梶谷離脱は怪我の功名か?ラミレス采配を巧妙にするにアクシデント 2017年6月14日対ロッテ5-2○


[お知らせ] プッシュ通知を導入してみました!!

記事の前にまずはお知らせです
お陰様でこのブログのユーザー数も増えまして、
記事の更新を楽しみにされてるという声もたくさん頂けるようになりました。
そこで、記事の更新をダイレクトにお伝えしたく「プッシュ通知」を導入してみました。

記事下にあります以下のボタンを押して頂くと、登録が出来ます。

ブラウザは以下のものに対応しているようです。※ お使いのブラウザによっては動作しないことがありますので、ご了承ください。
ではお知らせはこれくらいにして改めて試合批評いきます

4連敗阻止をかけた戦い

昨日のロッテ戦
開幕投手を石田の復帰戦となったが
リリーフ須田が炎上し試合を壊してしまった
そして3連敗…
5月の頭には3連敗をしないことを
記事でも褒めていが
今のラミレスベイスターズは平気で3連敗する
巨人が13連敗してもゲーム差があまり変わらないのは
大型連敗しなくてもしっかり1勝2敗ペースを維持しているためだ
決して強いから成績が安定していて3位なわけではない
気づけば首位とは10ゲーム差
優勝を密かに期待したファンを嘲笑う成績だ
そしてもし今日負ければ4連敗
大型連敗といってもいい数字に入ってくる
連敗ストッパーに任せたのはルーキー濱口
今先発ローテの中で1番安定している投手かもしれない
しかし、投手が抑えても打てない打線
馬鹿のひとつ覚えの
早打ちファーストストライクを打て作戦は
既に作戦という代物でもない
それで勝った試合は何試合あるのだろう
これで白星をふいにした試合の方が多いのではないだろうか
昨日もそうだった
しかしその打線に変化がみられる

怪我の功名?梶谷の離脱

左手首の痛みで昨日スタメンを外れた梶谷が
今日も大事をとって外れた
指揮官ラミレス曰く明日以降の状態によっては
登録抹消もあるという
明日登録抹消するなら今日してしまえばいいのに
というのが私の考えではあるが
梶谷を“レギュラー”と考えるラミレス監督としては
ギリギリまで状況を待ちたいということか
しかし筒香の股間節の痛みも抹消せずに
だましだまし使っていることが
今の不調のひとつの要因にもなっている
借金5も作りCS争いも今弱小球団同志のどんぐりの背比べ
無理する時期ではないだろう
しかし私は梶谷のここでの離脱を
言葉は悪いがチャンスだと思っていた
ここまで頑なに2番梶谷を
ラミレスは自身の理想のオーダーのひとつと考えているが
調子に波があり考えて
ケースバッティングするタイプではない
梶谷が2番にいることが打線が繋がらない
ひとつの原因になっていたと思う
ましてやここ5試合梶谷調子は下降気味
梶谷の怪我は残念ではあるが
これでラミレス自身に理想の固執した采配を
見直せるきっかけにはなる
昨日は2番梶谷の起用をそのまま2番荒波を起用していたが
梶谷の怪我が長引く可能性も出てきた今日は
指揮官も大幅に打線を変えざるを得なかった
怪我の功名になるかもしれない、そう思った

2番田中、9番倉本外し納得のオーダー

今日のスタメンを見たとき
多くのベイスターズファン
特にこのブログのコメンテーターの方は納得した方が
多かったのではないか
私はこのオーダーを見てほぼほぼ納得がいった
梶谷の離脱で今季3試合目の2番起用の田中浩康
そして5月4日から続いていた9番倉本は
今日1か月ぶりに外れて6番倉本
4月打率が.195でも9番になってまで
ラミレスが先発起用に固執した倉本は

「左投手に弱くない」

という理由で6番に起用された
倉本はむしろ右投手に弱く
対戦打率は右投手が1割台にも関わらず
対左は3割を超えている
指揮官の言う「弱くない」という表現より
「強い」という表現の方が正しいだろう
しかし梶谷が戻れば9番に戻るという
今日だけの措置のようだ
また9番に野手を置くと言う考えはラミレスの中では
結果がでていると今日も引き続き関根を起用した
9番野手が機能しているかどうかは置いといて
今日はオーダーを変えたことが良い効果になった

