最早惜しかったと言葉はいらない、育成より勝つ采配を! 2017年7月21日対巨人3-3△


山口をかけた3位決戦

今やネットで「逃げるし恥だし役立たず」とあだ名をつけられてしまっている山口俊
彼が事件を起こして巨人はさぞ調子を落としている思いきや
今シーズン1勝しか勝てていない先発がいなくなろうと
戦力が充実している巨人には屁でもないようで
チームの状態は落ちていない、むしろFA移籍選手だけに起用に気を使わなければならなかったが
これで気を使わずに選手起用が出来るのだからプラスに働くのか
そうなると現在ベイスターズの下で5ゲームで後を追っている巨人は
やはり後半戦侮れない相手に成る
一方でベイスターズはきっちり最下位ヤクルトから3連勝し
下位球団いじめを出来るだけの状態にはなってきた
今日からの3連戦、巨人はエース級をあてて
しっかりベイスターズを下位に引きづり降ろすことを考えているようだ
ベイスターズはここで3連勝はいいから勝ち越すことが必要になる
2位になりその先を目指すにはここで足踏みしているようではならない
巨人とは住む世界が違う事を見せないといけない
そう、山口にきっちり後悔させなくてはならない

負け試合をしっかり追いついた

まず最初に断っておかなければならない
実は今日延長戦からしか試合を観戦出来ていない
また明日も早いために録画した試合を振り返る余裕がないので
たいした試合批評が出来ない
なのでぜひ、今日はいつも以上に読んでくれた方には
私の記事の肉付のつもりで試合の分析コメントをいただけると嬉しい
まず、私が見ていない9回までの戦い方をざっと振り返る
今日はベイスターズの先発は井納
ここ最近はしっかり自身の立場を自覚し
試合を作る投球が出来ている
本来は私は彼がエースとして君臨しなければならないと思うのだが
どうも彼のキャラクターと言ってしまえばそれまでだが発言もそうだが
投球もどっか頼りなくこのブログでも再三酷評してきた
しかしここ数試合はしっかり試合を作っている
彼が投げれば試合を壊すことはない
もちろん本来はもっと上を目指して欲しいが…
その井納は今日は立ち上がりから良かったようだ
3回までは1安打のみで無失点で抑えた
しかし4回坂本にツーランを打たれた後
いつもの悪い癖で1本の本塁打で崩れ
無駄にもう1点失い3失点
中盤に3点のビハインドは痛い
しかし4回、5回、6回と1点ずつ返し同点に追いつく
こういう風にしっかり3点差程度ならきっちり追いつける力がついたのは
采配の力と言うよりは選手1人1人が力をつけてきた証拠ではあるだろう
また井納も4回以外はピンチを作らずに
踏ん張ったことは評価できる
7回以降は砂田、加賀、パットンで巨人を無失点に抑え試合は壊れることはなかった

マシソンに6者連続三振より…送りバントをしなかった11回

9回からは巨人はマシソンが登板
梶谷、乙坂、倉本と空振り三振に終わり
それでも10回は先頭桑原から始まった上位打線だと期待した
しかし桑原も柴田も筒香も手も足も出ずに3者連続三振で終わってしまった
このイニングで得点出来なかったことが
ベイスターズの勝利を8割方なくしてしまった気がする
そして極めつけは延長11回
ロペスがヒットで出塁し代走西森を起用
ここで指揮官は1番勝ちにつながる方法だけを考えれば良かった
しかし次の宮崎に特にサインを出さずに強攻策
ここ現地で見ていないのでエンドランのサインが出ていたのかわからないが
ただ1点とれば勝てる試合で
ここでなぜ送りバントのサインを出さないのか
いや出さないまでも何かをしてくるという仕草を見せて良かった
少なからず初球は「待て」のサインでいい
なぜ初球から積極的ふるか…
指揮官の言う「ファーストストライクを打て」という考えが
こういうところで悪い方に行く
このチームが下位に沈んていて最下位脱出を考えるレベルの時は
その積極性を選手に意識づけることは悪いことではない
しかし上位もしくは優勝を目指すチームなら
もっと上のレベルの意識を持たせる必要はあると思う
じゃないとこのように接戦で勝てなくなる
そしてそれは延長12回もそうだ

