ラミレス型の梨田楽天の首位相手に大勝した日、それでも1番打者と4番に思う不安


ラミレス型の梨田イーグルス

2勝4敗と1勝2敗ペースで戦う交流戦
それでもベイスターズにとっては想定内
苦手な交流戦を勝ち越す
と淡い期待を持っても
今はパリーグ相手に
対等に戦える球団ではない
上位陣には3連敗しないで
そして下位球団には
あわよくば2勝1敗と勝ち越して
何とか
トータルで8勝10敗ぐらいで終
えることができれば御の字だ
しかし私の中で下位球団のロッテやオリックスに勝ち越すより
現在首位の楽天に勝ち越すことの方が可能性は高いのでは…と
思っていた
それは楽天指揮官の梨田監督の野球は
ラミレス監督の野球に近いからだ
近鉄監督時代を持ち出さなくても超攻撃型の梨田采配
盗塁をひとつもせず12本塁打のぺゲーロを
全試合2番で起用したり
ウィラーに比べれば
3番タイプの銀次を5番で起用しウィラーを3番起用
そして自身がレギュラーとして考えている選手は
基本的に外すことはしない
これは非常にラミレス野球に似ているところがある
ということは相手の隙を狙う野球をあまりしてこない
力と力の野球に拘ることが多い
ラミレス野球としては非常にやりやすい
近鉄の加藤のように言えば
私はロッテなんかより
ずっと楽天の方が戦いやすのではと秘かに思っていた
そして今日からの3連戦
最後の則本を打つのは至難の業
勝ち越すなら絶対に落とせない初戦
この大事な1戦大事なマウンドはルーキーに任された

下園の降格と高城起用

さて試合前下園が降格した
選球眼もらしくなく10打数1安打だとベンチに置くには
忍びないし、代打1番手でない下園には価値はない
しかし乙坂にしても関根にしてももう少し我慢していただけに
下園にももう少しチャンスをあげて欲しいと思った
代わりに昇格した佐野には結果を残して欲しい
話は変わり今日のスタメン
左の辛島ということもあり
右打者を並べたスタメンだった
しかし辛島は
対右打者に対して打率.225だが
対左打者打率.281と左打者の方が分が悪い
ちなみに昨シーズンの成績も
対左打者に打率.300と打たれ
対右打者は打率242
今日の右打者を並べたのは
データ大好きな指揮官にしては考えが浅い気もする
そして捕手には高城を起用
今はまさに濱口専用捕手だが
せっかく3人制を布いてるのであれば
ここは高城以外の捕手を濱口と組ませてみて欲しかった
左右を気にするなら嶺井でも良かった
決して濱口と組んで好投をしているというわけではないんだから

それでも桑原は1番打者ではないのでは…

今日の試合を振り返れば
打者では1番の殊勲者は桑原だ
辛島から先頭打者本塁打を放った
千賀を打ち崩したとはいえ
どこか交流戦の苦手意識がまだ残る
初回でいきなり辛島から放った一打は
士気が上がったはずだ
今日は5打数4安打と文句なく
一番の働きをみせた
しかしそれでも私は
彼が1番打者として的確かというと疑問である
私は1番打者に必要なのは出塁率はもちろんだが
どれだけ先発投手の球数を稼げるかにあると思う
1番打席が回り1番先発投手と対戦する
1番打者が先発投手相手に1打席に6球粘れば
それだけで18球~24球を先発に投げさせることが出来る
近年は100球で投手が変わるだけに1人の打者で
5分の1以上投げさせればアドバンテージにもなる
そう言う意味でも私は球数を投げさせられる1番打者こそ理想だとし
2013年の頃やっていたブログではホークス中村晃が1番理想の1番打者とした
桑原はガッツもあるし超積極的に打つ姿勢は決して悪いとはいわない
しかし1番打者としては波もあるしケースバッティングもできない
ましてや盗塁成功率も悪い
それでもラミレス監督の理想の1番打者である以上彼が
1番を打たない日は怪我でもしない限り今年はないだろうが
私は彼を下位打線で起用した方がチームにとっていい気がする
せめて6番を打たせてみたいが…

