暗黒時代の投手の象徴、山口俊へのブーイングの向こうで 


巨人キラーの誕生と思った

「ハマのニュー巨人キラーの誕生ですね」
11年前のスポーツニュースでアナウンサーがそう言って
ナイター中継を締めくくった
ルーキー投手の初勝利
前年3位だったシーズンとはうってかわり
開幕3日目からの6連敗、ゴールデンウィークの5連敗で
このチームへの興味を失っていた私は
特に熱心に野球を見ていわけではなかった
ただ、大学3年生と比較的時間が取れる時に
贔屓チームがこの低落だとハマスタに足を運ぶことも少なかった
それでもルーキー投手が初登板初勝利を
巨人戦で飾るとなると興味もわき期待もした
しかも5回2死までパーフェクト
既に暗黒時代の真っただ中の彼の好投はとても明るい材料になった
お立ち台にあがる彼をライトスタンドのファンから大声援が送られる
ぎこちない笑顔で記者に応える
その11年後
かつて初勝利をあげた敵チームのユニフォームを着て
東京ドームのマウンドに上がった彼を
かつて大声援を送ったファンが大ブーイングで迎える
ぎこちない苦笑いをした彼はふぅーと息を吐いた
この日彼は初登板時の6イニングより短いイニングでマウンドを降りた

リリーフ転向は光明だったか

初登板初勝利をあげ
登板後すぐに抹消して10日以上間隔を空けることを条件に
当時の牛島監督は彼を先発ローテの1人として計算した
しかしこの初勝利以降も4試合に先発したが
コントロールの悪さ
そしてピンチを迎えると
球が浮いて本塁打を打たれることが多く防御率は6.43
この時からピンチでのメンタルの弱さは目の肥えたベテランファンからは指摘されていた
2年目のシーズンもその悪いところは変わらず
先発で4試合登板したが防御率は昨年と変わらない防御率6.30
また150キロを超える直球が回を追うごとにスピードが落ち
手痛い一発をくらうケースも多々あった
またリリーフ陣はこの頃
復帰した佐々木も引退しクル-ンも巨人に移籍と守護神が決まらず
2008年には先発で結果を残していた寺原を無理やり守護神で起用していた
しかし先発は足りていない…リリーフも足りない
この状況で先発では結果を残せなった山口もリリーフに転向することになる
すると16イニングを無失点、防御率は0.76 奪三振率10.56
彼はこの年から仕事場がリリーフになる

守護神に指名された2009年

ベイスターズファンにとって本当に明るい材料がなかった
2009年シーズン開幕戦
第2回WBCでのイチローの決勝打から興奮冷めない中
このチームの熱は既に冷めていた、開幕6連敗
チームが交流戦前に借金を順調に重ねる中
開幕からセットアッパーに指名されていた山口は
チームが全く勝てない中でも10試合に登板して
14イニング14奪三振で2勝5ホールド
さらには防御率は0.64で月間MVPに輝く
開幕から守護神を任されていた石井裕也が打たれていたこともあり
山口が5月に守護神に指名された
しかし一番後ろを任されてからは安定感はなくなり
終わってみれば5勝4敗18セーブも防御率は3.27
正直私は個人的に彼を
この時から守護神で起用することに反対だった
それはメンタルの弱さ
ランナーを1人を出しただけで大ピンチのように
感じて焦る彼を見てとても守護神向きとは思わなかった
それは翌年監督に就任した尾花もそう考えていた

先発転向も開幕直前での守護神再転向

唐突に監督に就任した尾花は
ベイスターズの投手改革を求められる
キャンプ時から守護神は新戦力のブ―チェックを指名
山口は再び先発で起用することを明言する
先発調整をする山口にあるタブロイド紙がインタビューした
リリーフから先発転向した山口に調整は大変かと尋ねた時に答えた

「リリーフから先発に転向するのはそんなに大変なことではないです。ただ逆、つまり先発からリリーフに転向となると調整は難しいかもしれません」

奇しくもこの記事の1週間後
ブ―チェックの状態が良くなかったために
再び山口は守護神に再転向した
この時期の暗黒時代を象徴するひとつのお粗末なエピソードだ
しかしこの年難しい調整を任された山口は30セーブをあげる
そしてオールスターにも出場しベイスターズの顔となった

