優勝よりCS狙いが現実的になったラミレスベイスターズ、ライバル球団とどう戦うか


優勝はなくなったか…!?

阪神との対決に敗れ、16勝18敗と借金2
決してまだ優勝を諦める数字ではないのだろう
現に優勝した1998年もこの時期5割前後
丁度GW明けには借金2ということもあった
しかしネガティブに考えているわけでもなく
昨日の記事でコメントを下さった方々の意見を見ても
現実的に優勝という目標は遠いものとなった

さて、明日からは広島カープとの3連戦
19日からは巨人との3連戦
決して両チームともに阪神と比較すれば
好調とは言えないがそれでも今のベイスターズが
互角に戦うには難しいかもしれない
翌週には下位には沈んでいるが
苦手な中日との連戦も控える
ここで各5チームとの戦いを快星会的な批評を交えて
ここで振り返っておこうと思う
まずは阪神タイガースから

全く歯が立たない苦手阪神

ここまで1勝5敗
いつ勝った、と思わず考えてしまうが
ベイスターズがこの位置にいるのも
そして阪神が首位にいるのも
双方の現在地を表している対戦成績だ
勝ったのはルーキー濱口が甲子園で好投した試合だけ
対戦防御率は3.91と決して極端に悪いわけではない
対戦打率.237…打線は当たっていない
藤浪・メッセンジャー・秋山と
現在の阪神の3本柱としか当てられていないだけに
打線が沈黙してしまうのも仕方がない
逆に3本柱を当てられながら
5試合で13得点奪っていることを誉めるべきか
しかし3本柱を当てられているのなら
ベンチもしっかり対策をとるべきだし
とることが出来たはずだ
特に昨日投げた藤浪は3度目の対戦だった
四球を右打者に出すことが多いからと
下位打線の右打者に田中浩康と嶺井を置いたが
田中浩康は石川の体調不良によるもの
右打者うんぬんいいながら
実質嶺井を使っただけの作戦
これで果たして対策といえるのか
既に対戦成績は借金4
中止で2つ流れたのが不幸中の幸いか…
阪神がこのままの勢いでいくとは思わないが
ベイスターズが阪神より上位にいける材料は見当たらない

勝率的には優位も強いカープ

阪神に比べると上位チームでありながら
しっかり勝っているのが広島カープだ
ここまで4勝2敗
2カード連続で勝ち越している
対戦防御率は4.14と阪神戦より悪いが
対戦打率.263と高い、6試合で32得点と
よく打ってるし良く得点が奪えている
加藤床田九里と若手やルーキーが先発していることも
助かっているのかもしれない
特にロペスが打率.462と驚異的な数字を残す
しかし広島相手に気に成るのはパットンが打たれていること
4月18日のマツダでの試合では
守護神に指名されたパットンが逆転サヨナラを許し
4月30日には9回裏に4点リードの場面で登板し
3失点し最後は2死満塁で一打逆転の中で薄氷の勝利だった
パットンの広島対戦防御率は19.29
明日からの3連戦、先発が好投しても守護神が試合を壊す可能性が残る
かつては5位を争うライバル、その後は苦手球団となり
今ようやく高いレベルで対等に勝負できはじめた本当のライバル球団であるが
まだまだ広島より上位に来るのは難しいか…

球界の盟主巨人相手に盗塁1つ

ベイスターズのエースとして君臨する予定だった山口が魂を売り
村田といい
あの暗黒時代の4番と守護神を提供した巨人
ここまでの対戦成績は2勝4敗
対戦防御率3.46、対戦打率.222
悪くもなく良くもない成績ではある
それが対戦成績にも表れているのだろう
菅野を2試合当てられているので
2敗は仕方がないにしても
大竹や内海相手に打てていないようでは
ベンチも何をしているんだと言いたい
あれだけスモールベースボールといいながら
巨人相手に盗塁はわずか1つ
本気で勝つつもりあるのかとフラストレーションもたまる
ベイスターズが勝った2試合は吉川と宮国
イースタンリーグレベルの投手を打って喜んでいるようでは困る
巨人も現在状態は悪いがそれでもベイスターズより上位にいる
供給した山口が一軍で投げ始めると調子が悪くても
何となくベイスターズにだけは勝っていくような怖さもある
陽や山口が来る前に対戦成績は5割にはしたい

