振り返れば最下位!ラミレス采配、それはTHIS IS YOUR ERROR


5位転落の危機、指揮官の采配は

我々ベイスターズファンの中で
贔屓チームの現在地をどう考えているか
4位
筒香の不調、開幕投手の離脱…etc
不安要素が多い中頑張ったと思うか
いや開幕前の戦力を考えれば
優勝争いができる戦力があったと
評論家がみな上位予想にあげていたのに
この順位であることに大きな不満を感じるか…
後者の気持ちのファンの方が多いだろう
そして
もし今日ベイスターズが負けてヤクルトが勝てば
5位転落
もうサヨナラしたはずの最下位に再会することになる
しかし今私はベイスターズがこの現在地にいることを
よくやっていると思っている
指揮官の頑固なプライド采配によって
よく最下位にならずこの位置にいると…
今日の試合
指揮官が意地をみせることが出来るかが鍵となる

最悪な状態のベイ読売対決

チーム状態が最悪な中
対戦する巨人も状態は似ている
打線は機能せず継投ミスあり
今日負ければ借金生活の巨人
最悪な状態同志の対決にになる
今のベイスターズが
既に絶望な状態か
まだ失望な状態か
計るには
いい対戦相手のなのかもしれない
しかし試合は予想外な形になった

エースになれなかった井納の意地

今日の先発井納は開幕以来
登板するために厳しい批評をしてきた選手だ
選手の中では桑原や倉本も厳しく書いてきたが
井納に対しては意識して批評した
私はルーキー時代から三嶋と井納の2人を
「ベイスターズの屋台骨を今後10年支える投手」
と思っていた
実は「横浜快星会~最下位脱出への交響曲~」
という名前で3,4年前にもブログをしていたが
(現在は削除済み)
そこで三嶋とこの井納を絶賛してきた
新人でありながら相手に立ち向かう姿勢
味方の援護がなくても黙々と投げる彼らに
大きな期待を持った
それから4年
井納は31歳らしからぬ
考えないピッチングで伸び悩み
三嶋に至っては消息を絶った
期待が大きかっただけに
彼ら2人には厳しくなる
その井納今日やっと私の期待に
こたえるピッチングをした
巨人打線に怖がらず
カウントを悪くせずに
テンポよく投げる
前回のように2死から気を抜くことなく投げた
気づけば6回まで無失点
今季最高のピッチングだった

貧打線か投手戦か

一方でベイスターズ打線
スタメンは筒香は発熱で欠場
昨日と変わり宮崎を5番に戻すも
1番桑原2番梶谷の打順は変えず
もちろん8番投手9番倉本も頑固
挙句の果てには荒波を3番起用
既に指揮官の頭には
「繋がりがある打線」という考えなく
スタメンを決めていると言わざるを得ない
多くのコメンテーターの方が指摘する
桑原の起用も変えるつもりはないようだ
桑原1番起用の意図を
指揮官は昨日の試合前話した

「僕が信じているのはスランプの後で必ず好調の波がある。それが来ると思う。1番で使い続けます。彼はうちのチームのレギュラー。僕はレギュラーの選手は我慢強く思う」

スランプの後好調の波が来るのは
全選手共通ではないのか
レギュラーの選手は我慢強く使う
ではそのレギュラーは何を基準に
どう決めているのか
昨年の実績のみで決めていては
チームに成長はない
指揮官の小さなプライドで
今日も打線に繋がりは見られない
巨人先発マイコラスを打ち崩すことができず
ただ打席に入って
バットを振り回しているだけになってしまった
6回終了時点で66球
広島中村相手に2回から沈黙した貧打線に
マイコラスを打つことは出来ない
巨人打線が現在最悪な状態を考えると
今日の試合を投手戦と呼ぶべきか
貧打線と言ってしまっていいのか
そんな試合は7回に動いた

7回に繋がった打線

井納は7回いつもの悪い癖が出た
2死を簡単にとった後
マギーに四球を許してしまう
これで多くのファンが嫌な予感がしたはずだ
「この回失点する」と
簡単に2死取った後の失点が多い
井納の悪い癖がよぎる
そして次の石川に死球を与え
長野の打球は1点勝負を覚悟で
仕掛けた守備をした梶谷を
嘲笑いボールは転々と後ろに
ここは梶谷の守備を責めることは出来ない
この2失点責めるなら
好投した井納の悪い癖だろう
しかしここで2失点で試合の流れが変わったことで
巨人マイコラスのピッチングにも変化が生まれる
無死から真ん中に入ったスライダーを
その梶谷がヒットにし
荒波が続き宮崎がタイムリー
戸柱のゴロで同点
石川がタイムリーで3点目をとった
久々にベイスターズ打線が繋がったと言える
しかし指揮官の采配が当たったわけではなく
投手戦で緊張感の続く試合が井納の失点で
動いただけ、たまたまと言っていいだろう

