2016年6月18日対楽天3-6● 最下位中畑野球を踏襲するラミレス!これは球団の要望か! 


4連敗!で止まりそうにない

しっかり他球団の期待のルーキーを育成するベイスターズ
やはり、球界のことを一番に考える球団は違う
自分の球団のことだけを考える福岡や水道橋の球団とは違うのだ
また幕末以来外国人との交流が深い「YOKOHAMA」なだけに
助っ人外国人に対しては優しい
こんな球団なのだから、4連敗で借金が3
好調だと思われた交流戦も明日明後日勝たないと5割に届かない
という自分のチームが土壇場になろうと関係ないのだろう
思いっきり皮肉を書いたところで本題に行く

ライト下園という奥の手

右投手の釜田が先発ということでライトにダメ助っ人を起用しなかった今日の試合
代わりに下園を起用した
「ライト下園」
歴代の名監督が打線があまりに不調に陥った際に使う奥の手的な起用でもある
(これがもっと奥の的な奥儀的な起用になるとセンター下園という手もある)
守備面ではかなり不安が残るがそれでも打撃での確実性がある下園の起用は
決して間違っていない
さらに3番という起用も決して悪くない
この起用があたり4点ビハインドの
6回には
しっかり2点タイムリーツベースを放って結果を出している
今年の下園の踏ん張りには、頭が下がる

エリアンにも見え始めたダメ助っ人感

今日は7番セカンドで起用されたエリアン
守備面では非常にいいものを見せてくれている
セカンド、サードを無難にこなしてはいるが
肝心な打撃の方は…
最近5試合では18打数3安打と元気がない
今日は7回に1本安打は出ているが少し苦しいように見える
おそらくこのエリアンも来年いない助っ人だろう

で、今日もロマック

9回裏ツーアウトから桑原本塁打、続く代打嶺井が安打で出塁
多く集まったファンもようやく楽しめる展開になった
2死だが、つないで筒香までまわして欲しい
そんなファンの期待を裏切るかのように
指揮官は代打ロマックを送る
昨日の試合後「そろそろ我慢の限界」
と話していたが
そろそろ」とは82打席では足りないなのか
我慢」とは打率.118ではまだできるのか
どうもこのBOSSはわからない
ロマックはしっかりいつものように見逃し三振をして
ゲームを締めくくった
今や守護神はロマックと言っていいのかもしれない

最下位の足音が近づいてきた

今日の負けで4連敗
広島は走り出し、ベイ優勝の目はもうないだろう
何とかクライマックスに滑り込んで欲しいが
指揮官のヘンテコな起用が続く限り負けは込むだろう
5月は投手陣がBOSSの失敗をフォローしていたが
若い投手陣にとってはこのジメジメした6月は踏ん張りが利かなくなる
今日の今永のように調子を落とすこともあるだろう
そうなるとやはり5月の調子を投手陣に求めることは酷である
しかしそれをフォローできる打撃陣を機能させるだけの首脳陣ではない
そうなるとこの4連敗は大型連敗の序章でしかないかもしれない
昨年あれだけ勝っていたのに12連敗したチームであることを
ファンも指揮官も忘れてはいけない

そもそもラミレスは
「(最下位)中畑野球の踏襲」が目的

しかしここで敢えて厳しいことを書くが
そもそもラミレス監督に「優勝しろ」「クライマックス頼む」etc.
とファンが求めることが間違いなのかもしれない
昨年オフ急きょ中畑監督が辞任し
後任候補を球団がリストアップしている時
池田球団社長が後任に求めた第一条件が
「中畑イズムを継承できる人」だった

確かに中畑監督はホエールズ時代も含め
この長い球団史に語り継がれる監督であることは間違いない
しかし彼が残した成績は最下位⇒5位⇒5位⇒最下位
4年間で4位にすらなれなかった
昨年は首位で折り返しておきながら最下位で終わった
これを心温かいファンは「楽しかったからいい」と
昨年最終戦、辞める指揮官を万感の拍手で送ったが
私は現場でそのその光景を見て
「異常だ」と思った
そしてその指揮官の後任候補は
「前任者の野球を継承できる人」
つまり最下位野球を踏襲できる人ということだったのだろうか…
その条件で後任になったラミレスに優勝を目的にさせることは酷でしかない

