浮かれる指揮官、この勝利ではまだ何も変わっていない  2017年5月20日対巨人6-4○


目標はCS争いに切り替わった日

開幕前指揮官はこう言った

「昨年は悔しい思いを私も選手もした、今年は本当の意味で目標は優勝だ」

しかし昨日の敗戦でベイスターズは5位転落
優勝を目標にするには現実的に厳しくなった
今日から目標はCSになったといっていいだろう
ファンの淡い思いは指揮官の采配によって潰された
しかし指揮官の采配が変わらなければそのCSも危うい
2年ぶりの最下位だって考えられる
が、今日の試合開始前から
指揮官の残念な采配の真骨頂が見られる

須田の登録抹消

須田を登録した
怪我ではないようだ
確かに防御率は昨日の失点で7失点
球のキレも制球力も昨年の比較すると良くない
しかしそれでもピンチの場面でみせる強気な姿勢は
今のベイスターズの中ではナンバーワンだ
そんな須田を登録抹消した
現状勝ちパターンの投手でありながら
防御率5点台の三上を抹消する方が先だったのでは…
須田は先発経験があるだけに
ロングリリーフだって出来る
しかし三上はセットアッパーをできる状態にならない限り
1軍に置いとく必要のなる投手ではない
三上をさげて調整させ
昨年のパフォーマンスまであげることが大事だったはずだ
昇格させた藤岡のタイプを考えても
さげるなら三上でなかったか
指揮官の采配なのか
投手コーチの判断なのかはわからないが
これではチームのブルペン陣に厚みを増したとはいえない

5番田中浩康…勝つ采配か

スタメンを聞いた時耳を疑った人も多いだろう
「5番セカンド田中浩康」
唖然とした
田中浩康自身ヤクルト時代も通じて
クリーンアップを打ったことがあったのだろうか
もはやこれは指揮官の頭を理解することは出来ない
勘違いして欲しくないのだが
私は田中浩康のレプリカユニフォームを購入するぐらい
今応援している
しかし5番に起用するのはどう考えても間違っている
これでは打線に繋がりがでるわけない
1番桑原2番梶谷8番投手9番倉本という変えるべきところに
手をかけず、必要のないところに手をつける
現在5位も頷けてしまう
結局今日の試合は4打数無安打
5回同点直後のチャンスで凡退している
7回の追加点のチャンスでもそうだった
5番というチャンスに一番回りやすい打順で
使うべき選手ではなかった
采配ミスだった

先発クラインの失敗

今日の先発クラインは
このブログのコメンテーターの1人である
FOXさんの昨日のコメントにもあったように
牽制、クイックは改善出来ておらず走られた
無駄なボール球も多く
わざわざエリアンを降格させてまで
クラインを昇格させる必要があったのか
今日試合を壊さなかったとは思うが
試合を作ってはいない
もう一度チャンスを与えられるか怪しいところだ

桑原の決勝打、指揮官の勘違い

今日の試合を決めたのは
現在多くのベイスターズファンのヘイトを集めている
桑原だ
1番打者でフルイニング起用されながら
現在まで打率は2割前後
それでもベンチに下げるどころか
打順も変えずに起用し続けた

「桑原はレギュラー、スランプの後には好調になると信じている。私は我慢する」

それだけ信用し続けてきた桑原が結果を出した
勝ち越しのタイムリーだった
指揮官の喜びも一塩だ

「チームだけじゃなくて彼もスランプだった。ヒットが出たのは非常に良かった。我慢して起用した甲斐があった。」

確かに桑原は結果を出した
今日のタイムリーは価値がある
しかし186打席チャンスを与えても
打率.204
それだけ我慢すれば1軍の
プロの選手であれば
どこかで結果を出すのではないか
我慢して起用し負けた多くの試合があったことも
忘れてはいけない
それとも
指揮官の中で今年は勝つシーズンでなくて
育成のシーズンだと判断しているのだろうか

