ラミレス野球の限界を感じた勝利… 2017年4月14日対ヤクルト 4-3○


これが、ラミレス野球の限界

私は前任者中畑清が最下位で15年シーズンを終えた時
「この戦力でCSに行けないのは監督が無能だから」と考えていた
だからこそ、中畑の後はしっかりと監督としての実績のある人間を監督に据えるように言った
しかし残念ながらこの球団は尾花から3期連続で新人監督をまた呼んでしまった
それでも昨シーズンラミレス監督はCSに進出した
が、それは上が落ちてきただけの話であり指揮官の采配が巧妙だったわけではない
今シーズンここまでチームが不調の1番の原因は筒香が不振とかそういうことではなく
やはりこのBOSSの限界なのではないのだろうか…

固定メンバーの順番を変えるだけの野球

試合前の横浜スタジアムライトスタンドは、スタメン発表でさもビックリしたことだろう
開幕から変わることのなかった2番梶谷がコールされずに2番佐野
昨日6番に起用した倉本が9番で投手ウィーランドが8番
2番佐野は梶谷の練習前の違和感によるものだけに予定されていたものではないだろうが
昨日の試合の記事でも書いたが打率1割台でありながら6番で起用するラミレス監督の采配には
強い苛立ちを覚えた。

が、今日の打順はそういった意味では理解を示せる
しかしラミレス監督は飽くまでメンバーの固定に拘るようで倉本をベンチで休ませる考えはなかったようだ
それはレギュラーで出ている選手だけに言えることではなく開幕カードを除けば
6日と7日に選手を1軍2軍で入れ替えただけでそれ以降全く上げ下げをしないことからも言える
どうしても固定メンバーで戦いたいのがラミレス監督の考えのようだ
だから競争も生まれない

8回表、なぜ三上だったのか…

投手の継投というのが非常に難しいのは素人でも30年近くプロ野球を見てきたものであればわかる
ブログで好き勝手言ってるレベルの話でないのもわかる
しかし、それでも「なぜ…」と思う事がある
ウィーランドが7回途中で降板し砂田が登板した時、嫌な感じがした
「8回は誰を出すんだろう…?」
今シーズンの安定度を考えればパットンにして欲しいと思った
しかし残念ながら防御率は5点台、今年安定感のない三上をマウンドに送った
これもラミレス監督が“固定”したがる【セットアッパー】
調子の良しあしを見てリリーフを出すの投手を決めるのにはリスクが伴うために
セットアッパーなど役割を固定してあげたい気持ちもわかるが
今のベイスターズはそんなことができるだけのチーム状態ではない
ましてや守護神起用の可能性もあったパットンだからこそ彼のセットアッパー起用はベターなはずだ
案の定三上は打たれ同点になった…

乙坂を素直に誉められない8回裏の勝ち越し打

その裏にも納得いかないことがあった
2死1,2塁となった場面、ロペスの代走に山下を起用した
あの場面どうしても得点を奪いに行くなら乙坂を起用して欲しかった
一番足の速い選手を起用していく姿勢はみせて欲しかった
結果的に三上のところに代打起用を考えていたのだろうが
ただ、代打にはまだ白崎もいた
代走の話は、まだいいとして一番の問題は2死満塁乙坂の打席
カウント3ボール1ストライクとなった5球目のやや高めの球を乙坂は振り切り
結果的にタイムリーとなった、しかしこの場面カウントを考えても見逃すのがセオリーではなかったか
石山の調子が安定していなかっただけに下手に手を出して凡退することだけは避けたかった
カウント3-1が3-2なろうとあの場面では投手が追いこまれているのは変わらないだけに
簡単に手を出すところではなかったと私は考える
ただあの場面、首脳陣がただ喜んでいる姿を見ていると
この球団では積極性と言う名のイケイケドンドンが好かれるのだろう
しかしこれで乙坂が勘違いしてただ振るだけの選手になってしまっては彼の成長はない