勝てる監督選びをもう一度

今日の敗戦、ロマックの起用、深刻な左右病…
ラミレス采配に対して私はあまりいい印象を持っていないし
これで優勝できるとは思わない
しかしそもそも最下位野球を継承することが球団の目的で
その目的に沿った形で選んだ指揮官がラミレスであるなら
ラミレス監督を批判することすら間違いなのかもしれない

ラミレスをBOSSにした球団がおかしいのかもしれない
ハマスタに連日満員御礼の客を呼び
100敗阻止しか目標になかった球団をペナントレースに参加させるようにさせてくれた
DeNA球団には感謝しかない

しかし強ければこのチームのファンは
この街のファンは
ハマスタに来る!

だからこそ、勝てるチームを
勝てる監督を選んで欲しかった

ラミレス監督では勝つのは難しい
そう思わせる今日の試合だった

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. [山口をエースと呼べる日がくるか? 試金石の日]

    チームが沈滞ムードの中、楽天打線の前に山口が仁王立ちできるかどうか?
    我々が今シーズンを諦めそうになっているなっている今日、フロントに、ベンチに、選手達に喝を入れられるピッチングができるかどうか? 楽しみにテレビ観戦したいと思います。

    1. このチームが暗いトンネルに入ったところを山口が救うことができれば
      間違いなくエースと呼ぶにふさわしいでしょうね
      さて、今日の山口はいかに

  2. 下園の先発起用以外は貴殿に賛成です。
    彼は守備だけでなく、走塁も下手で、普通の大学生野球選手です。
    代打、DHこそ彼の生き残り道です。
    交流戦の接戦で負けた試合で、ショート超えレフト前ヒットを完全に判断誤り
    一度、セカンドに戻りかけ、その回0点だったせいで、負けた試合があったと思います。
    過去においても守備、走塁は駄目です。
    バッテリーからしたら下園が先発で外野だと配球も狭くなります。
    私、起用貧乏で投手も捕手も経験あるもので---。

    私はエリアンはまだ?と言っていましたが、彼に限らず、あの猫の目打線を何とかしないと
    打線にはならず、点が散らばるだけです。
    手を打たないダミレス、バッテイングコーチ、関根、桑原、乙坂の足のある3人は1、2番で生き残るために、バット一握りあましてを必須にしろ。イヤ、ミヤーンのように2握りでも良い。
    ロッテの角中はお手本です。

    1. 下園の守備も走塁も確かにプロの中では下のレベルですね
      そいう意味では、彼は代打や指名打者でしか使い道はないですが、ただ現状守備を目瞑っても
      使う事もありと思わせる打線の湿りも問題ですね
      荒波そうでしたが、なぜか横浜の外野手は大きいの狙うかのようにバットを長く持ちますよね
      私なんかは角中と同じロッテの岡田並みにバットを短く持って内野安打を狙うくらいでいいと思ってしまいます

  3. ですね。彼の偏った考えがリズムを狂わせてます。
    選手 特ピッチャーは敏感ですから、おかしな起用をしてどつぼにはまってる打撃陣を見れば、いつもより力が入ってミスが多くなるのは当然。この負のスパイラルを呼び起こしてるのは監督自身てことに気がつかないんですかね?‼ 気がつかないとしたら相当愚かです。 また周りのコーチ陣は何をほっといてんですかね。
    プロの指導者陣としての自覚があるんでしょうか?‼ こんな方々に大事なベイスターズを預けるのは哀しすぎる❗

    1. ラミレス監督にとってはこの6月をどう乗り切るかかが自身のクビも含めて大きな大事な試合になりそうですね
      ラミレスとコーチ陣がしっかり意見交換できているのかも気に成りますが
      しっかり勝てる球団になれるか、それはベンチにかかっていますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。