ベイスターズ3代目背番号00 河野友軌  トライアウトで魅せたプロ野球選手という存在証明


トライアウトで見せたプロ野球選手であることの存在証明

歴代のベイスターズ選手を背番号毎に紹介しているこのテーマ
現在は背番号00の選手を紹介しています

今回は2003年より6年間背番号00をつけた河野友軌について書いていきたいと思います

河野がドラフトで指名される2002年のドラフト会議は
大学生に多くの有望候補が揃っていました
松坂世代と呼ばれた多くの選手が大学を卒業し、プロのドラフトを待つ年だったのです

早稲田大学和田毅、九州共立大新垣渚、日大館山昌平・同じ日大村田修一、慶応大学長田秀一郎、法政大学後藤武敏など現在もプロで活躍する選手がたくさん指名された
いわゆる当たり年でした

そんな中ベイスターズは、
自由獲得枠で日本大学村田修一立教大学多田野数人の獲得を早々と決めていました。

しかし怪我のために多田野の入団はドラフト直前で見送り

法政大学のエース土居龍太郎を多田野の代わりに自由獲得枠で獲得を発表します

河野は、土居と同じ法政大学からドラフト8巡目でベイスターズから指名されました
しかし、
2003年から法政大学で監督をしていた山中正竹が
ベイスターズの取締役に就任することが決まっており
後に背番号52の中野渡が戦力外を受けた際
「この球団は横浜法政大学ベイスターズでしょ?」と
吐き捨てることもあったように
法政大学の河野の指名は縁故入団と陰口もたたかれました

そんな河野友軌のプロ野球人生は背番号00を付け始まりました

1年目のキャンプではシーレックス日野監督から
「気持ちが前へ行くタイプはプロ向き」
ベイスターズファンブック2003より)
と評価も受け

河野は1年目から縁故でなく実力でプロに入団したという実績を自ら証明します
イースタンでは1年目から68試合に出場し本塁打4、三塁打4、二塁打12と長打力をアピール

6月1日には早々と1軍に昇格して代打出場
一軍3打席目にはヤクルトホッジスからプロ入り初安打となる2塁打を打ちます

しかし、順調に見えた河野の1年目も怪我で1軍から離脱
「1番学んだのは、怪我をしたら意味がないということ」(※ベイスターズFUNBOOK2004より)と
語るように悔しいシーズンとなりました

ベイスターズの若手のホープの苦しみ

2年目のシーズンとなる2004年
ベイスターズの外野争いは熾烈でした
ベテランにさしかかる32歳の鈴木尚典がいて、中堅では金城、多村といった選手がおり
さらには若手には古木、小池、田中一徳
少しでも隙を見せれば1軍での出場はおろかファームでも出場できない12球団有数の選手層でした

しかし、その年河野はオープン戦で大活躍
打率は4割超え、本塁打5本と猛アピール
文句なく開幕1軍切符を手に入れました

ところが、開幕してから
オープン戦のような打撃を魅せる事が出来ず
早々とファーム降格

それでも
ファームでは打率274と高打率を維持します
しかし、多村の急成長や古木・田中といったライバルたちの活躍におされ
1軍出場は30試合と満足のいくシーズンとはなりませんでした

それでも9月23日の巨人戦で
サヨナラをおぜん立てするプロ初の3塁打を打ち
長打力が一軍でも通用することを魅せつけます

一軍定着、スタメン奪取を目標に掲げた2005年のシーズン
河野はファームで打率.305
イースタン打率5位、長打率は実に.469とイースタンで敵なしの成績を残します

ところが、この2005年河野のライバルたちが開花します
鈴木尚典の打棒に陰りが見え始めたこの頃
河野と同じ年の小池が本塁打20で犠打37個と2番打者として定着

金城、多村といった中軸を任された2人の選手は翌年のWBCの日本代表にも選ばれる選手
となり
レギュラー外野陣は固定

控えもベテラン尚典、パワーならやや河野より上の古木、足の速い田中一若手の吉村など
河野が1軍に呼ばれる機会はほとんどなく
1軍出場はわずか3試合

それでも、内野も外野も守られるよう練習し
守備も走力も貪欲に高みを目指した河野は
4年目のシーズンでもファームでは腐らず打率3割をマーク
8月23日の巨人戦では待望の1軍初スタメンを掴みとります
その試合では巨人ジェレミーパウエルからプロ初打点となるタイムリーを打ちます

しかし、河野がハマスタでファンの前でプレーしたのは結果的にこの年が最後となります

翌年2007年にはあれだけおもしろいようにファームで魅せたシュアな打撃が陰りを魅せはじめ
1軍出場はなく

29歳となった2008年はファームでの打率は1割台
オフに戦力外通告を受けました

ベイスターズ河野友軌のプロ野球選手としての意地

ファームでファンに魅せてきた長打力は
1軍の舞台では本塁打0…

これが河野友軌のプロでの寂しすぎる結果でした

しかし、河野がプロ野球選手であったという存在証明
1軍で本塁打を1本打つ以上に
ファンにもそして河野の愛する家族にも
鮮烈な感動的な形で記憶に残します

07年オフ、戦力外になった選手が集まる合同トライアウト
会場は河野がプロで何本も長打を放ってきたベイスターズ球場

河野のトライアウト最終打席
悔いを残さずフルスイングすると
打球はライトポール際に

家族の前ではじめて魅せた河野の本塁打でした

この模様はTBSで毎年年末放送される
「プロ野球戦力外通告を受けた男達」で放送され
多くのプロ野球ファンを感動させてくれました

この数日後河野は、プロ野球選手を引退しました

河野友軌の存在証明

私は河野が大活躍した2004年のオープン戦を見に行きました
そこで河野はレフト線へ2塁打
そして次の打席にはライト線に3塁打
河野の長打力を目の当たりしました

河野はパワーというよりシュアな打撃と足で稼ぐ長打という印象で
当時のベイスターズにはいないタイプ
「これはええのとった」と喜んだのを覚えています

その後、残念ながら河野の雄姿を生で見た記憶はないんですが
先にも書いたように
小池、古木、多村、金城、尚典といった層の厚い外野陣で
もがき苦しんでいた河野を想像するのは、難くありません

そして、オフのTBS「戦力外通告を受けた男達」で見た河野の本塁打
それを見た奥様の涙

この1シーンはどんな作りものの映画より
我々ベイスターズファンの心をうちました
私たちが見ている野球には
プロ野球選手一人一人の人生があって
その野球選手には家族がいる
野球は筋書きがないが、人生にも台本はない
そんな当たり前のことを教えてくれた一打でした

その人がプロ野球選手だったという存在証明は
試合の記録や記憶だけではなく
こういった形もあるのだと
我々ファンに気付かせてくれた稀有な選手でしょう

その後河野は、さいたま市のバッティングセンターに勤め野球塾で野球少年を指導しています

河野の果たせなかったハマスタでの本塁打を今度は河野の教え子たちに魅せてもらいましょう。

次回は、河野の後に背番号00をつけた森笠について書こうと思います

:2017年4月追記:

この河野友軌選手の記事が
河野友軌選手ご本人のブログ(元プロ野球選手オフィシャルブログ)
http://www.diamondblog.jp/official/yuki_kohno/

このブログの12月23日の「存在証明」ってエントリーの記事で紹介されました
http://www.diamondblog.jp/official/yuki_kohno/2016/12/page/3/

河野友軌選手本当にありがとうございます

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。