4番筒香の復活はそれでもまだ遠いか…

そして桑原が本塁打を打った5分後
今度は4番筒香が打った
久しぶりに見た大きな当たりで
完全復活と言えなくもない大きな当たりだった
現在6月6日で第5号
ちなみに2012年筒香がまだブレイク前のシーズンであるが
この時に第5号を放ったのは6月11日
この時とほぼ本塁打のペースは同じ
12年シーズンは本塁打10本で終わった
もちろん今年が10本で終わるとは全く思っていないが
いかに今年の筒香の調子が悪いかを図るには
いい比較対象はなると思う
こないだのハマスタでの当たりを見て筒香が復調したと考える
ファンの方も多いようだが私はここはあまり楽観視していない
現に今日はこのあたり1本だけで
左打者が苦手な辛島が変わった後は全く打てていない
これではまだ完全復活とは謳えない
もう少し筒香の復調は時間がかかるだろう

濱口の好投以上に期待がもてた国吉の好投

今日の試合はマウンドに立つ前に
打線が3点も援護をくれただけに
気持ち的には楽だっただろう
4つの四死球やワイルドピッチなど
荒れ球なところは魅せたが
それでも7回119球で1失点は合格点というより
出来過ぎで文句は言える要素はない
しかしその濱口以上に期待がもてたのが
9回に登板した国吉
球の威力もコントロールも1軍で見てきたそれとは違う
結婚してから全く成績が奮わず心配していた
この1年ファームの試合は見てこれなかったので
成績以外細かい点はここでコメンテーターの方の話を聞くしか
知り得なかったが今日テレビ出来見る限り
ファームで防御率0.00は伊達ではない
早く大事なところで投げさせて見たい

楽天相手に隙はあるか…

さて楽天相手に9得点
9-1と大勝
投げては濱口の好投あり
打ってはクリーンアップの揃い組の本塁打攻勢
これ以上ない理想的な試合だった
はっきり言って今日は文句のつけようはない
本来ならラミレスのコメントでも待って多少きびしいことを書こうと思ったが
試合後のコメントを待っている時間も今日はないので
それもできそうにない
今日ぐらいは素直に勝利の余韻に浸りたいが
それでも記事で書いたように
辛島がどちらかというと左打者が苦手なのに
右打者を並べて意図は知りたい
結果的に試合に勝っただけに文句はないが
データを重視する指揮官らしくはないが…

しかし冒頭で書いたように
楽天は隙を狙ってくる野球をするようには思えない
初戦を勝った以上勝ち越しも本気で狙えるし
ひょっとすると3タテも狙える

ただ今のベイスターズが
ただ楽天相手に
力と力の勝負挑んでしまうだけでは
ここからの連敗もある

隙をついて戦って欲しい

それでも今日の大勝には
私も気持ち良く寝かしてもらう

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 今日の試合は私も、FOXさん同様倉本の送りバント失敗だけは気になりました。
    こういうところで確実にバントできないと、なかなか上昇できない。
    桑原は、確かに1番は合ってないのは前からコメントしている通り。
    ただ、ラミちゃんのやりたい野球って1番から攻撃的に打ちましょう!
    という単純な野球。
    少なくとも1〜5番が3割前後打たないと、成り立たない訳で、不調の選手がいれば点が入らないのは
    当たり前。
    昨日のように投手の格や不調だと、爆発もするでしょうが安定して点を取れる打線ではない。
    筒香は、ホームラン1本のみで、打ったあととても嬉しそうだったので精神的にはプラスに作用
    するでしょう。
    ただ、則本のストレートをホームランできれば本物だと思うのですが今日明日の試合で
    どうかですね。
    国吉、前とは違いいいキレのストレート投げてました。
    ちょっと期待したいですね。
    楽天3戦目は、則本と三嶋らしいので今日是非勝っておきたいですね。
    でも、なんで三嶋上げたんだろう?…………………