勝ち越している気になれないヤクルト

一昨年の優勝チームでありながら苦しんでいるヤクルト
といいつつ、順位はひとつ上にいるだけ
対戦成績は5勝4敗、既に3カード終えている
あれ、1つしか貯金ないのか
と思ってしまう
開幕カード1勝2敗で負け越したものの
残り2カードを勝ち越し
私が現地観戦した5月6日には劇的なサヨナラ勝ちを決めた
しかし翌日の久保の不甲斐ない投球がケチをつけた
不安が残った
また神宮球場ではここ2シーズン分が良くない
昨シーズンこそ5勝5敗だが
一昨年は2勝11敗と大きく負け越した
今シーズンも負け越した開幕カードは神宮
マウンドが他の球場と比べて傾斜がやや高い
しっかり対策をして欲しい
またヤクルトには被本塁打8とよくホームランを打たれる
山田・バレンティンは然ることながら伏兵にも打たれる
投手陣だけでなく捕手陣にもしっかりリードを考えて欲しい
しかしリードはベンチが出す話はいずこへ

最下位でありながら5分の中日

最下位でありながらベイスターズが苦労しているのが中日だ
対戦成績4勝3敗2分
ほぼ互角、先日のカードでようやく勝ち越せただけ
対戦防御率は2.86と投手陣が奮闘しているにも関わらず
貯金を重ねることができない
ひとつの要因が四球の多さ
ベイスターズ投手陣は31個の四球を与えている
警戒する必要がないとこで四球を与えているケースも目立つ
さらにヒットは打つが得点につながらないことが多い
これは何も中日相手だけに言えることではないが…
広島に0勝5敗、巨人に2勝7敗と大きく負け越している中日
このチームからしっかり勝ち越せるかがシーズンにおいて重要になる
逆に中日に負け越しているようだと足元を救われ最下位転落もありえる
見下してはいけないがしっかり勝ちきることが必要なチームだけに
ミスは許されない、無論采配ミスもだ

ラミレス監督をいい人で終わらせるな

軽く振り返ってみたが
やはりまだ大きく勝ち越せているチームがいない
それにも関わらず阪神のように手も足も出ないチームがある
得意チームがなく苦手チームがある現状で優勝はない
それでもやはり、ベイスターズの戦力を考えると
決して上位の阪神広島巨人とそん色はない
やはりそこはラミレス監督はじめ首脳陣の采配に問題がある
これは昨日の試合の藤浪対策もそうだが
無策でコメントの割に大したことができていない監督の力量とも言える
ハマスタで行くとよく耳にする
「ラミちゃん、いいね」
「ラミちゃん、頑張っているよ」
しかし、私としては今のラミレスを“ラミちゃん”と呼べる気にはならない
結果を残してからでないと「頑張っている」とも言えない
この指揮官には結果が求められているのだ

昨シーズン7月前半戦でブログ記事の更新が途絶えた
個人的に忙しくなってしまったのが理由だが
それでも前半戦あれだけ采配を批判をしながら
クライマックスに進出したラミレス采配を
快星会はどう見たのかここに記事で残していないのが
申し訳ないし、復帰後がまた批判ばかりで
「ここのブログは単にラミレスを批判したいだけでは!?」と思うかもしれないが
決してそうではない
優勝を信じてやまない、ラミレス監督の胴上げを見たくてたまらない
だからこそどこよりも厳しく言ってしまいたくなる
ベイスターズファンは本当に他球団と比べても優しい方が多い
それが私も嫌いではない
私も1988年というホエールズ終末期よりファンになり
既に30年近くのファン歴とオールドファンの方に比べればまだ浅いが
やはりそのような気持ちは持つ

しかしチームには勝って欲しい
だからこそチームの成績の責任を持つ指揮官には
これからも厳しく書くことをご容赦願いたい

さあ、マツダでラミレスは優勝を諦めていない姿勢を見せることはできるか

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. コメントこそ残しませんでしたが、実は昨年更新が途絶えたことを知っていました。
    歴代選手紹介背番号シリーズも好きですね。余裕ある時に続けてほしいと思っています。

    快星会様の批評は他のブログ主様にも影響を及ぼしているようで、
    ただ根拠なくポジる内容よりもデータを駆使して分析し建設的な内容のものが増えました。
    それも快星会様の功績だと思います。
    批判を過敏に反応し角が立つファンもいるでしょうが、毎日時間をかけて更新をし続け
    辛みのきいた味のある記事を読ませて頂き、感謝しております。
    肝心のチームの状態は最悪ですが、引き続き更新くださいますよう宜しくお願い致します。

    1. コメントありがとうございます
      日頃から気になさって下さりありがとうございます
      歴代選手紹介は私としても書いていて楽しい記事ですね
      ただ、時間をかけて書く記事であるためになかなか更新できずすいません
      夢は背番号99中村ノリヒロまで紹介す予定でいるのですが終わるのが何年後になることやら…
      さて当ブログが他のブログの方に影響を与えていると嬉しいお言葉ありがとうございます
      今は仕事帰宅後に自分のブログを書くのに四苦八苦で
      現状他の方のブログをなかなか拝見できていないのですが
      同志であるベイスターズのブログが全体で盛り上がるととてもいいですね
      なんとか今シーズンは最後まで記事を書いいけるよう頑張ってまいります
      またコメント下さい