新車もう買ってしまったので1億円にして下さい

翌2011年も34セーブをあげ名実ともにベイスターズの守護神に君臨したが
決して内容が良かったわけではない
2010年は8敗、11年は6敗と守護神としては多い負けの数
防御率も2点台後半と抑えとして安定感があるとは言えない
確かこの年の契約更改だったと思う
球団が倍増近い9500万の条件提示をすると1億を期待していた山口は保留
そしてこう言った

「1億円いくと思って新車を買ってしまったのでもっとアップお願いします」

守護神としては安定感に欠けていただけにこの発言に非常に不快感を感じた
そして翌年金髪で開幕を迎えた彼に私だけだなくファンの心も離れていったように思う

金髪豚野郎と野次が飛び、耳をふさぐ中で

2012年開幕から守護神を任されたが打ちこまれるケースが多く
スタンドやネットではタレントの康葉が小朝と離婚する時に言った
「金髪豚野郎」
このフレーズをこの年金髪にした山口にそのまま浴びせた
そして彼がコールされただけでハマスタライトスタンドからブーイング
新車を買ったから1億円にしてくれと契約更改で言った姿と
リリーフカーで頭を垂れて耳を塞いでいる山口の姿
あまりにも対照的だった
2012年はそれでも通算100セーブをあげ
防御率も1点台だったがセーブ数は22と大きく下げた
そして
ファンからのブーイングでベイスターズファンに対しても不満があったのか
その年のオフの「ダグアウトの向こう」の中での三浦との対談で
「横浜に残って良かったです」と言う三浦に
「本当にそう思っていいるんですか」と
ファンからすれば「お前は何を聞いてるんだ!?」という発言もあった
またそれを裏付けるように契約更改の場で
翌シーズンのメジャーへのポスティング移籍要求
既に彼の気持ちはこの時から横浜から離れていた

先発再転向、選手会長…それでも

そして13年シーズンは中畑監督の信頼も失い守護神の座はソーサに譲り
3度のファーム降格
2014年シーズンも5月終わった時点で防御率7.62
「山口は終わった」とファンも世間も見限ったが
中畑監督は彼を先発転向させるとコーチ陣の反対を押し切り
交流戦6月1日のロッテ戦で6回無失点で先発として再び勝ち星をあげ
このシーズン2度の月間MVPに選出された
しかし2015年は7月以降に6連敗と調子は出ず防御率は4点台
それでも2016年中畑の後に監督に成るラミレスは彼を開幕投手にすることを
1月に発表しまた下園の後を受け選手会長にも就任した

自身のキャリアハイ11勝も…移籍は決定的だった

16年シーズンは開幕投手に指名されたことで
調整がオーバーペースもあって開幕直前に離脱
それでも4月には復帰し安定したピッチングで
チームを勝利に導き7月の時点で両リーグトップの3完封
オールスターの出場も決めていた
しかしここで靭帯の損傷もあり離脱
8月に再び復帰しキャリアハイの11勝をあげるも
チームがCS出場を決める直前に右肩を痛め
ポストシーズンでの登板はなかった
夢のCSに出場できず、開幕投手も投げられなかった山口
このオフFA権を取得していた山口の動向に注目されていたが
私は宣言せずに1年残留してから移籍するかなと疑わなかった
しかし山口に既にこのチームの愛着はなかったようだ

逃げ出した先の巨人

本日のピックアップ記事にのせた
昨年6月19日の試合批評の中で私はこう書いた

今日の試合を見る限りまだ、山口をエースとは呼べない
だからこそ、今オフFA権を行使できる山口には
横浜でエースの座をしっかり確保できない限り権利を行使して欲しくない
今山口が横浜を出たいと思っているかどうかはわからない
ただ、申し訳ないが生涯ベイスターズだ!と思っているほど
強い愛直を山口が感じているとは思えない
近い将来彼は移籍するだろう
地元に近いホークスか夢のメジャーか他のチームかは分からないが
彼が宣言すれば数多の球団が声をかける可能性は高い
しかしやはりそれは
せめてベイスターズのエースという自信をもってからにして欲しい
今の山口はまだエースではない