送りバントも出来ない荒波なんかいらない

ここで私がタブーとしてきた選手批判を敢えてさせていただく
延長12回梶谷の打席で神風というか山口風?が吹き落球
梶谷が出塁する
ここではしっかりランナーを進めることが必要であった
次の打席に入った荒波はバントの構え
しかし固くなりすぎて決まらずファウル
結局追い込まれ最後はヒッティングして内野ゴロ
代打としての打率は1割台
送りバントも出来ないとなると既に荒波が1軍ベンチにいる必要はない
ただ荒波だけを責められない
今や指揮官がレギュラーと決めた選手は不調でも固定
これは開幕からずっとである
チャンスをほとんど与えられない荒波が
腐ってしまうのも無理もない、そして必要以上に1打席1プレーにプレッシャーもかかるだろう
ただ、それでも荒波は自身に求められたことをやらなければならない年齢ではある

やっぱり指揮官の誤算

そしてこの延長12回指揮官の誤算だったのは
回ってこないと思われた筒香の打席が回る可能性があった
2死2塁から桑原が敬遠で歩き2番に柴田
柴田がもし出塁すれば満塁で3番打者に回るところだった
ここで筒香をもし代えていなければ
ネクストに筒香がいる中で相手にはかなりプレッシャーになっただろう
もちろん、あの状況でそこまで考えて筒香を下げないという選択肢は
残りのイニング、残りの野手の数を考えて私が監督でも出来るわからないが
誤算になってしまった

引き分けに終わったのはベンチの層の薄さ

しかし今日の試合延長だけを見れば勝たなくてはいけない試合だった
少ないチャンスを得点に結びつけることがあったのはベイスターズの側だった
ただ、これは試合中の采配以上にやはりベンチの層の薄さがある
昨年ベイスターズのベンチには誰を使っても怖い期待できるというだけの戦力が整っていた
しかし今は小粒な選手しかいなくて代打成功率が高い選手もいない
昨年のラミレス采配ではとても考えられない布陣ではある
ここで再三あげている後藤の昇格がないこともそうだが
下園や松本にはもうチャンスが与えられることはないのだろうか
小粒な若手だけで勝負所の夏場を任せるのだろうか
これではこういう本当に大事なチャンスで打率1割の打者を出しても
相手はビビらない
今日の試合はまさにベンチの弱さが引き分けまでしか出来なかったことを証明した

