価値ある大きな1勝、期待を裏切り続けたドラ1位白崎とラミレス采配の真価 2017年5月30日対日ハム 3-0○


大失敗の2012年ドラフト1位

「やっぱりスターに成るのは野手なんだよね」

そう言って白崎の指名を喜んだ中畑清を見て
「このチームはやっぱり強くならない」
そう思った
5年前のドラフトで白崎を
外れ1位に指名したベイスターズに
かなり失望を覚えた
親会社が変わっても最下位
この年開幕投手を務めた高崎も7勝止まり
勝ち頭はやっぱり三浦だった
この状況でベイスターズに必要なのは投手
この年のドラフトは全て投手で良かったとも思っていた
しかし蓋を開ければ外れながら1位は内野手
しかも中畑清の息のかかった駒澤大学の選手
ドラフト指名については
一切中畑清には知らされていなかったとはいえ
不思議な力を疑ってしまうのも無理がない
しかもこの年の他球団のドラフトでは
2位以下に有望選手が多くいた
ヤクルト小川、楽天則本、日ハム鍵谷、西武高橋など
同じ内野手でも広島鈴木誠也もいたことを考えれば
いくら東都で首位打者を獲ったとはいえ
白崎指名など言語道断だった
もちろん現実的に小川や則本を指名することは難しかったが
以前やっていたブログでも私は白崎指名に
憤った記事を書いた覚えがある
それ以来私は白崎に対してはどこか評価できない目で見ていた
しかもこの4年間背番号6という期待の番号をもらいながら
目覚ましい活躍はできていない
私と同じような目で彼を見てきたファンも少なくないだろう
そんな彼が今日1軍に再登録され
いきなりスタメンで起用された

大事な交流戦初戦の大事な初回

白崎は6番指名打者でスタメン出場
相変わらず馬鹿のひとつ覚えで
ファンサービスと言う名に隠れて
記者サービスを行ったラミレスが
また性懲りもなくスタメン発表を昨日行っているため
ファンは昨日の時点で白崎のスタメン出場をしっていた
ファームでは敵なしの活躍を見せているため
昇格は予想通りだが
彼の場合は1軍に昇格すると結果が出ない
特に得点圏の弱さは群を抜く
そんな彼を6番で
しかも打撃だけに期待する指名打者での起用は
正直疑問を持った
しかしこの采配が的中した
日ハムの先発加藤に対して
先頭の桑原が2ベースで出ると
2死後筒香、宮崎が四球で歩いた
特に宮崎の最後の球は微妙な判定ともいえるだけに
ラッキーな形でチャンスとなった
ここで迎えるは6番白崎
今シーズンお得点圏打率は.222
期待は薄い
しかし大事な交流戦の最初のチャンス
白崎にとってはここで打てなければ今回の昇格も
うまくいかずに終わってしまう可能性も高い
そうなれば彼の野球人生もそう長くない
チームにとっても本人にとっても大事な打席だった
そう考えて野球を見るとつい緊張感も強まる
ここで白崎は見事に初球をレフト戦へ運び
タイムリー2ベース
非常に大きな一打だった
これは打った白崎も使ったラミレスも素直に評価したい

濱口の好投に見た成長

そしてベイスターズ先発は濱口
マスクはこの日も高城
前回彼のミスで濱口のリズムを狂わせているだけに
戸柱の起用を個人的には推したかったが
そうはならなかった
濱口に高城を固執するあたりは
頑固なラミレス采配らしさが見えるが
今日は濱口の好投が実った
3回は足の速い西川に出塁を許すも
近藤、中田を連続三振に抑えてのは圧巻だった
リードする高城も要所で濱口に大きな声を出しており
後がない捕手らしく精一杯リードしていたようだった
制球力が悪く球数が多くなりやすい濱口だが
7回を投げ切って102球
これまで5回でも120球費やしたこともあった濱口にしては
球数も少なくテンポよく投げられた
ラミレス並みの早打ちファイターズに助けられた面もあるだろう
それでも今日の濱口は力強く躍動感もあり
またクイックや牽制も工夫こらしてバッテリーで良く投げ切った

