ついに宮崎をレギュラー扱いしたラミレス、実力でレギュラーと認めさせた首位打者背番号51は右の鈴木尚典 2017年6月16日対ロッテ6-2○


交流戦5割の高い壁

交流戦前、この交流戦5割を目標にしていた指揮官ラミレス
しかし気づけばこの目標達成するには
数字的に厳しい状況になっている
残り4戦で1敗しかできない
しかしロッテもオリックスも
今のベイスターズが侮れるレベルではない
特に両球団ともに
ベイスターズが過去の交流戦苦手とする球団だ
はっきりいって苦しい対戦相手
それでも本気で五割達成しないとCS狙いとは言えない
ベイスターズにとって苦しい
五割の壁を越える戦いになる
そして今日の先発は熊原
まだローテを守らせていることが不思議な投手だ
今日の試合は現地観戦
この試合を振り返る

9番倉本に戻したラミレス

そして今日のスタメン
梶谷はまたスタメンを外れた

『今日は室内で練習しました、スタメンでは出ずお休みします。明日の状態が良ければ先発で使います』

この状態なら明日も待たずに登録抹消しても良かった
たとえ明日出ても万全の状態ではない
それならばしっかり10日間の休みを与えて
リーグ戦再開後に
再び昇格させればいい
怪我の状態にも関わらず
今の梶谷は必ずしも外せない選手ではない
無理する時期ではない
梶谷外した2番には
昨日田中浩康を入れたが
今日はエリアンを起用した
梶谷を2番起用するより
おもしろい起用ではあったが
わざわざ昨日あたっている田中浩康を外す理由も見当たらない
そして再び倉本を9番で起用した
6番戸柱、7番荒波で打順を組み立て
9番倉本は変わらず…
指揮官の「9番倉本、これが基本」の考え
倉本自身はあらゆる媒体で
9番への戸惑いとチャンスをもらったという意識の
両面性を語っている
これで最後まで行くんだろうか

初回の攻撃に見た桑原の失敗とロペスの安定感

現地観戦であるためテレビでの確認をしながら記事を書いているが
1回裏の桑原の打撃には不満が残った
立ち上がりボール球が先行し3ボールナッシングとした桑原
次の直球を見逃し3-1とすると
5球目をひっかけてサードゴロに終わった
初回の1番打者であるならば
同じ凡退に終わっても
やはりここは追い込まれるまで手を出さないことを
頭に入れておいて欲しかった
先発投手と1番多く対戦する1番打者に求められるのは
球数を稼ぐことにあると私は思っている
ラミレス監督のファーストストライクを打つとは考え方が違うが
特に対戦経験が少ないパリーグ相手の投手には
その方がいい
桑原が積極的な1番打者になっていることは
ラミレス野球に一致しているため
理想的ではあるだろう
しかしやはりこれでは淡白になる
そして奇しくも同じカウントでホームランを打ったのがロペス
真ん中低めの球を逆らわずに持っていたさらに逆風
この選手を手放したのが
巨人13連敗の理由だったのではないか

配球が分かっているのか、1,2打席目に見た宮崎のセンス

ロペスの本塁打先制するも
ロッテの4番打者パラデスに2本持っていかれ逆転された
そして今日のハイライトは間違いなく宮崎だろう
第1打席目の決して甘いとは言い切れないインコースの球を
ヒットにして2打席目もセカンドの頭をこえるヒット
スタンドで見ていて
唐川にタイミングあっているなと思ったが
宮崎の中でしっかり配球も読めているように感じた
千賀のフォークを見破り出塁した時もそうだが
今のベイスターズ打線の中では
一番配球を読んでバッテインングをするタイプ
なのではないだろうか
と書きつつも
どうしても宮崎が配球を読んで打つタイプには
思えないのだが…
センスで打っているんだとすれば
“天才”という言葉以外
彼に与えられるワードが見つからない
かつて私を魅了した天才的な背番号51の左打者の幻影が
左右の違いはありながら
今の宮崎に重なる
そして問題の第三打席