もう惜しかったという言葉をかける時ではない
勝ちに等しい引き分けと慰める時ではない
本気で勝つことだけを考えて采配も振るわなければならないはずだ

育成より勝つことを優先させる時期に来ている

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 昨日は現地観戦でした。
    たくさんの方のご指摘通りの試合です。
    そして、詳細は特にFOXさんがよく説明してくれてるので重複するので書きませんが。
    昨日は、ライトへのハマ風が強く吹いていて左打者には絶好のホームラン風でした。
    そういうときに限って、ホームランが来ませんが(笑)
    ロペスのタイムリーも風がなかったら、取られてたかも。
    すごい伸びるんですよね(伸びるというより、風で運ばれるという方が正解かな)
    おかげで、マギーもミスするし、寺内もミスするし勝ってくれという展開。
    ツーラン打たれて、追加点迄取られて昨年迄、そして今迄のベイスターズなら負けてた試合でしょう。
    でも、筒香、宮崎当りでなくとも同点にできる力はついてきた訳です。
    しか〜し、優勝するチームなら昨日の試合は勝つ筈。
    そこがこれからの課題なのですが、これは選手の力ではなく監督の采配、起用法等による部分ですね。
    そこが、みなさんの不満があるところだと思います。
    何もしなくても勝てるようなチーム力が、誰が監督でも優勝できるわけで、
    現在チーム力は誰が監督でもAクラスの力があるわけです。
    そこから、優勝する為には首脳陣特に監督の力によりますよね。
    少なくとも、昨日の試合が、勝ちに等しい引き分けと言ってしまう監督はどうなんでしょう?
    負けなくてそりゃよかったけど、勝たなければいけない展開。
    引き分けは所詮、引き分け。勝敗表は結果のみです。
    ハマスタは完全に追加点取り始めて、同点になってベイスターズの展開。
    どれだけ、読売の応援がしょぼく聞こえてた事か。
    そして、その流れを断ち切ってしまったのが、代打飛雄馬でした…………..。
    多くのファンがここでゴメスならと思っていた通りの結果。
    ゴメスでダメだったら諦めつくんですけどね。
    FOXさんご指摘通り、ここで白根使わないならさっさとゴメスと変えればいいのに。
    そして、昨日は桑原のハッピーバースデイ、打てばいいのにセーフティバント。
    ここは、結果はどうあれ打ってほしかった所です。
    変にラミちゃんが、スモールベースボールなんて言うから意識してしまったのかな?
    でも桑原の持ち味そこじゃないでしょ!
    誕生日のヒーローインタビューという舞台が用意されていたのに………。
    浩康は、右を意識はしていましたが上げていてはなんの意味もない。
    やっぱり打線考え直してはどうでしょう?
    1.桑原2倉本3宮崎4筒香5ロペス6梶谷7戸柱、嶺井8セカンド誰でも変わらんね9投手
    でいいんじゃないですかね?
    ま、それよりゴメス、啓二郎この二人だけはベンチに控えさせてほしいところです。
    なんとも、もやもやの残る試合でした。
    今日は、菅野おもいっきり叩いてほしいところです。
    残り2試合、今後の真価が問われますね。
    あ、そうそう昨日はピンチの時に快星会さん起案の山口の呪いをライトスタンドからかけ始めたら
    打たれなくなりましたよ(笑)

    1. コメントありがとうございます
      観戦お疲れ様でした、長い観戦となりお疲れはありませんでしたか
      でも今日の敗戦で余計に昨日の疲れがでてしまったかもしれませんね
      しかし昨日の試合も今日の試合も見て思うのは
      やはり控え陣の層の薄さですね、レギュラー陣には基本代打を出さないから
      打撃がいい選手だけ昇格させることも間違いではないような気がします
      ファームで打撃が好調な選手を上からあがればいんですよね
      桑原の意識も若干迷いがあるようですね
      そしてコメントで書かれているように2番に倉本を入れて9番投手という打順は
      今だからこそその打順にしていいと思いますね
      夏場になり打線の繋がりも怪しくなってきただけに基本に戻っていいと思います
      最後は基本が勝利につながる気がします
      とにかく観戦お疲れ様でした

  2. 快星会様いつも記事UPお疲れ様です。毎記事楽しみに見ていますが
    初めてのコメントします。

    坂本のツーラン。ど素人でも気が付く坂本の狙いに嵌ったと思いたくない
    ですが、井納は前打席(打ち取った)と同じ攻めで打たれましたね。ボールが
    甘かったといえばそれまでですが違った攻めもあったかと思います。
    スモールベースボールはやりきれないと思います。セオリー的に
    相手ピッチャー、内野のゆさぶりやプレッシャーができる選手、バント、
    エンドランの攻撃ができるランナー、バッターが少ない。選手層が
    薄いので仕方がないけども、スモールベースボール発言前、発言後
    で多少選手の入れ替えがあってもいいのではと思います。
    成功率が低すぎますので代打は入れ替えは考えましょう。ベテランの力が
    必要な時です。

    ここ数十試合、勝っても、負けても、引き分けても、不安(不満)要素は
    変わらなく同じなんですよね。

    1. コメントありがとうございます
      そして初コメント+いつも読んでいただきありがとうございます
      坂本の本塁打はなるほど同じ攻めだったんですね、そこは気付きませんでした
      勉強になります
      スモールベースボールをやりきるにはちょっと難しいですね
      それには選手の入れ替えもちょっと意図がわからないことばかりで…
      単純に今はファームで調子のいい選手を上から順番にあげていけばいいでしょうね
      本当に仰る通り勝っても負けても引き分けても試合がなくても不安要素は変わりませんね

