絶不調戸柱に抱く大きな不安も1、2番の5安打で吹き飛んだ!ライバル中日に勝ち越し再び広島に挑戦権 2017年7月9日対中日7-3○


3位固めの大事な試合

昨日ベテラン田中浩康の活躍で連敗を止めたベイスターズ
再び4位中日とのゲーム差を3ゲームにした
貯金も2つに再び戻した
当面の目標である3位死守のためには
直接対決でしっかり勝ち越すことが必要となる
今年開幕前評論家の予想では最下位にされることの多かった中日だが
蓋を開ければ善戦以上の4位
中日が今この位置にいるのは森監督初め首脳陣の采配起用がうまくいっているからだろう
特に走塁面に関してはベイスターズの一歩も二歩も先を言っている
戦力的には中日より上にあると思うが戦術面では中日の方が上
しっかり前半戦最後の直接対決を勝ち越して欲しいところだ

2番田中浩康を外して石川起用

先にも書いたが昨日活躍した田中浩康を今日は外した
自称データ重視の指揮官ラミレスにとっては
2番打者は相手先発投手の左右によって田中と石川と起用している
今日の先発は右投手の柳
左投手に対戦打率が.288だが右投手には.147
ラミレス監督がこの数字でスタメン起用を避けたのはわかるのだが
中日戦だけは打率.281と高いし昨日の好調さも買って起用して欲しかった
そして何より久保が先発する試合
コントロール重視で打たせてとるタイプだけに
セカンドに田中を起用するのは間違ってもいない
データ重視が選手のモチベーションを下げないことを願うばかりだ

最初から飛ばした先発久保の好投

昨日の記事でコメンテーターのFOXさんも書いていたが
今日の久保に求められたのは最初から飛ばして
とにかく5回を投げ切ってもらうことそれだけで彼は合格点と言える
しかし今シーズンここまで4試合に登板して3勝1敗と勝ち運だけはあるが
防御率は7.29と本来先発ローテに入れる数字ではない
いわゆるQSを達成したのも一度だけだ
しかしまともな先発が4枚しかいないベイスターズには久保の勝ち運は価値がある
そして何より久保自身
ベテランでありながら今日で5度の先発登板のチャンスをもらっているだけに結果を残したい
ベテランに対しては厳しいベイスターズで今年納得いく結果を残せないと
ユニフォームを脱がされる可能性もある
久保自身もそれを意識していたのか今日は飛ばしていた
立ち上がりからボール低めに散らし、アウトローに投げていた久保
2回裏にゲレーロに高めに浮いた直球を打たれてしまったが
次の福田をアウトローに変化球を投げて空振り三振
次の藤井に打たれても野本、松井雅人には
しっかりコントロールをつけて得点を許さなかった
しかし3回1死から京田の打球が久保を強襲すると
ファーストに悪送球、これをロペスが少し怠慢的にボールを拾いにいくと
その隙を見て京田は3塁を陥れて1死3塁
そして亀沢の内野ゴロ間に京田がホームに還る
ノーヒットで2人の打者で失点というベイスターズから見ればお粗末
ドラゴンズから見ればナイスランといえる得点
今年の中日の機動力野球の象徴ともいえる京田
ベイスターズはよくこの選手に好き勝手に走られている
ここでもロペスや他の野手にはしっかり守って欲しかったが
まさか3塁まで走られるとは思っていなかったのだろう
しかしこういう野球ができるドラゴンズをやはりあなどれない
後半戦CS争いが激化してくるとやはりこのチームにしっかり勝ちきることが必要だ
そして久保の合格点を判断することになる5回
野本、松井雅人と連続で打たれて無死2,3塁
内野ゴロで1失点後
また京田に3回と同じような打球で出塁を許し
1死満塁で大島に犠牲フライで1点差と迫られる
ここまで79球だが絶対絶命であったが
次のゲレーロと勝負を避けることなく
落ちる球をアウトローに丁寧に投げて三振にとった
このピンチを2失点で抑えたのはさすがベテランといったところか
5回3失点と合格点でマウンドを降りた久保は今日もしっかり勝ち運を味方につけた

