これで優勝は完全に白旗!今永の好投も何もかもを壊した8回裏のラミレス采配 2017年7月10日対広島1-5●


前半戦最後の山場、首位広島相手

昨日中日に勝ったことで40勝37敗で貯金3つ
前半戦残り3試合なので5割以上での折り返しが決まった
かつて98年優勝した権藤博は言った

「前半戦5割越えればどんなシーズンでも優勝を狙えるんです」

そのコメントを鵜呑みにすれば
ベイスターズは現時点で優勝がまだ狙えるということか
いずれにしろここまで5割で折り返した指揮官は
ここのブログで悉く酷評された記事を書いてこられてが
合格点で折り返したというわけだから
私も彼に少し頭をさげなければならないのかもしれない
しかし筒香の不調やウィーランドの離脱もあったが
それ以上に計算外の良いところもあった
宮崎が首位打者争いをするなど誰が想像したか
ラミレスは彼を開幕ではスタメンに起用していないのだから…
ルーキー濱口の活躍も嬉しい誤算と言える
そう考えるとどうしてももう少し勝てた気がする
今活躍する桑原も2カ月不調でも使い続けた
それはその間にも
黒星を重ねてきてしまったということだ
しかしそれでも今この成績を見て
指揮官を責めることはしない
ただ賞賛もしない
それでも今日からの広島3連戦
この成績如何では賞賛できるかもしれない
広島も3つとりいくつもりで来るこの前半戦最後のカード
もしベイスターズが3連勝でもすることができれば
ベイスターズにとってこの上ない状態で
後半戦を迎えることができる
大事な大事な3連戦だ

1点差ゲームを拾えることが出来るか

今日のカープの先発は野村
ベイスターズの先発は今永
間違いなく1点差ゲームでの攻防になる
勝つには如何に1点を奪い、守るかということが大事になる
ここまで1点差で勝ったのはわずか5試合
ただ、どれも打線が3点以上得点してる試合
今日の試合勝つならスコアは2-1とか1-0とかになるだろう
今永が好投できるかどうかが肝に成る
そんな気持ちで今日の試合を見ていた

今永・嶺井バッテリーの攻め

ベイスターズ先発の今永は今シーズンの広島戦は
対戦防御率2.30で1勝1敗、自責点も4
とられても2点というところだ
そして横浜スタジアムでは防御率が5点台だが
ビジター球場では0点台という外弁慶
そしてここ2試合は嶺井とバッテリーを組んでいる
嶺井と組んだ試合は防御率も1点台(戸柱とは3点台)
息もぴったりというところだ、今日も嶺井がマスクを被る
その1点差ゲームとなるであろうと予想した試合
立ち上がり今永は球が高めに浮き
ランナーを溜めてしまう、特に得意のカーブが浮いてしまう
2死満塁としてしまうが新井の時にチェンジアップが決まり
何とか無失点で抑える
すると2回以降は嶺井は今永のカーブを捨て
直球主体のリードに変える
直球とタイミングを狂わすチェンジアップ、そしてスライダーで抑える
5回2死1,3塁のピンチで丸の場面も
直球とスライダーで打ちとった
6回も無失点で切り抜けて球数は
指揮官が変える目安にする100球丁度越えた101球
立ち上がりを考えれば合格点以上の仕事だった

ブレーキとなった首位打者宮崎とスモールベースボール

打線では首位打者宮崎は今日ブレーキとなる
初回筒香がツーべース、ロペスが四球で歩くと
2死1,3塁で宮崎に打席が回るが
宮崎は2球目のカーブに手がでて凡打
マツダスタジアムで打率1割台というデータもあってか
チャンスで結果を残せない
6回1死後筒香、ロペスが続いて出塁して
1死1,2塁と最大のチャンスを作るも
宮崎は2ボール1ストライクから変化球をひっかけてしまい併殺打
今日の野村はインコースのシュートのキレが非常に良かっただけに
ここはしっか見極めてほしかった
またこういう1点差ゲームとわかる時は
チームが打撃好調だからと
たかをくくると痛い目を見る
本来こういう試合でもしっかり勝つためには
普段から指揮官が最近よく口にする
スモールベースボールをするべきなのだが
名古屋でも送りバントを悉く失敗したように
突然それをやっても出来るわけではない
それでも2番に石川や田中浩康を入れたことでそれが出来る
3回の表倉本がヒットで出塁し先頭の桑原がタイムリーツーベース
すると2番の石川がセフティーバントでランナーを3塁に進めた
2番梶谷だとベンチもサインを出せなかったプレーだろう
まあ危ないバントではあったが…
結局このイニング後続が打たなかったので得点は1点で終わったが
こういう野球ができるようになったのはひとつ好材料だろう
しかしそうは言っても
先の宮崎の2度のチャンスをふいにしたのも
この石川のバントの後4番5番で得点できなかったことも
やはりこのチームが1点の重みをまだ充分考える訓練がされていないからなのか…
そしてそれは1点を守るという意味でも言えた

