弱小球団である意識を持て!  2017年4月5日対巨人 2-4●


やはり優勝を目標にするには、早いのか

昨シーズン『動かざることラミレスの如し』とまで書いたラミレス監督が今年は開幕から早い時期から
スタメンを弄ってきている
オープン戦4番に据えることまであるほどお気に入りだったシリアコを開幕から不調に陥ると
4日からのカードで7番に降格させると、今日の試合ではついにスタメンから外し白崎をサードで起用した
オープン戦打率が高かった白崎をスタメンで起用することには多くのファンも待望していただけに
ここでラミレスが動いたことは悪くないだろう
しかし、動けば動いたところがミスをしてしまった…もはやラミレスベイスターズは神にも見放されているのだろうか

井納のビビりが生んでしまった4回の白崎のミス

今日の先発井納は序盤素晴らしかった
『何で俺が開幕投手を出来ず、さらには開幕5試合目に登板しなければいけないんだよ!?』
代役とはいえ昨年開幕投手を務めただけに期するのがあったのだろう
初回からギアが入っていた井納はテンポよく3回まで投げていた
それに応えるように3回の裏に先制した
ところが4回簡単に2死とったところでビビりの井納が出てしまった
当たっているとは言え3番坂本4番阿部にあまりにも注意深く投げ過ぎて連続四球
我々ファンがよく見慣れたビビりの井納が出てしまった
そして5番のマギーの打席、ボテボテのサードゴロ
当たりが弱く内野安打もありそうな打球ではあったが
打者が足が遅いマギーだっただけに焦らなくても白崎ならアウトにできていた可能性は充分あった
ところが焦ってしまいファースト悪送球、これで失点してしまった
エラーした白崎は責められてしかるべきだが、井納のビビり投球も流れを悪くしてしてしまった
白崎は実は今日の試合いくつかファインプレーも見せていて決してこのエラーひとつで責めるのは酷である
しかし『守備面を今日は固めたい』と試合前指揮官は起用の理由を話していただけに
皮肉な結果となってしまった
井納の2つの四球と白崎の焦りが今日のこの後の流れを作ってしまった

粘りなく自滅した井納とついに誰も打たなくなった打線

それでも4回の時点で同点だったスコアは5回井納が自滅し巨人に得点が刻まれた
投手内海に簡単にタイムリーを打たれ粘りをみせることなく自滅し1-4とリードを許した
そして井納が自滅したことで打線も沈黙した
当たりが止まっていた筒香が2塁打を打ったものの
逆に昨日も記事にした梶谷ロペスは当たりがとまりはじめた
打線というより本格的に打順を変えても良さそうだ…試行錯誤していかなくてはならいようだ

崩壊した投手陣、低調な打線…優勝候補ではなかった

シーズン前多くの解説者がベイスターズをAクラスと予想した
ここ10年あまり解説者のシーズン予想は下から探していれば良かっただけに
評論家の予想に戸惑ったファンも多くいるだろう
しかし期待されていた投手陣は早くも黄色信号いや既に赤信号が灯りはじめている
一番安定した今永は軽いとはいえ負傷し、石田・井納には安定感がない
また盤石と言われたリリーフ陣は須田・田中と勤続疲労は残っているようで不調
三上にも安定感はない、山崎もセーブ機会でまだ投げる機会なく評価はできない
新助っ人パットンにおんぶにだっこというわけにはいかない
そして不安要素がないと言われた打線は低調
筒香にあたりが戻り始めたようだが、チームは全体的に低調で期待ができない
昨年広島が走り、団子となった中で何とか借金を抱えながら3位でゴール切符を切ったが
決してこのチームは常勝球団でもなければ『上昇』球団でもない
何度も最下位を経験している弱小球団であるのだ
だから、試合前にオーダーを発表したり開幕投手を開幕3か月前から公表する余裕はないはずだ
それはファンサービスでも何でもないのだから…
弱小球団であるのだから騙し討ちだろうと何だろうとしっかり戦略を練って戦って欲しい
そして弱小球団の選手はミスをしっかり反省しそのミスを帳消しにする活躍をしなくてはならない
4回に致命的なエラーを犯した白崎は、8回裏に反撃ののろしをあげるタイムリーを放った
今のベイスターズに必要なのはこういうことなのかもしれない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. だいぶ遅れてのコメントです。この日やっと手に入れたチケットでハマスタ行きましたが
    盛り上がる場面もなく、ダミレス采配に怒りを感じての帰途になりました。
    シラタキのエラーは私も全く責めるつもりはなく、その他も貴殿のいう通りです。

    この日のダミレス采配は大きく2つ。
    ①5回無死1塁、井納に代えて代打シリアコ、全く納得いきません。三振しかないと思ったら案の上の三振。私なら代打嶺井or高城。
    ②8回1点取ったあとに2死1.2塁で代打乙坂と思いしや、戸柱をそのまま打たせた。

    勝っている場面、或いは負けていても序盤なら仕方ないが、何のために代わりの捕手をいれているのか?嶺井、高城も試合にでれないでは宝の持ち腐れ、それなら捕手一人減らし崩壊している投手を補充して欲しい。

    1. 観戦おつかれさまでした。
      今シーズンもかなり怪しいとおもわれる試合となってしまいましたね。シリアコ代打もラミレスは降格させるための最期のチャンスだったかもしれませんが結果は既にレギュラーで使っている時にわかっていましたよね。

  2.  「弱小球団である意識を持て!」の言葉、1ファンである私にもズシリと来ました。

     既に年金生活者となった私ですが、生きている間にもう1度優勝して欲しいという焦りから、たかが開幕数試合の戦いぶりにイライラしている自分に気が付きました。 筒香というスタープレイヤーがいて、若い選手が力を付けてきているとは云え、ウチは選手年俸でも最下位レベルのチームなんだから、最下位球団が何球団追い越せるかを楽しみにすればいいんだ。 そして選手のミスはよい経験だと考え、成長を楽しみに応援すれば気が楽ですものね。 とはいえ、人間が出来ていない私ではいつまで続くか分かりませんが。

     さて、ここで謝っておこうと思います。 現役時代から、文章力、発言力に弱点を抱えていた私が、痴呆防止のためと言い訳しながら、後で読み返して後悔するような拙いコメントを送らせてもらったのに対して、いつも丁寧な返信を頂きありがとうございます。 誠に感謝しております。
     貴ブログの解析力、説得力、そして達観性のある力作にはいつも敬服しております。 お仕事多忙であろうとは察しますが、無理でない範囲で更新頂けること期待しております。
     

    1. いやいや、わたしも目の前の試合に一喜一憂しているのが現状で
      弱小球団の意識を持てといいながら、一番敗戦に腹が立っています。お恥ずかしいかぎりです
      ブログ記事に対して嬉しいお言葉ありがとうございます。私自身そんなに文章がうまいほうではないのですが
      そんな風に言っていただけると恐縮であり申し訳ありません
      これからもつたない記事ですが書いていきますのでお暇時にまたコメント下さい。ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。