データ重視?のラミレス監督の大勝、3連敗はしない監督への評価 2017年7月8日対中日9-0○


5連勝から連敗の嫌な流れ

5連勝して非常にいい雰囲気だったベイスターズ
しかし拙守で負けた阪神戦、そして拙攻で負けた昨日の中日戦
この連敗でベイスターズの流れは嫌な感じになってきた
密かに優勝という夢を見ていたが昨日の広島ヤクルト戦を見る限り
広島に待ったをかけることは出来ない
こうなうるとベイスターズの目標は3位死守
そうなると余計に4位にいる中日ドラゴンズには
しっかり勝たなければならない
確かな指揮官の采配が必要になる
その指揮官、データを重視する監督であることを自負しているようだ

データ重視のラミレス監督、データの使い道

モチベーターとして指揮官は采配を揮っているように見えていたが
どうも指揮官は自身はデータを重視している監督だと自負している

「フィーリングで打順を決めることはない、分析してデータを重視して打順を決めている。基本的に毎日10ページぐらいのデータを見ている、得点圏打率がどうなのか、出塁率はどうなのかという数字は頭の中に入っている。投手もそういうデータが入っています。私は基本的にはデータを重視する監督だと思います」

確かにこの指揮官はコメントなどを見ると必ずデータを持ち出すが
どうも私にはデータを根拠にして自身の采配を揮うというより
自身のしようと思った采配に合ったデータを持ち出しているように感じているが…
それはあまりに穿った見方だろうか…そう見るのは間違いだろうか
ただ、わざわざ私はデータを重視する監督だと言いきってしまうのも
何に対してのアピールかわからない
データを重視するなら代打成績が悪い選手をさっさと一軍ベンチから下げることも必要かもしれない
ラミレスID野球は今日どんな野球を見せてくれるのか…

捕手は3つ巴の争いになったのか

ここにきて捕手は三つ巴になったのか
数日前、正捕手争いは戸柱に決まったと記事を書いてしまったが
ここにきて指揮官は正捕手の座を改めて争わせるつもりなのか
6番打者として得点圏打率.345と高い戸柱が
正捕手を獲ったように見えたが
ここ最近5試合の打率は1割ない
さらに7月に入って今日までの6試合
スタメンマスクは3試合が戸柱、2試合が嶺井、1試合が高城
今日もマスクは嶺井が被った
単純に相手投手に左右によって捕手代えていることもあるが
週3回しかスタメンマスクを被らないとなればそれは正捕手とは言えない
皮肉なことに黒羽根がいなくなったベイスターズで
再び正捕手争いが再燃したということか
ここ最近の戸柱はリード面も甘くなっている
いやコメンテーターの方からはもっと早くから
戸柱のリードに不満をもっていた意見も多かった
指揮官も戸柱の配球に不満を持ち始めたということか

井納の好投を生んだ嶺井

今シーズン11試合戸柱とバッテリーを組んでいる井納だが
嶺井と過去2試合バッテリーを組み
2試合とも井納は好投している
息はあっているようだ
5月26日の甲子園でも井納は嶺井とバッテリーを組んで好投し
試合後「嶺井相手に投げやすかった」と話している
嶺井のサインの出し方はテンポもいいし井納にとっては投げやすい相手なのだろう
今日も序盤から嶺井と井納は息が合う
初回に制球よく2つの見逃し三振を奪い
2回の藤井までイニング跨いで4者連続三振
調子は良かった
3回4回とピンチを作るも悪い時の井納のように
集中力を切らさずに無失点で抑えた
結局7回110球と少し球数は多くなったが
充分に責任は果たした
援護多すぎると力を抜いて大量失点が多かった井納だが
今日に限っていえば手をぬくことなく投げ切った

エスコバ―の仕事

さて8回を投げたファイターズから移籍のエスコバ―
まず間違いなくこの投手がどんなに仕事をしたとしても
おそらく2年程度で移籍するだろう
黒羽根がファイターズで活躍するのはもう少し長いだろう
このトレードは戦力的に見て長い目で見て間違いなく失敗する
それはこの球団の近年のトレードを見ても明らか
ベイスターズから出た選手の方がベイスターズに来た選手より長く働く
十中八九戦力比較だけならこのトレードは失敗に終わる
黒羽根にチャンスを与えてだけのトレードであることは間違いない
しかし来た以上エスコバ―にはこの2年位しっかり仕事をしてもらわなければ困る
肩が壊れようと投げて欲しい
おもにビハインド時のロングリリーフを任せるようだが…
さてこの投手、はっきりいって今日初めて見たが
今のところ何とも言えない
ただ、コントロールに苦労するタイプではなさそうだが
まだ何とも言えない
パットンが帰ってきてウィーランドもいる中で外国人枠をどう使うのか気になる
ただロングリリーフで外国人枠を使うのは勿体なと思うが…