7回今永の続投とバッテリーのミス

6回まで101球投げた今永
ベンチは変えるかなと思ったが
前半戦最後の登板ということもあって続投、7回のマウンドにもたった
正直私の目にはこの日の今永は決して調子が良かったとは思わない
あくまで何とか踏ん張ってきての無失点だと思った
確かにここで変えても
今7回から投げる投手の起用も難しかったとは思う
今永に7回まで投げてもらって8回三上9回山崎だったのだろう
そして7回のマウンドにたった今永
先頭の安部を打ちとった後
次の会澤に初球スライダーをファウルにしてカウントを稼ぎ
2球目直球を投げてストライク
ここでバッテリーはチェンジアップを投げるもワンバウンド
ここで私はもう1球チェンジアップを投げると思ったが
バッテリーはスライダーを選択肢ド真ん中にいってしまいツーベースにされてしまう
そしてここで広島ベンチは野村のところに代打バティスタを起用する
今永がピンチを作ってしまえばベイスターズベンチも余計に動けなくなってしまった
そしてバッテリーも本塁打だけを意識してしまい
直球主体の考えを捨てる
初球スライダーが外に外れる
ここでバッテリーはもう一度スライダーを選択
正直会澤の打席の時からスライダーはかなり変化が甘くなっていたが
直球を投げて痛い目にあうのを嫌いそのスライダーが高めにいき
バティスタはレフト上段に本塁打
これで今日の勝負はあった
1点を防ぐことができなかった

意味がわからない8回の新井敬遠

1点差であればまだわからなかった試合
8回裏加賀が鈴木誠也にツーベースを打たれ
ここでベンチは田中健にスイッチするも
松山にスリーベースを打たれ3点目
ここで完全に勝負はついた
それでもまだ2点差
少なくとも加賀や田中を投入したのだから
ここで試合を壊すわけにはいかなかった
しかしベンチは指揮官は何を考えていたのか
次の新井を敬遠した
ノーアウトでランナー3塁で
打者を敬遠して何がしたいのか
2塁と1塁でゲッツーをとっても失点はする
しかも新井を歩かせたこの状況で内野陣は前進守備
当たり前のように1塁ランナーは盗塁に成功する
そりゃそうだ、意味がわからない
無死2,3塁となり打者は安部
ならばここで打者を歩かせて満塁策にするのかと思えば
ここはしっかり勝負してバウンドが内野で高くなり2失点
敬遠で歩かせたランナーまで還ってきた
敗退行為だろうか…意図が見えない
何のために加賀、田中をつぎ込んたのか
今日の試合の敗因は今永が打たれた本塁打ではない
ベンチの8回裏のよくわからない采配だ
これでは優勝など口がさけても言えない

やはり優勝は白旗だ…

こんな戦いをしていれば優勝はない
いやCSだって足元を救われる
6回までは見事な戦いぶりだった
7回の逆転ツーランも首位広島の意地を見たが
それでも喰らいつくベイスターズの戦いぶりは見事と言えた
しかし8回が私にはあまりに稚拙で意味がわらなくて
この試合を侮辱するようにも見えてしまった
ベンチの意図をグランドにいる選手は理解できていたのか
試合後この采配が真っ当であったと指揮官はコメントするのだろう
しかし、どんなコメントをされても到底私は理解できない
名古屋でもそうだったが終盤になると
指揮官は代打起用含め理解できない采配を揮う
終盤だけラミレスジュニアが采配しているのだろうか…

とにかく今日の敗戦はあまりに後味が悪い
ここ数試合酷評することがなかったが
今日の試合批評はベンチを酷評させてもらった

しかし今日の敗戦で優勝は白旗だ
かつて西武巨人大洋で活躍した白幡ではない
白旗だ
こんなオールドファン以外聞いてもつまらないシャレを言っている場合ではない
しかし言わないとやっていけないくらい疲れてしまった

これでチームは3位固め
とにかく広島に3連敗だけはしないで欲しい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 広島相手に1点で勝とうと思うのはむしが良すぎと思いました。
    当然3連勝を狙っていたと思いますが、力の差を見せつけられました。
    勝つには、今永が踏ん張るしかなかったと思います。
    でも、今永はよく投げたと思います。
    優勝はもう無理だと思いますが、今日と明日は連勝してほしい。
    石田、濱口頼みますよ。

