ラミレス監督が選手のミスを指摘し自身の采配を自省しなかった日、チームは崩壊する


落合がメディアに口を閉ざしていた理由

2011年中日ドラゴンズを常勝球団に築き上げた落合監督は
メディア泣かせと言われた
新聞記者の質問にぶっきら棒に応え
記者を小馬鹿にした態度をとり
選手の怪我人情報すら開示せず
記者は監督から生の声を取材出来ず
知り合いの新聞記者に話を聴くと
当時のスポーツ紙のドラゴンズの番記者は
地獄だったという
しかし落合監督は監督を辞めた後
記者にコメントしなかった理由をこう話す

『選手は監督のコメントに敏感。新聞記事で間接的にに自分の批判を目にしたら凄く傷つく。だから俺は記者に選手の話をするのは極力避けた』

もちろんこの言葉をそのまま鵜呑みにできないし
落合はあまりに記者と距離を取り過ぎてしまったが
かつて1998年ベイスターズを優勝させた権藤も
記者の前での選手批判には非常に気を使ってコメントしたと言う
逆に名将野村克也は新聞記者の前で敢えて選手批判をしたという
彼の格言である

「3流選手は無視、2流選手は賞賛、1流選手は批判」

選手の立場でコメントも分けていたと言う
しかしいずれにしろ
監督という立場でコメント発する時
非常に気を遣うものだと思う
そういう意味では私はベイスターズの現指揮官ラミレスは
賞賛されていいと思う

選手を批判しないラミレスのコメント

前任者中畑清がベイスターズの監督をした時
勝っても負けてもインタビューに応じていた
彼もコメントには気を遣っていたタイプと言える
しかし彼は思ったことを直ぐ口にしてしまうタイプだけに
選手へのコメントは厳しいものもあった
そしてラミレス監督になっても
基本的に試合に負けても勝ってもインタビューに応えるのは
変わっていない
しかしこのラミレス監督の凄いところは
選手の批判をしないところだ
その選手がどんなミスをしようと
どんなに打たれようと
基本的に
その選手を名指しで批判したりすることはない
暗に選手の批判に繋がってしまうような
コメントも極力しない
これは昨シーズン4月チームが
大型連敗していた時もそうだった
基本的に物事に対しては超ポジティブにコメントをする
そのため自身の采配が
大きく間違っていた時も反省の弁を全く述べないが…
ただこの1週間
そのラミレス監督のコメントに
少し変化が出てきているように感じる
それは選手への批判も所々に現れ始めた

指揮官のフラストレーションなのか…

土曜日の西武戦
試合前前回の平良の登板に対してこうコメントしていた

「前回もソフトバンク相手に初回にちょっと打たれましたけど、球数も5回を投げて82球。4点とられたがそんなに悪くなかった。」

しかし西武戦で2回5失点のピッチングを平良がすると

「前回のソフトバンク戦も初回に3失点、今日も1回に2失点、2回に3失点。同じことを繰り返している。抹消します」

一転厳しいことコメントだった
もちろん平良のピッチングは誉められたものではない
抹消も当然だろう
しかし選手がどんなに失敗しても前向きなコメントをするラミレス監督の発言らしくないと
感じたのは私のようなややラミレス批判派のファンならずとも
多くのベイスターズファンが感じたはずだ
「ラミレスらしくないな…」

そして最後にこう平良を暗に批判した

「西武の先発は佐野がいいピッチングをして負けてというより、うちの先発が2回5失点で負けた。うちの先発で負けた」

指揮官の今までのそれとは明らかに温度差があるコメントだった
勝てると思った試合を落としたフラストレーションがたまっていたのかもしれない
しかしここではうちの先発とまで言って批判している

それは翌日の試合でも続く
昨日の試合の敗因となる8回の場面をこう語る

「先発ウルフに代わって、新しい投手になった。これで流れが変わるなと信じていたが、その通り石川がヒットで塁に出てエリアンが送れないでダブルプレーに成った。あれで勝負が決まったところがある。エリアンは小技が出来る選手。そういった選手に代打というより彼はああいうとこは、きっちりやらないといけない。」

ここでも送りバントを失敗したエリアンに対して厳しいコメントをしている
もちろんエリアンのバント失敗は論外だ
しかしそういった選手のミスに対して
少なからずメディアの前では一切批判を見せなかったのが
指揮官ラミレスの良さだった
しかしここではエリアンのワンプレーを勝負が決まったミスと厳しく斬った
私は昨日の記事でも
エリアンの送りバントだけを敗因にするなと記事にした
この送りバント失敗が全てを言いきってしまうところが
今まで超ポジティブな発言を繰り返してきた指揮官のコメントとは思えない
他にも先週の試合では試合後のコメントだけではなく
選手に対してのフラストレーションのたまるコメントを見かけた
明らかに指揮官の言葉に変化が見られる