リリーフ配置転換の意図

この試合触れておかなければならないのは
山崎の守護神再転向だ
最早抑えとしての役割が出来ていなかったパットンが
1か月務めた守護神から降格
山崎が一番後ろに回った
この策自体は全く問題ないが
なぜもう少し早くその判断を出来なかったか
開幕直後守護神だった山崎が2度の失敗で守護神から降格
しかし一方でパットンは2回以上のセーブ機会失敗もありながら
今日まで守護神からの配置転換はなかった
昨シーズンロマック優先起用をした指揮官の
助っ人偏重起用のひとつだろうか
守護神を山崎にしたものの今日は球が浮いていた
明日以降山崎がどこまで本来のピッチングができるか
しかし守護神争いはしっかり争わせているのに
野手陣に争いはないのか…
さて、気になるのは8回のセットアッパー
現状は右打者左打者を考えて
砂田三上の交互起用のようだが
今日は良かったが冒頭にも書いたが
三上に今安定感がない
三上に調整時間は与えれらないのか

信用采配が出す結果は…

守護神を山崎に変えたことに
指揮官はこう話す

「まだ君に最後まで抑えを任せるわけではない」

特段気にするコメントではないこもしれないが
桑原や倉本に対してかける言葉とは違う

「スランプの後に好調になる」

山崎にはこういう言葉はかけたあげないのだろうか…
今日は何とか勝利を掴んだ
しかしこの勝利が自身が我慢した賜物と謳うと
また連敗街道だ
指揮官は今のチーム状態を冷静に分析して欲しい

実は今日の試合は勝ち投手になった
加賀繁のコラム記事を書くつもりであった
時には采配批判に終始してしまう批評記事でなく
選手に対する熱い気持ちを書くコラム記事を
書いて単なる辛口悪口ブログでないことを
示すつもりであったが
今日の山崎と桑原へ
の少々対照的な指揮官のコメントを見かけ
いつもの批評記事を書いた
(もちろん指揮官の言葉は山崎への熱い信頼から出た言葉だが)

しかし束の間の勝利の余韻を楽しむことは悪いことではない
指揮官の采配を批判しても
頑固になるばかりだろうか

指揮官の信用と我慢が良かったのかは
秋になるまでわからない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1.  いつも楽しみにしています。おっしゃられているとうり桑原の代わりに当然盗塁できる荒波でいいのではないでしょうか?もったいない気がします。先日の痛々しいパットンの姿。。。来年は監督にはならないでほしいものです。
    打者の気持ちしかわからない、投手は使い捨て。。。監督の器ではないと思います。

    クラインは何のために2軍で調整したのかまったくわかりません。そんなに簡単にコントロールがよくなり、クイックがマスタ-できていればメジャ-で投げているのではないのでしょうか?
    この点だけ見解が違うのは、今日の今永もそうクラインと変わらないと思いますが?クラインはまるで駄目ピッチャ-ではありますがどの試合でも相手にボ-ル球を振らせてまぐれで投げるストライクは球威は今永よりありませんか? 今永は新しい球でも覚えないとこれだけ研究されているので期待できそうにない気がしましたが?

    三上はワンツ-スリ-で打ってください状態です。おっしゃられている如く2軍調整でもいいのではと思います。

    秋山が投げていた頃からファンとしては悲しい限りです。

    今後ともよろしくお願いします。

    1. コメントありがとうございます
      おっしゃっる通り今永も現状かなり厳しいですね
      制球力も昨年に比べ落ちています
      昨年の勤続疲労もあるとは思いますが正直今年は5勝あたりで終わってしまうかもしれません
      それでも今永に頼らなければいけないのがこのチームの厳しい現状ですね
      荒波を桑原の代わりに使う起用はいいと思いますと、いうか普通の監督で有ればそうするのでしょうが
      ラミレスにそれを期待するのは無理でしょうね
      秋山を知っているとはまたオールドファンの方ですね、頭が下がります
      また引き続きコメント下さい

