全ての不安を消したロペスの一発!勝ち越し2つの6月は夏の快進撃の序章となるのか 2017年6月30日対巨人3-1○


宇都宮から始まる反攻の7月

今日で上半期も終わり
シーズンも今日で3カ月が過ぎ
実質今日で折り返しとも言える
今日からの読売との3連戦はまさに
ベイスターズの今の強さを図るには絶好の機会だ
交流戦13連敗もあったとはいえ
ベイスターズがどこか苦手意識を持っている巨人
今シーズンも3勝6敗と負け越している
昨日の記事でコメンテーターの星のハムさんが指摘したように
巨人はエース級3人を使ってここでスイ―プを狙い
Aクラス入りを狙っている
逆にベイスターズは
ここをしっかり勝ち越して春先とは違う強さを見せつけて
3位固めをしっかりして
あわよくば阪神を喰いにいきたい
上半期最後の試合舞台は宇都宮
今日勝てば6月の月間成績も勝ち越しとなる
以前仕事で宇都宮と浜松の餃子戦争を研究したことがあったが
餃子の有名な宇都宮で勝利して明日から7月反攻と行きたい

3番筒香という期待と不安

指揮官は今日から3番筒香の起用を明言
意図を話した

「数日前から考えていた。筒香の状態は上がってるが、4番にいると2アウトで回ってきて歩かされるという風に思っている。実際にそうなっているし3番に置いてノーアウト、1アウトなら歩かされることも少ない。打席数も単純に増える」

筒香が歩かされると考えるなら
むしろロペスと宮崎の打順を変えればいいのでは…と思うが
一度信じたらラミレス采配は変わらない
ただ、私も3番筒香は
正直昨年のシーズンでもその方がいいと思っていた口なので
大きな反対はない
ただ、やっとここにきて好調になった…
というより本来の調子を取り戻した筒香の打順を変えて
かれの調子に微妙な変化を生んでしまったら本末転倒だ
さらに昨日の記事で多くのコメンテーターの方が指摘するように
ロペスの打順を変えることへの懸念もある
昨シーズンも一昨年のシーズンもロペスは必ず少し長い絶不調の時がある
昨年は春先にそれが訪れた
しかしロペスは今シーズンここまで不調と呼べる時期はなく
常にチームを引っ張っている
筒香の不調があってもチームがこの位置にいるのは
間違いなくロペスの活躍によるところがある
3番筒香の不安と期待…今日の試合のポイントのひとつになる

セカンド石川への懸念

今日の巨人の先発は菅野
間違いなく1点差勝負になる
得点をどう奪うかも大事だがそれ以上に
どうやって失点を防ぐかも大事なる
その中で今日のスタメンを見て不満が残ったのが
セカンド石川という起用
右投手菅野相手に左打者だからという単純な起用なのか
しかし石川は菅野を打っていない
今年もまだヒットはないし昨年も対戦打率1割台
一昨年のシーズンもヒットは11打数0安打
特に菅野対策でないなら
1点勝負を考えれば
セカンドの守備のエラーの可能性が低い選手を起用するべきでは…と思った
往年のレベルほどではないにしろ田中浩康もいる
今日に限っていえば守備のうまいほうを起用して良かった
石川のエラーで負けるようでは目もあてられない

パットンの抹消で求められた井納の7回好投

昨日パットンが登録抹消された、身内の不幸で帰国
不調だったとはいえ10日間パットンがいないブルペン
ただでさえ疲労困憊のリリーフ陣にさらにしわ寄せがくる
先発する井納にはパットンが投げる7回までは好投してもらわないと
勝てる見込みはない、井納にはそれが求められる
しかも相手は菅野
7回3失点のハイクオリティースタートでも勝てるかはわからない
高いレベルの好投を求められる
ここまで非常に厳しく記事を書いてきた私も
今日の試合は井納がエースの座を狙えるかどうかの
いい意味での試験だと思った
しかし今日の井納は今シーズンで一番といっても良かった
自身でも今日の試合の重要性を理解しているようだった

