4位巨人相手に勝ち越せなかった痛い敗戦、敗因は山下の落球なのかラミレスよ 2017年7月22日対巨人1-3●


勝ちに等しい引き分けという後味の悪さから一夜明け

昨日の試合後指揮官はこう答えた

「勝ちに近い引き分けだと思います」

このラミレスのコメントに
このブログのコメンテーターの方もひっかかっていたようで
たくさんの怒りのコメントをいただいた
おそらく多くのベイスターズファンが
昨日は勝てた試合だったと思うものだっただろう
ましてやベイスターズは今巨人より上位にいる
やはり引き分けを勝ちに等しいと評価することは
前向きというより無神経にうつってしまう
引き分けという結果が残したこと以上に
指揮官のコメントが後味の悪さを助長した
そして今日の試合
巨人は菅野、ベイスターズは飯塚
先発を考えればやはり昨日勝っておきたかった
今日は首脳陣も負けをある程度想定した中での戦いにもなる
しかし昨日引き分けただけに負けるわけにはいかない

セカンドのレギュラーの不安定さ

さて今日はセカンドのスタメンに山下を起用した
石川離脱時相手の先発の左右に関わらず
田中浩康を起用するという話だったが
右投手相手に打率.111しか残せていないだけに
指揮官も起用に渋っているようである
そこで左打者の山下を起用した
今シーズン16試合の出場で16打席に立ち打率.188
状態が決していいわけではない
いや、いい状態の時に起用されていなかったと言うべきか
スタメンで起用されたのもここまで1試合のみ
2塁打を1本打っているがすぐにファームに降格されている
今回のスタメン起用は山下にとっては
またファーム降格の試験的な意味合いがあるかもしれない
そして早速山下をセカンドで起用したことで
山下と梶谷の連携がうまくいかずに
坂本にポテンヒットを許してしまった
解説の衣笠に苦言を言われる始末
打撃でも結果を残せず山下にとっては踏んだり蹴ったりになってしまった
ここまでレギュラーを決め過ぎたとも言えるラミレス監督
その中である意味最後までレギュラー扱いの選手を決めなかったセカンド
不安定なセカンド…ここを誰にするかも夏場の成績につながる
しかしこの坂本の打球を捕れなかったことを
試合後やり玉にあげたラミレス
山下を7打数しかたっていない横浜スタジアムの打率がいいからと
スタメンで起用した指揮官には責任はないのか
選手にフラストレーションをためずにやり玉にあげないのが
指揮官の良さだっただけにここで改めてこのプレーを
今日の試合の敗因のようなコメントを残すことに憤り感じる
指揮官は自身の采配を反省したことがあっただろうか

菅野相手に奮投した飯塚…

先発の飯塚はここまで2度の先発登板で0勝1敗
初登板時の指揮官の継投ミスが無ければ
プロ入り初勝利を飾り少し自信もついていたかもしれない
暗黒時代のベイスターズの若手投手は好投しても
援護なく勝ち星がつかずそれが余計な若手投手にプレッシャーをかけて
自分の投球が出来ずにつぶれてくことが様式美になっていた
だからこそ飯塚には早いウチに勝ち星をつけてあげたいところだった
しかし今日飯塚の自慢のコントロールに狂いが生じる
得意のカットボールが浮いてしまい
村田にスリーランを打たれてしまった
それでも2回以降しっかり踏ん張って投げていて
菅野に引けもとらなかった
かつて2011年のシーズン踏ん張っていた高崎を思い出した
彼が高崎のように勝てずに伸びなやんでしまうことのないように願うだけ
それにしてもまだ菅野が投げる前に3点を失い
いくらポーカーフェイスとは言え飯塚の心情はいかほどだったが
その中で2回から6回まで無失点だったのは評価できる
しかし私の中で評価をひとつ落としてしまった選手がいる

2試合で併殺打5つのレギュラー宮崎の不調

ヤクルト戦では宮崎を誉めたが
この2戦の宮崎はあまりに酷い
2試合で5つの併殺打5番がこれでは得点にはつながらない
宮崎対策をしっかり考えた巨人バッテリーの策なのか
宮崎が勝手にスランプに入ったのかはわからないが
昨日の試合前に指揮官は宮崎に改めて
「お前はうちのサードのレギュラーだ」と話したという
あれ、交流戦の西武戦の前後に
早くきて練習する宮崎に「お前はレギュラーなんだから無理するな」と
指揮官が自らコメントしていたが…
ただ、皮肉なのはラミレスが宮崎をサードのレギュラーだと
指名した昨日から調子を落としてしまっている
菅野には全くあっていなかったが
昨日も3つ併殺打を献上しているだけに
レギュラー扱いを受けて宮崎は好調に戻るだろうか

