2016年6月20日対日本ハム 2-5● 戦力が足りないとは言わせない、ラミレスに言い訳はさせない  


解せない起用、勝てない今日も

予備日で交流戦の最終戦となった20日月曜日
この試合を勝って「終わりよければ…」と行きたかった
しかし蓋を開ければ、ミスの連発、継投の謎…
負けるべくして負ける試合だった
今日で6連敗だが、これは交流戦明けも連敗を重ねるよう雰囲気になってきた
昨年より1週間ほど遅れてチームは二桁連敗といきそうだ
しかし私はこのチームのこの現状は100%指揮官ラミレスに責任があると思う

先発砂田の使い方が中途半端

今日の先発は5月12日以来1カ月以上間が空く左の砂田
個人的には三浦に横浜大洋のユニフォームで投げて欲しかったが
ラミレス監督の「ローテに左を3人入れたい」という大きな野望もあり先発で使った
実際のところ砂田はファームでは1勝6敗とあまり結果をだしているとは言えないのだが…
指揮官ラミレスの左3枚という拘りが砂田の先発を決めたのだろう
しかしそこまでして先発砂田に拘ったのなら今日の中途半端な起用はなんだったのかと思う
砂田の起用も含め今日の試合の数々の首脳陣の采配の謎を書いてみる

ラミレス監督なぜ、5つの敗因

①砂田相手に嶺井と組ませず、戸柱起用
今日砂田とコンビを組ませた捕手は戸柱
開幕から5月までローテの一角を砂田が担っていた時の捕手は戸柱であったわけだから
決しておかしい起用ではない
しかし1カ月ファームに落ちていた砂田にとっては共に横須賀で汗をかいた
嶺井にマスクを被らせる方が良かったのではないかと思う
また、砂田とのコンビということ以上に戸柱がここにきて疲れが見えている
また打撃好調の嶺井を先発で使うなら、今日の砂田とのコンビネーションで使うのが得策だっと思う

②5回裏に砂田を打席に立たせて6回続投
今日は1カ月以上間が空いての1軍マウンドだったせいか砂田は最初から飛ばしていた印象だった
5回表の砂田はかなりアップアップしている感じだったので
直後の裏に打席が回ってきた時に代打もあるのでは…と思った
明日から3日間休養日、金曜もハマスタ
リリーフ陣をどんどんつぎ込むことができる…それだけに砂田の6回続投には嫌な予感だった

③砂田を6回途中で降板、平田登板の謎
砂田を6回に続投させるとレア-ドに甘く入った変化球をスタンドに持っていかれる
砂田-戸柱の配球ミスは責めてしかるべきだが
ここで砂田を続投させた首脳陣の判断も責められるべきだ
いや責めないまでも、このイニング続投させたなら
なぜその後の杉谷を抑え、1死とった後で平田に変えたのか
砂田をローテに入れたいなら無理してでもこのイニングをなげさせるべきだ
変えるなら5回裏に代打で良かった

④平田の回跨ぎ
昨年、前任者中畑監督の平田固執する起用がベイスターズ初のCS進出を完全に消すきっかけになったが
あの時のイメージが強いのか私自身はこの平田に対してはあまりいいイメージを持っていない
しかし今日の平田は決して悪くなかった…6回だけなら
ただなぜか首脳陣は平田に7回もマウンドを託す
何度も言うが明日から3日間空く
無理してでもビハインドでも
三上山崎という勝ちパターンをつぎ込むこともできる
それなのにベンチは平田に続投を指示
結局この首脳陣のミスで平田はこの回2失点…ジエンドとなった

⑤好調山下を左右病で白崎に
昨日の試合私は山下を誉めた、若さあふれるガッツは今のベイスターズの大きな力になると
しかしラミレス監督はいつもの左右病で白崎を先発起用
白崎は内野安打で3打数1安打も、この左右病は今年一杯続くのだろうか…

交流戦借金2、全てはロマックから始まった

思えばこの交流戦の1カ月再開した私の試合批評のブログ記事を振り返ると
連日ラミレス采配を厳しく書いた
私のブログとは対照的にラミレス采配に理解を示す多くのファンの方もいるだろう
もちろん私もベイスターズが勝つならここで批判記事を書いたことを
どんなに糾弾されてもいい
しかし残念ながらラミレス監督の采配には不可解な点が多い
特にこの1カ月、しつこいほどのロマック起用だ
交流戦最初のカードの西武ドームでスタメンで起用してからというもの
昨日の楽天戦まで彼は1軍に居座り、見逃し三振と空振り三振を繰り返した
安打はたった3本、打点は0、この選手を5番で使ったりもした
この日ロマックはファームに降格したが
彼を1カ月もの間1軍に置いてしまった責任
そのロマックが全く活躍しなかった責任
ラミレス監督にその責任がある
(もちろん、ロマックをとってきたスカウトも同罪だ)
交流戦の借金2は、ロマックを使ったラミレスにある