アウトコースにボールを集めた井納

今日の井納はまさにピッチングの教科書のように抑えた
初回に菅野が3者連続三振を奪っただけに
プレッシャーがかかるところだったかもしれない
しかし巨人の先頭打者長野に対して
基本のアウトコースにしっかりボールを集めて抑えると
3番の坂本に対してもアウトコースに集める
基本に忠実と言う1番簡単に聞こえて難しいピッチングで
丁寧に立ち上がりを抑えると
下位打線の小林に対しても油断せずしっかり投げ切った
序盤はしっかり息切れせず
集中力を切らさずに抑える
しかし4回に2死1,2塁から陽に対しては
しっかりアウトコースに投げていたが
それを狙っていた陽が右にしっかり逆らわずに打ってタイムリー
梶谷の先制弾奪った先制点をふいにしてしまう
しかしここで集中力を切らさずに
それでもアウトコースを基本に投げてしっかり抑える
結局しっかり求められたタスクの通り7回を投げ
合格点というか成績であれば「優」を与えられる1失点でマウンドを託した
今日のピッチングが出来るならエース候補に彼は推せる
そして井納の好投に私の懸念をあざ笑うかのように
3番筒香によって生まれ変わった打線が援護する

4番ロペスでも変わらず好調

今日の菅野は良かったと思うが
しかしいい時の投手とは突如甘い失投を投げてしまう
3回の表梶谷がやや甘く入った球をしっかり振り切り
ライトスタンド上段に運んだ、これが先制点となる
そして問題の3番筒香
今年初めてランナーがいないのに打席が回ってきた1回
やや荒れていた菅野のボールをしっかり見て3ボール2ストライクと
フルカウントにするが最後アウトコースから戻ってきたスライダーを見逃して三振
3番どうこうより菅野のクレバーな投球にやられた
2打席目も高めのボールにくらいつて粘りフルカウントにするも
やや甘く入った直球をひっかけて内野ゴロ
結果は出ていないがそれでも菅野に簡単に凡退せず球数を投げさせているのは
好調な証拠だろう

3番筒香の四球が生んだ4番ロペスの本塁打

3打席目も菅野は神経を使い初球に落ちる変化球で空振りを奪いにいくなど
読み合いの対決だった
しかし得意のスライダーが決まらずにここは四球を選んだ
そして菅野がこの試合出した最初の四球
最後の球が逆球になったこともあり
捕手小林も嫌な予感がしたのか間をとりにいく
この打席の菅野も決して球が甘くなったわけではない
しかし筒香に神経を使って球が球が高めになりはじめていた
そして冒頭で懸念していたロペス
彼が菅野の抜けた高めのスライダーをレフトスタンドに運び
勝ち越しツーラン
3番筒香4番ロペスの新打線が巨人のエース菅野を打ち崩した

6月の成績を貯金2、通算5割

8回は三上9回は山崎と
不安を抱えテレビで観戦していたが
私の不安なんか吹き飛ばすナイスリリーフで
見事勝利した
6月最後の試合をエース菅野を打って勝って締めた
これで通算35勝35敗引き分け2
当面の目標である5割に乗せた
そして6月の月間成績は12勝10敗
今シーズン初めて月間成績は勝ち越した
前向きになれる成績だ
これからの3カ月を占う大事な3連戦の初戦を
井納と新4番打者で勝った
しかし5割はようやくスタート地点
ここからいかに貯金を作れるかが
今のラミレスベイスターズに求められている

6月が7月8月の快進撃の序章だったと言われることを期待している
19年前の夏、ベイスターズは10連勝した
今年の夏も快進撃を期待したい

今日は酷評なしで記事を終える

P.S.明日は仕事後お世話になった方の送別会があるため試合を見れないと思いますので記事はお休みします。日曜日に土曜日の試合と2試合分の批評記事を書きますのでご了承ください

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. まず、菅野相手に援護があまり望めないであろう中、井納が本当によく好投してくれました、それ故に生まれた勝ち越し劇だった事は間違いありません
    こういう事を言うのはあまり良くないのでしょうが、はっきり言って昨日は球審のレベルが 非 常 に 低かったです、もうあの球審は巨人に肩入れ(勿論「巨人が審判を買収した!」などと主張する気はありませんが)しているのかと言いたくなるくらいで、9回のヤスも怪しい内容でしたがかなり判定に苦しめられた感も強かったですし、三上はよく8回を締めてくれたものです
    そんな中でも全体として1失点に留めた投手陣と戸柱には賛辞を贈りたい!