  3. 昨日の試合は途中まで良かったのですが、野手の攻勢も単調でビハインドから同点に追いつくのが精一杯だった印象です。とくに首位打者宮崎の3併殺は痛かった。あれでは逆転できません。一方ご指摘のとおりリリーフの健闘が目立った試合でした。監督は加賀と三上にイニングを跨がせましたが、彼らは何とか采配に応えていました。巨人のマシソンも抑えのカミネロも跨ぎましたが、この辺の采配が今日・明日の試合に影響してくるかもしれません。12回にノーアウトで寺内が落球するというポカをやらかして、普通ならバント処理で得点圏に進めるのがセオリーですが、荒波はバントに失敗をし結果併殺崩れ。その後桑原四球とチャンスを作りますが、柴田ではカミネロの球を打ち崩せずゲームセット。課題の多い引き分けだったと思います。

    控え選手についてですが、どうもDeNAの控え選手たちは勘違いしているんじゃないかと思います。監督の起用にバットで応えたいという気持ちは伝わりますが、なぜスタメンではなくベンチなのかよく考えてほしい。その上で自分に与えられている役割を理解し、結果を出すのがプロの仕事でしょう。31歳にもなる荒波がベンチの指示に憮然とし結局併殺崩れに終わるという仕事ぶりに首脳陣から評価されないのは当然です。それにしても外野手はとくに送りバントが下手ですね。昨日に関しては代走荒波・代打西森だったらどういう結果になっていただろうと思います。

    控え選手の君たち。監督がスモールベースボールという言葉を口にしているし、一軍の控えに選ばれているんだったら起用に備えてもっとバントの練習もしないと、優勝を口にしたキャプテンが物笑いにされてしまうよ!

    1. コメントありがとうございます
      首位打者宮崎は非常に厳しいですね、ちょっと昨日今日で不調に陥ってしまいましたね
      スランプになってしまうかもしれません
      鈴木尚典も初めて首位打者獲った年夏場少し苦しんだ時期もありましたからね
      さて仰る通りバントもろくにできないのであれば今の控え選手に一軍ベンチにいる意義はなくなってしまいますね
      そして本当に代走荒波代打西森はみたかったですね
      さて今日の敗戦も憤ってしまいますね
      本当に筒香の優勝発言が恥じるものになってしまわないようにして欲しいですね

  4. 「勝ちに等しい引き分け?」笑わせないで欲しい。3点の先制点を奪われ追いついたからだと思うが、あの攻防でまさに私が前日危惧していた接戦で勝てないダミレス采配だった。
    FOX采配交えてを回ごとに批評をさせて頂くが、皆さん感じているように控え選手の薄さ、巨人戦前の私のコメを再度記す。

    控えの層の薄さが気に成るというか、これも意図が見えない「柴田、山下、飛雄馬、田中」特徴なく、長打なく、代打で出てきても全く期待できない。(乙坂も) 巨人戦を前に入れ替えてもらいたい。啓二郎、ゴメス、佐野を上げ、乙坂、山下、飛雄馬はファーム。 投手は左右関係なく、田中ファームで尾仲を上げる

    ↓さて今日の試合!
    3回裏、無死2塁での田中の3B1Sからのセンターフライだが3Bからやっと1Sとった状況を考えたら私ならもう1球待て。点差は3点、ここは四球でも良いからランナーを貯めるべきサインを出した。田中も田中、外角真ん中のストレート最低の最低でも進塁打を打てないようでは2番ではない。

    5回裏、1点取り尚、1死1.2塁で桑原のセィフティバント。サインかどうかはわからないが本人自身がバンド上手くないとわかっているはず。流れベイの中で打撃好調の桑原がする?させる?ことではない。
    ましてアウトになった次は田中ではヒットは望めない。

    6回裏2死1、2塁で井納に代わり代打飛雄馬は呆れてものがいえない。他の代打陣も打てないが同じ右なら私なら代打でしか活用がない白根(結局、出番無し)飛雄馬なら後半での代走、守備でも活用があるし打撃も白根>飛雄馬。勿論、後藤を干していることが問題。