8回の無駄な継投が同点を許した

8回マウンドには砂田が上がった
私はここで早合点した
「お、ようやく山崎を守護神に戻したか」
三上8回を諦めた指揮官は
砂田を8回に固定し
山崎を抑えに戻した
悪くない
ところが立岡、辻を砂田が抑えると
坂本のところで山崎
今チームで一番安定感のある山崎を
坂本ただ一人のワンポイントで起用
1点を守り切りたい指揮官の執念の采配と
褒める人もいるのかもしれない
しかしこれは明らかに無駄使い
8回はどちらか1人で良かった
守護神転向でないなら
8回は山崎
砂田は休ませても良かった
しかし8回に3人の打者に
左右の中継ぎエースを使った
ベイスターズは9回
守護神として今や信頼も怪しくなっているパットンが
簡単に失点し同点にされた
8回の継投が同点劇を
さらにはその先の敗戦を
許してしまったように思う

5位、夏なのに秋風が吹き始めた

10回の須田を責めることはできない
彼の強気なピッチングは
試合を諦めない姿勢を見せてくれた
それよりも今日も采配だった
今日は私の中で采配に
一番怒りを覚えた試合なのかもしれない
今日の試合
出場した全ての選手から
私は勝利への執念のようなものを感じた
厳しい批評をした桑原も
7回2死満塁で
必死に喰らいつき10球費やした
最後のボールも判定はストライクだが
ボールと判定されても良かった
彼の1番起用には反対だが
彼の熱意は伝わった
しかし選手の必死の頑張りを
指揮官は応えてあげることが
出来なかった
いや応えようともしなかった
選手を信頼していると謳い
自身の采配を変えない
スタメンを変えない
しかし危険をラミレスなりに察知し
継投は余計なことをする
かといって危機管理能力はない
そして今日も語る
「tomorrow is another day」
記者に選手起用を聞かれるとこう言う
「選手を信頼している」
選手を信頼するのは良い
しかし自身の采配は信用するな
自信をもつな
指揮官の采配の評価は
既にチームの順位が
5位に転落したということで
結果が出ている
いい加減柔軟に動いていいだろう

巨人もチーム状態は最悪だった
しかし最悪同志の決戦は巨人が勝ち
今ベイスターズは
セリーグで1番最悪な状態に陥っているかもしれない

入った連敗街道は出口が見えない
その出口を探す前に
指揮官はまず足元を見なくてはいけない

THIS IS MY ERA
そうスローガンを決め自画自賛した指揮官に
今送れる言葉は
THIS IS YOUR ERROR
これはアンタの間違いだ

指揮官だけでなく
コーチ陣は今何を考えているのか

振り返れば最下位は近づいている

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 先ずはとらたろうさん、昨日は残念でしたが突然の提案ですから仕方ないです!6回表はずっとテレビモニター見て待っていました(笑)
    既に皆さん、厳しいコメント書いている通りですので補足書きます。普段はバックネット裏観戦多いですが昨夜は1塁側上段観戦なので横方向からよく見えました!
    砂田、山崎の継投がダミレス無能采配です。
    私が違う意味で心配するのはかなり前から書いている砂田という先発出来る好投手を左のワンポイント要員で終わらせてしまうのかという怒りです!
    私が砂田だったら、また、たった一人、一球で降板の山崎、どちらの立場でもモチベーションは⤵⤵