    ベイスターズは2014年にも「1安打勝利」という珍記録を出しているのを思い出しましたよ、スワローズ打線をモスコーソが1失点に抑え、梶谷四球→バルディリスの2ラン、これで勝ちました(笑
    極地的ではありましたが、「初回から筒香で相手バッテリーに神経を使わせる」「後ろが筒香になり梶谷が更に打ちやすくなる」「歩かされた筒香を長打力の高いロペスが返す」という3番筒香が活きる打順の片鱗を見せてくれました、毎試合こう上手くはいかないでしょうが、しばらくためしてもらいたい打順だと感じましたねぇ
    2安打1四球しか出来なかった事については、昨日は菅野が良かったのだと思っております、内容を見れば桑原は3ボールまで粘り宮崎倉本には良い当たりもありと全く希望が持てない程ではありませんでしたので、昨日はよく頑張って勝った、で良いのではないかと
    あと、セカンドのエラーに関しては田中浩康もやらかす時はやからしますので、離脱前の柴田がいたならそっちかなとは思いますが、現状はまあ石川がベターかなと、打率は低けれど粘りの力がある田中の打席は見ていて面白いんですけどね

    見事ロースコアゲームを制したベイスターズ!
    しかし今日はまたマイコラスという「負けを付けた事のない」強敵が相手です、パワーなら菅野以上かも知れませんし、得意のベイスターズ相手という事で気持ちよく投げてくるでしょう
    その代わり、逆に若干荒れやすい点を突きたいところです
    この前はリリーフが崩れてしまいましたが、マイコラスからは3点は取れています、強敵なのは確かですが我々ファンも最初から絶望せず応援しなくてはなりませんね!

    1. コメントありがとうございます
      一昨日の試合の球審は確かに巨人寄りに見えました
      特に9回は完全に巨人主催の地方球場だからと気を使っているジャッジでした
      あれでは公平とはいえませんね、9回の山崎の亀井に対しては特に酷かったですね
      セカンドに関しては田中の守備も往年ではないですが、石川の菅野に対する成績も悪いし
      田中の方が私は良かったと考えますが、どっちを使っても確かに差異はなかったかもしれませんね
      さて昨日の試合、私は多少継投の部分で不満はあるのですが
      しかしそんな些細な不満も忘れる桑原のグランドスラム
      そして貯金1
      チームに実力がついてきた、いやついていると認えめざるを得ません
      今日勝つようなことがあればそれこそゲーム差は離れていますが
      広島の対抗馬におされるべきチームになります
      非常に優勝前年の1997年の雰囲気に似ています
      今日ほんとうに大事です、山口をしっかり打ってファンにこれ以上ない興奮を覚えさせて欲しいです

  2. お疲れ様です。休める時はどうぞ休んでください。毎日記事を更新されている快星会様には本当に頭が下がります。

    野球解説で耳にする「苦手意識」や「相性」というものが勝敗を分けたのかなと思いました。昨年ベイ打線に大敗してからの菅野は何となく苦手意識があるように見えました。一方のベイ打線は球界のエース菅野を攻略できる自信がみなぎっているというか。被安打2に与四球1の内容でしたがたった2つの失投が得点となってしまいました。失投を見逃さなかった梶谷・ロペスの集中力が素晴らしい。一方、井納は鬼門の7回を抑え被安打4に与四球2失点1とこちらも良かったです。格上の投手と対戦するほうが集中するのでしょうか?

    昨日中日が負けたのでゲーム差2.5と開きました。快星会様もコメンテーターの皆様も、もちろん私も色々と批判していますが、何だかんだでチームの実力がついてきたということなのですね。ここまでの奮闘ぶりに目を細めます。

    1. コメントありがとうございます
      昨日は夜中の3時くらいまで飲んでいて記事の更新は事実上無理でしたね笑
      激励のお言葉ありがとうございます
      さて一昨日の試合は菅野自身がベイスターズへの苦手意識を払拭するためにも最初から飛ばしていましが
      失投を見逃さずに梶谷、ロペスがやってくれましたね
      そして井納がよく好投しました
      さて一方で昨日は完全に負け試合になった展開をよくひっくり返しました
      もしベイスターズがここから奇跡を起こすならベストゲームのひとつにあげるなら間違いなく入る試合でしょう
      間違いなくチームの実力はついています
      だからこそ、厳しい目で見てでも心は熱く応援しましょう

      1. 今日もやりそうですねDeNAベイスターズ。山口俊を打ち砕くナインを観たかったのですが、今日は一球速報なのが残念です。この3連勝は勢いに乗れますね。これで週明けの阪神戦に期待して臨めます!