6回の攻撃に見た田中浩康の価値

攻撃面で白崎以外に誉めたいのは
やはり6回表の田中浩康
2死になり簡単にこのイニングは終わってしまうと思った中
100球に成る前に6回を投げ切りたかった加藤に対して
田中浩康は粘ってボールを見極め
9球投げさせて四球を選んだというより
四球を投げるように仕向けた
まさにベテランの真骨頂
さらに田中は高城の打席でバッテリーが無警戒をわかると
盗塁を仕掛けて成功
これはおそらくサインではないだろう
まさにこういう野球を
ラミレス含め各選手はしていくべきだ
これが高城のタイムリーを生んだ
私は田中浩康をレギュラー起用で使うのは
チームの成長を考えれば少し懸念している点もあるのだが
こういうプレーを見せられると
彼以上のパファーマンスを見せることができる選手は
今のベイスターズのセカンドにはいないのではないか

3位浮上、喜ぶべきだが…

今日巨人が負けたため
順位は入れ替りついに3位浮上
散々ここでラミレスを罵倒してきたが
Aクラス浮上
最低限の目標には届いたことになる
この状況に関しては素直に誉めていいだろう
しかしやはり気に成る
これは先ほども書いたが
前日のスタメン発表など愚の骨頂だ
敵チームに前日からスタメンを曝して
少しでも対策を考える時間を与える必要はない
これが強いチームならまだしも
成長過程の下位チームである
ベイスターズがなぜ昨年日本一のチームに
手の内を曝さなくてはならないのか
たとえば手の内を曝しておきながら
本番では違うオーダーを並べるとかなら
理解できるし、勝負師だと思う
しかしそんなことはなく
前日発表したオーダーをただ並べる
これでは相手にアドバンテージを与えるだけ
これはキャンプ前に開幕投手を発表したり
レギュラーを発表したりすることも同様
しかも納得いかないのはこれらが
ファンサービスの一環とされることだ
なぜ前日にオーダーを知らせるのがファンサービスなのか
球場に来てドキドキしてオーダーを聞くのを
楽しむファンの方が多いように感じる
ファンサービスを盾に良く分からないことをして欲しくない
これはあくまで単なる記者サービスだ
もちろんメディアに取り上げられることが増えれば
広告にはなるかもしれない
しかしそれで負けていては話にならない
今日は前日の発表通りのスタメンで
勝つことができたから良かったが
賢明な采配ではない

交流戦に入り指揮官の采配に変化は見られない
しかしそれでも今日は勝つことができた
幸先は良い

明日は日ハム斎藤
ベイスターズ打線が与しやすい投手ではある

指揮官の采配に不満は残るが
ここで連勝すると確実に流れは変わる

奇跡を起こすなら交流戦なのかもしれない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 監督の采配と白崎をほめるとは珍しいですね。でも厳しい記事が多い中、交流戦第一戦の勝利は素直に喜べる点があったということなのですね。そういう試合がこれから増えてくることを願います。

    昨日の殊勲賞はヒロインに挙がったやはり濱口でしょう。白崎がタイムリーを打ったことに各ブログ主は狂喜しているようですが、相変わらずチャンスに弱いですし、ファンが望む覚醒も期待できないでしょう。ルーキー濱口の好投と早打ち策を選んだファイターズが打ち崩せなかったことが勝因だと思います。カウント球がしっかりストライクをとれている印象でした。

    はたして監督の采配はいいのか、悪いのか。これまで快星会様は書き続けてこられ、スタメンへの拘りや中継ぎの酷使、ベテラン冷遇などが挙げられていました。概ね私もそれに共感しているからこそ拙コメをさせて頂いています。しかし今日段階でベイは借金1のセリーグ3位であり、3,4月は11勝12敗、5月は12勝12敗とまずまずな勝率を残しているという事実がもどかしいのではないですか?打線も低調、先発ローテーションも揃わない、控え選手もパッとしない、でもチームの雰囲気は明るくそれほど借金が増えていない(笑)。一試合の勝利は嬉しいはずなのに監督の稚拙な采配を見ていると素直に喜べない(笑)。なぜなのでしょう?

