悪しき伝統開幕投手公言の被害者石田の好投と弱小球団ゆえの3連敗 2017年6月14日対ロッテ1-8●


2014年から続く悪しき伝統

それは2014年から始まった悪しき伝統と言える
この年監督として3年目を迎える中畑清は
開幕投手をオープン戦序盤の3月15日に
2年目の三嶋一輝に指名したと公言した
実際はもっと早い時期キャンプ中には決めていたという
前年6勝9敗と決して誉められた成績ではない
それでも彼への期待を込めての指名だったのだろう
しかし私はこの時非常に
この指揮官の指名に憤りを覚えた
なぜ華があり誰もが目標とする開幕投手を
こんなに早くから指名する必要があるのか
しかも三嶋はオープン戦でも結果が出ていない
ベテラン三浦に
いつまでも頼るわけにはいかないだけに
若手投手に自覚を持って欲しかったのかもしれない
かといって三嶋も含め横一線で争わせることは出来なかったのか
結局この年開幕投手を務めた三嶋は開幕戦滅多打ちにあい
このシーズン1勝2敗でシーズンを終え
伸び悩んだままだ

ラミレスが指名した2人の開幕投手の離脱

そして翌年の2015年は
ラジオ番組で中畑清は
開幕投手を久保康友にすると公言
しかしこのシーズン前年の12勝を
大きく下回る8勝でシーズンを終えた
中畑清が失敗した開幕投手公言
これは監督が
ラミレスに変わった2016年シーズンも続いた
この年は新年早々開幕投手を前年3勝で終わった
山口俊を開幕投手に指名
山口は意気に感じ
キャンプ中からブルペンで連日の投げ込み
オープン戦でも結果を残していた
しかし明らかなオーバーペース
これが仇に成り彼は開幕前に怪我で戦線離脱
開幕のマウンドに立つことすらなかった
シーズン途中で復帰しキャリアハイの11勝をあげたが
結局彼はシーズン終盤で戦線離脱し
自身初のCSのマウンドに立つことが出来ずに
オフに巨人へ移籍した
そして今シーズン
このチームの悪しき伝統は続き
今年もキャンプ前に石田を開幕投手に指名した
そして歴史は繰り返した…
山口と石田
必要のない開幕投手公言が彼らを
つぶしてしまったといっても過言ではない
今日の試合までの導入が長くなった
開幕投手公言によるオーバーペースの
勤続疲労で戦線離脱していた石田が
今日ようやく帰ってきた

石田の好投で一安心も…

立ち上がり石田はロッテの先頭打者荻野に
粘れて高めの直球をツーベースにされると
すると次の大嶺に外野フライでタッチアップを許すと
角中にはアウトコースのボール球を逆らわずに打たれて
一息つく間もなく1点先制された
それでも次のダフィーを空振り三振にとると
変化球もようやくキレを取り戻し
5イニングを8奪三振でこの1失点のみ
雨でコントロールに苦しんでいたため
四球は3つ与えてしまったが
2回以降は
鈴木大地の内野安打ひとつで抑えた
開幕投手公言の指名で苦しんでいたが
ようやく石田本来のピッチングに近付いた
それでも打線は今年低調なロッテだけに
まだ不安は残るが…
しかし今日の試合前
石田非常に私が心配していたのが
この日3番手ででてきた須田だ

須田の交代は正解か

5月19日の巨人戦延長で登板し敗戦投手になって以降
ファームに降格していた須田
平良の代わりに11日に昇格した
正直私は昇格した日曜日にどんな形でも
一度登板させて欲しいと思っていた
ファームでは
4試合投げて失点0と素晴らしいピッチングだった
しかしいきなり重要な場面で投げることに懸念を抱いた
今年の須田はいい時と悪い時の波が激しい
一度プレッシャーがかからないところで見たかったが
今日は非常に重要な局面で登板となった
6回表2死1,2塁で
右打者の清田が打席に回ってきたところで
須田の復帰登板となった
結果論ではなく
なぜここで左右に関わらず田中に任せなかったのかはわからないが
ラミレス監督の中では須田は一軍に上げたその時点で
重要な局面を任せるつもりだっただけに
ここでの起用に迷いはなかったのかもしれない
ただ須田をここで任せるなら
最近好投を見せてきた
国吉をこういう場面で任せてみて欲しかった
(結果的に国吉でも同じだったようだが…)
しかし須田のこの乱調は個人的にショックもある…

