やはり中日に勝てないと3位死守はない!56番の昇格は見切り発車確かなタイミングか!最高な流れから最低な流れへ 2017年7月7日対中日1-2●


悪い流れになりそうな昨日の敗戦

5連勝と非常にいいながれになっていたベイスターズ
しかし昨日の拙守による敗戦で流れが変わってしまった気がする
この連勝中大逆転劇など流れが悪い中でも勝っていた
ただ昨日の試合ではあきらかにベイスターズは変わった
エラーが全て失点につながり暗黒時代のベイスターズを見てるようだった
防げる失点を防げない、得点できるところでできない
主役の筒香が本塁打を打っても勝てない
大型連勝から大型連敗に陥ってしまう要素が大いにある
そんな悪い流れになりそうな中で
ベイスターズが戦うのは中日ドラゴンズ
私も含め多くのコメンテーターの方から指摘されている
台風の目、中日ドラゴンズ
ここに勝ち越せるかどうかが今後のベイスターズを占う
これは指揮官も語っている

「今AクラスになっているのでBクラスのチームを突き放すと言う意味では中日戦は重要。阪神より中日をフォーカスしたい」

指揮官も中日をマークしている
この中日3連戦の結果によっては3位死守もまた一段と困難になる

ウィーランドの先発は見切り発車ではなかったか

今日の先発は右ひじ違和感で離脱しファームで調整を続けていたウィーランド
6月30日のファームの試合で4回を1失点
順調に調整を続けてきた
ただ、私はもう少し調整してから一軍でなげさせると思っていた
早くてもオールスター明けでの起用と思っていた
ところがラミレス監督はその30日とその前に2イニング投げた
わずか2試合のファームでの登板で彼を一軍に昇格させ先発させた
8連戦と続く中でひとつでも先発の枚数を必要していたのかもしれない
しかしこの起用は見切り発車にも見えた
ウィーランドの右ひじがどの程度の違和感だったかは本人ではなければわからないが
ベイスターズとしては離脱前のようなウィーランドので帰ってきて欲しい気持ちは強かった
ただ何よりきつい夏場にまたウィーランドが離脱するようでは困る
まだ焦る必要はなかったのではないかと思ってしまう
しかし指揮官はこの大事な中日との初戦にウィーランドに任せた

及第点のウィーランド、背に腹は変えられないか

そのウィーランドは立ち上がりからやや球が高かった
離脱前はもう少しコースに低めに決まっていたが
この日のウィーランドの球は高めだった
今日の戸柱はウィーランドのナックル的な変化をするカーブをあまり使わずに
直球主体の配球で中日打線と勝負した
しかし今日の中日打線、変化球は捨てて直球を狙っていた
3回にベイスターズが失点した場面でも
先頭の松井雅人もタイムリーの亀澤も直球を狙っていた
5回の福田の本塁打も直球だった
配球が悪いとは言わないが少し安直な配球にも見える
戸柱もさすがに福田に本塁打を打たれた後は
配球を変えて変化球主体にしたが
決してウィーランドが乱調というわけではなかっただけに
ベンチも含めて戸柱とリードを考えても良かった
それでも盗塁を刺したりウィーランドを助けた戸柱
ウィーランドが6回91球2失点で抑えたのは及第点
先発投手も豊富にいるわけではない
背に腹は変えられない

主役のいない代打陣

すでに今年は何度も同じようなことを記事にしている
だから重複するだけになってしまうが
ベンチに代打の切り札がいないのは苦しい
今1番手の代打と言われたら誰なのか
荒波、白根、嶺井あたりがここぞの場面で使われることがあるが
彼らが打席にたっても期待値は低い
代打成功率も荒波、嶺井は2割以下
白根は.333であるがまだ打席数も少ない
シーズン序盤には関根なんかも使っていたが
やはり後藤や下園というベテランで代打としての実績がある選手がいないのは痛い
1軍2軍の昇格降格はGMあたりが口を出すこともあるようで下手に首脳陣だけを批判できないが
これは本当に問題である
7回裏1死1,2塁の場面で
戸柱のところで代打白根を起用するも打つことは出来ず
その後梶谷がタイムリーを打った後の8番投手にところでも代打
出てきたのは嶺井
この当たりの選手しかいないことが現在のベイスターズのレベルか

砂田の連投、疲労困憊になりはじめても…

7回には砂田が昨日に続き登板
砂田の役割は飽くまでビハインド投手なのかどうかはわからないが
もし指揮官の中で田中や加賀より砂田に対しての信頼が落ちているのなら
もうリリーフで拘る必要はないのではないか
そろそろ彼が本気で目指す先発投手復帰を考えてあげるべきだ
指揮官のくだらない拘りで彼の肩や肘を酷使するのはいいことではない
比較的リリーフ陣は開幕当初に比べれば層は厚くなっている
球宴明け先発での起用を本気で考えてもらいたい