初回の3得点を生んだ2番田中浩康

初回チェンの甘い球を桑原がツーベースを放った後
梶谷の代わりに2番起用となった田中浩康が
低めのカーブを巧く打ってエンタイトルツーベース
ベテランらしい打撃だった
その後ロペスも続きこのイニング3得点
これはこの田中浩康の芸術的な一打が全てだった
梶谷の離脱はここでも怪我の功名だった

最早1本打って復調と言えない筒香

3回裏
筒香がチェンから甘い球をバックスクリーン横に
特大のアーチを放った
多くのベイスターズファンの方はどう思ったのだろうか
「これで筒香完全復活だ」
そう思えたファンの方の方が最早少ないようにも思える
今日で第6号
おそらく彼が本塁打を打つたびに
そう思ってきたファンにとっては
今年6回目の
「筒香完全復活」という気持ちか
正直復活詐欺とも言える状態
開幕して3カ月で6本
ペース的には年間20本も厳しい状態だ
「筒香は固め打ちするから」
と他球団のファンの方にも言われたが
最早今年の筒香に多くを期待するのは酷なのかもしれない
昨日の記事でコメンテーターさんの返信でも書いたが
昨年並の筒香をファンが期待するのも酷
そして首脳陣含め
それを求めるのは最早仕方がない
今年は打率.250本塁打20程度の実力の選手だと思って
起用や期待をかけて采配を揮うのもいいだろう
今年彼が30本打つことはない
チーム・球団が
今まで彼に期待やいろんなものをかけ過ぎたツケと思った方がいい
この1本で私もさすがに復調したとは言えない

昇格降格に見る甘さ

昨日の試合で乱調だった須田は一日でファーム落ち
代わりに加賀が昇格した
須田をなぜ1日でさげたのか
1日でさげるならなぜ上げたのか
よくわからない
ただひとつ言えることは
既に1軍2軍の連携がとれているか怪しいということ
須田がファームで失点0の好投を続けていたが
ピンチの場面の試合途中での登板はあったのか
また今日白根を上げたが打率は.207と結果がでていない
なぜファームで打率.294の後藤をあげないのか
この辺りの昇格理由もわからない
白根は今日チャンスで凡フライ
苦手の変化球に対応できるようになったとは
とても思えない

濱口と加賀の好投が試合を決めた

今日の濱口は非常に状態が良かった
テンポも良くマスクをまた高城と組んだことに
多少憤りを覚えたが
今日は高城とのコンビネーションを超える
濱口の好投が光った
好投というよりは熱投だろうか
相変わらずボール球が多いため
6回途中で105球
交流戦が終わることを考えれば100球越えても6回まで
投げ切って欲しかったが
清田にタイムリーを打たれて加賀に代えた
今日上がったばかりの加賀をまたこの大事な場面で
投げさせるのも理解できないが
それでも加賀は田村に7球粘られても
何とか三振をとってこのピンチを切り抜けた
濱口には反省点も多いが
私としては今日の試合は高く評価したい
もちろん火消しの加賀もさすがだ

9番野手は意味があるのか

さて今日は長くなってしまったが
もうひとつこのテーマを書きたい
9番野手の起用だ
最早今さら9番野手をやめろといっても
ラミレスにその考えはない
今日も試合前のインタビューで

「(9番野手は)非常に今巧く行っていると思います。アドバンテージも野手が9番にいることによってあると思う。もちろんいろんな人の考えがあるだろう。個人的にはそれで勝った試合もある。うまくいっていると思います」

これも冒頭で話した
早打ちファーストストライクで勝った試合が数試合あった
その陰で多くの試合それが敗因となった試合もある
そして9番野手起用で勝った試合もあるかもしれない
しかしそれで負けた多くの試合があった
9番野手というより8番投手にしたことが
敗因となった試合が多くある
今日も9番で起用された関根は3打数0安打
決してつながりはでなかった
梶谷の怪我の功名にはなっていない9番野手
これがラミレス采配の足枷になっている