    柴田の暴走もとらたろうさん情報からすると
    コーチャーが最初は回れなら明らかに一度止まった柴田の自分の見えない背中側は打球は振りかえずにコーチャーを見て走るという走塁の基礎が出来ていない大チョンボ。
    梶谷の後逸は責められないが、真横から見ていて明らかに無理だし、ランナーマギーならワンバンでよかったと思いました。
    皆さんが書いていない不満を言うと4:回2死で荒波が出た時に私なら盗塁仕掛けます!モーション大きいし、昨日のマイコラス崩すのは足による揺さぶり、そして荒波の走力が今もどうか試すチャンスでもあった!
    結局、昨夜は梶谷の盗塁はあったが恐らく、ダミレスのサインではない!
    要は逆転の回もダミレス采配ではなく、選手が頑張ったから逆転出来た!
    二死満塁で、私もあそこで旬な啓次郎を仕掛けました!桑原は見るに耐えない状態⤵
    ダミレスはファームから上がった旬な選手を使わないでまた、ファームに落とす。選手もチャンスを与えられ駄目なら納得するがろくに使われないで落とされたら不信感しか残らない。
    クライン先発、GWにファームでの試合を見て牽制、クイックが改善されず、走られまくっていた!
    昨夜の試合で、モーション大きい外国人投手に足の揺さぶりを掛けなかったダミレスが今日は足で揺さぶられるのが目に浮かびます!

    1. コメントありがとうございます
      7回のあの場面松本を代打で起用する案は私も考えていました
      しかしラミレスという人間が桑原に代打を出せる器でないと思い批評記事にすらしませんでした
      松本にもっとチャンスを与えて欲しいですね
      そしてFOXさんのおっっしゃる通りクラインのクイック全く改善されませんでしたね
      まさに予想どおりでしたね、勝つには勝ったが本当にこの指揮官に成長はないですね

  2. コメント失礼します。

    >優勝争いができる戦力があったのに

    何を根拠に、優勝争いできると思われたのです?
    今の編成状態で優勝出来たチーム、私知らないのですが・・・

    昨年、強力な5番の補強なしには優勝争いできない、出来てAクラス争いと明言してました。
    さらに、昨年より先発投手陣が質量伴に落ちています(昨年は大ゴマ、山口が居ました)。

    安定的に計算できる3年連続で成績を出せた選手は、数えるほど、そんな戦力ないですよ。

    中位以下と戦力的な差はありませんが今年も最下位クラスの戦力です。
    WAR上、下は中日しか居ません。

    戦力にも劣り、
    経験もないチーム(チーム成熟度がリーグで中日なみに低い)が段跳びで優勝出来るようなイメージが正直湧かないのです。

    本気で優勝争いできると分析なさっていたですか?

    優勝争いできる戦力があったハズなのに、
    優勝争いできてないのは監督が悪いと言う事になりそうですが。。。

    1. コメントありがとうございます
      優勝争いが出来る戦力があったのにとは冒頭の部分でしょうか
      解りづらく書いてすいません
      これは後の文に続く評論家が主語つまり
      評論家が『優勝争いが出来る戦力があった』と上位に順位予想していたのに…という意味で私自身優勝争いが出来る戦力だと思っておりません。
      勘違いさせる拙い記事ですいません。
      ただ、やはりもう少し巧く采配すれば順位は上だったとは思います
      勘違いさせてしまいコメントもいただき申し訳ありません

  3. 水曜日に広島に勝たせていただいたので、これで帳尻あいましたね。頓珍漢な状態のチームにそうそう勝利の女神は微笑みません。

    ただ、9回の巨人ベンチの様子、実に余裕がありました。蟻地獄が蟻を待つそれのよう。でその通りに罠にハマる我が軍。また、その裏には暴走というおまけ付き!
    そして10回、村田、マギー相手に捕手の要求は『全て』外角。わたしゃあ投手も捕手もやったことはないんですが、こんな単純なかつ逃げ(外だから逃げとは言い切れないかもしれませぬが)のリードでいいんですかね!?そりゃあ打たれますよ。

    あと、桑原への監督の評価。スランプって!
    スランプとは、超一流または一流の選手に使う言葉でしょう!

    指揮官の思い違いが、いよいよ選手の焦りを生んでおります。おっしゃる通り、最下位は迫っております❗

    1. コメントありがとうございます
      本当に勝つきあるのかわかりませんね
      村田マギーのリードも残念というかもう少しベンチも考えて欲しかった
      ラミレスは監督就任当初「リードはベンチがやる、インコースをもっと使え」と豪語していたんですがね…
      桑原も今日は打ちましたがこれで指揮官が自身の采配が的中したとか思ってしまうとまずいですね
      さあ、交流戦までどうなるのか