        1. コメントありがとうございます
          今日の勝利は大きいですね
          そして中日とも差が離れました
          何となくこの勝利で気持ちが大きくなりそうです笑

  3. 昨夜は今日の貴殿と同じく、お世話になった方の送別会が横浜であり、1回しか速報をみておらず
    初回3者連続三振、これは厳しいと思ったが見事な勝利。2安打がHRで残塁なし、もし宇都宮で観ていたら多少、不満が残ったかも(笑)
    私も特にダミレス采配に批判はありません。◎です。
    因みに清原球場でプレイしたことあります。栃木県内のある大会の決勝で!
    電光掲示板に自分の名前が載り、放送つきで、最高でした。
    今日は心置きなく飲んで下さい。
    きっと石田が続くでしょう。

    1. コメントありがとうございます
      清原球場!凄いですね、私は野球は基本的に観戦専門なだけにFOXさんの実戦経験の話は非常に興味深いですね
      いつかベイスターズの話題だけでなく野球のプレーをしての経験談も聞いてみたいですね
      さてベイスターズはここ2戦粘りの勝利と劇的な勝利でとても気分良いですね
      今はラミレスが試合中采配ミスをしても選手が信じられないプレーで勝利をものにしています
      さあ3連勝といきたいです

  4. 記事にあるとおおおり。
    筒香の四球は、ほとんどストライク警戒して投げてきませんでしたもんね。
    確かに筒香のあと、ロペス、宮崎っていいかも。倉本1番でずらせばという意見も至極納得なのですが
    後半戦、私はラミちゃんの好きなようにやらせてあげましょ……..といっても私の意見等もともと守る訳ないのだが 笑
    これまで、ホームランとエラーしか点取れないと言ってましたが、昨日の菅野相手にはなかなか連打できないので、かえって得意のホームランで決めるしかないと思ってましたが、お見事。
    梶谷も、調子が続けばいいですね〜。
    康晃は、気持ちの乗り移ったストレートの勢いで抑えた感じですね。
    ツーシームは、高いしあまり落ちないしちょっとまだ不安ですが、制球より勢いでいった方がいい結果になるのかな。
    ファームでウイーランド4回1失点、球宴明け復帰ですかね?
    須田も久々の登板。2回無失点2四死球、こちらももう少し調整して球宴明けから今月中には帰ってきて欲しいですね。
    三嶋1回1三振。やっぱり救援での調整を始めましたね。
    これも期待したい所。
    パットン帰ったけど、藤岡とみんなで頑張ってもらって、読売3連勝で対戦成績5分にしたいですね。
    まずは、今日勝って今期初の貯金1だ!!

    1. コメントありがとうございます
      まずは一昨日の試合、筒香3番に入ったことで投手も4番のとき以上に警戒して投げていますよね
      少ないチャンスをいかに得点につなげるかを実戦できた試合でしたね
      私も今はラミレスに好きなことをやらせていい時なのかと思いますね
      さて昨日の試合は凄かった、逆転されたところなど不満は多少あるのですが
      全てを9回の桑原のグランドスラムが吹き飛ばしました
      これはベイスターズのムードが良くなる以上に
      巨人のムードを最悪にしたというところがホントに大きい
      ベイスターズも巨人に苦手意識はもう払拭できたでしょう
      大きい勝利でした、リアルタイムで見て記事にしたかったですね笑
      さてファームでウィーランドのイニング増やしているのを見ると球宴明けでしょうね
      何となく2位はいけない?と思ってしまっている私です

  5. 相手は菅野でしたから、勝利という結果を出したことにあっぱれです。
    井納もよく粘ったし、三上、康晃もしっかり投げてくれました。
    しかし、全ヒットの2安打がホームラン。ホームラン以外の唯一の出塁が筒香の四球で残塁なしでも勝てるものなんですね。いかにピッチャーが大事かということだと思います。
    そこそこ菅野にも球数投げさせたし、良かったと思います。
    この調子で巨人戦3連勝してほしいです。
    石田、今永、頼みますよ。

    1. コメントありがとうございます
      返信遅れてしまってすいません
      まずは一昨日の試合は2つの本塁打と投手の粘投で勝つことができました
      こういう勝ち方をあまり出来なかったベイスターズだけに非常に嬉しい限りです
      一方で昨日の劇的な勝利
      桑原の2本の本塁打
      正直未だに私は1番桑原の起用にはやや否定的ではありますが
      これだけ劇的な本塁打をされると今のラミレス起用を認めざるを得ないですね
      しかし昨日の勝利はほんとに凄い!これからこのチームへ大きな期待をかけたくなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。