中日に対して優越感に浸ったベイスターズの勘違い 2017年4月7日対中日 5-7●


まだ見下せるレベルにいない

私も含め多くのベイスターズファンがどこか勘違いしていたかもしれない
「ベイスターズは強くなった。もう最下位争いをするレベルのチームではない」
シーズン前の評論家の順位予想でAクラス以上に推されているのをみて
「ベイはもう強い球団なんだ。優勝を狙っていいチームなんだ」
そして
「最下位予想は中日が多いな。まああの戦力じゃ仕方がないなー」
どこか下位球団に予想されていることが多いドラゴンズやタイガーズに対して
根拠のない優越感に浸っていたのではないだろうか…
ヤクルト・巨人とのカードを1勝2敗で終えてもどこか余裕があったのは
次のカードが中日だったから…そうベイスターズより“弱い”と思っているドラゴンズだったから
ここまで0勝5敗1分のドラゴンズに負け越すようなことはない、ここで取り返すだろう
しかし今日の試合を見る限り、それは大きな勘違いだった

中日のエラーを助けるベイスターズ

今のドラゴンズは確かに落合政権時代の黄金時代ほどの「絶対勝てない」的な強さはないかもしれない
しかしベイスターズが見下せるほどの弱さではない、いやベイスターズがただ強くないだけかもしれないが
今日の試合を見ていると中日は確かにミスが目立った
3回表
梶谷が本塁打で2点のリードとした後
ロペスがサードゲレーロの悪送球で出塁した
「一昔前のドラゴンズだったら、絶対しなかったエラーだな」
確かにそう思ってしまった
しかしこういった敵のエラーを得点にすることはできなかった
逆にその裏逆転を許してしまった
だが5回表、ドラゴンズが初歩的な盗塁にベースカバーに入らないというミスを犯す
「やっぱ、中日は昔のウチのような野球をしているな笑」
この回再び逆転をする
しかし、これも勘違いである、「ウチ」は今も昔も弱い
それは敵チームが「勝って下さい」という野球をしているのに勝てないのだから

7回裏、決定的な継投ミス

エラーを重ね、いくつものチャンスをもらいながらわずか1点のリードで終盤を迎えた
7回裏、ここでまた致命的な継投ミスが出てしまった
6回の1イニングを無失点で切り抜けた須田をなぜかイニング跨ぎさせる
今シーズンの須田は昨シーズンほど球のキレもなくまた本人のメンタルも弱っている
それだけに、ここはいい結果を残せた6回でしっかり次につながるように代えてあげて欲しかった
イニング跨ぎした須田は7回1死とるも2人のランナーを許しマウンドを後にした
そして次の打者はビシエド
ここでラミレス監督はルーキー進藤をマウンドに送る
変則フォームの進藤だからこそ助っ人外国人斬りに送ったのかもしれない
しかし、開幕戦満塁のピンチで登板させ試合を壊している
まだメンタル的にも技術的にもこのピンチを火消しできるだけの力は進藤には苦しいのでは…
そう私も思っていた、結果その通りになる
ビシエドに高めに浮いた球をセンターに運ばれると
今度は平田に四球を許し、京田にたいしてはビビって死球押し出し
ここで試合は完全に終わってしまった
なぜ、進藤をビシエドのところで登板させたのか?
なぜ、平田の時に代えなかったのか?
どうして京田まで投げさせたのか?
他の投手の疲労を考慮したのかもしれない、それならば8回に三上を出したこと矛盾する
今日のように相手が「勝って下さい」といった試合で星を落としていては優勝を語ることはできない
だからこそ、絶対に落とすわけにはいかない継投を見せて欲しかった
指揮官の致命的で矛盾した継投がこのチームの現状を物語っている

さあ、夢を語らず目の前の試合を全力で

最下位候補と言われ、ここまで勝っていなかった中日相手に
ミスをしてもらいながらも勝てなかったベイスターズは間違いなく
優勝候補ではなく最下位候補だ!
勘違いしていてはいけない
冒頭、中日に根拠のない優越感に浸っていたベイスターズと書いたが
その優越感は勘違いであった
だからこそ、夢を語らず今こそ目の前の試合をしっかり全力で戦う必要がある
でなければ、昨年のクライマックスシリーズは文字通り夢幻のクライマックスだったという事に成り兼ねない
「MY ERA」そんなものは、この10年間の「暗黒ERA」の記憶を払拭できないうちは語れない