ロッテを侮って、交流戦5割は遠くなった

西武とのカードを負け越す前から
私は今週のパリーグでは
下位のロッテとオリックス相手に喰われるイメージしかわかなかった
今日の初戦を見る限りそれが当たりそうだ
全く勝てなかったロッテ石川に全く歯が立たなかったベイスターズ打線
気付けば3連敗だ
13連敗した巨人とのゲーム差を数えても
ベイスターズがCS圏内どころか
5位も最下位もまだ圏内
他球団を見て笑っている余裕はないはずだ
今日の敗戦で交流戦5割はかなり苦しくなった
それどころか明日負けると後がなくなる
そして4連敗ともなる
楽天に勝ち越し西武雄星との試合に勝ち
どっかで調子が上向いていたと思ったが
ベイスターズの状況はかなり苦しい

これが今のラミレスベイスターズである
弱小球団の意識を持って戦って欲しい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. ラミレスのファーストストライク積極的に打つ作戦の象徴は、6回の戸柱のファールフライ。
    1ボールからボールくさいインハイのストレートを打つなんてどうかしてます。
    力でホームランにできるとでも本人は思っているのでしょうか。
    だったら年間30本くらいホームラン打ってくださいって感じですね。
    昨日はサッカーの日本代表の試合も見ていましたが、サッカーの日本代表張りに得点のにおいがしませんね。
    まあ、ラミレスが監督をやっているうちは大量得点は期待できないと思うので、ピッチャーに頑張ってもらうしかありません。0に抑えれば負けることはないでしょうし。
    たぶん在任中は9番ショート倉本はやめないんだろうなと思います。
    これを続けるなら、一番打てる宮崎を1番に持ってきたりした方がまだ現実味があります。

    石田がある程度投げてくれたのは良かった。
    次回は完封勝利を期待しています。

    1. コメントありがとうございます
      ファーストストライクを打つ作戦で一体何試合勝ちどれだけ星を落としたのかは興味深く考える必要あるでしょうね
      頑なに考えを変えないラミレスですがまずは自分の采配を疑うことも必要でしょうね
      1番宮﨑は非常に興味深い、実は私もそれを記事中で提案したことがあります、さて今日は倉本をようやく9番から外して勝ちました、さて明日からどうなるか?

  2. とりあえず石田が復帰初戦であることを考えれば及第点の出来で一安心でした。
    国吉は先週3登板6イニング125球投げしかも土曜に最多の3イニング52球投げてから中2日で迎えた昨日ですからさすがに調子落ちててもしかたないので失点をそこまで悲観はしません。
    須田はかなり不安ですね。昨日は球速も制球もかなり悪く打たれるべくして打たれた感じでした。そもそも不調で抹消した投手の昇格初登板としてはハードすぎる場面だったように思えますが。
    打線はなかなか繋がりませんね。連続無得点こそ21イニングで止まりましたが。石川歩は素晴らしい投手ですが昨日の立ち上がりの調子ならもう少し得点出来ても良かった気がします。
    今季の筒香の調子のムラが大きくしかも悪い方に傾くことが多いのが一番の原因かとも思いますが、今最も頼れる宮崎がチャンスのきっかけを作っても8番投手まで打順的に近いこともあって活かしきれてないことも大きいと思えます。そろそろ倉本7,8番でいいんじゃないかなと。

    1. コメントありがとうございます
      須田は残念ながら降格となりましたね
      今日は筒香がホームラン打ちました、しかし復調と呼べる日は来るんでしょうか?私は正直筒香は今シーズンここまでの気がします。20本塁打に届くかどうか?原因が何なのかを考えるより今は筒香を昨年までの筒香とは別物と考えて試合を計算するしかないように感じます。
      宮崎を中心に打順を考えるのも一つの手ですよね

  3. 2番荒波(決して荒波を避難してるわけではありませぬ)?! 梶谷だから2番にすえてんじゃないの❗?
    もうプランも何もありませんね、この打順。で今さら変えても機能しそうもないし・・・
    で1回裏、先制された後10数球で三者凡退。
    野球知らん人でも、あきれるでしょう。

    罪は犯す人が悪い訳ではない。犯させる人が悪いんや、と剛力彩芽がドラマで言うてましたが、負けは選手が悪いんやない❗上手く使えない首脳陣が無能なんや❗ってな感じッスね。

    毎回愚痴を聞いていただき大変申し訳ありません。

    1. コメントありがとうございます
      2番荒波の考え方もよくわかりませんね、もう梶谷ありき
      しかし梶谷の怪我がある意味怪我の功名になるんではないかと期待してます
      巧く使えない首脳陣が無能なんです、その通りですね

  4. すでにアイロンさん、とらたろうさん、けんさん、そして貴殿が語りたいこと語っていますが私なら迷わず、石田6回続投、決局、田中を出しましたが1、2塁でも私なら田中続投、やはり須田はプレッシャーがかからない、せめて回の頭から出すべきだった。