  2. 1988年からのファンということで、試合もなかったので私も大洋⇒ベイスターズのファンになった思い出話をします(笑)
    9歳頃までは王、長嶋がいた巨人ファンでしたが、大洋に来たセカンド ライオン丸シピンに一目ぼれして一気に大洋ファンに。当時の主力投手は平松、小谷、高橋重行、山下、竹内、
    攻撃陣は捕手伊藤、1塁松原、2塁シピン、3塁ボイヤー、ショート米田(翌年に山下大輔)レフト江藤(長崎と併用)、センター中塚、ライト江尻。シピンのあり得ないような極端なクローズスタンスと強烈なスナップスロー、ピンポン球のようにスタンドに消えるHRに惚れ、小学生時代は投手かサードだった私は中学入学時はなんとセカンドを希望した。

    以降は大洋、ベイスタース一筋。元々親父は高校野球の監督、部長、5歳上の兄も教師になり高校野球の監督といった野球の話以外しない野球ばか家族(笑)3歳の頃からボールを握っていました。
    結婚時、妻にベイスターズのことは一切文句は言わないことが結婚の条件(-_-;)
    98年優勝の年は九州に居ながら6回ハマスタへ足を運んだ熱狂ファン。
    シピン以外の主なファンは、投手では遠藤、斉藤、佐々木、三浦、野手では屋鋪、ポンセ、
    金城、ローズ、石井琢朗あたり。

    このベイのブログの中では98年を詳しく知り、かつ、的確な気持ちよくなるくらいの厳しいコラムを書く貴殿を知ったのは昨年かな?厳しさは私同様?真のファンだからこそ。優勝を願いからこそと思っている。同様の意見8割、逆意見2割くらいかな?でもまたそれが楽しい。
    貴殿は心広く反対意見も聞いてくれるのは感心します。異議ありの時はどしどし言って下さい。熱い論議がしたい。
    この2年くらい、ベイファンに無理やりさせた、いやなってくれたMともよく語りあっていて貴殿へコメントしたらと言っているが快星会さんには自分レベルでは恐れ多いと言っています。
    今後も楽しみにしていますが、時には休んで下さい。貴殿のブログ、作成に1時間で以上掛かっているのでは?
    そのうちにスタジアム或いは飲めるなら一杯やりましょう。

    1. コメントありがとうございます
      出てくる選手が往年の選手ばかりで横浜大洋の教科書を読んでる気になってしまいました。
      本当に野球一家でいらしたんですね。高校野球監督をお父様もお兄様もしているとは凄いですね
      結婚の条件も少し笑ってしまいました
      私も投手では遠藤はもちろん松本豊、島田、五十嵐などは好きでした
      そして野手ではレイノルズ、パチョレック、ブラッグズ、ローズ、佐伯、谷繁そして自分の中で敬称つける鈴木尚典様…笑
      作成には確かに1時間半くらいかかってしまうこともありますが趣味として
      そしてここでコメントをくれるfoxさんのような方とのコミニケーションとして楽しませていただいております
      厳しいブログを書こうと思ったのもベイスターズブログを書く方はみな優しい方ばかりで厳しいことを書いてる方を
      あまりお見受けしないので
      それなら自分が書こうと思ってキーボードを叩いています
      しかし単なる悪口ブログにはならずひとつの意見として説得力を持たせるように
      記事内では敢えて「です、ます」調をやめて記事っぽく書いています
      今後も拙い記事ではありますが、FOXさんの鋭いコメントお待ちしております

  3. いやあ同感です。
    この時期例年に比べれば、借金2ですから『ラミちゃん頑張ってる』はいいんですが、この借金2って昨シーズンの最終成績と数字的には同じ。乱暴な言い方ですが、進歩してないってことですよね。
    実際、優勝掲げたわりには同じ選手にやられ、同じチームに見下されている。で、うちの選手は他から研究され放題?!
    誰だって前年にCS行って盛り上がれば、プラスアルファを期待します。ただ、マークもキツくなるわけだから、闘う人たちは前年と同じ事をやってたって勝てるわけない。
    シーズンもすでに5月中旬を過ぎました。他チームはここまでのデータを駆使して1つでも上にとギヤをトップにいれてくるでしょう。
    今までのように、甘いことやってちゃあまっ逆さまに落ちてdesire!!!!

    今日からの広島、鯉が本気で来ますよ。能天気な首脳陣、まだまだお坊ちゃん的な選手たち。どうなりますかね・・・・・・・

    1. コメントありがとうございます
      べイタリアンさんのコメント通り今日の試合その通りになってしまいましたね
      状態が決して良くない広島に完敗でした
      既にベイスターズ対策を本気で研究しはじめた他球団に勝てないでしょうね
      これから連敗地獄に落ちないことに願うばかりですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。