ベイスターズ背番号00歴代選手紹介~総論~川崎義文から東野峻まで


脱税川崎義文~砂遊び東野峻まで

それでは、当ブログの柱の一つである「歴代ベイスターズ選手紹介」をはじめていきたいと思います

これから数回に渡って背番号00をつけた選手を紹介していきます。

背番号00というと、最近ではどのチームでも珍しくない番号となっていますが

プロ野球で初めてつけたのが阪神タイガーズのルバート・ジョーンズでこれが1988年

それ以降は、有名なところでは

広島カープでアレンがつけたり、巨人に移籍した屋敷要なんかもつけていましたね

個人的にはヘッドスライングの阪神亀山努のイメージが強烈にある背番号です。

ベイスターズでもこの番号は今でもおなじみで

2003年の河野友軌以来空き番号になったシーズンはありません

現在はオリックスから今年移籍してきた東野峻がつけています

しかし、ベイスターズで背番号00が登場したのは他のチームに比べると少し遅く

1997年の川崎義文です。

そして現在の東野峻まで7人の選手が背番号00をつけてきました

以下その背番号00のベイスターズ略史です
()内は、背番号00をつけていたシーズン
選手の名前をクリックするとsの選手の記事に飛びます

初代…川崎義文
(1997年~2000年);プロ野球選手大量脱税事件関与

2代目…サンダース
(2001年);シーズン途中入団助っ人

3代目…河野友軌
(2003年~2008年);トライアウトで本塁打

4代目…森笠繁
(2009年~2010年);
広島よりトレード3番レフトで出場経験あり

5代目…稲田直人
(2011年);
日ハムより移籍、守備固めとして活躍

6代目…藤井秀悟
(2012年~2014年);
村田のFA移籍による人的補償で移籍。ベイで13勝

7代目…東野峻
(2015年~);オリックス戦力外で移籍

以上7人の選手がつけましたが

そして今シーズンより

8代目として久保裕也が付けることになりました

 

川崎義文~稲田直人までは、小技の効く野手がつけていますが

藤井以降は移籍で後がない投手がつけている傾向にあるようです。

背番号00の選手の中では藤井秀悟がベイスターズでは一番貢献していますね

所属3年で13勝をあげてますからね。

それではこの背番号00の選手を一人ずつ次の記事で紹介していきたいと思います

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。