    そして皆さんと意見が違うのは、もう勝ちパターンの投手しかいなかったから仕方ないが国吉出さず我慢、土曜日に3回投げている。その前も結構投げている。昨年の藤岡のように勝っていても、負けていても連日のように投げさせ、故障させてはいけない。
    従って、遡ると、石田を6回までは投げさせないといけなかった。田中から須田に継投したら後が無い投手事情になったくらい計算できなかったのか>
    故障上がりとはいえ、石田はファームでじっくり治して来て、直近では7回投げている。焦ってあげたパターンとは違うと理解している。

    以前、桑田が解説の時、投手心理目線での解説をしていて、ダミレスの継投に表立っては言っていないが、投手からしたらこうですがねとやんわり批判していたが、嫌いな桑田であるが、私と全く同じ心理だった。

    そして、最近は諦めているが、やはり8番投手の弊害が昨日も出た、唯一のチャンス、4回2死1、2塁で8番石田。元々、9番投手で回ってきたら諦めがつくが、8番投手でチャンスを潰すたびに怒りが込み喘げてくる。何度となくこの思いを感じたことか。

    8番投手の弊害をもうひとつ、GWのヤクルト戦で久保が初回に5点取られたが、その裏ベイも2点返しなお満塁で8番久保に打たせて2点止まりで終わった。
    1回表に5点は別だが、ベイが先制するとして私は初回に2点と3点では1点の違いではない重みがあると思っている。先のGWのように単打、四死球で詰めていくと2点取って満塁で8番バッターに回ってくる。ここでバッター投手であえなく凡退で2点で終わるか、3点以上取れるかになってくる。相手にとって初回2点差と3点以上では追う側の重みが違う。ダミレスよ、わかるか。いい加減、せめて、普通の野球をやってくれ。
    私以外にも「打線」ではなく「打点」という人が出てきている。
    ファンの方が野球を知っている。

    1. コメントありがとうございます
      なるほど、昨日のあの場面国吉を投げさせないというのも確かに納得のいく考えです
      石田も今日抹消するなら7回まで投げさせても良かった気がします
      石田を早い回で交代させたのは開幕投手公言したことをへの罪滅ぼしでしょうか笑
      ラミレス自身失敗したと思っているのかもしれません
      さて、今日は倉本を6番に昇格させ、9番関根
      梶谷の怪我が功名になっていると期待します

  5. 快星会 様
    こんばんは、今日は現地で観戦してきました。

    現地で見て、率直に感じたこと。。
    それは、このまま何も手を打たなければ、またあの暗黒時代に戻ってしまうというという危機感です。
    例えば、打線が打線になっていない。「打点」の集まりです。つまり個人個人がみんな、勝手にヒットやホームランを狙っているだけで、何が何でも出塁して、次の打者につなごうという気持ち全く伝わってきませんでした。
    それどころか、終盤はもう投げやりになっている感さえありました。数年前、暗黒時代に試合を見たときと全く同じです。私が思うに、これはあのラミレスの「ファーストストライクから振って行け」というバカの一つ覚えの戦略の副作用だと思います。このアプローチは、自分たちより格下のピッチャーには有効だと思われますが、エース級のピッチャーには、なんの意味もないどころか、相手を助けているだけです。この交流戦をみても楽天の則本、西武の菊池、ウルフ、そして今日のロッテの石川らには、ことごとく抑えられています。もちろん、このクラスのピッチャーを毎回攻略するのは至難の業ですが、それでも2回に1回か3回に1回はくらいは、打ち崩せない限り「優勝」なんか絵に描いた餅になってしまいます。
    ならば、どうしたら、かれらエース級を攻略できるか。。。これは素人考えですが、私は、ラミレスとは真逆のアプローチが必要だと思います。球数を投げさせる、危わゆくば四球を選ぶという戦法です。1人のピッチャーに各打者が、個人戦じゃなく、集団で戦いを挑むべきです。たとえ攻略できないとしても球数さえ投げさせれば、最悪早い回に引きずり下ろすことができます。そうなると、必ず格下のピッチャーが出てくるはずです。そこに勝機が出てくると思います。
    今日の試合は、2~3球でアウトになってしまうケースがほとんどだったと思います。

    すいません、今日の試合を見て感じたこと(特に打線に関して)長々と書いてしまいましたが、
    正直言って、このままではまずいと思います。
    ちなみに、今日の帰りの電車の中で、他のベイファンが言ってました今3位にいるのは「うちが上がったのではなく、Gが勝手に落ちてきただけだと」。。まさにその通りだと思います。
    ”Tomorrow is another day”なんて言っている場合ではありません。
    いや場合によっては、もっと悲惨な”Tomorrow”が待っているかもしれません。