今の筒香が見習うべき宮崎の本塁打

5回裏ここでも先頭の桑原が仕事を出来なかったが
エリアン、ロペスと出塁し
今はただ4番目の打者化している筒香が
難しい低い球にくらいついてヒットで満塁
これを筒香にはやって欲しかった
今年はもうホームランを量産するのは難しい
ヒット狙いの打撃をしろとは言わないが
くらいついていく打撃で打率を残すことを
念頭においたシーズンにしてもいい
そして次の宮崎
満塁となって打席に立ち
チャンスの焦りも感じない
そして奇しくもここで表示された打率.337は
鈴木尚典様が
首位打者を獲得した時の最終打率と同じ
もはや2008年の引退以来私が求めてきた打者の幻影は
ここにあったかと思うほどの何かを感じた

「思えばあの背番号51も満塁に強かったな」

スタンドからそう思っていると
現背番号51の打球はレフトスタンドに消えた

帰ってテレビで確認すると
しつこくインコースを攻めるロッテバッテリー
カットするのも難しいコースの球を
宮崎はファウルにしてしっかりカット
これは1997年と98年に
あの3番打者がよくしていた打撃そっくりだ
そして先ほども書いたが配球を読んでいるのか
ただの天才なのかわからない
ホームランにしたインコースのカーブを

「はい、待ってました。これこれ」

としっかりあわせてスタンドイン
そもそもあのコースをスタンドへ持っていける打者は
そうそういない
ルーキー時代宮崎を誉めるファンの方をどこかで

「買い被りすぎ。彼はそんないい打者ではない」

そう思い書いてきた自身を恥じたい
彼がもし今年首位打者を獲得することがあれば
石川に悪いが背番号7は彼に与えられるべきだろう

勝ち運ではなく実力で勝った熊原

そして今日の試合ふれなくてはならないのが
熊原の好投
独特のフォームで投げるため
体への負担も大きいし
今日投げる前まで
決め球も回を追うごとに甘くなりやられるので
私は先発より彼には短いイニングでの役割を与えるべきだと思っていたが
今日はそういった面もうまく修正できていた
球数も5回で80球いかないのであれば
充分先発としてやっていけるだろう
今まで勝ち運だけで勝ってきた投手だが
今日は実力で勝った試合
ただ、ベイスターズを全体を見渡すと
熊原より先発で投げさせたい投手は多い
もちろん
熊原にはもう一度チャンスを与えるようだが

近くにオーナーが座っていた

今日スタンドで観戦していると
南場オーナーが観戦されていた
試合の中盤あたりに席につき
私はすぐに気付いたが
周囲のベイスターズファンも気を使ったのか
はたまたミーハーだけどミーハーに思われたくない横浜人気質が邪魔をするのか…
試合中は声をかけていなかった
さすがに試合が決まると多くのファンが席まで近づき声をかけていた
私も
「なぜ、鈴木尚典様をコーチにしないのか」
「昨年長田を切った理由は何のなのか」
「ラミレスの契約延長は前半戦で決めるようなことはしないでくれ」

と直談判しようと思ったが(さすがに冗談ですが)
ミーハーらしく握手だけしてもらった笑

宮崎はいつレギュラーになったんだ、ラミレス

話はそれたが今日の試合は
宮崎の打撃に尽きる
既に規定打席に到達し首位打者として
恥じない打撃を見せているが
これまで頑なに宮崎をレギュラー扱いにすることを
避けていた指揮官ラミレスは
今日の試合前にこう言っている

「守備も去年は課題があったが改善され、自分のポジションで伸び伸びやっている。試合終盤に守備固めをス使うほどのこともない。練習も一生懸命。守備練習を繰り返すからレギュラーなんだからもう休めと言ったよ。」