このチームはまだ最下位候補なのである
勘違いをしてはいけない、選手も指揮官もそしてファンも…

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 昨日の試合のコラムが無かったので、怒りおさまらず書いてしまいます(笑)
    ダミレスは「価値の等しい引き分け」「ナインの奮闘たたえる」

    私は2敗に等しい負けだと思っている。ナインの奮闘たたえるは良いが自分の駄目采配を反省するコメントを残して欲しい、

    昨日のダミレス采配のダミブリ
    ①7回表佐野のタイムリーで同点後(あっ、そこで代打佐野はGood)に戸柱をそのまま起用。
    勿論、結果論ではありません。特に昨日は8番のあそこで出来れば2点タイムリーの勝ち越し
    が必要だった。なぜ?次の日の濱口先発を感がえたら明日もリリーフ総動員。
    ゆえに昨日は石田はそのまま打たせ8回まで投げさせたかった。結果的に戸柱は最悪のダヌルプレイで石田は打席に立ちましたが—-。控えの高城がそんなに信頼がない捕手なのか?
    野球は1点多く取らないちいけないゲームの終盤、勝つ執念が感じられないし、代打陣も
    不満に思うはず。無論、8番の代打が倒れたら石田にも代打です。

    ②11回のロペスが2塁に行った時の代走、シラタキは意味不明?ロペスの守備を考えたら不要だし、1点が入ればいい場面で2塁ランナーは関係ない。実は私は1この回0点だったら12回の倉本か柴田で1発がある代打シタラキを考えていたが、無駄な代走に使ってしまった。
    全く意味のない代走、他のコーチは止まられないのか?
    完全にシラタキは信頼されていないが見え見えではやる気がなくなる。

    ③最後にこれは采配でないが、11回の桑原のバント失敗後のダブルプレイ。「凡事徹底」を掲げるダミレスだが単にスローガンで終わっている。キャンプは何をやっていたのか?
    桑原も猛省すべきだし、私が監督なら今日は桑原にバッテイング練習は無しでバントだけにする。それか1番関根を起用。
    桑原をレギュラー扱いするな、自身もうぬぼれるな。
    1番ならバット一握りあましてしぶとい1番になれ。

    今日は意地を見せろ。采配に頼っていられないから選手が奮起、濱口熱投してくれ。

    1. コメントありがとうございます。
      昨日は記事を書けなかったのですが、試合は散々でしたね。
      昨日も勝たなくてはならない試合でした。特に7回の場面は戸柱のところを勝負かけて欲しかったですね。
      あそこは私もかなり不信感がありました
      桑原の場面もスリーバント失敗覚悟でバントでもありだと思いました、あそこは併殺打だけはやめてほしかった
      今日の試合については批評書きます

  2. 久しぶりのコメになりますが、さかのぼって、5日、6日の試合のコメも書いたので読んで下さい。あっ、嶺井が5日に抹消は今、知りましたが5日の代打はシリアコはおかしいし、8回は戸柱ではなく、勝負に行くべきだと思います。

    さて、昨夜のドラゴン戦は、ふがいないの一言だし、私が言いたいことは全て貴殿が書いてくれました。しかし本当にダミレスです。ダミダミレスと言いたくなります。
    昨日は200%勝てる試合、勝たなくていけない試合で、投手の出し惜しみ采配で負けました。

    ファームでは加賀、田村、藤岡が好投しています。補充すべし。
    そしてめちゃくちゃなリリーフ起用でなく、権藤さんがやったようにリーリーフのローテーションを作り、上手く休ませながら使うことが必要。
    信頼できるリリーフ陣は一杯いるのだから。

    1. コメント3試合分ありがとうございます
      いつも記事を書くのに、FOXさんのコメントは参考になります
      これからもコメントお願い致します。
      昨日の試合は勝たなくてはいけなかったし、勝つ采配をしなくてはいけませんでした
      いや負けない采配をして欲しかった、普通の采配をしていればまけませんでした
      ファームから直ぐにしょうかくさせなければならないでしょう。
      そしてラミレスの無理な起用で進藤がつぶれてしまったんではないかと心配です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。