    1. コメントありがとうございます
      確かに広島相手に1点で勝つのは難しいでしょうね、一方で昨日のように相手にミスしてもらって得点をするしか難しいかもしれません
      とにかく今日勝って後半戦に大きな期待をかけたいところですね

  2. 意味がわからない8回の新井敬遠は本当に論外ですが、そもそも8回の鈴木誠也に加賀が—
    好投している今永の交代時期は難しかったと思うが會澤に2塁打打たれ、代打バテイスタの時こそ加賀だったのではないだろうか?そこで抑えたら田中のところで田中、逆転されてからの登板では特に田中はがっかりだったと思う。

    宮崎がブレーキにはなったが、うーん責められない。それより3回の1死3塁で筒香にせめて犠牲フライを打って欲しかった。ダミレス野球も石川を2番においてスモールベースボールを成功させただけに残念である。

    この試合の不満より、既にとらたろうさんコメにあるようになぜ、昇格が飛雄馬???
    全くどこでどう使うつもりでいるのかがわからない。広島の声援に負けないために、声出し要員としか考えられない。
    私ならファームでこのところ良いピッチングをファームでしている尾仲昇格。尾仲が地元広島で燃える姿を期待したかった。この3連戦では中継ぎフル稼働でも良い、無駄遣い采配とはいわない。ブルベンで投げ、調子よい選手をベンチに伝え、出していく。
    まー野手ならやはり後藤ですが、先日HRを打った直後に上げて欲しいのだが、そのごもろくに使われず。このまま本当に干されてしまうのだろうか?

    1. コメントありがとうございます
      バティスタに加賀は私も思いました、あそこなぜ今永続投だったのかわかりません
      飛雄馬を今日先発起用していますが、果たしてそれにどんな意味があるのか
      これで後藤を引退にこの球団が追い込んでいることだけはわかりました
      さて、昨日は試合批評をきじにできませんでしたが今日が前半戦最後の大事な試合果たしてチームは有終の美を飾れるか

  3. 今夜も最低でも犠牲フライって場面で凡退してしまいました。
    他球団があっさり決めてるのに横浜打線は中々犠牲フライ打てません(泣)
    首位相手に残塁の山では勝利の女神もそっぽ向いてしまいますね…

    そして、去年に続き今永石田の継投で田中健二朗使うと打たれてしまいます(泣)
    今永石田(多分濵口も)の後だと打ちやすいのでしょうか?
    明日明後日連勝してくれることを祈ります

    1. コメントありがとうございます
      犠牲フライくらい打って欲しいところですね
      さて、昨日は記事にできませんでしたが勝つことができませんでした
      これで今日の試合勝てれば後半戦にも大きな期待が持てますが果たして…

  4. 地力の差ですね。
    そして、控えでバティスタ、エルドレッドと控えている打線。
    それにひきかえ、石川に代打も出せない切り札のいない代打陣。
    というか用意もいつまでもしない監督。…………飛雄馬上げるならゴメス上げろ!!!!!!!!!
    加賀も続投でよかったと思います。
    打たれたかもしれないけど、健二郎より左打者でも加賀の方が抑えられると思う。
    あとは、記事の通りですね。
    僅差の試合をものにできないと、優勝出来るチームには当然なれませんからね。
    ただあと2試合、石田、濱ちゃんで全力で勝ちにいきましょう。
    選手は、頑張ってくれるでしょう!
    しかし、ホームラン被弾のあとの倉本のちんたらプレイは理解出来ん…………………….怠慢この上ない。
    こういう選手は、私はすぐにベンチに引っ込める。アホか!

    1. 倉本はどのような「ちんたらプレー」をしたので、しょうか?

      倉本だけじゃなく、外野手がすぐにショートやセカンドの中継に送球しない間に二塁打が三塁打になってる場面最近多い気がしますね

      1. 倉本のちんたらプレーと私が言った場面は、逆転ホームラン打たれたあとのショートへの強いゴロを、前進せず待って取ろうとしたため、打球が少しイレギュラーぎみになったので反応できず取れなかった所です。
        ショーバンで取とうとしないからこういう結果になります。
        逆転された場面、確実にアウトを取って反撃ムードを迎えたいところです。
        ご質問ありがとうございます❗️

    2. コメントありがとうございます
      控えの選手を比べると本当に両チームの地力の差もっといえば実力の差が出ましたね
      松井飛雄馬をなぜここであげたのかも理解できないし、これで後藤が干されているというのもよくわかりました
      さて、ちょっと仕事で忙しかったために昨日の試合批評が記事にできませんでしたが
      1勝1敗で今日の試合が非常に大事になりますね、さあ濱口は踏ん張ってくれでしょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。