    昨日の試合を観て感じたのですが、ファイターズが攻撃の場面はバッティングCがよく選手と話していました。対するベイの小川Cはほとんど動きません。選手の自主性を重んじているのか、細かな指示をしているところを見ません。初球打ちぐらいです。首脳陣の能力の問題やコスパを重視する球団の姿勢にも問題がありますが、決して十分ではない現有戦力で戦う以上、若い選手の自主性を重んじ伸び代に期待するというチーム方針なのかなと。そこに、、不満があるわけですよね?無論私もですが。

    今日の試合で昨年の覇者ファイターズが徹底的に叩いてくるか、それとも返り討ちにできるのか。この辺りが今後の行く末を占う分岐点かと思います。

    1. コメントありがとうございます
      昨日は早打ち策を選んだハムに助けられた一面がありますね、もちろん浜口の好投に尽きますが
      さて仰る通りラミレス采配に不満があるのですが気づけば3位
      おそらくもう少し私が冷静なファンであれば“良くやっている”と褒めているのかもしれません
      ただ、一方でもう少し采配が巧くいけばもっと勝てる試合があったのに思ってしまいますね
      おそらく指揮官の采配以上のものを選手が発揮しているのでチーム力が上がっているのでしょう
      いや、選手が力を発揮できていることがもしかしたら指揮官の采配、能力と褒めていいのかもしれません
      考えてみれば優勝した98年も5月頃までは権藤監督の継投策とノーサインの攻撃に大きな不満を持っていましたが
      5月終わりに3位だったんですよね
      空気はもしかしたら98年に似ているのかもしれません
      ただ、今日もまた采配に憤ってしまうかもしれません、それも98年と同じか…笑
      とにかく交流戦が大事になります、特に今日の斎藤は早打ち策が適する相手
      初回から得点を重ねることを期待します

  2. 後のない二人が必死になって食らいつきましたね❗勝てて良かった。

    ただ、筒香と梶谷は重症ですね。
    特に梶谷は2番という打順への抗いか、不安定です。プロですから、何番任されても努力すべきなのでしょうが、その人の特徴を上手く見抜いて使うのも指導者の役目。
    考えすぎですかね?❗

    いずれにしてもこの交流戦を機に、チーム力が上がることを期待します❗心技体どの部分においても。勿論選手だけでなく『首脳陣』の方々も!❗!❗

    1. コメントありがとうございます
      気分屋の梶谷はまだしも筒香の不調は重症ですね
      正直4番外す選択肢もそろそろあってもいいでしょう
      梶谷2番含めこのあたりをもっと柔軟に起用して欲しいですね
      首脳陣の真価もこの交流戦ひとつ注目ですね

  3. 今日は貴殿が私の言いたいこと9割書いていて、私が監督ならのひとつあった不満を書いていないと思ったら、とらたろうさんが砂田続投でよかったという見解をホームラン打たれても1点リードという理由もどんぴしゃで書いてくれたから言うことありません!
    あっ、もう一つ補足すると砂田には意識して、中田と勝負させるべき!
    単なる左打者起用で終わらせる投手ではない。私が砂田なら昨日の勝利は全く嬉しくなく、ダミレスへの不満が残っただろう!
    同期の平良より実績ある砂田に取り、自身が熱望する先発を自分はやらせて貰えず、平良は1軍上がれば先発する。ファームにいる林、大原、野川らの左ワンポイント要員は全く冴えないピッチングゆえの弊害。
    最後に田中の四球、盗塁、既に貴殿が書いていたがダミレスへのサインとは思えない!
    あれでセンターが、前進守備を敷いて、高城のエラーもどきの3塁打を生んだ!
    きっと田中は私の昨日の分析で盗塁がセリーグ最下位、四球の重要性を読んでくれて、ダミレスに野球はこうやるんだよと教えてくれたと信じたい。
    恐らく、選手でも愛読者はいると信じ、選手が口に出せないダミレス采配への不満をこれからも書きたい!
    今日はハンカチ王子のハンカチが早い降板の涙で濡れる試合をしたいものだ!