    乱筆乱文で大変失礼しました。

    1. コメントありがとうございます
      そして現地観戦お疲れ様でした、雨の中大変だったとおもいますが熱い応援は選手には届いたと思います
      さて、非常に興味深くコメント読ませていただきました
      緻密な分析もされ読み応えもありました
      私もまさに同じ考えで、エース級投手を打ち崩すのはラミレスと全く逆のアプローチでなければだめだと思います
      私は特にそういう意味では1番打者は出塁率以上に何球投手に投げさせることが出来るかが大事だと思っていますが
      今のラミレスに薫陶を受けた桑原は真逆の選手になっていますよね、これでは暗黒時代になるのも近いのかもしれません
      巨人が勝手に落ちてきただけとはまさに言い得て妙ですが、ベイスターズも落ちていますね
      気づけば中日、巨人が背中あわせ。
      明日は本当にないかもしれません、ありがとうございます
      またコメント下さい

  6. まず、石田復帰してよかった。
    次回以降も期待できる内容。
    ですが…………復帰後の安全策なのでしょうが5回で交代。
    6回迄いってよかったと思います。
    で、6回田中続投でよかったですよね。
    1点差だからという理由なんでしょうが……….
    左、右こだわりすぎ。そして代えるなら確かに国吉でしたよね。
    結果論で、国吉2イニング目今日は失点してますが、モチベーションが全然ちがうでしょう。
    1点差のピンチの場面、今迄そういう起用されなかったのだから、意気に感じて
    きっと抑えたと思います。(あくまで、結果は分かりませんが)
    そして、須田……….。
    私が好きな須田だからという贔屓目は置いておいて……
    あまりにも、石田と扱い違い過ぎやしませんか?
    石田はまだ投げれるのに、大事を取って5回で降板。
    須田も久しぶりの1軍マウンドで、ツーアウトとはいえ1.2塁のピンチ。
    今迄の起用法はそうだけど、久しぶりに投げるのにその場面はどうなんでしょう?
    せめて1試合頭から投げてからで(敗戦処理でいいので)いいんじゃないの?
    おそらく、7回は須田の予定だったのが田中がランナー出して右打者になったから
    代えたんでしょうが…………それならそれこそ国吉待機させとけよ!
    1点差じゃんか!
    ある意味、須田を信用してたんでしょうが、調整で一度落とした投手、2軍で結果よくても久々のマウンド
    先発や打者とは違うでしょ。
    デッドボールの時点で、いつもの須田の通りのピッチングできなくなりましたね。
    一人位というけど、もう少し選手を平等に扱おうよ!
    う〜ん………..贔屓目かな…………(笑)
    石川はキレがよかったですね。
    昨年の調子に近づいてきたのでしょうが…………….
    打てませんね〜。
    そういえば梶谷また腰痛くなったのかな?
    ずっと、我慢してやってたんでしょうね。
    出来なくなる前に休養するとか、もっと選手のコンディションで起用しないと潰れるばっかでしょ。
    筒香、すっかりまた下降線に入り始めましたね。
    今年はやっぱり、ずっとこんな調子なんだろうな〜。
    今こそ、2軍で調整するべきじゃないかな?
    明日抹消しても、交流戦明け休みあって最短10日でヤクルト戦帰ってこれるじゃない。
    もうこのまま使ってても、今迄の繰り返しじゃない。
    どうせ3連敗だよ。
    この先も筒香いれば特別勝てるとも思えないし。
    もう中日背中にぴったり、13連敗もした読売もその後ろにいるじゃない。
    ホームランと相手のミスしかほとんど勝てないんだから、いい加減みんなが今迄言ってきた
    打順、起用法等転換するときだと思います。
    そうでなければ今週からずるずる始まる気がする…………….。
    まあ明日、濱ちゃん頑張ってもらうしかないけどチェン相手にどういう打線組むんだろう???

    1. コメントありがとうございます
      須田は私も贔屓目で見てしまうんですが昨日はちょっと荷が重い場面でした
      そして継投の意図もよくわかりませんでした、終いにはファーム落ち
      それならなぜあげたの?って感じですね、意味がわかりません
      とらたろうさんの懸念していた通り中日に既に首差ですね、これは近いうちに抜かれますね
      13連敗巨人がしてもその間しっかり1勝2敗ペースだったわけですからそりゃあ差もつきませんよね
      梶谷が怪我したことで打順に変化がうまれました、これで変わるといいんですが…

  7. 須田はまず楽な場面で1軍の感覚を取り戻してほしかったです。
    といっても今日の出来はあんまりでした。球速が出ず高めに浮いてばっかりではそりゃ通用しません。
    これが続くようならまた下に行ってシンカーを磨くなどの措置が必要かもしれません。

    今日のロッテ石川から四球0という結果は酷いの一言です。どんな指示を出してればこんなことになるのでしょうか。
    今日もお得意の投手8番でチャンスを潰しました。
    理想の采配ではなくて勝つ采配をして欲しいものです。

    1. コメントありがとうございます
      須田は深刻ですね、降格しましたが
      さて石川相手に早打ちで案の定四球選べないこの打線では貯金なんか夢のまた夢ですね…
      理想の野球に固執して負けていては世話ないですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。