負けた責任は指揮官にある

ここ数試合指揮官のコメントが
選手批判になっているように感じているのは私だけではないようだ
このブログでコメント下さる
多くのコメンテーターの方からも
選手批判を見せ始めたラミレスの言葉に違和感を感じているようで
コメントをいただいた
もちろんファンの方の中では
選手批判と言うほどのコメントを
指揮官はしていないと言う方もいるだろう
しかし今シーズン不調の選手を擁護し続けてきた
指揮官のそれとは明らかに違う
筒香や桑原の不調を
スランプなだけで好調の波が近づいていると話していた
そしてそれは若手選手に対してもそうだった
ところがここ数試合それ違ってきた
そもそも平良が打たれた10日の西武戦も
序盤の失点が敗因のひとつではあるが
チャンスでシリアコを3度立たせた指揮官の
采配ミスも敗因だった
それは拙ブログの記事でも指摘したが
指揮官のコメントでは指摘されない
敗因の責任を指揮官が選手のせいにした時
チームは崩壊しはじめる
それは暗黒時代の
2000年代のベイスターズを見てきた
我々ならわかっている
昨日の記事でコメンテーターのFOXさんが
権藤監督の格言を書いてくれている
「打たれた・打てないはコーチの責任、勝った負けたは監督の責任」
98年確かにこのチームの指揮官はこう言っていた
しかし今の指揮官は果たしてこの格言を見てどう思うのだろうか

その権藤博の格言を見て
コメンテーターとらたろうさんが書いた格言
『敗戦は監督の責任、勝利は選手のおかげ』

敗戦は監督の責任
ラミレス監督はこう考えるタイプの指揮官だと思っていた
しかし残念ながらそういうわけではなさそうだ

指揮官は果たして
今週どのようなコメントを残すのか
1人のベイスターズファンとして注視していきたい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 昨日も書いたが、ダミレスの唯一の良い面は、敗戦でも選手非難はしなかったこと!
    平良を批判した時は、たまたま言ってしまったことかと思ったが連日の選手非難はダミレスの苛立ちの現れか?
    私は、はっきり言うと監督ダミレスは一昨年、ドスコイ山口を開幕投手にキャンプ始めに公言した段階であきれ果てた!
    以降、昨年の前半のロマック固執起用、好投する石田やドスコイを意味不明な降板での逆転負け等に代表される無能采配で、ダミレスと言い始めた。堪忍袋が限界点に来た時にオールスター休みになり、前半戦を終えての談話があり、自身の無能采配を認めたインタビューがあり、わかっていたのか、選手非難はしていないし、応援しようと考え直した!
    あっ、興味ある方は『2016年7月26日 ラミレス監督が語る』で検索願います!

    貴殿が書いてくれた野村克也は、確かに選手非難をしたが、一流選手に対してはある意味平等に言っていたがダミレスは違う、自分がレギュラーと認めた筒香、桑原、ロペス、梶谷、倉本にには言わない、偏重コメント。しかしながら倉本に対しては、屈辱の9番起用をさせているがこれが意味不明。交流戦でも続けているので、倉本のモチベーションも下がるであろう!
    良く耐えている!
    今日は、雨でどうなるかわからないが、ダミレス開幕投手公言で潰されかけた石田!
    肩の調子がイマイチでも1勝あげるまでは、言えず投げていたと、個人的には思っている。
    もう変なプレッシャーなど気にしないで、自分のピッチングをして欲しい。

    1. コメントありがとうございました
      山口開幕投手公言の時から私もラミレスに対しては非常に不信を抱いてみていました
      それがこのブログでの一連のラミレスへの記事ですが
      それでも選手を一切批判しなかった姿勢は評価していました
      しかし今回の件でどうもそういうわけではないようです
      さて今日は石田、彼を怪我させたのはラミレスの開幕投手指名からのキャンプからの勤続疲労でしょうね
      雨天の中どうなるでしょうか

  2. 私、ラミちゃんは今でも性格的にも明るいしみんなに好まれる人だと思うし、私も好きです。
    人格的にも(裏は知りませんが…..笑)優れていると思っています。
    ただ、監督になるといろいろ批判されうまくいかないと、こういう発言が出てきて本音で
    話してしまったのかな?
    平良はまだ若手、これからの選手。
    即戦力ではないのは、周知の事実。
    エリアンも外国人の中でも真面目な選手。
    こういう選手たちは名指しで批判しても、本人たちが自覚してるんだから何の意味もない。
    選手を批判するのであれば、怠慢プレー、自分勝手なプレーをしている選手にこそするべき。
    今迄そういうプレーをしても、公然と批判はしてなかった記憶があるけど……….。
    また反省して元通りになればいいのですが果たしてどうなんでしょう?
    私も毎日のように、監督としてのラミちゃんは批判してますけど、変わってくれればいいですし
    私の批判が間違っていて、快進撃したらいくらでも謝ります。
    私の考えも絶対正しいなんて思ってないし。
    シーズンも正念場で、今後の浮沈がかかってくる中盤戦(といってもCS3位争いですが………笑)
    今後、どういう言動、采配をするか注目してみましょう。
    とりあえず、明日石田復帰の好材料。
    シリアコの代わりは山下?佐野の代わりは関根?乙坂?
    三人とも頑張って欲しい選手ですが………………
    ゴメス====!!!!!!!!!!
    上げてくれ========!!!!!!!!!!
    調子良くなってきてるぞ========!!!!!!!
    これから正念場だぞ=========!!!!!!!!
    いい加減上げんかい!!!!!!!

    1. コメントありがとうございます
      ラミレスがエリアンや平良をわかりやすく批判した理由がわかりませんね
      どんなミスをしてもあのような形でコメント批判したことは記憶にないんですが…
      さて私もとらたろうさんと同じで今年優勝でもすれば
      しっかりラミレス監督にここでかいてきた記事を訂正するぐらい頭をさげるつもりだし
      むしろそれぐらいのことで優勝するなら、したいです!
      しかしゴメスあげないですね、山下や関根をあげましたが使い道がどうなのか?
      代打の切り札がいない現状このチームは苦しいですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。