4位中日に初戦を負けて一気に流れは悪く

今日の試合書きたいことは山のようにあるのだが
仕事の疲れもあり今日は少し短めで記事を終えるつもりだが
今日の敗戦は非常に痛い
阪神戦いやな流れで負けてそのまま大事な中日戦
どうしても勝ち越したいし、初戦はとっておきたかった
中日は4連勝となりベイスターズは5連勝のあと連敗
1997年の再来をと期待していたがそんな夢はまだ見れないようだ
やはりコメンテーターの方が指摘し続けたように
中日が徐々に調子を出してきた
この3連戦もし勝ちこさなければ3位死守もわからなくなる…

流れは今ベイスターズにない
しっかり流れを戻すためにも
後2つ絶対とらないといけない

指揮官には本気で控えの選手の見極めもして欲しい

変わりつつある指揮官の采配に期待出来る余地はある
中日に明日も負ければ苦しくなる

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 大野の投球は確かに良かったですが、5回までノーヒットにさせた拙攻が気になります。かつてのDeNAだったら1点取り返すどころかノーノーになっていたかもしれません。そういう意味では7回の攻撃は評価できます。しかし如何せん控えの層が薄いこと!7回に梶谷が1点を取り返し尚も1・2塁の場面で代打に立ったのは嶺井。決して悪い当たりではありませんが、ゴメスだったら試合がひっくり返っていたかもしれないと思ってしまいます。9回の代打に立った乙坂。非常に不満です。まだ自分の立場を弁えていない。ベンチの指示は送りバントだったと思いますが、セーフティ気味の実に中途半端なバントを試み失敗。ヒッティングに切り替え最後は見逃しの三振。乙坂の起用を含めここぞという場面での采配が杜撰です。石川に送りバントさせたほうがチャンスはやってきたかもしれません。

    1. コメントありがとうございます
      なるほど確かにノーヒットノーランされずに7回にしっかり得点できたのは評価できますね
      しかし控え選手があまりに薄いですね、やはりもっと冷静にベテラン使っていかなくてはいけないでしょうね
      送りバント指示なら石川でしたね
      さて今日は大勝でしたが明日はどうでしょうね

  2. 中日、来ましたね。
    こんなにキチンとしたチームはないっスね。数少ないチャンスを何とか作り、しっかりランナーを進めしぶとく点を取る。取ったら自慢の投手陣でガッチリ逃げ切る‼️ま、ベンチ見たら森監督に土井コーチ、強い西武を築いた御仁がドッカと構えてんだから、当然といやぁ当然ですかね⁉️
    で、ベイ。 9回表、宮崎がネバって四球。代走、んでもって代打。何も起こらず凡退。ここですよね。結果論かも知れませぬが、何をしたかったか全然伝わってきませんでした。
    ただの選手交代なら素人でもできます。プロの首脳陣なら、特に若い選手をベンチに入れて起用してんだから、キチンと目的意識を持たせて 臨んで欲しかった。この場面で、相手に何のプレッシャーも与えられてないのは何ともガックリ。結果的に点を取れなくても、やれることを『キチンと』やって欲しかった。
    でもって、見逃し三振に終わった乙坂を責め懲罰を与えるなんてことになったら、ますます若いレギュラー外 の選手は 伸びないと思いますがね。

    3位❓5連勝❓足場の悪い今の状態ならそのうち逆転されますよ❗️ね。
    オールスター前は首位、後半に入ったら最下位街道まっしぐらはまだ2年前のことでしたね。

    1. コメントありがとうございます
      中日も決して全てがうまくいっているわけではないんでしょうが、やはりベンチの差は感じてしまいますね
      ベイスターズのベンチは意図が明確でないところがあるんでよね
      それが選手に伝わってよくわからないになってしまっている時がありますね
      その一方でもちろん成功していることもありますが…
      しかし今の状態で中途半端な意図を伝えては選手も伸びませんよね
      今日は勝ちましたがまだ安心はできませんね

  3. 記事の通りですね。
    ゴメス、早く上げてほしいですね……….と何回言ったことか………..。
    昨日の試合は、今期前半戦のまずい試合のVTRを見ているようで…….。
    9回確実にバントさすとこで、石川出さずに乙坂。
    そして、確実に送りバントサイン出さずに中途半端なサイン。
    100%送りバントでいいでしょ。乙坂、器用にバスター、バント出来ないんだから。
    前半戦に全く同じ場面ありましたよね。
    あと8回の桑原の走塁判断。
    難しいとは思うけど、TVで見ている分には、3塁狙ってほしかったな。
    ずっと打球を見て、セーフティーにいたけどどう見ても捕れなかったでしょ。
    でも、3塁は厳しいタイミングだったかな〜?
    積極的にチャージしてほしかったですね。
    1.3塁なら同点になってたかもしれないし。
    なんか、連敗中は前半戦と同じような試合をしていてストレスが溜まりますね。
    ともかく、中日に連勝しましょう。
    3番宮崎の方が点入るんじゃないかな?

