指揮官が動かないのが勝利への近道か 2017年4月19日対広島戦 4-0○


最低の敗戦を払拭するために…

昨日18日の敗戦は今シーズン最低の負け方でダメージも大きかったと思う
と、いうよりあれだけチャンスで打てなかった広島を勝たせたことはさらに鯉の勢いをつけた
ベイスターズがもし優勝にまだわずかな望みをかけるなら今日の試合は内容問わず勝たなければならない
もし今日負ければずるずる大型連敗ともなるだろう
昨日の最低の敗戦を払拭するために指揮官は動いた

16試合目にして初めての3番梶谷4番筒香5番ロペス

16試合目にしてやっとラミレス指揮官は動いた
いや、戻したというべきなのだろうか
2番梶谷3番ロペス4番筒香の理想オーダーを捨て中畑政権時代からの3番梶谷4番筒香5番ロペスに戻した
私自身も記事で散々このオーダーを推した
筒香の不振が続いていることで彼の前後を厚くするべきだと思ったからだ
5番に開幕から好調が続くロペスが入ることで筒香への相手バッテリーの攻め方は変わってくるだろう
また梶谷のような頭が器用でない選手に2番を任せることは彼本来の持ち味も半減するし
チームとしてもつながりに欠ける
6番倉本に当たりが戻ってきただけに決断するならここだった
さらに付随して田中浩康も起用するなら2番打者としてだ
2番打者は田中や他の選手を使いながらつなげる選手をやはり置くべきだろう
(宮崎が使えないなら)今日のオーダーがベストオーダーといっていいだろう

守護神がいないチームという現実

打線は今日の形がいいとしても問題は投手陣だ
昨日の敗戦で改めて我々ファンも首脳陣も受け止めなければならないのが
このチームには守護神がいないという現実
山崎が昨年30セーブをあげながら調子を崩し守護神として起用することに懐疑的になっていた指揮官は
シーズン前から早い段階で山崎に9回の座を降りてもらう事を考えていたようだ
しかしその山崎の次で期待していたパットンが昨日打たれた
高城とのコンビネーションの悪さはあったのかもしれないが
昨日の失敗に言い訳はできない、このチームには守護神がいないのだ
この現実をうけとめた上で試合を考えなくてはならない
リリーフ全てが悪いわけではないが、安易に勝ちパターンなどを形成せずに
試合を運んでいくしかないだろう
そのためにも本来ならもっとファームから投手を補充することも考えていかなくてはならないだろう

今永の熱投と筒香復活の兆し

今日の試合を振り返ると
今永の好投に尽きるだろう
前回私は生で今永の乱調を見ただけに彼への信頼はなくなりかけていたが
やはり彼が並の投手でないことを証明したことになる
前回の投球と比べ物にならないほどコントロールは良かったし
戸柱も前回の反省を生かして球威ある直球の使い方も巧かった
こういう投球をするのがエースというものだろうか…
さらに今永は『頼りないリリーフ陣に勝ち星消されたくないので』というように完封完投
これなら指揮官が下手な継投策に出る必要もない

さらに打線では筒香に復活の兆しが見えてきた
一塁線への鋭い打球はいい時の筒香らしかった
打順の変化が筒香の復調につながると期待している

4月を5割で乗り切るために

今日は今永に尽きるが
他にもベイスターズの選手は輝いているように見えた
1番桑原2番田中がうまく機能したことや5番に座っても好調を維持しているロペス
私としてはここまでの16試合の中でベストゲームと呼んでいい試合だったと思う
今日の試合でベイスターズは借金を再び3とした
明日の広島戦、週末の中日戦そしてGW週間に入る来週となんとか4月を5割で乗り切ることができれば
もう一度優勝を目標と口しても恥ずかしくない数字になってくる
しかし、そのためには指揮官がいかに自分の理想を捨て現実と向き合うかだろう
現状指揮官が下手に動かない方が勝利へとつながっている

1998年優勝した年もベイスターズは5割だった
その4月終わりに権藤監督がラジオ番組のインタビューに答えて言葉が今も頭に残っている

『ここまで5割なのは、監督が下手な継投して負けただけで、選手が普通にやって監督が動かなければ貯金いくつも作ってますよ。これからはいかに私が動かないかが勝利への近道です』

ラミレス指揮官に求められているのはひょっとしたら動かないことなのかもしれない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 昨夜は宴会でじっくり見れませんでしたが、スタメンのオーダーをみた瞬間に勝てると
    思いました。やっと、打順を組み換えましたね。
    筒香の気分転換のためという理由が強かったと思いますが、残念ながら筒香は活躍しませんでしたが2番田中、5番ロペスが機能しました。
    貴殿のレポートだと筒香も復活の兆しあるということで、1発が待たれます。
    昨日の采配に不満はありません。
    9回にしっかりと関根を代走に出したし、今永も続投させたし。強いて言えば守備固めに
    柴田を、いや、あれは田中を休ませるためと解釈します。
    石川が1軍みたいですが、相変わらずシラタキがシラタキどころか糸コンニャク状態なので数年前から言っているように3塁で使って貰いたい。

    しかし、2度にわたっての1塁での判定、救われました。私はバレーで導入されている
    チャレンジ賛成派です。負けても勝ってもすっきりさせたい。WBCであった無制限な
    チャレンジは反対であくまでも回数の制限等のルールありで。
    安くはないチケット勝って、誤審によるモヤモヤで終わったら頭に黄な粉ですから。

    1. コメントありがとうございます。
      石川の3塁起用は、私も考えていたことがありますし、実際どっかの球団のスコアラーは『なぜ、ベイスターズが彼をサードで使わないかわからない』と言ってみたいですね。
      微妙な判定ならいいんですが、完全なる誤審はホントに冷めてしまいすね
      誤審を審判が認められない良く分からないプライド見たいものもあるみたいですし、もう少し色々判定のやりかたを考えて欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。