柳相手に集中打の3回

中日の先発はベイスターズが昨年のドラフトで1位指名した柳
クジになるのを避けて指名したはずがクジになり外してしまったという
目も当てられない指名ではあったが結果的に外れ1位の濱口が
柳以上に今は活躍しているのだからわからないものである
その柳は先発としては初めてベイスターズと対戦
前回対戦したのはプロ初登板となった
5月23日の横浜スタジアムでのリリーフ
それ以来の対戦となるが
先発で起用されるようになってからは
ほぼ7回まで投げ切っている
スタミナもあり粘る投手
どれだけ球数を稼いで早いイニングで降板させることができるかだが
柳の方が少し緊張したのだろうか
スタメンに石川、筒香、倉本と横浜高校OBがいることも影響したか
3回表先頭の倉本を内野ゴロで仕留めるも
1番桑原にはアウトコース低めに決まったスライダーをヒットにされると
石川に変化球がド真ん中に入りそれをヒットにされて1,3塁
そして3番筒香の時に内野ゴロがフィルダースチョイスとなり先制
ここで柳もロペスに投げる球がなくなったのか
直球を高めに投げてしまい得意のコースで
ロペスにスリーラン、4点を奪って完全にベイスターズの流れとなった
しかしそれ以降はチャンスらしいチャンスを柳から作ることは出来なかった

打撃が低迷した戸柱

そして6回宮崎がヒットで出塁すると
次の戸柱の時に送りバントサインが出るも失敗
送りバントのサインを今まであまり出してこなかっただけに
選手も委縮して失敗してしまう、そうなると今度はベンチがサインを出せなくなる
この負のサイクルに入ってしまうとここから勝負どころでは痛い
さらに今戸柱の打撃状態は最悪だ
今日も4打数無安打の2三振
7月の打撃成績もヒットはわずか1本のみ
マルチ安打を打ったのは交流戦で満塁本塁打を打った
6月17日のオッリクス戦まで遡る
7月に入りスタメンマスクも濱口専用の高城起用以外でも
昨日のように嶺井がマスクを被ることも多くなった
打撃面特にチャンスの強さを買われて6番で起用されていた選手だけに
夏場に疲れも出てきているのだろうかこのままだとスタメン起用も
減って行くこともあるだろう
現代野球では捕手はリード以上に打撃が評価される
私はあまりこの傾向は好きではないが
ラミレス監督も捕手には打撃を求めている
戸柱にとっては守より打で再び評価をあげなくてはならないところだが…

桑原の貴重な3試合連続本塁打

そして昨日も触れたが異常な桑原の好調な打撃
今完全に彼は確変モードと言うべきだろうか
99年に波留が突然打撃が向上し大活躍したが
今の桑原はそんな感じか
開幕当初私が不安視していた桑原の選球眼の悪さや
チーム打撃が出来ない、球数を稼げないという話を超越してしまっている
さすがにこれだけ活躍されると文句は言えない
今日も1点差にされ、得点が欲しかった7回に本塁打
9号本塁打、昨日も書いたが7月の月間打率は驚異的だ
今桑原を1番で起用するなとは口がさけても言えない
もし打順を変えろというなら4番で使えばというくらいか…
この桑原の好調は前を打つ倉本の影響が大きいが
2番に梶谷のような自由奔放な打者を置かなくなったことも大きいだろう
桑原次第でベイスターズの順位も変わってくるだろう、今日は猛打賞
ちなみに先に書いた不安視していた2番石川も2安打
1、2番が5安打打てば得点も重ねることが出来るのは当然
ラミレスデータ野球が正しいということだろうか

中日に勝ち越し再び広島への挑戦権を得る

なんだかんだとこの3試合厳しい記事を書いても見たが
終わってみれば2勝1敗と勝ち越し
4位中日に4ゲームをつけて首位広島との3連戦となる
この8連戦ここまで5戦を戦って3勝2敗
まずまず合格点
それも1番桑原と2番打者の活躍で得点力も向上した
6番に座る戸柱の不調が非常に気に成るが
梶谷を6番にあげてもいいだろう
3位死守には必要なだけの勝ち星は稼げた

さて、明日から広島との3連戦
しかも敵地マツダスタジアム
対戦成績は辛うじて勝ち越しているも
今のカープに勝ち越すのはなかなか難しいだろう
しかし前半戦最後にチームの力試しにはこれといってない相手
も3連勝でもするようなことがあればそれこそ
私のような一喜一憂のファンは再び優勝狙いだと言いだすことだろう

横綱広島相手に小物のベイスターズがどこまで戦えるか
しっかり踏ん張って欲しい

前半戦最後の山場だ

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 今日の試合、采配に特にはないが、
    石川先発ということで、第1戦の最終回で代打石川を送らず、乙坂で憤死した怒りがまた蘇ったスタメンであった。前日の衝突で怪我もしていないのに出さなかったあの采配、バンド成功しても点を取れたかわからないが、今日の戸柱のバンドといい、スモールベースボールは口だけでキャンプから
    徹底した練習もやっていないのにできる訳がない。オールスター休みは後半戦に向けて、バンドとスライデイング技術向上を図ってもらいたい。