  4. お疲れ様です。本当にお疲れ様です。
    今日もハマスタに行ってどっと疲れて帰ってきました。
    今日のキーマンは梶谷でした。おっしゃる様に8回の守備は微妙でしたが、あれを後ろにそらしてしまうのは,
    今日の彼の運でしょう。打つ方も今日はいい当たりが続いていたのにそれまではみんな正面でしたからね。
    それより憤慨したのは、9回の阿部の打球をを追っかけていたとき、私は前で取れると思ったのに、梶谷は普通に取れると思ったのか、動きを緩めてしまって、結局フェンスまで行かせてしまった。阿部の足なら、前で取っていれば2塁打にならなかったのに。
    広島の鈴木や丸は、あんなちんたらしたプレーは見せないんじゃないの。
    打球に飛びついてでも前で取ってほしかった。もしくはもっと必死なところを見せてほしかった。
    結局あのプレーが同点の呼び水になってしまった。横浜快星会さんが広島と横浜を横綱と十両と例えてたけど、こういうこと一つとってもホントに言う通りだと思います。こうしたところを徹底できずに「凡事徹底」って意味わからずに言っている人がいるのか。今さら「ニホンゴヨクワカリマセンデシタ~」とか思ってんじゃないでしょうかねぇ。
    それと、2番梶谷はどんな意味があるの?梶谷の得点圏打率「1割台」というの分かってんのかね。
    天才とか言われているけど、あんなに不安定な打撃をするやつがなぜ2番?
    それから、スタメンで「1番桑原」と聞いたとき、とてもいやな気持がしました。そしたら案の定の結果。
    7回のときもよく粘っているなぁと思っていたら、がっかりするような見送り三振。あの時彼がなんとかしていたら、試合が決まっていたかもしれないのに。結果を見ても5打数ノーヒットでそろそろ2割切りそうだし。
    1番打者が2割を切りそうって・・・
    梶谷にしろ桑原にしろ、実績も結果も伴っていない選手を「レギュラー」と呼び「固定する」と言って何故同じ打順で同じように使い続けるんでしょうかねぇ。
    結果が出ていないんだからもっといろんな選手を使って競争させりゃいいのに。
    勝利を犠牲にして、自分の好きな野球をしたいっていうのはなぜ?
    ちなみに、今日も相手投手は4回か5回かまで1イニング10球くらいの球数だったのは、相変わらずの???でした。
    あと、ところどころ主語を省いていますが、だれの事かは、どうかお察し下さいませ。

    1. コメントありがとうございます
      観戦されていたのですね、ほんとうにお疲れさまでした
      しかし昨日試合は本当に采配ががっかりでしたね
      凡事徹底できていないのは選手ではなく指揮官なんでしょうね
      1番桑原2番梶谷…拘るというか意地というか頑固というか…本当にこれが今のガンになってしまっていますね
      勝利を犠牲にしてまでやりてい野球を見せたいなら草野球の監督でもして欲しいですね
      いや草野球だって勝利を求めますね
      さあ、指揮官はここから踏ん張れるか、変われるか観察しましょう