    1. コメントありがとうございます
      ただラミレス野球の理想は時々98年のマシンガン打線なのかなと思いますが
      今の戦力にはあれだけの逸材は集まっていないだけにそれは難しいですね
      まだチームが過渡期であることをしっかり考えて野球をやって欲しいですね
      筒香がしっかり復調しない限りチームの打線も機能しないだけに彼には何とか頑張ってほしいです
      さて今日の試合接戦になってしまいました、さあどうなるか

  2. お疲れ様です。
    ワタシも国吉の一本立ちに相当期待をしていたので、注目していました。毎年期待されながら成長が見られず、フォーム改造のような思いきったてこ入れをしなければ選手生命すら終わってしまうと思っていただけに『やっとか』という想いです。このまま良いリズムにのればローテの中心選手としての役割になれるかも知れません。あとは彼自身の精神的な問題です。以前のジャイアンツ齋藤雅樹が化けたようになれば、国吉、石田、今永、濱口、ウィーランドで回ればかなり期待できると思いますが。以前、勝手に意見を述べさせていただきましたが高崎、三嶋を勝ちパターンの8回を任せてみたい気持ちもまだ持ってます。このまま同じように先発で起用しても劇的な変化はどうか?と思うので1イニング限定でしっかり抑える役目から、良いリズムになればゆくゆくはストッパーで…という考えです。(熊原もタイプ的にそんな感じにも見えますが)とにかく国吉のローテ定着です。進藤の先発等もまず5イニング試してみたいものですが。望む事は他にも桑原と関根を競り合わせること(関根はこのままでは中途半端なプレイヤーになってしまう)
    梶谷の打順変更、宮崎、白崎を極力同時に起用し将来の中軸として準備することを望みます。

    1. コメントありがとうございます
      高崎三嶋は確かに短いイニングでしっかり勝負して欲しい気持ちは私にもありますが
      私は国吉に関しては実は先発としては苦しいかなと思っているところがあります
      むしろあの球速と球威なら1イニングをしっかり勝負して欲しいという気持ちが強いです
      ただ国吉が本当に先発ローテで定着してくれればそんなに嬉しいことはありません
      コメントされている野球の件も含め本当にそのように育成できるといいですね

  3. おっしゃる通り、昨晩は 『何はともあれ』ぐっすり寝ました。寝酒の乾杯は、『自ら』よく働いた選手たちのために❗

    ところで、中日不気味ですね。ピッチャー陣の好調も勿論ですが、昨日なんか点の取り方に無駄がない。
    交流戦後要チェックですね。交流戦前の浜スタでもいい野球してましたし、いよいよ試合巧者復活かも・・・

    だからこそ!!!この交流戦は『キチン』とした野球を追究していただきたく候うであります。

    1. コメントありがとうございます
      私も昨日は祝い酒を一杯やって眠りにつきました
      中日不気味です、このチームが後半戦のダークホースになりそうですね
      投手もいいだけにベイスターズが中日に負け越さないことがcsにも繋がりそうですね

  4. クワの先制パンチに始まり、初回にいきなり3点も奪う攻撃に嬉しい意味で驚きましたが、宮崎のホームランもタイミング的に価千金でしたね、宮崎に長打が増えれば足以外完璧超人みたいになりますね!
    やはり一番が打つとチームが盛り上がります、桑原みたいな人物であると尚更でしょう、盗塁やバントが上手くないのが一番的にはネックで、打撃的には六番とかも向いてそうなんですが、桑原を一番に置く利点もまたあると思うんですよねぇ
    筒香は良い打席と悪い打席が混在していましたね、ホームランと四球の打席は落ち着いてどっしりと構え難しい球には手を出さず好球を逃さない、去年の様な筒香でした
    これがずっと出来れば良いのですが、まあ今日ので少しは楽天さんも怖がってくれる事を期待
    2回のチャンスは倉本は(フォースプレイなので難しいですが)初球でバントを当て、あと少し勢いを殺さなければいけませんでしたね、2番梶谷はああいう下位の作ったチャンスに早めに回ってくるというのも利点であるので外角に三振は残念でした、しかしその次の回を濱口が要所を締めてくれたのが大きかった、荒れる事もありますが強心臓なルーキーですよ!
    高城が妙にやらかしていたので心配でしたが、濱口はよく腕を振って7回を投げきってくれました、高城は2つ目の以外は止めて欲しかったです……推測ですがあの球場は全体的に随分土が跳ねにくい(茂木がバウンド予測を誤っていましたね)ものだった様なので、予想と違うバウンドになったのでしょうか?
    今日の高城の守備面(せっかく打ったのに)には非難ごうごうかも知れませんが、個人的に明日の熊原は高城と組ませて欲しいんですよね
    言い方は悪いですが、一軍半の投手やコントロールに難のある投手の制御は戸柱より高城が優れていると思うのですよね
    また左腕相手らしいので、今度は嶺井になるかも知れませんが
    嶺井は二軍暮らしの期間もあるので、息は合いやすいかも知れません