  2. 64年生まれ、40年来の地方在住超オールドファンです。横浜快星会さんのブログ、毎回本当に楽しみにしています。横浜に対する愛情と造詣が深いが故の、辛口にして鋭利な切り口の記事は、他には見られないもので、実に興味深く拝読させて頂いています。家庭、仕事、社会生活と多忙な日々の中で、ベイスターズの応援が大きな趣味の一つである私にとって、快星会さんのブログを読ませ頂いくことは、小さくない楽しみとなっています。ありがとうございます。ところで、最近の快星会さんのブログから少し気になることがあり、応援する立場から、書かせて頂きます。それは、記事の中で、快星会さんが、あなたの記事に対する周囲からの批判を気にしすぎてはいないか、ということです。これは私の想像なのですが、今シーズンはファンの期待が大きいあまり、辛口の快星会さんのブログに対して、そうしたファンの一部が、あなたに対して、心ない言葉を投げ掛けてくる事が増えているのではないか、そこで、快星会さんのブログにも、やや自己防御的なと言いましょうか、バランスを取らざるを得ないと言いましょうか、少々気を使わざるを得ない状況にあるのではないかと、勝手に心配しているところです。それをもって、あなたの批判が緩んだり、ましてや、萎縮されたりしたのでは、快星会ファンとして、大変困ったことですし、残念なことです。普通に読めば、あなたの記事は、一貫してぶれることがなく、その批判は的を射たものであり、冒頭にも書きましたようにベイに対する強い思いと深い造詣に基づくものと理解できますので、実に読み応えがあるのです。あなたの批判が、ヘイトのような無知で乱暴なものとは無縁であることは、自明のことですので、そして、私と同様に感じている人は大勢いるはずですので、どうぞこれからも、舌鋒鋭い記事を提供してくださることを期待しています。全くの私の、思い過ごしかもしれませんが、一快星会ファンとして、老婆心ながら、日頃の記事への感想、応援を兼ねて、書かせて頂きました。快星会さんに負けない位の、横浜ファンだと自負する私ですが、居住地の場所がら、スタジアムでゲームを見られるのは、年に2、3度程です。まれに、こちらから友人と同行して観戦することもありますが、基本的には家族か一人で観戦することが多いです。快星会さんのような方と観戦できたら、さぞや楽しいだろうなと、記事を読みながら思うことしばしばです。長くなりました。今後とも応援しています。

    1. コメントありがとうございます
      非常に心打たれる嬉しいコメントです、本当に応援して頂きありがとうございます
      まさにおっしゃる通りで私の意図をご理解いただける多くの方がいる一方で
      私の拙い言葉が誤解を生み厳しいご意見を下さる方もいらっしゃるのが現状です
      ただ、元来ベイスターズファンの方の中には
      応援する以上四の五の文句は言うな、監督違反なんかするなという方がいるのは当然のことで
      そういった方の気持ちを侵害させてしまっているのは申し訳なさも感じるのは事実です
      そういう意味で私自身の意見が多少保身的になってしまっているのは
      ご指摘されているとおりですね
      しかしこういった嬉しいコメントを頂けるとしっかり自身の意見をしっかり記事にしなければ
      襟を正す気持にもなります、本当にありがとうございます
      このブログは私よりも年が上の方に読んでいただく機会が多いようで
      なぜ、私のような若輩の30代の記事が年長者の方に読んでいただけるのはわかりませんが
      本当にうれしい限りでしっかり記事にしていかなければと思います
      最近自身の記事に自信を持ちながらもどこか迷いがあったとのですが
      このようなコメントを頂けるとモチベーションも上がります
      本当にありがとうございます
      これからもぜひ、コメント下さい
      追伸:私も実は長野にはゆかりがあります
      松本に祖母がおり、年に数回は長野行くことがあります
      信州は広いですが、あの独特なやさしい空気は心を豊かにしてくれます

  3. 追伸、大切なことを書き忘れていました!
    昨日の影のヒーローは、啓次郎!
    上げるなら啓次郎と言って来たが、旬が終わり掛けた頃にやっと昇格。
    一昨日のここぞという場面では出番なく。
    昨日も左投手にぶつけられたが、価値あるヒット!
    啓次郎のあのヒットが同点、逆転につながった!
    負けるな啓次郎!頑張れ啓次郎!