しかし彼は既にこのチームから逃げ出したかったのかもしれない
FAで日本の野球が移籍が活発する方が私はいいと思っているが
それにしてもこのタイミングか…と思った
乱暴な言葉をかけば
「やはりこの程度の男だったか」
と失望したことを覚えている
暗黒時代にどうしようもなく優勝しようと思い
村田や内川が移籍した時とはチームの状況が違う
暗黒時代の象徴はここでの優勝より自分が1番高く売れる時での移籍を選んだ
それもまた個人事業主の野球選手であれば当然の選択かもしれない
しかし暗黒時代応援していたファンとしては
寂しさより失望を覚えた
その失望が昨日のブーイングになったのだと思う
「お前がぬけてもチームは巨人より上位にいるぞ…」

ハマスタでの大ブーイングと彼にあった期待

昨日の試合を見て
もし私が巨人の首脳陣なら横浜スタジアムで彼を登板させることを避けるだろう
ブーイングを意気に感じて反骨心を持つタイプではない
ましてや自身のホーム球場のドームで
多くても4割程度しかいないベイスターズファンの
ブーイングであそこまでメンタルがやられるのでは
今や少なくとも340度くらいベイスターズファンの
ハマスタで彼を投げさせるのは
チームの勝利にもつながらない
今の巨人首脳陣もハマスタでの起用は躊躇するだろう
おそらくベイスターズファンが期待する凱旋登板は
少なくとも今年はないのではないかと思う

個人的な話しをさせてもらうと山口は
ベイスターズ時代から特に好きな選手ではなかった
プレースタイルも金髪にすることも
インタビューも私は好きになれなかった
だから正直彼が移籍先の巨人で
滅多打ちくらおうとノーヒッターになろうと
特に興味はない
ましてや山口で1本記事を書こうとも思ってもいなかった
正直記事を1本書くのに
資料を見て2時間近くかける私としては
好きでもない選手
しかも他球団の選手の記事を書くのは
時間の無駄で勿体ない

しかし今日たまたま
かつて何かでもらった山口俊のサインが部屋の整理をしていると出てきた
昨日の今日だけに何かを感じた
私も山口俊に期待し応援して時期もあったのだと…

彼が新天地で素晴らしい活躍をして欲しいとは
同一リーグだし今も思わない
しかし悔いのない野球人生を送って欲しいとは思う

大学3年生の時少しでも私は彼に期待したのだから
昨日ブーイングをしたファンの方も気持はきっと同じだろう

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 先日快星会様が力感を込めて書かれたこの記事にさらに頁が加わることになりそうですね。既に見聞きしている器物損害や暴力事件の詳細はブログの主旨を弁えて触れませんが、昨年までDeNAにいた彼がここまで凋落するとは・・言葉になりません。まるでベイスターズの暗黒時代の闇をすべて抱えて出て行ったかのような出来事でした。30歳ならばそれなりに分別もつき自分の行動に責任を持つ年齢です。けれども今回の騒ぎは社会人として最低の行為です。これがもし刑事告訴されたらどうなるでしょうか。FA移籍一年目にして懲戒解雇でしょうか。子どもたちに夢を与える一人の野球選手がこういう不祥事を起こすことは許されるべきことではないし、しかし暗黒時代に球団が彼を社会人としてしっかりと教育できていなかったことが本当に悔やまれます。また古巣ベイスターズも不祥事を起こした彼に対して冷ややかに感じました。もしかすると山口が抜けたことはチームにとって不協和音がとれる嬉しい移籍だったのかもしれませんね。

    1. コメントありがとうございます
      もはや私の記事をあざ笑うかのような山口の醜態…ブーイングをする価値すらない人物になってしまいましたね
      あの暗黒時代の社会人として教育出来なかった当時の球団にも問題はありますが
      人間としてそれ以前の行為とも言えるかもしれません
      事件の真相が全貌がまだ見えてこないのでどこまで山口がアホだったのかはまだ記事に出来ませんが
      彼を放出したことは良かったと言えてしまう出来事であることは間違いありません
      今後山口はどこに向かうのか…しかし呆れてしまいますね

  2. 山口ですか。
    私も昨年はFA宣言しないで残ると思っていました。
    優勝を味わいたいなら、はっきり言って巨人より横浜と思っていたので。
    残念ながら、あのCSファーストステージの熱い応援を味わえなかったのが、あっさりと移籍を決断した原因の一つかもしれません。
    ただ、同じくFA権を獲得した石川と違って、獲ってくれるところがありそうだったからFA宣言したのかもしれないですね。