怪我の功名にして連勝できるか

梶谷の怪我は固執する
ラミレス采配、ラミレスオーダーを
変化させた意味では
ある程度意味のあったものかもしれない
しかしあくまで暫定オーダー
ラミレスは梶谷が戻れば
9番倉本にすることを明言している
そうなるとラミレス采配はまた戻る
既に頑固なラミレスを変えるには今回のような選手の怪我など
大きなアクシデントがないと変わらない
それとも13連敗でもして
改めてチームの弱さを意識させなければならないのか
巨人は今日も勝った、中日も背中にいる
ただ前向きに考えるだけでは転落も近い

怪我の功名の上昇はあるのか
指揮官には巧妙な采配が必要だ

明日私は現地観戦予定
ハマスタでそれを見たい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 加賀の活躍を嬉しく思います。6回表1アウト1,3塁の場面で初球ストライクを投げられるところがベテラン。あわよくば併殺打をお願いしたかったところですが、ショートライナーに空振りとよく火消しをしてくれました。確かにFOXさんのご指摘のようにスライダーのキレはなくなっていますが、こういう場面を幾つも抑えて信頼を勝ち取ってほしいと思います。

    そして皆さん言われるように選手起用の采配がこの頃とくに酷いです。我慢して使い続ける選手もあれば、あっさり見切ってしまう選手もあり、それが周りから見て明らかな理由ならば納得できるのですが、どうも不信感が拭えない。チームの勝利よりも少ない活躍の場でオフの賃金交渉に繋がる個人成績を残すことばかりを考えている若手を起用することはやめて頂きたい。練習の虫だと聞いているが、淡泊な打撃を相変わらず続ける関根はスタメンに相応しくないと私は思います。

    本日観戦予定でしょうか?つけ入る隙はあるので、あわよくば連勝となるかもしれませんね。

    1. コメントありがとうございます
      今日は仕事休みなので試合前からハマスタに行こうと思います
      選手起用が非常にテキトー感があります
      何か指揮官含め首脳陣や球団に考えがあるのかわかりません
      加賀の好投ホントに良かったです
      今日も活躍してくれるといいんですが…

  2. お疲れ様です
    9番倉本がなかったとはいえ、(2割1分の)田中浩を重宝してますが。ワタシ個人の意見ですが、それならまだ山下や山崎を使えないの?と思います。これから旬を向かえる選手や功労者よりバックアップ要員で獲得した田中を優先します。指揮官は田中をレギュラーとして獲得したようですね。フロントは現場には一切口出ししないのでしょうか。チームの成長を遅らす要因はラミレスにあります。とにかく早い段階でご退陣願いたい。
    本日書店に行った際、私はこのようにベイスターズを
    立て直したという類のものを見つけました。以前も数冊そのような本を発見しましたが確かに赤字は減少したのかも知れませんが、いったい何処を立て直したというのでしょうか。チームの成績が良くなったと判断しているのでしょうか。チームにも力がついてはじめて立て直したといえるのではないでしょうか。やはり会社組織が甘い考えだからこの程度で立て直したと言ってるのでしょうね。昔からの負の連鎖はやはりまだ続いているようです。親会社は選べませんが、やはり成熟している会社を親会社になってもらい球団運営してもらいたいたいものです。

    1. コメントありがとうございます
      田中の獲得起用法に関しては淳二さんは一貫していますね
      まさに仰る通りでなぜ昨年オフベテラン田中を獲得したのか?そもそも藤田や渡辺直人といった優秀な内野手を躊躇なく放出し数年後やっぱ内野手育たないからベテラン取るわって姿勢は
      TBs時代の鶴岡放出し相川FAしたから野口獲得、野口使えないから橋本獲得。やっぱ二人共使えないから鶴岡をわざわざFaで戻すという笑い話にならない馬鹿げた歴史に酷似しています
      田中をバックアップとして使うならわかるが若手育成せずに石川と併用してる現実は暗黒時代に足を戻しかけているのかもしれない
      一度田中起用とベイスターズのアホな歴史を以前記事にしましたが今度改めてこのあたりを考えてまた記事にしたいと思いました
      淳二さんの仰る親会社の組織論含め考えてみようと思います