    さて、試合のその後はベイスターズらしいというか宮崎ロペス(二人ともセンター方向へ綺麗に飛びましたね!)のホームランで加点、動揺があったのか楽天守備陣にも連続で綻びが発生、終わってみればクワの先頭打者ホームランに加え3・4・5番がホームランの揃い踏み、パの首位楽天に大差勝ちというこの上ない勝利でした
    やはりビジターとはいえ先攻先制は爽快ですね、逆にホークス戦はこれを喰らっていたのでキツかったわけで、このまま勢い付けて明日も勝ちたいところです
    出来れば明日こそ初回先制を決め、凱旋当番の熊原を勇気づけたいところです

    >今日の右打者を並べたのは
    >データ大好きな指揮官にしては考えが浅い気もする

    これなんですが、さすがにラミレス監督もそういった個々のデータくらいは分かっているでしょう(そういう起用もあります)
    ただ、どうもラミレス監督は特に対左腕には「打者の見易さ」を重視しているらしく、あえて右打者並べをしている様なんですよね
    良いか悪いかは分かりませんが、「見易く配置して気持ちよく振らせる」のがラミレス野球という事でしょう
    まあ、今のスタメンの場合出てくるのが低打率ながら粘りのある田中浩康に捕手、DH枠で誰かであるのでそもそもそれほど悪いようにはならないと思いますけれど
    では、打線がまた機能する事と明日の勝利、そして白崎の怪我が軽症である事を願っております

    P・S
    前回のコーチ評を読んでみましたが、大体自分の考えと同じ感じでした(ブログ主様も仰る通り「外からでは見えない貢献」もありますでしょうから、全てがそのまま正しいなどという事はないでしょうが
    ただ坪井コーチに関しては自分は「坪井がいるから何とか打線はこのくらいはやれている」と評価しています(勿論坪井のお陰だけではないですが)
    桑原(今は右打者も見ている様です)などは坪井がかなり面倒見ているらしく、この辺見えない貢献もあるみたいです

    P・S
    これを話題にすべきではないのかも知れませんが……
    大量点差っていったい何点からなんでしょうね、10点差あろうが逆転の可能性は0ではないですし
    「~点差あったら盗塁の記録は付かない」みたいなのは良いですが、メジャーリーグでも疎まれ出している「死者を鞭打つな」「暗黙の(書かれざる)ルール」は私は日本に持ち込んで欲しくないです
    そんなにワンサイドゲームで点を取られるのが不満なら、ビハインド側が自分から敗けを認めて途中棄権でもして欲しいです

    紳士協定には良いものもありますが、この暗黙のルールは要は腹いせに死球をぶつけて良いと言うもので、まずそんな事を許すスポーツであって欲しくありません
    「欲しくない」という私の好き嫌いの話でありますが、アメリカなどでは「その際の死球は危険球であってはならない」などのルールも守られていないことがあり、いつか取り返しのつかない事になる前にこのルールと呼べないルールが廃れて欲しいです