9回、康晃の失敗か指揮官の失敗か

勝ち越してからの9回山崎が再びマウンドに立つ、投球練習が終わると
突然ベンチが慌ただしくなる
サードにいた山下がベンチに下がり外野グラブに代えると白崎がベンチから出てきて
筒香が足をひきずりながらベンチに帰る
なぜ、9回の守りが始まる前に筒香の状態を確認することが出来なかったのか
ピッチング練習が終わった後に妙な間が空いてしまった山崎の集中力を欠いた原因にもなった
結果的に山崎は2試合連続で救援に失敗した
山崎の球威が落ちているんだろうとは思うが、絶対的な信頼があるならばこういう間を作ってはいけなかった

10回またしても送らなかった指揮官

結果的にサヨナラ勝ちを収めたものの
10回の攻撃は大問題だろう
関根が巧いセフティーバントを決めた
指揮官のミスを選手が必死の気迫で埋めようとしている
しかし、それに応えないのがこの指揮官なのか…
10回裏、1点とればサヨナラの場面
是が非でも得点圏に関根を送りたい場面で次打者山下に送りバントのサインを出さない
バスターをさせ結果的に空振り三振
なぜ、1点とれば勝てる場面でバスターをしてチャンス拡大を狙ったのか
一歩間違えればゲッツーでチャンスをふいにするところだ
開幕3戦目のヤクルト戦でも送りバントをせずに勝ち越せるチャンスをふいにしたことに憤りを覚えたが
今日も同じ失敗をした、ここで送らないのは積極性でも何でもなく指揮官の怠慢とも言える
ボークをとってくれた審判と関根、白崎に助けられ何とか3連敗は避けることが出来たが
指揮官は勝ち方すら忘れてしまったのだろうか…

ラミレス監督の限界

ラミレス野球は確かに昨年CSに進出したことである程度成功したかのように見える
しかし上位チームが落ちてきて3位以下が団子レースになった結果棚ぼた的に手に入れたCSだ
指揮官の理想が形に成りチームが強くなって手に入れた物ではない
今日の試合を見ているとラミレス野球の限界を見たような気がする
梶谷、筒香がもし離脱ということになればそれこそ、今年は最下位阻止を目標に舵を切らなくてはならない

ラミレス野球は、ここまでなのか
それともここからなのか…
後者であることに期待するが

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1.  
     1週間ぶりにおじゃまします。 当方、身体は順調、気分は皆様同様 絶不調であります。
     ついては申し訳ありませんが、ルールを違反と知りながらも、貴ブログで述べられるであろう15日対S戦他の思う所をブチマケさせて頂く事をお許し下さい。 勿論、重複その他このコメントは無視して貴ブログを展開していただけますようお願いします。

    1.ファン無視の捨てゲームのような采配
     [15日対S戦3回裏で石田に代打出さず] ・・劣勢ゲームとは言え、4回から高崎登場ともなればファンは盛り上がるでしょう。(私だけかも?) 筒、梶の軽傷で出場登録枠が苦しいかも知れないが、ロングリリーフがいないのは問題、タナケンを一時抹消してはどうかと思う。
     [同6回裏2死満塁、ここで8番柴田に代打出さず] ・・これには呆れ返ってしまった。 当然、代打佐野。 チャンス続けば9番代打白崎、ダメなら8番投手で9番セカンド浩康でよいところ。

    2.若い投手を大切にせよ。
     [15日対S戦の石田、8日対T戦の今永の懲罰とも言える続投] ・・調子の悪い(いいフォームではない)状態での投げ込みは若い投手にとってプラスとはならないと考える。
     [須田・砂田の酷使] ・・これも出場登録枠がと言われるかも知れないが、山下を登録せずに高崎か平田を残しておけば済んでいた話。 また、今最も信頼できるパットンの起用法が意味不明。 契約付帯条項に縛りでもあるのかと勘ぐってしまう。