    1. コメントありがとうございます
      本当にベンチの選手の昇格降格がいまいち意図がわからないんですよね、本来なら山下をあげるなら田中浩康か石川はどちらか1人でもいい気がしますが…
      乙坂の起用は非常に中途半端、これでは乙坂自身も自分がどんな打者になればいいのかわかっていないでしょうね
      中日に今日は勝ちましたが、明日が大事になりますね

  4. やはりダミレスはダミレス、勢いで選手がガンガン打つ試合or先発が好投するでしか基本は勝てず、接戦での采配は目もあてられない。それに以前から言っているが、ダミレスの談話は全く一貫性がなく、自分を擁護する、その時の都合の良い発言と言いきらせてもらう。

    先ず貴殿が言う、ウィーランドの先発は見切り発車ではなかったかに対して私はこの中日戦に合わせての先発と理解している。過去9試合目の登板で4度目の中日戦で、得意のチームに対して意識して当てたと思っているが報道陣にはたまたまと言っている。まずこれが信じられない。負けた時の言い訳を最初から言っていた。

    そして今日の試合に関して、砂田の件は4月から幾度となく先発要員を私は連呼し、先日、起用するならビハインドや左腕ワンポイントを避けるように言ったがダミレスは何を考えているかわからない。
    エスコバーをハムから取ったのはもしかしたら砂田を先発にと期待した私が馬鹿だった。

    さて、今日は私が監督ならを炸裂させたい。賛否両論の否が多いかもしれないが、7回宮崎が四球で出た時にまずは代走、この日の大野、そして後から出てくる最近充実している中日のリリーフ陣を考えたら、ともかく2点差を追いつかないと話にならない。1ヒットで1つずつしか進まない宮崎が9回に回ろうが少ないチャンスを活かすことを優先した。そして梶谷がヒットを打っても案の定、宮崎は3塁に行けず。
    そして代打白根と嶺井の順番、私なら逆。これは結果どうなるかはわからないが白根と聞いた時に違和感200%。それはともかく、嶺井の時に3ボール、1ストライク。ここで消極的と言われるかもしれないが私なら「待て」のサイン、なぜなら、ここも2塁ランナー宮崎の足では1ヒットでホームに帰れない。3-2なら自動的にランナーは走れる。投手にとってこれは非常に嫌だし、外野も3-2になればランナー走るから、前進守備から定位置に戻る。この場面「待て」こそ最大の攻撃。

    極めつけは9回の宮崎出塁での、代打乙坂での初球セィフティバント。そもそも石川を使わない理由が自分擁護のダミレスは石川は前日の走者との激突で最初から使う予定はなかったと言っている。
    プロの選手石川はそれで納得なのか?そしてダミレスは勝負師の監督ではない。
    どこか痛めていても、走れなくてもバンドはできる。私はずっと3番を打っているが、バンドも得意。
    足首痛めて走れない試合でもバンドはやった。ある駒の力を100%出し切る采配ができないダミレス。
    そもそも代走、山下より荒波では?私は山下の脚力、盗塁技術、経験とも荒波が上と思うが—–。
    先の初球セィフティバントもサインとの談話。馬鹿ではないか?恐らく、内野陣は少なからずともバンドを警戒した守備体型を強いていたはず、セィフティバントは相手の意表をつくから成功するもの。
    あの場面、あやよくば無死1.2塁を狙ったのか?それなら最初から打たせろ。今になりスモールベースボールなどと言いだしたが監督自身がどこでどうすることがスモールベーズボールなのかも知らないであり得ないサイン、選手起用をしていては勝てない。
    私と貴殿は同じ時に中日が不気味とコメしたが、私はその時も理由を言ったがあの戦力で勝っているのは森監督の終盤の継投。夏場にバテルとも追記したがオールスター前、今日も明日も容赦なくつぎ込んで来る。采配で負けた試合。監督で負けた試合。やはりダミレスと痛感した試合であった。

    1. コメントありがとうございます
      私も嶺井の場面3-1から「待て」のサインをだします
      基本的に3ボール1ストライクなら「待つ」のが正解で100%ヒット出来る時だけ打つべきなんです
      これは野村克也も著書で再三書いています。野村曰く3-1も3-2も実は打者心理的には大きく変わることはないようです(クリーンアップの選手以外)
      その真偽は別にしてもあの場面嶺井には打たせるべきではありませんでした
      ただ、この球団は中畑時代からですが見逃し三振をすると消極的と判断し選手をせめる傾向があるんですよね
      だから選手はなるべく振りに行こうとしてしまいます、矛盾的な言葉になりますが積極的にボールを振らないということも非常に大事な作戦だと思うんですがね
      話が少しずれてしまったかもしれませんが
      FOXさんのコメント非常に勉強になりました
      今日の試合批評はこれから書きますがまたコメントお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。