    山口はよくやってくれた時期もあったが、村田や内川ほどじゃないでしょう。
    村田がホームラン王、内川が首位打者、さらに吉村も強打者として活躍した年もダントツの最下位。
    それは出て行っても仕方ないと思う部分はありました。
    でも、昨年は明らかに違ったと思います。
    交流戦最後のホーム6連敗と8月に勝てる試合を落としまくったことが響いて広島に大きく離されたが、それでも山口だけじゃなく、石田や今永が出てきて、今年は優勝を狙うと言っても恥ずかしくない状態になりました。

    私は暗黒時代は見るのもあほらしいと思っていたので、ほとんど球場に応援に行ったことはありませんが、相当野次はきつかったのでしょうね。
    まあ、自分的には梶谷に対する野次の方がきつかった気がしますが。
    先発になってからはだいぶマシになったと思うから、もっと横浜で頑張ってくれると思いました。
    でも、移籍してしまったものはしょうがないですね。
    せいぜい巨人で頑張ってほしいと思います。

    1. コメントありがとうございます
      山口もあのCSの舞台で登板することが出来れば移籍をまったかもしれないですね
      あれだけブーイングをしていたファンが自分に大歓声を送るその姿に彼自身ももう一度このユニフォームで思ったかもしれません
      しかし残念ながらそれは叶いませんでしたね
      優勝を狙うかどうかではなく彼はこのチームを去りたかったと言うのが本音かもしれません
      今年優勝して山口にここを出たことを後悔させてやりたいですね

  3. 山口は確かにもう一年してから判断すべきだったですね。
    CS不参加の時点でやはりとは思っていましたが。

    個人的には昨年粘り強く投げてたのに。。。。チ-ムの若返り、上位を窺うj状況の時に。。。。
    おかげでウィランド パットン 平良 クラインが取れたわけですから、結局DENAにはプラスでした。

    PS: チ-ムの若手台頭で居り場がなくなったのかもしれないですね。
       だれも山口がいなくなっても残念という人がいないのは淋しいものですね。

    話は変わりますが三上が8回を抑えるのはよほどコントロ-ルのいいときだけでしょう。
    ピンチには、まだクラインとか国吉くらいの球威はほしいものです。コントロ-ルは教えられるものではないらしいですが、三浦に教えてもらいたかったとつくずく思います。

    今日中止残念です。

    1. コメントありがとうございます
      山口の移籍のよって巨人もこの状態
      やはりもう1年待って山口自身すっきりした形で移籍して欲しかったですね
      三上も非常に不安ですね、彼がしっかり8回を任せる存在になれるといいですね

  4. 2戦目の9回宮崎乙坂そして桑原による劇的勝利、そして3戦目はある意味では更に劇的な勝利となりました
    良い意味で早めのカウントからバットを振り、スイングも中途半端にならずの良いバッティングが出来ているようです、裏ローテで臨む阪神戦ですが、この打撃が維持できるなら打ち勝って2勝を挙げることも期待できない事はないでしょう(とはいえ雨で流れそうですが

    ブーイングに関しては、出ていく時の態度だので山口俊の自業自得なところもありますので仕方ないでしょうね
    ただ横浜時代の山口俊は確かにその能力に反したふがいないピッチングも多かったですし、宜しくない態度も多少はありましたし、9回裏2死取ってから四球が絡んで満塁→そこからのサヨナラ満塁被弾などというファンがぶちギレたくなるやらかしも数多くしてきたりしましたが、まあそれにしても横浜ファンも言って良い事と悪い事の分別は付けて欲しかったなと
    それこそ「お客様は神様」とでも気取っているのか、山口俊のメンタルの弱さやハマスタは客の声がダイレクトに届きやすい構造である事も知ってるだろうに、山口にあらゆる罵詈雑言を(どうせ日頃のストレス解消か何かでしょう)浴びせかけ結局「ファン」潰してしまったわけですよ、フーリガンとでも言い直すべきでしょうかね?
    フロントとの軋轢もありましたし、「逃げた」のはそうかも知れませんが、やはり山口俊にとって横浜という環境が良かったとは言えないと思います
    そんなもんプロのくせにメンタルが弱い奴が悪いと言えばそれまでですが、「メンタルは弱いがすごい能力を持ってる投手」をファンが育ててあげるという形は取れなかったのかなと、正直私は今回の勝利を「ザマーミロこの豚野郎!!」「裏切り者!!」と山口を叩いて喜んでいる連中とは、同じ「ベイスターズファン」だと思いたくありませんでした