  3. 前日の試合でも似たようなコメントをしましたが5番宮崎が好調なため8番投手にチャンスで回るケースがそれなりに多くむざむざチャンス終了させてしまいがちです。
    その一方で9番野手だからこそチャンスを作れたケースは少ないと思います。昨日のように終盤に代打を絡めた攻撃が決まれば別ですが少なくとも試合序盤ではマイナスに働くことが大きいように思えます。
    今のところデメリットを上回るメリットを産み出してるとは言えないでしょう。
    8番投手に対する理由説明もコロコロ変わっていてそのなかには矛盾しているものもありました。もう何か他とは違うことがしたいから8番投手ありきで考えてるんだろうなあと見えてしまいます。

    1. コメントありがとうございます
      まさに仰る通りで9番野手の生みだすデメリットのほうが今は目立ち、ラミレスは他と違う采配の自分に酔っています
      所詮はまだ借金チームなのに…
      八番投手は最初ウィーランドが打つからということだったのに…
      矛盾采配がチームを勝たせるとは思いません

  4. 記事、みなさんのコメントと同じくです。
    チェン以外から、点が取れない、追加点が取れないいつものベイスターズ。
    あとは、前回西武戦でも書きましたが7回裏、高城激走の無死三塁。
    代打白根(ほんとにゴメスでない理由は?)浅い外野フライ、普通の内野ゴロ。
    こういうところでやはり点が取れない。
    ランナー高城なんだから関根も叩き付けるとかもう少し工夫できんかね?
    足速いんだから、自分の為にもそういう打撃を身につけたらいいと思うのだけど。
    結局いつもの相手のミスで点取れたけど。
    いつものパターンですね。
    あと、いい加減8回三上一人に任したらどうですか?
    砂田、あきらかに疲労の蓄積が出てますね。
    三上も一時より安定はしてきているので、砂田休ませましょう。
    8回に併用してきたから、三上も62試合中半分の31試合登板。
    砂田も28試合。
    もっと登板減らせたのに。8回の併用は理解できない。
    ところで、前回もそうだけど、私が筒香2軍に落とせというとホームラン打つな…………(笑)
    それなら今日にも筒香2軍に落とせーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
    これから毎日書こうかな……….(笑)

    1. コメントありがとうございます
      そうですね、、とらたろうさんが筒香を叱咤激励すると打ちますね。今日も打ってくれるといいですが…
      関根もそうですが荒波も乙坂も何か自分の足を活かせない、活かそうとしない打撃をしますね
      結果的に大きいのを狙いすぎたゆえの浅いフライ、内野ゴロならお前らの足なら内野安打もあるのに…と思います
      白根も代打として育成するにはまだ時間がかかリそうです
      そして砂田と三上の無駄遣い
      さっさと砂田を先発にと私は思いますが頑なにここも変えないラミレス
      砂田が潰れないことを願うばかりです。

  5. すみません。
    匿名となっているのは私です。
    入力間違えてしまいました。

  6. 昨日は相手の先発が戦力外にした選手のチェンだから勝てたようなものです。
    初回に一気に点を取ったが、そのあとはほぼ沈黙。
    9番野手が機能しているというなら、昨日は余裕で10点以上取らないといけないでしょう。
    関根は全く打てませんでしたしね。
    監督は表向きには9番野手が機能しているというが、打てる選手が少ないから9番野手でも変わらないだろうと思っていそうですね。多分9番ピッチャーがオーソドックスなのはピッチャーはピッチングに集中する必要があるからだと思いますが、このチームのピッチャーはバッティングでも大いに貢献しないと勝利を手繰り寄せられないからかわいそうで仕方ないです。

    それと、濱口は6回も投げ切れませんでしたが、それはロッテ打線が粘って球数を投げさせたからだと思います。5回までに3球以内で凡打したのは清田の1回のみ。それがあったからこそ6回に連打が生まれたのだと思います。本来なら濱口は7回まで投げないといけません。

    首脳陣も選手も、特に監督は、ファーストストライクを積極的に打つデメリット、粘り強く相手に球数を投げさせるメリットを大いに感じで、今後の攻撃に生かしてほしいと思います。
    まあ、あの監督にできるわけないと思うので、選手が感じてやってほしいと思いますが。