私の記憶が確かなら先週末の西武戦まで
宮崎はレギュラーまであと1歩やらなんやらいってレギュラーと認めていなかったが
そんなに数日でレギュラーになってしまうのか
規定打席到達がひとつの基準だったのか
それとも
yesterday is another day
だから自身の発言を忘れたか
とにかく指揮官の中では今はレギュラーとなった宮崎
桑原、倉本と違い実力でレギュラーの座を認めさせたことは
素直に賞賛されていいだろう

観戦での勝率が高いが、チームの勝率を高くしてくれ

さて、今日も観戦して勝利を目の当たりに出来た
宮崎の本塁打には興奮させてもらった
しかしチームの勝率はまだ5割に遠い
ヒットがでたとはいえ相変わらずの筒香
8番投手にしたゆえの4回のチャンスでの無得点
熊原を78球でおろしたゆえの勝ち継投の総力戦
荒波はいつまでバットを長く持って相変わらずの打撃をするつもりなのか
不満はあるが、今日は勝った試合を見せてもらったのでこの辺にしておこう

ただハマスタに言いたいのは
アイスサワーの売り子をもっと増やしていただきたい
3人しかいないという
私としてはビール半額DAYでありながら
それより200円近く高いアイスサワーを欲していた
これから暑くなるだけに需要はある

あの時これだけはオーナーに直談判をして置けば良かったと後悔している

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 昨日は快星会さんの勝運にてまた勝利。
    しかし相変わらずホームランでしか点を取ってない。
    他は、記事、FOXさん、みなさんのおっしゃるとおりの試合運び、無駄使い。
    今日は、リードしてたらみんな3連投?連勝続くと明日も4連投?
    まさか、今日私が観戦するから負け試合予定してないだろな(笑)
    私の今年の観戦2勝4敗目下3連敗中。
    FOXさんと合わせると2勝9敗…………………やばくないか!!!(笑)
    でも今日は一緒に波乗りです!

    1. コメントありがとうございます
      とらたろうさんとFOXさんの熱い応援でぜひベイスターズの3連勝に導いて下さい
      しかし勝ち継投に依存し過ぎて不安はありますね
      今日はお二人にとって満足いく試合になることを願っております

  2. 宮崎は選球眼が良くて空振りが少なくさらに広角に打ててるので大幅に調子を落とすことが少なそうですね。この調子でチームを勢いつけていってほしいです。
    田中浩康は対右打率が今季1割台前半ですしまたここ数年は山田哲人の台頭で出番が減っており母数は少なめですが対右打率が非常に悪かったので昨日のスタメン落ちはやむなしかなと。藤浪のようなきわめて制球が悪い相手に四球をとりにいくなら頼れる選手ですが唐川はそこまで制球悪くありませんし。
    8番投手はもうやめる気がないなら宮崎を3,4番にするとかしてくれないかなと思います。宮崎が残塁してるのどれだけ見たことか…彼を帰す役割持てる人がいればもっと得点できるのに。

    1. コメントありがとうございます
      田中に関しては2番打者として結果が出ているので使って欲しいなと思いましたが
      確かにR2さんの仰るように理解もできますね
      宮崎の3番起用は私も考えているだけにその起用には大賛成ですが
      指揮官にその考えはないでしょうね

  3. おはようございます。勝利の美酒に酔えましたか?交流戦5割も射程圏内に入りましたね。不安材料も多い中、よくここまで勝てているなという印象です。付け加えるならば、もう少しチームプレイというか凡事徹底されていたら前半戦も手堅く貯金生活となっていたと思います。たらればの話ですが。

    一番桑原の物足りない点はまさにそこですね。去年のようにチャンスに強く長打が望める攻撃も魅力ですが、フルカウントから四球をもぎ取り出塁することが少ないので相手投手も与し易い。逆に控え外野手の中からシュールなバッティングと四球を取れる選手が出てくるならば桑原の地位も安泰ではない。そこに一番桑原の問題がありますよね。今年のロペスは外の低めにバットを振らされずしっかり見逃せているのでこの成績に繋がっていますね。巨人の13連敗はロペスを放出したことが理由とは言いますね~(笑)

    宮崎の絶好調は嬉しい誤算と言えます。ここまでの成績を残すとは正直思ってもいませんでした。しかし後半戦は各チームが宮崎をマークするでしょうから6番にチャンスが回ってくることは確実でしょう。エリアンはどうでしょうか?