この連敗は二桁になる確信…

正直、この6連敗は私も予想していなかった
オリックスに3連勝し
地元ハマスタに帰り日ハム-楽天と決して楽な相手とは言わないが
5分以上の成績は充分にあると思った
しかし蓋を開ければベイスターズは6連敗
内容も投手陣の疲労と打線の不調
そして馬鹿のひとつ覚えの左右病…
よくわからない継投

新人指揮官にも大いにこの連敗の責任がある
と、いうよりこの指揮官でなければ…連敗はなかったという思いもある

そしてtwitterでも反論頂いたが敢えてここで言う
今のベイスターズは決して戦力が足りないといい訳できる戦力ではない

3年前、4年前に比べれば戦力は充実しているし
充分セリーグなら優勝を狙うことができる戦力だ

ロペスの怪我などはあったが
筒香という4番がいて安定した先発陣が揃い
リリーフ陣も充実している
はっきり言って今の戦力でクライマックスにいけないのは
指揮官の責任でしかない

この指揮官ではこの連敗を二桁に伸ばす可能性は高い

戦力が足りないというなら
その足りない戦力は首脳陣ではないだろうか

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 全く同感です。 砂田先発を決めたのであれば、彼は6回前後には必ず調子を崩すことは経験上想像できる。 ならば、3日間の休みを考慮して、最初から、何点負けていようが6回から田中、須田、三上、山﨑と継投すると決めていてもよい試合だったのではないだろうか? 何、須田が登録抹消されているって、ケガでもない限り全く訳がわからん。
    私なら、楽天第三戦8回2点負けの場面でも、三上、山﨑をつぎ込んでいた。 その方が二人についても、日ハム第二戦のホームランショック後登板なく対G戦を迎えるよりよいと思うがどうだろうか?

    この間にも、大量の1軍枠入れ替えが行われた。
    18日 out 久保康
         in 柳田(病気の石川の代わりだろうが、捕手3人制の今なら足を使える内村だろう。)
    19日 out 今永、熊原(前日、回跨ぎで打たれたが、これまでの貢献を考えれば意味不明)
         in 平田(もう1人登録できたが、しなかったことは20日の入れ替えは行き当たりばったりのものと想像できる。)
    20日 out 須田(前述)
            乙坂(負傷したが対G戦までに復帰できないのか?そうでなければ意味不明)
           ロマック(最初から1軍にいるのが間違い)
         in 砂田、白根、啓二朗、ザガースキー(皆ファームで調子よかったのだろうが、須田、熊原をoutしてまで必要
           な選手とは思えない)
    それに石川の病気だが、交流戦中に復帰出来ないのなら抹消すべきであった。 いずれにしても、ケガ、病気のことが解らない中ではあるが、須田、熊原、乙坂の抹消(対G戦不出場)は理解できない。 今の采配全般、理解しようとすると頭がおかしくなることが多すぎる。

    いづれにしてもラミレスは、無能な裸の王様である。 名監督と呼ばれる人でも名参謀はいた。 裸の王様が権力を使えばその国は荒野となってしまう。 それを阻止しようとすれば、退陣させるか、服を着させるしかない。 服を着るとは、今なれば進藤、篠原コーチが合議制で采配し、お飾りでいてもらうことしかないと思うが、いづれにしてもより強い権力であるGMの判断となる。

    1. 本当に仰る通りですね。
      ここ最近の1軍・2軍入れ替わりは意味がわからないことが多いですね
      監督としての実績はないが自信だけはあるために固執した采配も多多見られます
      カリスマ性も怪しいですね…この監督が果たしてこのチームを上位に導くことができるかどうかかなり怪しいですね

  2. 最後のデカい青文字と②~⑤は私も同じ意見だが私が監督でも6回は続投だったが本音。
    そして捕手も戸柱先発。なぜなら、砂田はファームで結果が出ていない=必ずしも嶺井とは
    あっていない。

    それよりも今回入れ替えがあった選手であがった選手でファームで活躍していて納得できる選手は
    いない。首脳陣のコンタクトは大丈夫か?啓次郎はHR1本打ったから?? 乙坂の方が上。
    (乙坂何かあったのなら別だがーーー)
    あっ、私は千葉出身だから啓次郎好きだが、1軍にあがる活躍していない。

    1. 乙坂と須田は怪我のようですね…
      砂田は確かに嶺井と息があっているわけではありませんが、戸柱のここ最近の疲労を考えると
      嶺井の起用もありかなと思いましたね、もちろん大きな問題ではありませんが

      しかしあまりファームと1軍のコンタクトがとれていないんでしょうか…そこが気に成りますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。