  5. 今日は現地観戦でした。
    まずはこの場を借りてFOXさん、本当にごめんなさい。前日のコメントに詳しくは返信しました。
    何卒次の機会をお願いします。
    そして、まず今日の試合。
    6回迄投手戦、というかライトスタンドから見ているとTVと違って投手の調子の良さとかあまり分かりません(コースは分からない)ので貧打戦でした。
    読売もクリーンナップを気をつければいいだけの打線で。
    7回いつもの調子で井納先制されましたが、まあ7回2失点まずまず合格点ですよね。
    ただ、ベイスターズ打線に2点は厳しいな〜という感じでした。
    6回迄、2塁も踏んでないんだもの。
    娘が「チャンテやってないよ〜」、私が「ライジングテーマで終わりかな〜」
    という会話でした。
    でも今日のベイスターズは、なんと逆転しちゃいました。
    8回康晃かと思ったら砂田。
    左二人並ぶからか……..と思いつつ………まさか………坂本だけ康晃出さないよな…………………出しやがった。
    8回に好調のセットアッパー二人使う必要ある?
    三上の時からこのパターン多いけど、三上だからじゃないんだ。
    8回は左右で絶対投げさせたいんだ、この監督。
    どちらか一人休ませればいいじゃない、明日、明後日の為に、そして………万が一の為に。
    はっきり言って1.2番の読売の左打ち康晃で十分です。
    あえて、阿部の所だけ砂田を念のためと言うならまだ分かります。
    万全を期す為に。
    でも、こんなへぼい1.2番に砂田を使う必要ない!使うなら康晃使うな!!!
    坂本に砂田使いたくないなら康晃でいいでしょ!
    パットン、しょうがないよね……..前からこんな感じだもの、
    私の大好きな須田幸太………..ライトスタンドでもずっとみんな声援を送ってました。
    でも………..こんな日もあるよね……….。
    惜しむらくは、追加点が3点以降取れなかった事です。
    1点では怖かった。
    そして、7回も3点取ったあとまだチャンス続いていたの、押せ押せでマイコラスアップアップだったの
    クララにぶつけて、クララ怒って追加点取れる筈だったの。
    バッターが桑原でなければ………………………………………………….
    ここは畳み掛けるべき、先発させてるのも大問題なんだけどここで試合を決めたいところだったのに!!!
    啓次郎せっかく上げたのになんで!!!桑原はもう限界なのに。快星会さんおっしゃるように桑原の必死さは
    伝わりました。でも絶対打てません。四球狙うしか桑原無理です。
    啓次朗も凡退したかもしれません。
    でも代打で出したら、桑原換えたら大盛り上がりでマイコラスもっと、ストライク入らなかったでしょう。
    そして8回裏も2死1.3塁で戸柱。
    ここで代打でもいいんじゃないの?確かに今年の戸柱いいところで打ったりするんでまあしょうがない
    というのもあるんですが、まだ啓次朗。柴田と残ってました。
    9回表戸柱抑えてほしかった。パットンの暴投になっているけど、犠牲フライでいい場面でマギーは
    きつかったですね。
    9回裏柴田が打ちました。
    で走塁ですが、牽制悪送球のとき柴田二塁廻って一旦止まります。ライトスタンドからはよく見えるので
    そのまま、三塁行けるタイミングですが走者は後ろなので分かりません。止まってまた三塁へ行きます。
    そりゃ、アウト。
    でもこの場面三塁コーチャー帰ってきて、TV見ると回してるんです。解説もそう言ってました。
    私は、柴田を見てたので三塁コーチャー見てなかったのですが、普通走者は三塁コーチャーを見て、後ろを
    振り返らないのがセオリーです。高校野球でもそうです。
    それが、柴田は止まって振り返ります。これ柴田の判断?三塁コーチャー一旦止めた?
    そこから回したの?止めないの?三塁コーチャー….上田……………..もういい加減にしろよ。
    柴田は、まだ出場機会も少ないので判断ミスがあったのかもしれませんが、ここもバッター桑原でした。
    ここで終わっても次の回梶谷から始められました。
    先頭で桑原はワンアウトプレゼントです。頑固な監督が代打出さないのだから、ここで桑原凡退してほしかった。
    2点差になると、さすがにきつい……7回は先頭梶谷でした。
    でも10回は桑原…………..当然代打出さない…………….ワンアウト。
    梶谷いい当りでしたがツーアウト。
    荒波いい活躍してましたがさすがに、ツーアウトでは…………..。
    今日は天国から地獄に堕ちた試合でした。
    でも、勝てるゲームでした。
    それは、選手ではなく監督の責任です。
    勝利は選手のもの、敗戦は監督の責任だから………そして流れを悪くしている張本人なので。
    優勝争いはおそらく阪神と広島で繰り広げられるでしょう。
    CSも広島に負け越した時点で、ベイスターズの2位もなくなりました。
    そして今回の読売戦で負け越すと、CS3位もなくなると思い今日の試合に臨みました。
    もう1敗もできません。
    極めてCS進出厳しくなりました。
    今日は一生懸命私なりに微力ですが、今年一番の声を出し、チャンテ2でタケヒロー!!!と声を枯らしたら
    勝ち越し打を打ってくれました。そして満塁の桑原の時にも精一杯クワハラー!!!と叫ぶ途中で声がでなくなり凡退。
    気づけば5位。
    そしてヤクルトは阪神を破り、中日は広島を劇的にサヨナラホームランで勝ち調子が上がってきつつあります。
    次の中日戦も、負け越すような雰囲気迄出てきました。
    というか、ベイスターズ今一番弱いでしょ。
    笛吹けど踊らずとは、よく言いますが笛吹かずど踊るのも限界があるど。
    選手は今日頑張ってました。ミスこそあれ、なんとかしようと。
    でも指揮官は、いつもの調子でやっているだけじゃないか!!!!!!!!!!
    がらっとオーダー換えてみい!!!!!!!!!!!!!
    て、明日クラインかい!
    エリアン落とすのか……………。
    クライン???むむむ……………..大丈夫なの???????……………….
    ともかく筒香復帰しても荒波出してよ!意味分かってるよね?
    日本語分かる??
    すいません、生観戦で切れてます。今日はこの辺で……………..