    最後にヤスアキについて。再び抑えに戻ったヤスアキは完全に吹っ切れましたね。一点を取られることがあっても落ち着いている。勝負を決めた最後のストレートにはシビレました。やはりリリーフが安定していることが大敗しない大きな理由なのでしょう。三上も当初に比べだいぶ良くなってきたと感じます。

    1. コメントありがとうございます
      宮崎はまさに後半戦が勝負ですね
      私としてはここまで宮崎の状態がいいなら3番で起用して
      筒香とロペスを後ろにした方がマークも厳しくなくなるのでいいと思いますが
      今は打順を動かすのも怖いですかね…
      そしてリリーフ陣は非常に信頼できますね、三上の状態も以前に比べれば
      だいぶいいですね
      しかし疲労がたまっているのも事実
      これからは安易に勝ちパターンに頼らない必要性もあるでしょうね

  4.  おじゃまします。 昨日はいい試合を観戦出来て本当に良かったですね。
    南場オーナーも観戦されていたとのこと、さぞかしご満悦だったことでしょう。 しかし、試合中盤からの観戦ということなので、2回4回と先頭宮崎が出塁しながらも8番に投手が入っていたために何も出来ず、我々がイライラしていた所は見られていないと想うと大変残念ですが。

     古ぼけたレストランを買収したオーナーは、建物を小綺麗にし、サービスを良くし、マスコミ人気のあるシェフを呼び、広告宣伝も上手くいって繁盛するようになった。 するといい食材も手に入るようになり、益々繫盛させるチャンスであったが、過信家のシェフは自己流の調理法を変えようとせず他の料理人の意見も聞かないため、食材の良さも出せず場合によっては食材を無駄にする始末。 そのためメインデイナーが美味しくならず伸び悩んでしまっている。 そんな時、客には何が出来るんでしょうね?
     せめてお客様アンケートならぬ快星会ブログを通じてその実情を訴え続けましょう。 いつかオーナーに通ずる日を信じて。
     

    1.  快星会様、いつもブログを勝手に利用させてもらって申し訳ありません。

    2. コメントありがとうございます
      素晴らしい比喩でいいですね、まさに食材を無駄にし、腐らせて捨ててしまっているところもありますね
      この球団はメインディナーよりデザートやお土産を豪華にしてごまかしているところもありますね
      でもここのお客様はこの店がかつては殿様商売の上、飯もまずくお店もきたない
      そしてサービスも悪かった時代を知っているだけに
      今の悪いところに目が行っても「あの時に比べれば…」と…
      さて、オーナーは昨日の試合を見てただ興奮するだけで終わって欲しくないですが…果たして

  5. 背番号51、そして首位打者。
    確かに鈴木尚典とダブりますね。
    私も現役時代の鈴木尚典は大好きでした。
    今年首位打者を獲るようなことがあれば、当然石川から7番を剝奪して宮崎に与えられるべきでしょう。

    私はテレビで見ていましたが、熊原の昨日のピッチングは及第点くらいは与えてもいいのではと思います。
    カーブはなかなかいいものがありますね。

    私も試合内容に不満がないわけではありませんが、言ってもしょうがないと思います。多分8番ピッチャーの打順を代える気はないみたいですし、ボール臭くてもファーストストライクを打つという作戦を代える気配はなさそうなので。あとは、選手の頑張り次第です。
    昨日みたいにロペスや宮崎が打ってくれれば、ある程度点を取れるのは分かりました。
    とは言っても、いつもそういうわけにはいかないので、投手力を中心とした守りのチームとして頑張ってほしいと思います。