2番打者の使い道と1番桑原

さて今日の試合は1番桑原と2番田中浩康だろう
1番桑原のここ1カ月の活躍は見事だろう
指揮官も桑原に関しては鼻が高いのか

「私は少し調子が悪いだけでその選手を外すタイプではない。桑原の1番起用もデータに基づいている」

確かに6月7月の桑原は素晴らしい
6月の月間打率は.303
7月も.444と状態は非常にいい
ホームランも今月だけで3本打っていて
これは先月の1カ月分の本塁打を1週間で打ってしまった
今月のOPSは1.315驚異的だ
数字だけみたら4番に使ってもおかしくない
ただ本当に彼が1番打者として使うのがいいのかというのは
いまだに私も御紋はあるのだが
それでも2番に梶谷を外して石川や今日の田中浩康を使うような起用をするなら
1番桑原起用も頷ける
桑原が初球から振りに行ってもしっかり球数を稼げるタイプの選手が2番に入るなら
バランスはとれる
今日もこの2人が得点に絡んだ
田中浩康もレギュラーというより石川や他の野手とこういう起用をしていくのは非常にいい
指揮官は自ら自身がバランスを獲れるタイプの監督だと自負しているようだが
つい最近まで1番桑原2番梶谷で打線を組んで置きながら
バランスを語るとはいかがかかな…と思ってしまう
ただ間違いなく指揮官の中で固執した頑固采配は少しずつ柔軟になってきていると思う
また1番桑原が好調なのは倉本が打撃があがってきていることにも言える
こういうと9番倉本は成功したと考えるのも頷けるのだが
ただ倉本を活かすことを考えるなら2番や6番での起用を本来は推したいが
9番倉本はおそらく今シーズン終わるまでするだろう
倉本の中でも今は9番をしっかり自身のものにしているのだから
頭が下がる、ただ遊撃手としての肩が石川並になっているのが気に成る
昨シーズンもう少し肩が良かったように感じていたが一体何が変わったのだろうか

明日勝てるかが全て

さて正直今日の試合はいうところはない
井納の好投と打線の得点力の高さで
中盤からはビール片手にテレビを見ていた人も多いだろう
ただこういう勝ち方をしても1勝
4位中日との差はまだ3ゲーム
安全圏ではない
下位球団には必ず勝ちこさなければならない

明日の試合が大事になる

指揮官のデータには優勝するまでの
道順も載っているだろうか

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 今時、データを重視しない監督なぞいるのだろうか?(笑)
    データなど、簡単に手に入る時代、素人でもすぐに調べられる。
    各監督、データをふまえていろいろと考えている訳だが、データ重視というなら開幕よりずっと不調の時に
    どういうデータに基づいて、桑原、倉本、筒香を打順も固定し使っていたのか………いつかは当りが出る……..
    こんなのデータじゃないじゃん、浪花節だがね!(笑)
    まあ私は、あまりラミちゃんに理屈は求めておらず、選手に気持ちよくモチベーションを上げてもらうのが
    役割と思ってます。その点は前監督よりいいのではないかな。
    控え選手はともかく、レギュラー陣にとってはチームの雰囲気を上げるいい監督なんじゃないのかな。
    ただ、いけいけどんどん打線で、打ち勝つ時はいいけど、僅差の試合で今後どれだけ勝てるかが重要ですよね。そこは、ラミちゃん苦手の采配によるのでそこで今期のチームの順位が決まってくるのではないでしょうか。
    ともかく、ビシエド、平田のいない中日なぞ格下です。
    今日まず、勝つ事ですね!

    1. コメントありがとうございます
      まさにそうです、浪花節采配!昔の近鉄がやっていたような感じですかね
      データデータいう割には素人が調べるようなデータを自慢げに語られて勝ち誇ってもらっても…って感じですね
      さて、その試合中の采配と言う意味では今日は送りバントの失敗などやはり気に成る点は多くありました
      それでも勝ったのだから合格点でしょうか…
      さて明日の広島戦どうなるでしょうか…

  2. 昨日の試合に関しては、勝ちパターンのダミレス野球だし、采配云々は言うことありません。
    エスコバー、平田の継投もして良かったと思いますが、投手にとって完封は大きな目標であり、井納が納得しての降板かが気になります。エスコバーは確かに○×はまだわかりませんね。

    私もデータを重視すると言うダミレス語録を読み、貴殿と同じ疑問を抱きました(笑)
    そうかもしれないが、私が思う優秀な監督はそのデータ+選手の好不調を把握し、持っている野手の駒を如何に出し惜しみなく、選手もモチベーションを落とすことなく、奮い立たせて使う。そして相手の裏をつく采配ができるかであり、データ、データと自慢しているどころか、開幕投手やスタメンをべらべら話すことは論外監督です。
    特にスモールベースボールを掲げるならどこで盗塁、エンドランを仕掛けるか、盗塁なら変化球の時を見極め、エンドランならストライクを取りにくるカウントを見極めてする采配が良い采配であり、初球から打て、盗塁はお前に任せるは草野球チームより劣ります。