    1. コメントありがとうございます
      観戦お疲れさまでした
      昨日の試合は後一歩で勝ち試合を観戦できただけに残念でしたね。
      しかしもう少しまともな采配であれば…
      現状おっしゃるようにセリーグで1番力がないですね…
      あとはもう指揮官がどう考えてどう自身の采配を見直せるか
      そこに懸っています
      我々がラミレスごめん、あんた名監督だよって言えるような采配を結果で見せてほしいですね

  6. 快晴会さん、こんばんは。
    今日の敗戦は感情の起伏があった分精神ダメージが大きいです・・・笑

    おっしゃる通り、山崎のワンポイント起用など言語道断です。
    現状で最も信頼のおける中継ぎは山崎、次点で砂田。彼らに1イニング任せないで誰に任せるのでしょうか。
    僅か1点のリードで宮崎を下げたのも同様。防御率4点台のクローザーが失点する心配などしていないのでしょう。
    そもそも最近の宮崎のサード守備は全く問題ありません。柴田で固めるべきポジションはその隣にあるはずです。

    8回裏で追加点を取れなかったのも響きました。
    梶谷出塁後に荒波にバントさせない理由がありません。まあそれまでの荒波はマルチ安打だったのでここは意見が分かれる所かもしれませんが

    桑原に関する指揮官のコメントを見た時には怒りよりも諦めの感情が先に湧いて来ました。
    信頼という名の責任転嫁の下で桑原が再起不能にならないことを願います。

    1. コメントありがとうございます
      信頼という名の責任転嫁はほんとうにこの指揮官に今贈りたい言葉ですね
      宮崎の守備固めも私もよくわかりませんでした
      今のラミレス采配は全てがうまくいってません
      これを単なる歯車が悪いというのは簡単です
      しかし、その歯車を悪くさせているのが指揮官であることに気付いて欲しいですね
      またコメント下さい

  7. 試合…途中までは良かったのですが、、ひどかったですね。また采配によって勝ちを逃してしまいましたね。もはや8番投手策も、早めの守備固めも、梶谷や柴田への走塁指示も、全部裏目になって目も当てられない状態。一点勝ち越した7回裏の満塁場面でなぜ桑原を変えなかったのか・・言いたいことは沢山あります。
    しかし同世代なだけに、少しは監督の苦悩を理解することはできます。巨人軍の由伸もそうです。チームが上昇している時ならば良いのですが、これほどまでに悪いと批判も相当受けます。自信や慢心を棄て方向転換しなければならない時期に来ていると思うのです。
    気がかりなのはヘッドコーチや高田GMの存在です。監督をサポートできているのでしょうか。時には監督に助言をする体制ができているのでしょうか。チーム浮上のために球団としてもまだまだ課題は多そうですね。

    1. コメントありがとうございます
      ヘッドコーチやGMのサポートは全くありませんね
      ここまでは特に
      ラミレスが独裁的なところも多少あると思いますが
      ラミレスと光山で作戦を考え後のコーチはイエスマンになりすぎています
      これはラミレスだけの責任ではないでしょうね
      私も実は交流戦までは指揮官に大きな責任を問う記事を書くつもりですが
      それ以降はコーチにもおおきな責任が生まれると思います
      批判にさらされるラミレスも苦しいとは思いますが踏ん張りどこだとは思います

  8. パットンは明日クラインと代わって二軍に行けって感じですね。
    正直言って、超貧打線のチームが今日の試合を勝てないようでは、CSも無理だと思います。最下位も十分あり得ますね。

    野手については、監督は選手自身の力でどうにかしろって言っているようなものだから、どんな打順を組んだって、筒香の調子が昨年の7月くらいのようにならない限り大量点なんて望めません。

    そうしたら、どこをどう考えたってピッチャーが頑張るしかありません。
    それをいとも簡単にぶち壊す監督任命のクローザー。
    明日からは康晃をクローザーにしてくださいって感じです。

    1. コメントありがとうございます
      パットンはかなり安定感をなくしてしまいましたね
      ファームで調整しなおすのもひとつの策だと思います
      確かに野手については監督は選手自身で乗り切れって感じですもんね
      投手陣が踏ん張れなければ最下位もあるでしょうね

ベイタリアン にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。