    交流戦も残り3試合。
    最低でも2勝して、交流戦5割以上でフィニッシュしてほしいです。

    1. コメントありがとうございます
      宮崎が尚典のようになってくれたら嬉しいですね
      昨日の試合を見ると打線のつながりというより
      誰かの本塁打が出るのを期待していなければ得点につながりません
      これこそがまさに今のラミレス野球の最大の欠点だと思うのですが
      そこに指揮官は気づいていないようですね
      とにかく交流戦5割で終われば御の字ですね

  6. やっと宮崎をレギュラー扱いしたとは、ダミレスはいかに選手をみる目がないことか(爆)その宮崎は冷静に下記のように話しています。
    「自分のスイングができている。(シーズンの)スタートから出さしてもらっているので、その位置を譲らないように。レギュラーじゃないですから。下からの突き上げも色々あるんで」。ハングリー精神が原動力の源だ。 
    ⇒これは有る意味今までの自分への言動、偏重レギュラーをするダミレスへの皮肉も籠っていると考えてしまうのは辛口の私だけであろうか。

    かつて野村(元)監督の名言として、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」がある。今日の試合はまさに不思議な勝ち、貴殿が小さく不満と書いた下記4つ
    ①相変わらずの筒香、②8番投手にしたゆえの4回のチャンスでの無得点、 ③熊原を78球でおろしたゆえの勝ち継投の総力戦、 ④荒波はいつまでバットを長く持って相変わらずの打撃

    それ以外に
    ・2回無死1塁で無策で戸柱は3ボール1ストラクから外角低めのボール球をレフトファールフライ。続く無策で無得点。
    ・4回無死、1、2塁で無策で無得点(これは②の補足)
    ・スタメン起用で全く機能しない2番エリアン(スタメンの意図が不明)
    ・荒波以上に、我を忘れバットを長く持ち、ヘッドが投手側に大きく傾く、HRバッターの構えをする関根。
    ・ファームでも打っていない白根を上げ、誉めちぎるが全く打てる気配がしない打者を代打で使うダミレス(チャンスでないところの起用が昨夜は救い)
    ・4点差でファンサービス、いや、オーナーが居たというこでオーナーに好かれようと起用した山崎、夏場にバテタ昨年を考えるとあり得ない。

    上記のようなことがあるチームはCSギリギリ出られても、無能采配ダミレスと広島と昨日も4番福留に送りバンドで勝利をつかんだ金本野球とは野球の質が違いすぎる。

    低迷しているが、ロッテの選手は、主力以外の小柄な選手はバットを短めに持っている。
    そして今日からのオリックスも安達は指1本分、そして吉田は一握り分バットをく持っている(安達は追い込まれる前までは長く持つこともあるがカウントでスタイル変える)
    大雑把の荒々しい強さがと思うパリーグだが、違う。今の横浜は学ぶべし。
    そして新外人マレーロがHR打っているが井納は恐れずインコース攻めをするべし。

    今日はファーム含め0勝5敗の貧乏神である私が観戦—貴殿は素晴らしい勝ち試合観戦が多く羨ましい限り。同じく現地観戦のとらたろうさんにご挨拶予定です。

     

    1. コメントありがとうございます
      今日は、FOXさんととらたろうさんの熱い応援を期待しています
      そしてFOXさんの今季初勝利を願っております
      さて、コメントにある関根の件本当にそう思います
      と、いうよりここ数年ベイスターズの選手は自身がどういうタイプの選手になることを求められているかわかっていないとkろがありますね
      かつて巨人の送りバントの名手川相はこう高校時代ホームランを量産していた4番打者だったがプロに入って
      凄い選手ばかりで自分はこのままだとまずいと考え送りバントを徹底的に練習し活路を見出したといいますが
      関根や荒波に求められているのはまず自分がどういうプレイヤーかを認識することですね
      白根もなぜ今1軍昇格なのかよくわかりません
      エリアン2番起用も意図は見えません、それなら山下を使って欲しかったですね
      とにかく今日の試合お二人にとって満足した試合になるよう願っております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。