    こういう事を書かせていただくのは、去年ヤスが8月頭に連続で大崩してしまった「大事件」の際、ヤス本人どころかヤスの家族にまで人種差別なども含んだ誹謗中傷が行われた経緯を見てきたからです、あれは言葉にしたくないくらい酷いものでしたが、ヤスはメンタルとクローザーへの想いがよほど強かったのでしょう、無事今はベイスターズのクローザーを務めてくれています
    ラミレス采配に関しても、「早いカウントから甘い球を逃さずフルスイング」という指示はともすれば上手くいかないうちは振り回している(実際少し前までは闇雲にボール球を振り回していた者も多かったので、それに関する批判は仕方ないです)様に見えるので、疑問を呈されるのは仕方がない
    ただ、方針にはそれが成果として現れるのに時間がかかるものもあるわけで、数試合ダメだからすぐラミレス無能辞めろ辞めろと騒ぐ者が多いなというか、広島カープだって今の強力打線を形成するには時間がかかっているのであって、そもそもカープもBクラスの時期が長かった
    そのカープより更に弱かったベイスターズが強くなるには、更に時間がかかるのは当たり前、その過程を見たくないなら宜しい嫌なら見ないでくれ! と言いたくなる事がこの2年増えてます
    勿論「批判」は良いのです、そんなもん多くのまともな人間がやっています
    しかし最初から否定し気に食わないから叩き挙げ句罵声を浴びせるのがファンの姿なのかと

    こういったファンの未熟な行動は、ベイスターズの邪魔です、血の気の多いにわかファンが多い事もあるでしょうが、暗黒時代を拗らせた「老害」がやらかしている件もある様です
    私はチームが、親会社が、というのも前提として、ファンも成長しなければ、ベイスターズの日本一は不可能だと考えています
    去年、高城と組んだ山口俊は良い働きを見せてくれていました、今年いてくれたらどんなに心強かった事か、それがベイスターズとそのファンを心底嫌って出て行ってしまったという現実、ただただ私は悲しいです
    このチームが、会社が、そしてファンが、「第2の山口俊」を作り出さない事を願っています

    1. コメントありがとうございます
      非常に熱いメッセージで星のハムさんらしいコメントありがとうございます
      まず山口に対しては守護神時代の失敗そして何より本人の言動もあり
      球場で野次が飛ぶのは私は仕方がない部分はあったと思います
      ただ、野次にも節度があるものと野次とすら呼べない暴言とありますから
      ファンがそこを分別をつける必要はあったでしょうね
      ただ、野球選手は見られるスポーツなだけに野球以外での発言の数々は気をつけなければなりませんでしたね、山口は
      私は山口がファンのヤジでメンタルをやられたと部分もあったと思いますが
      ただ、彼自身は先発再転向になって好投したことでファンを黙らせたと思うのでその意味では
      ファンと山口の関係は悪い部分だけだったとは思いません
      そしてこれはファン論全般になるとは思いますが、私も結果を求めるための批判はあってしかるべきだと思っています
      しかしファンというのを語る時何が正しい姿かというとそれについては私は答えられません
      熱い気持ちで最後まであきらめず応援する姿がもちろんあっていいと思いますが
      不甲斐ないプレーに野次が飛ぶのもそれはひとつの野球ファンとしてあってもいいのかなと思います
      もちろん、そこに野次とも呼べない暴言は含まれませんが…
      そして采配やあらゆることを自由に意見を言うのは決して悪い事はないでしょう
      いやいや、こういう意見もあるよと言いあって意見が活発化するのなら私は
      決して批判も擁護も信者もアンチも否定はしません
      ただ、あくまでそこに節度を持つこと
      その節度とは「死ね」「殺せ」など含めた人権を批判するような発言をしないこと
      ファンの形は十人十色です
      ただ、願わくは
      ファンとはどうあるべきかと言う根本の価値観の押しつけだけはファン同士ではしたくないものです
      しかしそれも最低限ベイスターズを応援するという根本と節度を持つという人間として最低限のマナーを持った人同士での話ですが…
      節度がないファンと呼べない人は
      私のブログでコメントをいただいているコメンテーターの方にはそのような人はいないので安心しています
      ただ、ファンが増えてきてファン同士が潰しあっている姿はみたくないですね