    7回表、巨人2死2塁バッター長野で砂田から加賀は私なら続投。ここはダミレス采配としては当たったになるのだろうが、砂田でも抑えていたと信じたい。

    8回表、加賀続投。私ならパットン。ニッポン放送で野村弘樹も「前の回のピンチで抑え、ホットしたのに続投は投手としては嫌だ」と言っていた通りだと思う。先頭にヒットを打たれたがダブルプレイもあり、0点に抑えたが、私は失敗のリスクが高い采配だったと思う。

    8回裏、無死でロペスがヒットで出塁、私ならここで勝負をかけ代走西森で揺さぶる。結果論ではなく、宮崎の足ではダブルプレイが怖いのでバットに当てるのは上手い宮崎との間でエンドランを仕掛ける。宮崎のバント技術からしたらエンドランを選択。
    (11回も無死1塁で宮崎は私ならバントではなく、エンドラン。但し、初球はバントの構えはして1球待てで内野陣を前に出してからのエンドラン、この場面でただ打たせるノーサイン監督は不要)

    12回裏、監督采配の前に高く上がった3塁フライ落球とあるが、梶谷は2塁まで行けなかったのか?
    そして多くの人が語っている荒波。なぜ、セィフティバントで2球ファール?監督の指示?としたらふざけたサイン、荒波個人の判断なら1球目のファール時点で荒波を呼び寄せ、セィフティではなくしっかりと送るように指示するべき。

    長くなったが、最近「スモールベース」を言い始めたが、キャンプからそんな練習をやらず、名ばかしのキャンプスローガン「凡事徹底」に貴殿が皮肉った2017スローガン『THIS IS MY ERA.』 はまさに
    「ダミレスのエラー」これでは勝てない。

    さて、まずは早急にも期待すら持てない控えの代打陣を入れ替えをして欲しい。

    1. コメントありがとうございます
      イニングごとの批評ありがとうございます
      いや本当に飛雄馬の代打は意味がわかりませんでした
      そもそもFOXさんの試合前コメントではありませんが彼が今1軍に昇格してしまっていることが問題
      後藤や松本を1軍のベンチに入れて層を厚くすればここぞの代打を出せるんでしょうが
      今首脳陣と球団でベテランを干している動きがあるんだとすれば勝利は二の次なんでしょうね
      しかし凡事徹底できないラミレス監督にこの大事な夏場を乗り越えられる采配を見せることができるのか
      そして今日は9回のチャンス、微妙な判定に抗議せず負けました
      先が思いやられますね

  5. 正直言って、このチームにスモールベースボールをやれって言っても無理なのではないでしょうか。
    そもそも急にスモールベースボールと言い出したが、送りバントする場面がおかしすぎると思います。
    最近、浩康を2番に入れてますが、初回無死2塁で送りバントさせることがありますよね。
    全く意味が分かりません。ランナー2塁ならゲッツーもないし、普通に打たせればいいのにと思います。
    要は、筒香の前に得点圏にランナーがいればいいというだけの単純な考え方なんでしょうね。
    そんなのスモールベースボールとは言わないと思います。

    今日の試合を振り返ってみると、まず、11回の場面。
    ロペスが出塁して宮崎。
    宮崎の打力を考えると迷う気持ちも分からなくはありませんが、初球打ち併殺打はいただけないと思います。
    1点取れば試合は終わるのだから、ここは送りバントでも良かったと思います。
    それと、8回もノーアウト1塁で宮崎に回ってきましたが、ここも送りバントを考えてほしかったくらいです。

    そして、12回。
    荒波は何してんの?って感じです。スポーツナビの1球速報で見たらセーフティーバントと表示されていたが、どう考えても最初から構えて送りバントでしょう。
    さらに倉本。初球打ちですか。
    この2人は横浜高校で何を学んできたのでしょうか。

    負けなくて良かったと思いますが、勝ちたかったですね。

    本当に代打の層は薄いです。
    飛雄馬に代えてゴメス、山下に代えて下園、荒波に代えて松本にした方がいいと思います。
    飛雄馬が代打に出て点が取れず。
    そりゃそうだろうなと思いました。
    あんな選手しか代打に出せないから、倉本の代わりのスタメン張れる選手なんているわけありませんよね。