「僕がこの選手をレギュラーにと決めるのは重い決断で時間がかかる」

と話すがレギュラーに重要な意味合いを持たせ過ぎてしまっている気がするが
それならばベンチの選手の起用にも重要な意味合いを持たせるべきだ
しかし、やはりラミレス監督も中畑監督と同じで
自身のコメントや采配に酔ってそれを演出たがるタイプだと思う

菅野交代という絶対のチャンスで勝てなかった

今日の菅野はテンポよく投げやりやすかったのだろう
8回まで98球
菅野に疲れはないだろう
そして完封される可能性を感じながら迎えた9回表
巨人の指揮官高橋はカミネロに変える
菅野がどっか痛みを感じているならわかるが
ここでの交代は絶好のチャンスだった
そして桑原が出塁すると次の代打乙坂を出した
今乙坂に期待できることはない
それだけ結果を残せていない
それならば嶺井でもいい
また飯塚の昇格に伴い白根を降格させた
なぜ乙坂や飛雄馬を下げなかったのか
すでに試合前のベンチ入り選手の発表時点で
9回に得点が出来ないことを証明した
ここでチャンスは作るも
結局得点は1点しか奪えなかった
また戸柱のファーストゴロも非常に微妙な判定であったのに
指揮官は特に審判に確認をとらずに抗議もしなかった
これではチームの士気も落ちる
指揮官をやり玉にあげる選手はいないのだろうか

1敗1分巨人相手に痛すぎる

4位巨人に1敗1分となるとこれは痛すぎる
明日勝っても5割、負ければ0勝2敗と負け越し
ヤクルト3連勝から一気に駆け上がるチャンスだったが
やはり打線の繋がりの不安がこの巨人戦で噴出した
後半戦やはりかなり苦しくしんどい戦いになりそうだ

今日の負けで昨日の引き分けは
負けに等しい引き分けになったことは確かだ

既に前向きなコメントで終始しているだけではいけない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 追伸、みなさん、下記の記事読んで下さい。
    これが、プロの世界を長く生き抜いた選手の言葉。重みを感じるし、共感一杯です。

    元中日・谷繁が語る、「本当の結果」を出す方法
    東洋経済オンライン 7/23(日) 9:00|Yahoo!ニュース

  2. ベイスターズを語る前にダミレス采配を擁護する人もいるが、昨日の巨人高橋由伸が如何に馬鹿な采配をしたか、野球に取り監督の采配が如何に勝負を左右するかを野球未経験者の方もわかったと思う!
    高橋由伸采配は、昨日の1勝が、マイナスになる勝ち
    となったその代償は、嬉しい。チーム内では、采配不信感だけでなく、カミネロはチーム内からも信頼を無くしてしまった!

    さて、昨日のベイスターズサイドの批評は、
    やはりダミレスの山下に責任転嫁したコメント!
    しかしながら、山下は、1軍レベルでは通用しない守備、打撃をさらけだした。内野手、特にセカンド、ショートは打者ごとに、外野手の位置を確認し、フライが上がった瞬間に自分が行くか外野手に任せるかを
    判断する必要がある。これも経験者しかわからないと思うが、出場機会、まして先発が殆どない山下は舞い上がり、目立たない大切な基本プレイを怠ったと思われる。
    後は、乙坂、いつまで1軍に置いとくのか?
    あの場面でカミネロから出塁すら出来ないとは情けない!
    巨人戦を迎える前に私は、飛雄馬、山下、柴田、乙坂はファームを示唆したが、内野手は、内二人しか落とせないが、便利屋野手は不要。打つだけの後藤で良いし、多少守備は不安たが、内外野をやる啓二郎、佐野といった打てそうなメンツと入れ替えろ。
    監督の都合の良い若手選手を1軍に置き、競争なき戦いでは、選手は育たない。ダミレスばかりでなく、
    それが進言出来ないコーチも本当に情けない!