    1. コメントありがとうございます
      桑原が1番として打っている時は確かに昨日のように打線がうまく機能すると思うのですが
      いかんせん長い間不調の中で桑原を1番でフルイニング起用したのは正直チームの成績を
      低迷させてしまった原因になってしまいました、それもあって私は波のある桑原にトップを任せるのは不安も大きい気がします
      ただラミレス監督の野球がレギュラーと決めた選手は我慢してつかうがモットーだけに
      桑原には何とか調子を落とさずこのままつっぱして欲しいと願うばかりです
      高城に関しては本筋がそれますが私はもう一度ファームで鍛えて欲しいのが本音です
      まだまだ伸び代のある高城は敢えてファームの熱い中でしっかりもう一度鍛えて
      一回り大きくなってきてほしいです、それまでは黒羽根にもう一度チャンスを与えて1軍の3番手捕手として彼をあげたいですね
      コーチの話もコメントありがとうございます
      坪井コーチに関してはラミレス監督が求める選手の練習に何も言わずにとにかく付き合うというタイプのコーチのようですね
      確かにそういうコーチは今一番必要とされている人材ですね
      紳士協定ルール私も同意見です、最近何でもメジャーに右ならえで
      本来の野球のもつ楽しさや熱さが失われていますね、なぜ点差がついて盗塁をしてはいけないのか
      そんなもの本気の野球、本気の戦いと言えるのか
      一昔前までは「野球」と「ベースボール」は違うと言われていましたが
      今では「野球」は「ベースボールのコピー」という感じになってしまいました
      しかし、おそらくこの流れは止められないでしょう、野球の国際化を謳う以上
      メジャーのルールに従うという動きを歓迎する向きもあり
      敬遠申告制もそのうち日本の野球も認めてしまうと思います
      残念ながら星のハムさんの仰っている取り返しのつかない状況に一歩二歩と入っているのかもしれません

  5. 辛島の左右の対戦成績からみる昨日のスタメンはデーターをあまりみていないと言われても仕方ないですね。
    でも、大勝したので今回は痛烈批判はありません。
    ただ、その大勝だったゆえに目立っていないのが、2回の倉本のバント失敗。
    今シーズンは成功率高かったはずが、反省して欲しい。
    しかしながら、私が倉本だったら、こんな気持ちだと思う。
    4月不振にあえぎ、屈辱の8番投手、9番倉本という打順を受け入れざるおえなかった。
    必死に結果を残そうと、打率を上げてきが、9番のまま。
    しかし、きっと交流戦を機会に代わると思っていたに違いないが相変わらずの9番。
    この時点で私ならショックだし、募る監督不振感。
    そして、昨日は7番高城が出て、本来なら田中には失礼だがバント。しかし田中に打たせ
    自分のところでバントのサイン。そもそも田中のところでバントを出して序盤で、1点を
    確実に追加する、そんな相手に嫌われる野球ができないことに、ベイの、ダミレス野球の詰めの甘さがある。先週、戦ったホークスに勝つ野球を学んで欲しかった。
    結果論で言えば御の字の昨日の試合だが、采配で勝った気がしない。
    選手が勝手に打ってくれて勝った試合。
    そして貴殿が言うように筒香はたまたま当たったホームランか復調かは今日が大切。
    熊原も故郷で恥ずかしいピッチングはできない。

    最後にGWにファームで国吉を見て、私は行けると太鼓判押していたのにやっと昇格、
    よくぞずっとモチベーションを保ってきた。国吉とパットンを1日交代制にして休ませながらの進撃を期待する。間違っても使い捨ててファームに行かせてはいけない。

    1. コメントありがとうございます
      FOXさんがおっしゃた通り国吉は非常にいい感じですね
      モチベーションを保っていたのもそうですが
      慣れない山形の地方球場でよくしっかり結果を残してくれました
      倉本はこのまま9番で起用することが続くのでしょうね、本人はこの打順でいくことを納得せざるを得ない状況ですよね
      本来であれば6番もしくは1番や2番を打たせてもおもしろいですが
      そういう普通の考え方は奇策に酔うラミレス監督にはないのでしょう
      今日の試合もリードを保っていますが果たしてどうなるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。