  4. 追伸、大切なことを書き忘れていました!
    昨日の影のヒーローは、啓次郎!
    上げるなら啓次郎と言って来たが、旬が終わり掛けた頃にやっと昇格。
    一昨日のここぞという場面では出番なく、昨日も左投手に代打に出されたが、貴重なヒット!

    負けるな啓次郎!

  5. 先ずはクライン、私が5月6日にファームの試合を観た時の貴殿へのレポートが下記です。

    ・ストライク、ボールがはっきりしている。
    ・三振の殆どは楽天の打者がボール球を振っていた。スピードは145くらいで1軍なら見極める。
    ・ランナー出た時に注目したが、牽制のモーション大きく 片足が アンツーカーにかかっていても余裕でセーフ。要はリードし放題。黒羽根で2つ盗塁許したがいずれも、癖を2軍でも知られているのか足を上げる前にスタート切られ、余裕のセーフ。以上から1軍では難しい。足の無いチーム限定登板なら可能だがそれならエリアンでいい気がした

    何も改善されていないで、走られ放題。先発陣が火の車であげたのだろうがとても1軍レベルではない。今の巨人だから5回まで持っただけ。ファームで何を教わっているのか?
    牽制やクッイクを教えられる人がいないのか?コーチが教えられないなら久保がファームだし、
    久保にお願いしてみたらと言いたくなる。

    田中5番は、皆さんと全く同じ意見だし、ファン100人居て恐らく100人が唖然とする打順。
    YesマンコーチはもうあてにしないからGM、オーナーから暴走打順は言うべきだ。
    私なら5回の2死、2,3塁で代打。百歩引いても7回の無死1,3塁で代打。勝ったから目立たないが、ダミレス無能采配の典型的な姿。
    そしてこれは多々意見あるだろうが、私なら7回、宮崎が無死で2塁打打った段階で代走柴田。
    昨日の走りの失敗は走りで返すことが一番忘れられる。そして宮崎の守備は狭い範囲では無難だがやはり柴田の方が上でそのまま守備固め。柴田ならロペスのヒットでホームに行けたかも。そして石川の時も攻撃のバリエーションは増えた。7回でもう1点、追加。いつもこの追加点がなく残塁の山で終えるダミレス采配。2点より、3点あった方がどれだけ中継ぎが楽なことか。

    桑原の真価が問われるのは今日。20打席に1回くらいはヒットが出て当たりまえ。貴殿が言うように「我慢して起用し負けた多くの試合があったことも忘れてはいけない」
    私はあくまでも1番は不適と言いたい。6、7番の方が持ち味を発揮する。

    須田のファームは驚いたが、須田に比べたら三上の方がタフだし、1度リフレッシュした方がいいと思う。藤岡は地味ながらファームで安定した投球をしているし、藤岡には悪いがダミレスからしたら早い回からそして毎日でも使いやすい捨て駒要員。昨年、毎試合投げさせ、心配だとコメをしたが案の定、肩?肘?が破壊され残りのシーズンを棒に振った。
    私は昨年、貴殿へのコメントの中でベイがCSに出れたのは、負けが込んでいた苦しい時に来る日も来る日も登板。藤岡が踏ん張ってくれた陰の貢献者というようなコメをした記憶がある。
    ダミレスのために野球人生が終わらないようにを祈るし、頑張って貰いたい。

    以上から1軍では難しい。

    1. コメントありがとうございます
      クラインのレポートありがとうございます
      やはり予想通りの投球でしたね、巨人打線だから5回までもったというのは間違いありませんね
      さて藤岡のコメントの件は覚えています
      おっしゃっていましたね、4月の負けが込んでいた時に
      ラミレスは彼を遣いつぶすように投げさせていましたね
      あの時期は抑えの山崎含めリリーフ陣が崩壊していた中
      藤岡1人気を吐いていました
      私情も入りますがあの時期の藤岡は一昨年の長田のような使われ方をされてましたね
      長田はその登板過多で昨年調子が落ちてしまっただけに
      藤岡にもその不安がありますが
      ファームで結果を残しているだけに彼にはいきなり勝ちパターンに入ってもらえるくらい踏ん張って欲しいです
      さあ、今日の試合果たしてラミレスはどんな采配を見せるのか
      既に今年を育成のシーズンにするのか勝ちにいくのか瀬戸際になっています