    9番倉本は成功したと考えるのも頷けるのだがとありましたが、私は倉本に限らず投手8番はあくまで反対、単に倉本が出て、上位で点につながれば全てその理論に当てはまるだけで、やはり、調子が良い選手はそれなりの打順で打たす。成功例は表に出やすいだけで、失敗例がいくつあることか?
    筒香3番の理由に1打席でも多く打順が回ってくるからと言うなら調子が良い選手を9番に置く話と全く矛盾する。
    投手8番がベストなら過去において名監督がやらない訳がないし、先日、元投手の解説者が投手にとって8番は苦痛だし、疲労になるとも言っていた。

    さて、今日は久保。ともかく最初から飛ばし、何とか5回まで持って欲しいです。

    1. コメントありがとうございます
      そうなんです、データを重視していると監督が必要以上に記者に言って「オレハ他の監督と違うだろう」と言っている感じがなんとなく?って感じですね
      また仰るようにデータをうんぬン言うのに開幕投手やスタメンまたは話さなくていい事を記者に話す目立ちたがり屋気質は困ったものです
      そして昨日活躍した田中浩康投手の左右に拘って石川を今日は起用しました
      そこを強く否定はしませんがただ好調の選手をわざわざ外すのもよくわかりません
      倉本9番は指揮官がただ、1番桑原を活かしたいがためにした起用でしょうね
      だから倉本のことをどうこうというより絶不調だった桑原に自由に打たせていいように倉本を桑原の前に置いたというだけの気がします
      さて久保最初から飛ばし何とか5回3失点…試合はどうなるでしょうか

  3. 快星会さんのおっしゃる通り、今日は桑原と田中浩が良い働きをしました。
    井納も嶺井とコンビよく7回を投げ切ってくれました。
    ところで田中の1000本安打で思い出しましたが、長らく生え抜き野手のメモリアルヒットを見ていない気がします…。
    5年くらい前の金城の1500本安打が最後でしょうか。
    石川の1000本安打が割と近いみたいですが、改めてベテラン層の薄さを感じます。

    エスコバーは左投げで150キロ出せるのでそれは武器になりそうですが、素人目にみても変化球と直球で腕の振りが違います。
    当然プロならすぐに対応するでしょうし、修正する等しないと格好の餌食となりそうです。
    ラミレス監督と同郷ですが、今後どのような運用をするかは注視してみます。

    1. コメントありがとうございます
      そうですね、生え抜き野手のメモリアルヒットがここ最近なかったかもしれませんね
      ベテラン選手を軽視してきたツケなのかもしれませんが、筒香や梶谷で見られることがあるでしょうが
      彼らもいつかはベイスターズを去る選手でしょうから、う~んでも残ってほしいな…
      さてエスコバ―を敗戦処理的扱いで起用するようですが、ラミレスと通訳なしでコミニケーションをとれることが唯一の利点
      そこをうまく利用して大成して欲しいとは思いますが…

  4. 先発の井納は低めスライダーの切れが良く終始圧倒していましたね。対する小笠原も調子が良かったように見えたのですが、DeNAバッテリーの揺さぶりも成功しましたね。嶺井のリードも冴えに冴え完全にドラゴンズを見下ろす戦いぶりだったと評します。京田の盗塁を刺し、ゲレーロにはインコース攻めをするなど昨日までの試合とは打って変わって常勝Aクラスのような戦いっぷりに苦笑いです。今日感動したのはヒロインに立った田中浩康です。戦力外となったベテランがDeNAで返り咲きチームに貢献している姿に胸が熱くなりました。DeNAにはガツガツしたエネルギッシュな選手も欲しいですが、自分よりもチームの勝利を優先するベテランの存在は一軍ベンチに絶対必要です。首脳陣に信頼を勝ち得た加賀も木塚Cの指導により再登録されてからは格段に良くなりました。藤岡も活躍を続けています。あとは代打の切り札であるあの方。宮崎を“コチアイ(小落合)”とからかうゴメスの一閃を数多く見たいものです。

    DeNAのファンを長く続けているとどうも最下位が定位置というか、なんとなく負けが込んで下位に転落するんじゃないかとネガティブになりやすいですね。しかしまだ戦える戦力がしっかりと備わっているようですね。後半戦はAクラスである2位3位を阪神・DeNA・中日の三つ巴で争う構図になるのでしょうか。

    1. コメントありがとうございます
      井納は非常にテンポよく投げてましたよね
      嶺井があれだけしっかりリードできるなら夏場は戸柱にも疲労がたまるでしょうから
      うまく使い分けていってほしいですね
      さて、田中浩康の活躍が光りました
      チーム打撃ができると言う意味では若い選手しかいないベイスターズでは1番でしょうね
      ただ今日の試合では石川を起用しています、データを重視して左右で使い分けるのもいいですが
      状態がいい時は左右に拘らず起用して欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。