  5. 私も山口に対しては大した思い入れはありません。
    高校の時から注目の投手でしたが、甲子園に出たのは1年生の時のみでまだエースでなく2回投げて被安打1で常総学院に2対1で初戦で破れた。そしてドラフトに掛かった時の目玉は大阪桐蔭高の左腕、辻内。しかし、辻内はノーコンでプロでは1軍の機会もなく、引退。
    それに比べたら当たりだったとは思う。

    ベイ時代の抑えでも何回も逆転され、暗黒時代に頑張った一人であったが信頼感がなく、中畑、ダミレス時代に先発で開花しても今ひとつ信頼感はなかった。でも完投できる貴重な投手で完投してくれという感覚で応援はしていた。
    後は昨日書いたように、裏切り者としか思っていない。
    それより同期の先日、貴殿も書いてくれた黒羽根にもう一度チャンスを与えて欲しい。
    そうでなければトレードに出して活躍のチャンスを与えてあげて欲しい。

    1. コメントありがとうございます
      確かに山口は当たりのドラフトでしたね
      私も守護神としての彼は信用していませんでしたが、先発としての彼には完投を初回から期待できる貴重な選手でした
      その山口が先発転向の最初の試合で投げた時にバッテリーを組んだのが黒羽根でしたね
      山口がいない今まだ一軍に昇格するチャンスをもらっていない黒羽根…彼の中で今考えていることもあるでしょうね
      それでも一度はチャンスを得て欲しいです

  6. 確かに球宴後、週末ローテでなければハマスタ登板ありませんね〜。
    ついでに東京ドームでも週末しかもう、対戦ありませんね。
    ということは、週前半ローテーションで投げさせれば今期もう対戦ないですね。
    多分そうするでしょうね、ただそんな選手は使いづらくてしょうがないだろうが(笑)
    今年もう見る事ができないだろうブーイング、残念です。
    そして、これから数年で読売で埋もれていくであろう彼に自業自得とはいえ憐れみを感じてしまう。

    1. コメントありがとうございます
      巨人としてはあのメンタルでは古巣相手には投げさせないでしょうね
      そして今村田が味わっているように山口も巨大戦力の中で埋もれていってしまうでしょうね

  7. 私もその当時は忙しく試合結果をプロ野球ニュースで観るぐらいのファンでした。いつのまにか山口という若い選手が抑えを守っていると知り、暗黒期のベイスターズにとって彼はワンダーボーイ。それぐらい明るいニュースだったことを憶えています。「金髪豚野郎」懐かしいです。そういえばスタジアムで雄洋と同様によく野次られていましたね。ベイスターズにとって思い出深い選手だったと思います。身体は大きく、球速もあるのに、メンタルが弱いという不器用な九州人は嫌いではありませんでしたが、期待はしていなかったと思います。でも中畑時代に先発の一翼として返り咲き、コメントにも一皮剥けたかなと思わせる場面がありました。戦力外や交換要員となった選手たちが移籍先で活躍する「横浜を出る喜び」、おそらく山口は横浜を出られたらどこでも良かったんじゃないかと思います。精神的にも未熟な山口が一億円プレイヤーの仲間入りを果たしますます彼を教育する人がいなかったことが悔やまれます。いやいやベイスターズの黒歴史はこういう投手の原石を悉く潰し簡単に手放してきたものです。

    1. コメントありがとうございます
      山口を教育する人がいなかったまさにそれに尽きると思います
      暗黒時代、村田もそうですがチームが勝利を求めずにただ試合を消化するだけ
      首脳陣はフロントから誰を使えどうしろと言われ思い通りの采配が出来ず
      そしてこの暗黒チームの中心メンバーは誰からも指導されないために増長し
      監督室で寝るという暴挙をする選手がまでがいる状況だったわけですから
      未熟な1億円プレイヤーとはまさにその通りですね
      山口が選手として未熟なままで巨人へ移籍し
      そしてベイスターズも貴重な戦力を失い負のサイクルになってしまいました
      こういうことにまたならにあといいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。