倉本完全復活、倉本を信じたラミレス采配の勝利 2017年5月11日対中日 4-3○


快星会を黙らせた倉本の同点2ラン

今や「ラミレス 采配」で検索すると1ページ目に
私の拙い記事が出てきてしまうほど
ラミレス批評の多いこのブログ…
横浜スタジアムで
ラミレスユニフォームを着ているファンの方を見ると
勝手に気まずく申し訳なくなってしまう私であるが
今日はそのラミレス采配が的中したといってもいい試合かもしれない
個人的には最近評価しはじめていたが
4月28日の記事
トップバッター桑原・遊撃手倉本、全試合フルイニング出場の2人への懸念と不満
の中で

倉本はここまでフルイニングで使う選手の成績でもない
このまま倉本が調子があがらないまま正遊撃手として起用していくことは不安である
まだポジションを争う選手だと思う、彼の成長のためにも

と書き、争わせろと言ってきた倉本が
この試合起死回生の一発を打った
負ければ最下位中日に負け越してしまう試合
そうなれば指揮官の目標の交流戦まで貯金5など口に出すのも憚れる
しかし指揮官が信じ絶対的な厚い信頼でフルイニング出場を続けた倉本が結果を残した

9番倉本以上に6番戸柱7番田中浩康の謎…

その倉本は今日も9番起用である
「石川の9番起用も考えている」と話していた指揮官であるが
5月4日から9番打者は倉本で統一している
私としては昨日も記事にした1番倉本を試してほしいと思うが
今指揮官の中では9番倉本しかバリエーションはないのか…
ただそれ以上に6番戸柱7番田中は少し理解しずらい
6番はチャンスで回ってくることが多いだけに得点圏が決して高くない戸柱の起用は理解できない
それならばまだ田中浩康の方がいいが
細かいデータ―以上に
1番桑原2番梶谷3番ロペス4番筒香5番宮崎6番戸柱7番田中の左右ジグザグ打線に強いこだわりが見える
指揮官ラミレスは昨年もジグザグ打線に拘りをみせてロマックを頑なに使っていたが
個人的にはジグザグ打線にこだわり打線がつながらなくなってしまっては本末転倒であり
またッジグザグ打線に拘りを見せる監督は基本的に能力が高くないという先入観を持っている
これは過去にも暗黒低迷時代の中畑、尾花、森…とここに拘りもつ指揮官がいたことにもある
ラミレス監督の真意はさておき、倉本が結果をだしてきただけに
9番の役割を他の選手と代えてみて欲しい

バルデス相手にしっかり球数を稼げたベイスターズ打線

中日先発バルデス
勝ちには恵まれているとは言い難いが
今一番中日で安定している投手であろう
前回も7回を投げて122球
4月から中5日で投げることも多くあったバルデス対策は
いかに球数を投げさせて打ち崩す
もしくはリリーフを早く出させるかである
ラミレス監督お得意のファーストストライクを打って…では期待はもてない
小川打撃コーチは
「自分のリズムで打席に立って狙い球を絞って思い切って振っていって欲しい」と話しているが
1番桑原も第1打席でしっかり7球投げさせている
バルデスはコントロールはいいものの
元々球数は多くなるタイプの投手ではある
それでも早打ちのベイスターズ打線、不安もあったが
今日は各選手しっかり狙い球をしぼって球数を費やしていた
結局6回を終えて109球
ロペスの一発のみでしか得点できていないことには言いたいことは山ほどあるが
それでも6回80球~90球で終わってしまわずに良かった
7回からリリーフ投げさせる展開にもっていいけたことは大きな作戦勝ちといっていいだろう

倉本の一発は全てを吹き飛ばした

そして冒頭でも書いた倉本
代打エリアンが出てきたのを見て岡田を投入した中日ベンチ
そのエリアンがヒットで出塁すると
倉本は初球のアウトコース高めをライトへ放り込んだ
低迷している打撃とはいえ今シーズン対左投手には打率.346と高打率を残している
それでも昨年わずか1本しか打っていない本塁打は劇的な同点本塁打となった
9番に座ってから打率.286と成績を徐々にあげている
フルイニングで使い続け
最終的には9番という屈辱的な打順ではあるがチャンスを与えてきた
指揮官の厚き信頼采配の勝利と言っていいだろう
それでもあれだけ使えばそろそろ結果は出すし
そもそも9番で使い始めてた時には調子を取り戻しはじめていた
と言ってしまうにはひねくれすぎか
いずれにしろ倉本が今日の殊勲者といっていい