  6. そうなんですよ❗勝ちには素直に喜びたい。でも繋がりある勝ちには到底思えない。走られ放題の投手、選手の個性が生かしきれとらん打順構成等・・・

    桑原だってよく打ちましたよ。でも2割そこそこの打者ですから、そりゃあそろそろ打つでしょう。
    要はそうじゃなくて、何事も分析、裏付けが欲しいんですよ。桑原を育てたいのであるなら、1番としての役割は何か、もちろん彼の個性も生かしつつ追究して欲しい。いつかは上向きになるなんていい加減でどうするんじゃ(怒)

    その他にも、一昨日の責任を須田におっかぶせてますが、あの場面で外角一辺倒のリードした戸柱なる人物への指導は十分か、さらにあの場面でタイムも取れないボンクラベンチは自省してるのか。

    監督以下首脳陣は選手の人生預かってんんだから、責任ある言動、判断、指導を望みます。

    1. コメントありがとうございます
      桑原をどうしても理想の1番にしたいなら
      尚更ベンチで休ませて冷静に試合の流れもみせることも大事なはずなんですが
      どうもラミレス監督は我慢して選手を信じて使うことが最高の采配と酔ってしまったいるようですね
      一昨日の試合一度もタイムをとらなかったのは私も気になりました
      あれでは須田も打たれるでしょうね
      指揮官が何を考えて野球をやっているのか正直疑問だらけです

  7. 現地観戦してました。
    ずっといいところがなかった桑原の決勝打と康晃がクローザーで抑えての勝利。
    ここ数試合フラストレーションがたまりまくりのファンからすると、いい勝ち方だったと思います。
    しかし、スタメンを見る限り、とても点を取れるとは思えませんでした。
    はっきり言って浩康5番は愚策以外なにものでもありません。
    結果論ではありますが、内海-小林のバッテリーがロペスとまともに勝負してくれたから勝てたのだと思います。どう考えたって、今日の横浜のオーダーならロペスは歩かすのはやむなし。ランナーがたまっても浩康勝負でしょう。とても浩康が打てたとは思えません。実際ノーヒットですし。それは巨人もなかなか勝てないわと思いました。
    まあ、打線に関しては誰が何番を打とうが、自分の力でどうにかしろって言うのが横浜の指揮官の方針なのは分かりましたので、何も言いようがありません。ただ、今日に関しては下位打線のチャンスメイクは当たったと思います。
    明日は今永がしっかり投げて勝ってほしいです。

    1. コメントありがとうございます
      フラストレーションは少し解消された試合ではありましたね
      現地観戦お疲れ様でした
      さて、5番田中浩康という采配をしてしまった意図が読めませんね
      田中が悪いというよりはこれはそういう起用したラミレスもしくはそれに同調したコーチ陣に大きな責任があります
      今日の試合同じ轍を踏まない采配を見せて欲しいです

  8. 快星会さんのお話ごもっとも。
    私も同じような考えです。
    いつもの私なりに
    1.須田の抹消、確かに今のブルペンを見ると、健次郎朗とか三上とか先に調整した方がいいような気もしますが
    左がいない、優先順位としてまだ三上が上なのでしょう。
    ただ、須田の2軍行きは私もびっくりはしましたが、これをいい機会に去年のようなピッチングが
    できるよう帰ってきてくれると思うのでいい調整をしてくれるようエールを送りたいと思います。
    変わりに藤岡が上がってきたので、去年故障してしまいましたがそれ迄いいピッチングしていたので
    期待しています。

    2.クラインの昇格、エリアンの降格は私も疑問符です。
    2軍でいいピッチングしているならまだしも、FOXさんの予言通り1イニングで3盗塁される始末。
    もう少し日本の野球に適合してからでよかったのでは。
    結局いつも5回で降板だし。
    熊原上げてもいいじゃないでしょうか?

