔵に使ってとは言いませんが、もう少し頑張って又バルディリスを放出するなら以前から12球団最低のセンターラインの弱体を考えたうえで、1塁手を除く内野陣の補強をしなければならなかったはずです。(反面弱かった投手陣の再編には、大成功でしたが)
    ロマックなど、どういった発想から出てきたのかわかりませんが、以前のつまらないスポンサー企業からDeNAといった球団経営に前向きな良い企業に甘えついでに、最大のファンサービスは勝つ事といった前提で更に一段の努力をお願いしたいと思います(誠に身勝手な太洋ホエールズ以来68年間の一ファンより)

    1. ロッテの3連勝をホークスに3連敗で吐き出す程度なら問題はありませんが、あのスタメンでわざとかと思うような吐き出し方にはがっかりしますね…
      内野手の補強の仕方にはまだまだ不満は残りますが、それでもDeNAの努力には私も敬意を表しています
      だからこそ、一層の努力が欲しいですね

  4. せっかく5月には勝率を上げ、交流戦に入りロッテに3連勝と勢いに乗るかと思われた直後、この選手使いには正直ガッカリというよりラミネス采配に怒りを感じます。
    今のベイスターズには短期的戦略として、外国人選手補強でチームの弱点補強をせざるを得ません。勿論ホークスのようにお金を無尽蔵に使ってとは言いませんが、もう少し頑張って又バルディリスを放出するなら以前から12球団最低のセンターラインの弱体を考えたうえで、1塁手を除く内野陣の補強をしなければならなかったはずです。(反面弱かった投手陣の再編には、大成功でしたが)
    ロマックなど、どういった発想から出てきたのかわかりませんが、以前のつまらないスポンサー企業からDeNAといった球団経営に前向きな良い企業に甘えついでに、最大のファンサービスは勝つ事といった前提で更に一段の努力をお願いしたいと思います(誠に身勝手な太洋ホエールズ以来68年の一ファンより)

  5. やはり無能かは結論出ています。
    昨日、スタメンみた瞬間負けたと思ったがこんなことは初めて。
    なぜ、他のコーチは言えないのだろうか?
    左右病は重症ではなく、重体です。
    ロペスのアクシデンで私も昨日なら、1塁宮崎、2塁石川です。今まで何年も石川はレギュラーとして
    やっている選手、極端に左が打てない印象はない。
    エリアンの2番はまだ彼が自分を犠牲にできる疑問だからわかりません。
    常勝チームには自分を犠牲でできる2番が居る。

    攻撃陣もそうだが、投手起用も不満。私の頭の中では熊原は同点か勝ちパターンの投手。
    昨日3点差になった時点で起用するなら小杉。
    不調でもなかったザガスキーを外し、マイナスにしか働かないロマックと入れ替えたことに自体がおかしい。
    三島が好投したし、こんな時は自分を犠牲にできる三浦を上にあげても面白い。
    勿論、外すのはロマック。

    1. 私も昨日の試合ではあれば一塁宮崎セカンド石川なら納得しますが…あの打順だと
      まさに左右病は重体、(勝ちの)意識不明状態…
      熊原がビハインド場面での起用も疑問ですよね
      私もそろそろ三浦の昇格を期待します

  6. まあとにかく、なめられてますよね。
    闘うには前からベストとはほど遠い打順、で試合に入れば相手にとってなんともお優しい戦術(てか術ってあんのかな?)
    ただ2連続完敗してますが、セ・リーグでは3位、交流戦では勝率5割。
    負けてもいいから 今日は、闘う前も闘いが始まっても『ベスト』を尽くしていただきたい。
    まだまだ明日以降も試合はあんだから‼‼
    道楽で野球やってんじゃあねえってんだ ‼ ・・・・ スミマセン 興奮してしまいました。

    1. その通りです!ベストを尽くして負けたしまう分には私も文句は言いません
      しかし戦う前にベストを尽くさないことに腹が立ちますね
      でも、ほんとまだ3位!なんとか踏ん張って欲しいすね!

QuWA田ベイスけ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。