ベンチの代打陣の顔ぶれに鬱…

一方でやはり物足りない代打陣ベンチ陣
代打ででてきてスタンドの雰囲気を代えてくれそうな選手は
今のベンチには見当たらない
乙坂などファームに落としてしっかり調整させないと
取り返しがつかなくなってしまう気もする
今や誰が代打1番手かも良くわからない状態
調子関係なくベテラン後藤、下園に一軍ベンチにいて欲しいと思う
嶺井の打撃は評価するが代打1番手2番手で登場する現状は寂しい

最下位中日に勝ち越した大きな5割

今日の勝利は再び5割に戻したこともそうだが
昨日も記事にしたが
しっかり最下位チームから勝ち越せたことが大きい
今年は中日戦には広島、巨人、阪神戦以上に
神経を使って戦わないといけない
今日の勝利が中日との戦い方のひとつの模範になっていくだろう
ただ、今日もそうだったが
やはり得点の仕方が本塁打と大味だ
これではコメントを下さる常連のFOXさんのコメントを借りれば
「“打線”ではなく“打点”」になってしまっている
このあたりを解決するための8番投手9番倉本の起用なのだろうが
8番に投手を入れたことが結果的に今は打線をとめてしまっている
指揮官にはこういう勝った日にこそ大きな反省をして欲しいところである

それでも今日は指揮官の信頼厚い選手が結果を出した
今日ぐらい快星会は黙って勝利を喜ぶべきだろう

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. そうですね。バルデスを打ち崩したわけではないけど、球数投げさせて交代した後に、次のピッチャーをドカーン!
    いいですね。嫌らしいですよ❗狡猾ですよ❗しやったりッス❗
    で今日から虎、鯉、新聞会社でしたっけ?❗特に今日は相手がメッセンジャー。この難攻不落の怪物にどう嫌らしくいくか!『選手たち』の工夫に期待しましょう。

    あるスポーツの名高い指揮官が言ってましたが、頭はクールに心はホットに闘って頂きたく候う。

  2. いつも貴殿のズバリのタイトルには感心しているが今日は「えっ」で目が点となった。
    私が付けるとしたら「みたかダミレス倉本怒りの一発、無能采配を救った意味不明な継投ミスと味方した運」

    倉本をシュートで使い続けているのは、柴田、シラタキと比べたら明らかに上だからと思っています。昨年柴田が入団した時、最初ダミレスはショート柴田、3塁倉本にしていたが、
    私からみても明らかに倉本が上であった。恐らくそれはダミレス、コーチがみてもそう思ったゆえに早い段階でシュート倉本を決めたはず。以前、コメントしたが今シーズンは1歩目に迷いがあるがそれでも倉本の守備は安定している。センターラインを固めるならやはり倉本である。これは信頼ではなく、事実上手いからで、相変わらず9番におくことが理解できない。
    今日の1番の勝因は中日の「なんで」という継投ミス。これは摩訶不思議であった。
    私が言う今日の無能采配は
    ①宮崎無死2塁での戸柱のバント。足が遅く、バントが上手くない戸柱にバント。たとえ成功しても田中倒れたら2死3塁で8番投手。田中のバットをそこまで信頼しているのかわからないが3塁アウトの確率が大でのバントは唖然とした。
    ②8回砂田をワンポイントのみで三上へ代えた。私がタイトルに「味方した運」と書いたのは平田がミスショットの早打ちさえしなければこの系統は大失敗に終わっていた可能性があった。砂田は右バッターだってそんなに苦にしない。いや、どんどん投げさせるべき。
    今後の砂田をどう育成するのか?左のワンポイント要員????冗談は良して欲しい。
    ③9回、宮崎で終わって私ならその裏の守りは柴田。詰めが甘い。宮崎は狭い守備範囲内では上手くさばくか、サードではスロー時にワンスッテプ多く、これは明らかに柴田が上。
    あの回3人で終わったなら万が一の延長に備え、次の先頭となる宮崎からで守備につかせてよいが何のための柴田?特に先日サヨナラ打ったあともう少しチャンスを与えないとこれまた旬の選手が萎んでしまう。