    1. コメントありがとうございます
      チェンだからこそもらえた先制点というのはその通りですね。
      ベイスターズ打線がこのまま早打ち作戦を続けるようだと得るものはないでしょう。
      球数を投げさせる野球をしないままだと今後リーグ戦に戻った後中日あたりに食われる危機を感じます
      ラミレスが今年2年契約の最後と思っているならあらゆる作戦を采配を取ってほしいですが球団とは続投で話ができているのでしょう

  7. 今日のスタメンを見たとき勝ったと思った。やっとダミレスもまともなオーダーを組むようになったかと思いましたが、関根9番だと今まで言っていた1番につなぐために9番に倉本理論が全く嘘になる。ファームでも打撃はさっぱりだった関根は代走要員であがったと思っていた。
    倉本をまた9番に戻す宣言をするダミレスだが、これはある意味パラハラに近い発言。
    なぜ、「調子よければ6番で固定したい。彼の打撃が去年のように戻ればまだまだ、優勝も狙える」というようなモチベーションをあげる言葉がいえないのか?

    前日の初回3点の重みを語ったが、昨日はその3点で楽な展開になった。本当は2点取って2死満塁8番投手で凡退し2点止まりだったら、私が言ったことそのものになっていた。

    貴殿が言うように今回のファーム、1軍との入れ替えは、理解しがたい。
    やはり白根なら後藤を上げて欲しかったが、もう後藤は上げる気がないとしか思えない。
    須田もいきなりあんな場面で起用した反省もなく、1回の失敗ですぐファーム。あまりにも選手の扱いに差がある。ファンである我々が??なのだから選手には不信感しかないのではないだろうか。

    多くの皆さんが、昨夜の加賀に拍手を送っている。勿論、私も拍手を送りたいが、私の目にはスライダーが切れていたようには見えない。「あっ」と声を上げたくなる甘い球だらけ。
    ロッテ打線に救われたとしか思えない。加賀が抑えた時に目頭が熱くなったが、それは抑えての感動ではなく、他のチーム、選手だったら滅多打ち喰らっていた。このままでは本当に今年で終わってしまうということで—–。どうかこの嫌な予感は当たらないで欲しい。

    1. コメントありがとうございます
      スタメンがある程度納得いくものであっただけに
      ラミレスの九番倉本が前提という考えには賛同出来ないですね。
      9番野手という起用に拘るなら別の選手にその役を担わせる必要もあるのに
      一二軍の入れ替えは最早ラミレス主導に近いものを感じます
      そして後藤や下園に対するベテラン軽視も昨年三浦や長田にチャンスを与えず引退やクビに追いやった空気を感じます
      また燃え尽きずベテランがユニフォームを脱ぐかと思うと言葉になりません

  8. 昨日、仕事終わりで行ったので、初回の3点はもちろん、筒香のホームランスラ見ておりません。
    私もいい加減9番野手はやめた方がと思っております。
    9番野手→桑原と上手く繋がる時もあるのでしょうが、桑原みたいな選手がもう1人居るのならわかりますが、
    足の早くない倉本、ファームでも打てていない関根だったりで。当初倉本の復調を考えてやったと話していたはずが…

    加賀についてですが、結果論になりますが、使って良かったと思います。
    開幕当初の平田のように一軍に上がったけど使われず落ちるよりは昇格即登板は良い事だと思います。
    まぉあの場面加賀が適任だったかと言うと疑問は無くはないですがf^_^;

    須田ですが、未確認ですがどうやら肘に違和感があるようです。
    さすがに信頼ある須田を失点したからと、昇格即降格はひど過ぎると思っていたので、ケガなら納得です。

    1. コメントありがとうございます
      観戦に行かれたのでしょうか、お疲れ様でした。今日は私が参ります
      9番倉本起用はある程度意味があった起用だとは思いますが果たして
      それを頑なに変えずにする必要があったのかは疑問です。
      須田は私の中では昨シーズンCSに怪我が治りきらない中登板させたことが
      今の不調もしくはフィジカルの悪さになっている気がしてなりません。
      とにかく違和感あるならゆっくり治してあせらないでほしいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。