    1. コメントありがとうございます
      巨人高橋監督があのへんてこ采配をしただけに昨日の試合はとりたかったですね
      昨日の試合を取れれば完全に巨人の息の根をとめることができたはずです
      ところが9回の消化不良なラミレス采配が何も出来なかった
      これがこのチームが今3位にしかいられなり理由なんでしょうね
      さて今日は後藤が1軍合流、ところがイニング跨ぎもあるエスコバ―が降格して山下、乙坂は残りました
      とにかくここからベイスターズのベンチが変わるのを期待します

  3.  大変だ! 宮崎がラミレスに「レギュラ~の呪い」をかけられてしまった。 ウチの監督は脳なしであることを隠すために、言葉で人事権を誇示しようとして選手を奈落の底へ突き落してしまう。困ったものだ。
     効果があるかどうか解らないがピエロなりに呪いを解く祈りを捧げたいと思う。
      ー「クワバラ、クワバラ」ー
                    おじゃましました。
                  

    1. コメントありがとうございます
      脳なしであることを隠すために、言葉で人事権を誇示しようとして
      この言葉はまさに記事を書いているときに私が言葉に出来ませんでしたが書きたかった言葉です
      本当にうまく代弁していただきました
      ここは桑原と言って呪いときましょう笑

  4. 今日は手短に。
    イケイケどんどんも、これ迄好調の宮崎が不調になると機能出来ませんね。
    山下守備はともかく、打撃はヒットこそありませんでしたが、当りはよかっただけに9回の乙坂は
    愕然としました。
    梶谷もレギュラー与える選手かな〜?トリプルスリーに一番近い男とかもてはやされますが、
    並の選手の成績だし。
    取って代わる選手がやはり必要ですね。
    今年のドラフト戦略はもう、野手優先ですね。
    ともかく、今日勝たないとずるずるいきますので必勝で。

    1. コメントありがとうございます
      梶谷こそレギュラー扱いする選手ではないですね、彼に関しては私は外野手転向を反対していましたが
      結局彼に打撃優先させるために外野にしても思ったほどの打撃成績は残せていません
      梶谷を誰かと争わせるのはおもしろいと思うので外野の助っ人外国人を来年は獲得して争わせてみたいですね

  5. 山下ですが、批判されても仕方ないでしょう。
    あれを取れないなら、正直言って守備で使うのは無理。
    自分が手上げたのだから、しっかり処理しろよって感じです。
    今日からは消去法ではあるが、セカンドは浩康でお願いします。

    個人的には打てなくて負けることはあると思います。
    初回、宮崎はミスショットしましたね。
    それは残念ですが、打てないことだってあります。
    毎試合毎試合打つべきところでしっかり打てたら、広島より数段上に行って余裕で優勝できますよ。
    個人的には宮崎を責めたくはありません。

    だからこそ、山下の守備ははっきり言って論外。
    即刻二軍落ちどころか、打席に立たせないで交代でも良かったくらい。
    守れないなら打てと思ったが、打てるわけありませんよね。

    今日はしっかり守って勝ってください。
    久保のピッチングに期待するしかありません。
    打てないチームなのは分かっていますから。

    1. コメントありがとうございます
      山下の守備は論外ですよね、ただスタメンで起用する選手だったのかどうかラミレス監督にはしっかり自省して欲しいです
      私も宮崎を批判するつもりはありませんが指揮官がここにきてレギュラー扱いをいったことが影響していれば皮肉だとは思いますね
      久保がどこまで試合を作れるかが重要ですね

  6. 今日もリリーフのイニング跨ぎをやりましたね。これに味を占めてリリーフを潰すことは断固反対ですね。しかし読売の監督も昨日の試合でマシソンとカミネロにイニングを跨がせていましたね。そして両者とも今日も連投させた。これは明日に響くと思います。さすがにマシソンも3連投は制球が定まらないかと。打線はいくら相手が菅野とは言えちょっと攻め手に欠けていましたね。こういう時に筒香や宮崎に奮闘してもらいたかった!今日も控えの薄さを感じましたね。マシソンに手も足も出ない打線、これではお話になりません。そしてラミレス監督も焦りと迷いが感じられました。明日の先発は大竹。昨日・今日に比べると酌み易い相手だと思いますが‥チームの奮闘に期待します。

    1. コメントありがとうございます
      リリーフのイニング跨ぎ今は意図的にやっている感じがします
      イニング跨ぎするかわりに1試合で使うリリーフの数を減らし完全休養できる投手を作り
      連投のリリーフ投手を極力減らすことが目的なのかもしれません
      これは一昨年ヤクルトが優勝した時に高津コーチがやって成功したのですが(実際はうまくいったと言うわけでもないんですが)
      今のベイスターズでイニング跨ぎをしたところで連投が減ったわけでもなくあまり意味がないですよね
      ただ読売の高橋監督もラミレス監督も采配レベルは変わらないですが…
      今日は勝たないと話になりません、後藤の昇格もありチームに新しい風が吹くのを期待します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。