    ただ、今日は2つ良い采配もあった。エリアンの代打。そして早い段階での嶺井への交代。
    そして今日の陰のバルデス攻略の立役者は、三振はしたが6回に粘ってバルデスに球数投げさせた嶺井と前日第1打席は5球を投げさせろと注文した桑原が7球投げさせ、前回とは違った立ち上がり、そして球数でバルデスが7回に来たこと。こんな立役者をあげるのは私くらいかもしれないが嶺井と桑原が読んでくれていたら今後の励みにしてもらいたい。

    最後に筒香に対し、ダミレスは「打つべきところで打った。あれが4番の活躍「と絶賛していたが3回の2死満塁で打ってもらったならその言葉で良いが、筒香以外の選手も誉めて認める気遣いをして欲しい。
    今日も黙って勝利を祝えなかったFOXは厳し過ぎますね。
    今日からの虎戦。まずは良い時の井納であって貰いたい。

    1. コメントありがとうございます
      昨日は中日に負け越さなかったことが大きいと思って柄にもなくほめてみました笑
      しかし、FOXさんのコメント勉強になります
      8回の砂田と三上を使った継投は私も実は不思議に思っていました
      8回を任せるなさ砂田1人でいってもいいでしょうね、ここの左右病はラミレスの本当に良くないところですね
      筒香は正直まだ不調を脱せてない感じは私もしています
      果たして彼はいつ本当の意味で調子を取り戻すのか…気に成ります
      さあ、今日は井納、果たして…また甘い記事を書きたいですが…

  3. 倉本調子あがってきましたね〜。
    このまま、あがってくれればいいけどいつまで9番?
    今日は、うまい具合に中日ベンチがバルデス下げてくれてよかったですね。
    エリアンも調子落としてたけど、またよくなりつつあるかな。
    それにしても12安打で4点。
    確かにみなさんおっしゃるとおり、線ではなく点。
    これが大事なこれからの9戦で、どういう結果になることやら。
    今日の倉本の本塁打、采配というより選手の力ですよね。
    ラミちゃんのいいところはレギュラーの選手にとっては、我慢して使ってくれるところ。
    選手は信用して使ってくれる監督の期待に応えようと、そりゃ調子悪くても戻そうと必死になりますよね。
    ただ、そもそもその調子悪い時に他の選手を選択した方がいいんでないの?というのが
    大方の意見。
    それにより、競争意識が芽生え控えもレギュラーも相乗効果が出るのにね〜。
    といっても、頑固として変えないのがラミちゃん。
    今のレギュラーと呼ばれてる選手が、頑張るしかない。
    それで勝てば、ラミちゃんへの非難も少しは減る事でしょう。
    でも桑原は、まだまだかな〜。
    ノーアウトで倉本出たあと、いきなり初球を打ち上げるのは、ありえない。
    あと、捕手ですが濱口に高城、平良に嶺井というセットでの使い方ですがそれも
    頭固すぎない?
    そろそろ、濱口に戸柱あててもいいんでない?リードも他の捕手と経験して投手が指名するなら
    分かるけど、新人の投手に専属というのはどうなんでしょう?
    あと、高城、嶺井を控えで使うにしても他の投手でも使ってみたら?
    途中出場はたまにあるけど、ラミちゃんってどうも型にはめるのが好きなのね。
    ともかく最低今年はラミちゃんなんだから、選手が期待に応えればいいのだ!
    明日から、大事な9戦頑張りましょう!
    いつ、ゴメスと下園は帰ってくるんでしょね。
    ゴメス.ボンバイエ早く歌いたいのに(笑)

    1. コメントありがとうございます
      昨日の試合は本当に負けを覚悟していただけに勝てたのは大きいですね
      倉本がよく結果を出せました、しかしもちろん倉本を起用し続けたことで負けた試合もあるということを
      しっかり本人にも指揮官にもわかっていて欲しいですね
      捕手は高城には降格でいいでしょうね、今は彼を1軍に置いておいても仕方がないでしょう
      3番手捕手なら黒羽根をベンチに置いっとた方が意味はあるでしょう
      高城にはもう一度ファームでしっかり鍛えてもらいたいですね
      さて、昨日は勝ちましたが実はここから大事な上位決戦なんとか5割良ければ勝ち越しを狙ってかって欲しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。