    快星会様のおっしゃる通り、ゴメスや下園を戦力外通告するつもりで起用しないなら最悪ですね。
    私にはどう考えても飛雄馬や荒波が打てるとは思えません。
    荒波はまだ活躍した時期があったからいいものの、どうしても飛雄馬の良さが理解できませんね。

    1. コメントありがとうございます
      最早ラミレスの目指しているものがスモールベースボールなのかいけいけどんどん野球なのか良く分からない状態ですね
      正直ラミレス自身も今自分がどういう野球をすればいいかなどは頭でもごちゃごちゃしているんでしょうね
      スモールベースボールとは言ったもののラミレス自身がやり方を模索していますね
      しかし勝たなければならない、特にすぐ下にいる巨人にまけるわけにはいかないだけに…
      そして選手は初球打ちを忠実にやっていてそこが健気で可哀想な気がしますね
      そして控えの層の薄さは今日の敗戦にも繋がっていきますね
      さてここから指揮官はどう選手を入れ替えていくんでしょうか

  6. 快星会様いつも記事UPお疲れ様です。いつも楽しみにしています。
    が、今日は快星会様の批判をさせていただこうと思う。

    批判は山口俊に関してです。なぜ興味がないと言い切った山口に幾度となく記事で触れるのか分からない。非常に女々しいし見っとも無い。快星会様はFAで出て行った山口に未だ興味を持つことが醜いことだと考えているように感じる(私の憶測ですが)。しかし山口に興味があるのはベイスターズファンとして当然のことです。なぜならベイスターズの前に敵ピッチャーとして登場するのですから(今回の不祥事で次があるのかは知りませんが)。山口の性格を知るファンならば山口が打たれて動揺しているのを見れば、バントや足を使って山口を揺さぶって欲しいと思うでしょう。でもこう考えるのって山口に興味/関心があるってことですよね?でも当然でしょう相手として出てくるピッチャーに全く興味のないファンの方が珍しいでしょう。

    でも快星会様は山口に関心があると思われたくないから興味がないと書きつつ隙あらば山口批判。非常にみっともないと私は思う。長くなったが山口俊の記事を書くのを批判しているのではない。プロ野球選手が不祥事を起こせば気になるのが野球ファンとして当然だし、昨年まで自分のチームのエースと呼ばれた人間がFAで同一リーグに行ったのに興味/関心がないというのが大問題!!!

    1. コメントありがとうございます
      ご批判ありがとうございます
      すいません、正直そこまで深く考えずに記事を書いていますので今ジャスミンティーさんからご指摘を受けてはっとしました
      もし不快な思いをされていたらすいません
      ただ、申し訳ないんですが山口のことについては記事の導入として書いただけでそこまで深い意味で書いたわけではありません
      まあ実際興味がないのも本当だし同時にざまみろという気持ちも本当というところでしょうか

      ただ、もし何となく不快な思いをされたらすいません
      またコメントぜひ下さい

  7. 井納はいつもの悪い癖が出てしまいましたが早めにそれが出た割に試合は作ったのでまあこんなものでしょう。
    それよりも今日は打つ方ですね。
    せっかく4番が5安打したのに3番が5タコ、5番が3併殺では点には結びつきません。
    それと桑原のバントがありましたが、正直ここは打ちに行ってほしかったですね。今絶好調ですし。
    しかしその絶好調桑原が1番にいてもここ最近の3カードは得点力が落ちている気がします。
    現状の打順は機能しているといえるのでしょうか…。

    荒波のバント失敗はいただけませんね。石田なら送れてますよ多分。
    彼や乙坂が代打の一番手という現状、相手は何も怖くないです。
    横須賀の打率を見ても後藤を上げない理由はないでしょう。
    それと西森は第3捕手要員でしょうが、彼も打席に立たせてあげてほしいです。

    1. コメントありがとうございます
      井納はやはり3番手投手という感じがいいんでしょうか
      5番の宮崎のブレーキが非常に厳しいですね
      そして控えの選手層の入れ替えを本気で考えなくては苦しい夏場になるでしょうね
      今日も控えの薄さがやはり敗戦に繋がってしまいましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。