    1. コメントありがとうございます
      田中は昨日のFOXさんのコメントを読んでのプレーだったかもしれませんね、でも四球の重要性ぐらい
      指揮官に1番わかっていてほしいですが…そもそも藤浪に右打者に四球を出す選手が多いと分析して右打者を使う采配をしながら
      なぜ、普段から早打ち指示するのかわかりませんが
      砂田の起用は中途半端でしたね、昨日はしっかり1イニング任せたかったですね、三上より安定感あるだけに…
      ハンカチに勝てないとまた流れが変わりそうです、何とか踏ん張って欲しい

  4. 非常にいい試合でした。
    まずは白崎。
    変化球にいつもタイミングが合わず空振りしている姿を見ていましたが、タイムリーヒットの場面ではしっかり待って捉えましたね。
    そして浩康。
    あの四球は大きかった。たとえ点を取れなかったとしても、あのような粘りはほかの選手も見習うべきでしょう。セカンドは今の状態なら浩康しかいません。明日のスタメンセカンドが石川でないことを切に願います。
    そしてなんといっても、濱口でしょう。
    貧打のチームなのでやはり先発の好投は必須。
    完璧と言ってもいいくらいのピッチングでした。
    本音を言えば、もう1イニング投げさせても良かったと思いますが、来週以降のことも考えると交代でも良かったかなと思います。

    ただ、明日はどうなるか分かりませんね。
    相手の先発はハンカチ王子。なんだかんだでチャンスは作ると思いますが、チャンスにあと1本が出ない姿が目に浮かびますね。序盤からどんどんチャンスを作ってしっかり点を取ってほしいです。
    熊原はしっかり投げてほしいですね。

    1. コメントありがとうございます
      浜口はもう1イニングいけたでしょうね、ただラミレスとしては100球で降ろして
      疲労を軽減させたのかったでしょうね、しかしその分中継ぎは疲労が溜まりましたが…
      昨日のような野球を見せられると田中をスタメンで使うのが今は賢明ですが
      どうも自分がレギュラーと決めていない選手に関しては好調でも2日続けてスタメンで使うのが嫌なようで
      今日は石川をセカンドスタメンで使っています
      ハンカチ王子から勝てないようだとまた流れが悪くなります、ここはしっかり勝ってほしいです

  5. 快星会さんとまったく同じ感想。
    白崎起用に関しては、今日のところは監督、白崎共々褒めたいですね。
    ただ、白崎あとが続かない。明日以降どういう結果をだすのか?真が問われますね。
    そして、濱ちゃん、高城よかったと思います。
    8回迄投げさせてみたかったけど、まあ無難にいきたかったのでしょうね。
    7回も最長イニングなので、今日はよしとしましょう。
    田中の打席、走塁素晴らしかったです。
    そして高城のスリーベースですが西川の、判断ミス、ボールが変化するというラッキーがあり、
    なんだか最近こういうの多いですよね。
    勝ち運がついてきた。
    いつもの調子で追加点が取れない展開ですが、田中の取った得点ということでしょう。
    あと一つ気になる事。
    相変わらず砂田続投でいいのに、ホームラン打たれても1点差。
    打たれたら三上でいいのに………..。
    どうも8回は石橋叩いて渡りたいようだけど、3点差ツーアウトだよ?
    消耗させるのやめようよ、この先2/3まだ試合あるんだから。
    無駄遣い。
    どうも、投手の継投は我慢できないらしい。
    ただ、今日勝ってよかったな〜。
    交流戦5割でいければ、3位以内は(おそらく3位で終わるだろうけど)
    確定できると思います。
    読売、弱すぎます。
    どすこい、陽が出てきてもなんだかいつのまにか、マイナーな選手ばかりでとても
    Aクラスに、なるチームとは思えない。
    ともかく交流戦、頑張ってもらいましょう!
    明日は打撃戦かな?
    (先週もクライン登板時、そういって一方的にやられた試合でしたが…………果たして?)

    1. コメントありがとうございます
      白崎はこの調子がいつまで続くかですね、正直白崎に対してはラミレス自身もまだ信頼していないところはあるのでしょうね
      この交流戦でしっかり結果を残してブレイクして欲しいところです
      砂田のところは彼1人でいかして欲しかった、ましてや三上と砂田を比較した場合
      左右に拘らず砂田の方が抑える可能性は高いような感じます
      三上は8回を任せるほどの安定感は今年はないでしょう
      読売は私はなんだかんだでAクラスには顔を出す気がします、ただベイスターズは読売に勝ち越せないとCSはないでしょう
      もちろんその前にまずは交流戦何とか5割を死守して欲しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。