15年9月24日 対ヤクルト戦 ファンは、監督と球団に勝つ事以外求めてない De2-4ヤ


昨日の神宮でのヤクルト戦
4-2とスコア的には接戦に見えるが
なぜか大敗のように見える試合展開だった

一方は首位を走りマジックがつくかもしれない大事な一戦
もう一方はもう、5位か最下位しか現実的にない消化試合

「上位いじめをするぞ」と数日前記者に語った指揮官の一言がむなしく感じる惨めな敗戦

ルーキー左腕の石田もここ2試合はあきらかに疲れが見え
1年ローテを守るのは厳しいようにも見えた

昨日の敗戦でベイスターズは最下位に転落
残り試合今シーズン勝ち越している中日と広島が2試合で他3試合が負け越している阪神と巨人

2勝3敗以下で残り試合終えれば、3年ぶりの最下位も決定的だ

ここにきてファンが注目できるのも試合結果より
戦力外通告は誰なのかと
監督の去就だろう

球団側は前半戦の首位ターンを評価
さらに観客動員も98年以上の大入り

中畑監督にオールスターブレイクに来季の続投を要請
後半戦の観客の入りを期待してか
続投要請したことを報道陣にリリースしてもらう用意周到さ

しかしそのファンでさえ
「この時期になぜ、続投要請を出す?もし後半戦失速したら?」
と疑問に思うニュースだった

そしてファンの不安通り
後半戦開幕のハマスタでのヤクルト戦3連敗
この3連敗が現状のベイスターズとスワローズの順位の差になってしまった

今年のベイスターズの失速の原因を交流戦と分析する人が多いが
セリーグ全体的にパリーグに負け
セリーグだけで見れば差のつかなかった交流戦より
後半戦の1勝2敗ペースの8月、9月が大きな敗因だろう

昨日の試合後
「今のウチの力はここまで。1年間戦えるチームにしないと」と中畑監督は語った

しかし、私は戦力のなさを監督が勝てない言い訳をしてしまってはチームは伸びないと思う

かつてヤクルト阪神楽天で指揮した野村克也も
「監督は与えられた戦力でやるしかない」と言っていた

いや、中畑自身そう言っていたし
現に彼は
就任1年目最下位を独走した2012年最終戦
満員のファンの前で
「このチームが弱いのは私は充分にわかりました」
と語ったはずだ

なぜ、それから3年もあって
「1年戦える戦力」を作ることができなかったのか…

もちろん監督だけの責任とは言わない
来なかったグリエル資金は一体どこに消えたのか
プールしていた松坂資金は誰が持っているのか
増えた観客動員の金は…

球団の「客が増えれば、順位はいいや」的な一昔前の阪神、そして広島のような
球団の経営姿勢を感じてしまうのも充分最下位の敗因であろう

それでも、、4年で結局1度も4位にすらなれなかった指揮官には大きな責任がある

球団は観客動員が増えたのは中畑の努力と言うが
何も「中畑が見たい」とファンが増えたわけではない

球団の観客動員を増やすための営業やサービスはTBSやマルハの数百倍努力している
(前記のように球団の経営姿勢には若干疑問だが)

そして横浜、神奈川といった市民は高校野球の決勝が超満員になるほど野球好きだ
勝てばファンは増える

ファンが増えただけで監督人気の影響と呼ぶなら
権藤博も中畑以上にファンを呼べる監督ということになる

監督で観客を増やしたいならそれこそ身売り騒動の頃報道された
新庄でも監督にしたほうがいい

ファンが、監督にチームに求めていることは勝つことだ
これを球団が理解しない限り来年以降もベイスターズの浮上は望めない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. >桜木町さん
    コメントありがとうございます
    正に仰せの通りでございます
    2年で監督コロコロ代えていてはチームの成長に支障をきたしますが
    4年という時間を与えて結局最下位であれば
    それは、もう監督の責任であるほかないでしょうね
    監督が勝つという最大のファンサービスが4年で出来なかった以上は何らかの責任をとることが必要でしょうね
    特に今であれば辞めてもファンからそれなりに惜しむ声も聞かれるでしょうが
    もし、後1年続けまた同じ形になればそれは罵倒の声に変わるでしょう
    残念ながら、球団が新監督を探してない以上中畑続投がほぼ決まりなんでしょうが
    勝ちゲームという最大のファンサービスを作る努力を怠ることだけはして欲しくないですね

    コメントありがとうございます
    また、ぜひお立ち寄りください

  2. 初めて投稿させていただきます。
    「ウチの力」とは戦力がないとでも言っているのでしょうが、どう見ても戦力の薄いロッテが血みどろの3位争いをしているのは何故か、伊東監督の力量によるものと思われます。
    センターラインが弱いと嘆くならばどうしてここに藤田がいないのか。中畑就任初年度に無理筋で放出してしまった結果です。
    4年間といえば米国の大統領の任期も4年ですから何らかの結果が出る期間といえるでしょう。
    それが7月に監督続投要請ではオーナーが評価しているのは監督だけかよ となりますよね。
    観客動員は記録的ですし来期の選手年俸は押さえられるしオーナーにとっては結構な話でしょう。最大の集客方法はゲームに勝つことであることは米国大リーグでも証明されています。
    新しい監督を決めるべき時です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。