    桑原確かに完全にブレークしていますが、小技が効いた波留とは別物と思っています。
    戸柱の打撃急降下で私なら1番倉本、6番桑原、8番捕手、9番投手(後は変わらず)でいきたい。
    あれだけ、1発もあるなら宮崎の後がポイントになってくる。今年倉本はずっと四球が少なかったが1番にすればきっと求められる1番の役割を果たしてくれると思うし、初回の盗塁センスがない桑原の盗塁憤死は見たくない。
    この中日柳に勝ったのは、3位、4位の関係だけでなく、濱口新人王の切符という面でも大きい。柳はライバルの一人。そして今の一番のライバルは京田なので京田にも打たせない、走らせないで欲しい。

    さて、私事ですが、昨日は町の大会でベスト4激突。この暑い中、決勝及び3位決定戦も1日でやるということで5回までの試合であったが、2試合で6打席全て出塁。といっても四球4つに後の2打席は完璧なレフトオーバーの2塁打、レフトが深く守っていてのレフト超えなので大満足。レフトフライで3塁へタッチアップしたり、1ヒットでホームへ返る。1塁ランナー時には4番のポテンヒットで一気にホームヘ返る等、自分で言うのもおかしいが珍しくチームで1番の活躍でした。
    何度スライデイングしたことか、因みに小学生の頃から今は亡き父にスタンドアップスライディングやフックスライディング、ヘッドスライディングを叩きこまれたので瞬時にどれが有効かを判断してできる。これはともかく練習あるのみ。ベイ選手もオールスター休み中は怪我をしないように練習して欲しいが、名ばかしスモールベースボールだからひたすら打撃練習で終わるのか—–。
    あっ、残念ながらチームは3位決定戦に回り3位でした。既に湿布4枚貼っているが月曜からの全身筋肉痛が心配される。

    1. コメントありがとうございます
      まずは野球での大活躍おめでとうございます
      6打席全て出塁してさらに足でそれだけの活躍を見せられると私としては1番でFOXさんを使いたいですね
      どうでしょうか、ベイスターズでぜひ笑
      とにかく3位おめでとうございます!今日は筋肉痛大丈夫でしたか、ベイスターズの試合を見ないで早めにぜひお休み下さい笑
      さて肝心のベイスターズの方は勝つには勝ちましたが怪しい采配もありましたね
      私も1番倉本6番桑原賛成ですが、ラミレスはしないでしょうね

  2. 中日に対して勝ち越し。
    最低限の星は稼げたと思います。
    今日の中日の先発は、ドラフトで外した柳。
    横浜高校出身ですし、個人的には絶対に獲得してほしかったのですが、今の濱口の大活躍を見ると外れて良かったかなとも思いました。
    戸柱が打撃で全然貢献していないのは確かに気になりますが、疲れもあるのかもしれないですね。
    嶺井も高城もそれなりに働けているし、3人を併用していけばいいかもしれないなと思います。

    さあ、次は広島戦。
    巨人とヤクルトが異常に広島に弱いので、逆転優勝は相当難しいと思いますが、
    他球団に頼るのではなく、自力で広島に迫ってほしいです。
    左腕トリオに託しましょう。

    1. コメントありがとうございます
      中日に勝ち越したことは充分チームをほめていいでしょうね、もちろん監督含め
      さて柳実は私も獲得して欲しいと考えていたんですが、結果的に濱口で良かったですね、もちろん今後の濱口次第ですが…
      戸柱はかなり疲労があるのかもしれません、こうなると本当はオールスターも休んで欲しいですがね
      それでも今捕手3人がしっかり仕事できていることが助かっていますね
      さて広島戦は力試しです、ここにどの程度勝てるかで自信にもなりますもんね!頑張ってもらいましょう!

  3. 久保は、中継ぎで使ってほしいな。
    ウィーランド戻っても、先発1枚足りないのですが、
    砂田使ってみましょうか?
    みなさんお待ちかねの。
    久保は、中継ぎの方が向いていると思う。
    三嶋、この間ファームでぼこぼこに打ち込まれたからまだ使えそうにないし。
    さて、カープ相手にいけいけどんどんで勝ち越せるか見物ですね。

    1. コメントありがとうございます
      久保は確かにリリーフで使いたいところですね、ただこの勝ち運は信じてみたいとこもありますが…
      高崎も三嶋もリリーフでも先発でも苦しいようですね。
      う~ん、もう一枚やっぱり先発が欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。