    3.桑原のヒーローインタビュー少し潤んでましたね。本人も少しホッとしたのではないでしょうか?
    ただ、これから一気に上がり調子になるとはまだ考えられません。
    去年もロペス不調のとき、私はベンチに下げるべきと思ってました。
    ラミちゃんが辛抱して、その後大爆発したのでラミちゃんの評価が高いのかと思いますが。
    私は、それでもロペス下げるべきだったと思います。
    少し休ませて、ベンチから野球を見て調整させた方が得策と考えます。
    不調の間どれだけ負けてると思っているのか?別にロペス一人だけの責任ではないですが、
    変わりの選手の方がホームラン打てなくても、少しでもヒット打った方が勝ちにつながるでしょ?
    今回の桑原も1番バッターは、重要です。
    桑原だけの責任でも今回もありませんが、負けが混んでました。10連勝中とかなら試合で我慢もそりゃできるでしょう。負けが混んだら優勝できないんだから。(もう諦めましたが)
    快星会さんのご指摘通り、今年は来年優勝する為に育成期間にするつもり?
    選手も優勝狙ってるのに??
    そりゃ、来年は桑原も倉本も筒香も今年の反省を活かしてきっと活躍することでしょう!!!
    って今まだ5月だぞ!!!!!!何考えてるんじゃ!!!!

    4.康晃抑えに戻り、ハマスタ大騒ぎだったでしょう。やっぱり9回は康晃だと見慣れた風景でいいですね。
    でも……..中継ぎに降格してから点取られてないけど、内容はそんなによくはなかったと思いますよ。
    いい時と悪い時とあるし、ツーシームの落差やコントロールも言う程改善されたとは思ってなく。
    一時よりはいいですけど。
    で、今日の登板も快星会言われるように高めに行ってたし、先頭出すし(この先頭出すのは本当によくない)
    うまくゲッツーで打ち取ったから今日は結果よかったけど。
    ただパットンは、7回があってるのでしょうね。
    康晃再抑えはベストではないけど、ベターだと思います。
    他にそれ以上の投手は見当たりませんもんね。
    で、信用の話ですが……..当初配置転換したときラミちゃんFOR REALでこう言ってます。
    7回なら康晃が、2.3点取られても挽回できるけど、9回は厳しい。
    康晃は、去年の夏場のように(全体的に調子よくなかったけど)打たれるイメージが、こびりついているんでしょうね。まったく信用されてない。
    投手、特にクローザーは特に抑えて当たり前、打たれれば目立つわけで、打者は毎日試合があり、毎日4.5打席あり一人で打つ訳ではないから信用できちゃうんでしょうね。
    これはラミちゃんが投手出身ではないので、心理的に投手が打たれるのは脳裏に残りやすいのではないでしょうか?
    おまけに、レギュラー中心選手だったラミちゃんですから、打者のスランプの苦しさといつかは打てるのが自分で分かってるから使うのでしょうが…………….打者に甘すぎやしねえか?

    ともかく今日勝てたので、明日勝てればCSの可能性もまた、高まってきます。
    ただ、ヤクルト中日がちょっと調子が上がってきて阪神、広島も一時期の調子は無くなってきているので
    これからまた、混セになるといいのですが…………….阪神も糸井がまた打ち出すと勢い吹き返しそうですが。
    ともかく読売はたいした戦力ないので、まずは3位を伺う為に明日は必ず勝ってほしいものです。
    今年も交流戦ポイントになりそうですね。
    交流戦で一番セリーグで、勝てるチームが優勝になるのでしょう。
    阪神なのか、広島なのか……………..まさかのチームなのか……………….。

    1. コメントありがとうございます
      非常に興味深い鋭い批評ありがとうございます
      須田の降格は私としては不満はあるのですが加賀が良くなってきた分
      再調整するならこのタイミングだったのかもしれませんね
      さらに抑えを柔軟に配置転換すること自体は私も悪いことではないと思うんですが
      ちょっと山崎への信頼が期待をかける野手に比べると
      コメントの違いがどうなのかと気になります、
      ご指摘の通り昨シーズンの山崎への不満が強くその背景にあるのでしょうね
      1番桑原がものにならないなら自分の理想の野球ができないというのが指揮官の考えであるならば
      今年はもう育成のシーズンと割り切ってしまったほうがいいのかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。