     私は、ラミレスが監督でいる限り、今シーズンは諦めました。
     しかし、プラチナチケットをもって来てくれたファンに、監督自身がやる気がないような試合は見せないで欲しい。
     また、この監督が采配するのも最長で今シーズン限りと思っているので、選手諸君には自分のためにも素晴らしいプレーを見せると共に、来期以降に向けてレベルアップを目指して欲しいと祈るばかりです。 

     

    1. コメントありがとうございます
      おからだの調子は良さそうで安心しました
      しかしベイスターズの調子は悪すぎて心労の方はお察し致します
      昨日の試合代打佐野だと私も思っていました、しかし柴田をそのままいかせるとはこれは捨て試合なのかと思ってしまいました
      本当に高崎、平田を残しておけばもっと違う継投をできたでしょうね
      今シーズン、球場に来ているファンだけをがっかりさせる試合をやめて欲しいですね
      ベイスターズの状態が悪いですが、ぜひお体ご自愛ください
      またコメントお待ちしています

  2. 昨日のスタメンをみた瞬間にダミレスの限界を感じました。
    私なら2番関根です。そしてこれを機会に5番ロペスにです。
    佐野に外野をやらせて、スタメンなんてあり得ません。
    昨日のスタメン聞いて関根、乙坂はどう思ったのでしょうか?
    もしかしたら奮起して活躍したという意見もあるかもしれませんがデミレスへの不信感が200%になったと思います。
    また、倉本9番はパワハラの見せしめ?
    私は先日の阪神戦の痛いダブルプレイの次のあのでファールで粘った打席からやっと去年の倉本に戻りつつあると思っています。それを見抜けないダミレス。
    そして自分のお気に入りを優遇(ここで言っているのは佐野)していては彼も潰れてしまいます。

    さて、試合始まっての采配も貴殿の通り、三上、山崎の出し方、山下の代走、山下のバスター、呆れかえります。
    ただ、バスターもバントもできない山下は不要です。リリーフ陣と入れ替えるべし。
    実は最近、田村が良いピッチングをしています。昨日、熊原田村が3回を0封しましたが内容は田村が良いです。
    ただ、エリアンも3四球、タイムリーと結果を出して来ました。次回、クラインが駄目なら見切りをつけてエリアン1軍、そしてスタメン田中は1日も早く辞めてもらいたい。

    そして結果よしだが乙坂とシラタキの選球眼、打った球はどちらもボールでは?
    でも、これをきっかけとして+になってくれればと思います。

    最後に昨日のヒーローインタビューは関根+ウィーランド、そんな計らいをして欲しいです。ダミレスが良い采配していたら2勝0敗です。

    1. コメントありがとうございます
      佐野の起用の仕方は心配ですね、あれでは本当に潰れてしまいます
      また山下は降格でしょうね、これでは一軍の野球は難しいでしょう
      FOXさんのコメントを見て田村を調べましたが確かに調子良さそうですね、これなら一軍でみたくなりますね
      エリアンに関してはセカンド・サードできることも考えると一軍で見たいですね、彼は今年チャンスが少ないだけにここであげないと
      この選手優遇指揮官ではそのまま帰国になってしまうでしょう
      ヒーローインタビューは関根、ウィーランドでしたね。ウィーランド可哀想です

  3. ホント 勝っても次に繋がる感じは伝わってきませんよね。
    打てないんだから何で手堅くいかないんでしょう?
    選手起用にしても、相手が喜ぶような使い方で案の定 同点にされるとか全く機能してない。

    八つ当たりですが、試合後のインタビュー
    インタビュアーはボロボロだし、白崎はヘラヘラだし・・・・・・全く感動できませんでした。

    1. コメントありがとうございます
      おっしゃっる通りこの試合勝っても次の試合は負けてしまいましたね
      これがラミレスの限界なんでしょうね
      インタビュー酷かったですね、これではその後の花火も盛り上がらなくなってしまいますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。