苦手阪神退治で2位単独、97年の匂いがしてきた中での期待と不安 2017年7月26日対阪神6-5○


やはり見える97年の面影…

昨日阪神に勝ち同率2位浮上
ラミレス采配への批判を繰り広げていたこのブログをあざ笑うかのように
チームは好調、ラミレスの采配によってチームが浮上した面もあるだろう
前半戦巨人に3連勝した時私はもしかしたら今年は97年の再来になるのでは…と書いたが
それが冗談ではなくなっている気がする
97年も7月下旬頃ベイスターズは確かに好調になりはじめていたが
まだまだ首位独走するヤクルトとの差は大きかった
しかし8月に入ってもその好調は続き
ついには9月ヤクルトと天王山を迎えるほどになる
あの年のヤクルトも今の広島と同じくらい独走していた
今年、ベイスターズはあの年の再来を起こせるのかもしれない
ただ重要になるのがこの阪神とのカード
特にこの7月最後の阪神戦を甲子園でしっかり勝ち越すことが重要なのは間違いない
阪神への苦手意識をしっかり払しょくしたい

7番梶谷への不安を…

さて今のベイスターズ打線は概ね好調と言える
だから春先のように今打順をどうこうしろとは敢えて記事にしない
しかし私が今気に成っているのは7番に座る梶谷だ
いや、今というよりもう何年も梶谷対しては思うところがある
今日の試合は梶谷注目しながら試合批評をしていこうと思う

打線という考えがない梶谷

まずは簡単に今日の梶谷の打席を振り返る

:第1打席:2回裏無死1,2塁
宮崎が死球で出塁、戸柱がヒットとチャンスを作る
阪神小野はここまで勝ち星がないことに多少なりとも焦りを感じている
一昔前味方の援護なく焦っていた高崎と同じようなものだ
投手である以上勝ち星がつかないと口で何と言おうと焦る
ここでもピンチを作り精神的にはかなり焦りを生んでいたはずだ
初球インハイにボールにしてしまう
梶谷としては打てる球を待っていればいいところ
だが、3球目ド真ん中の直球を空振りする
相変わらず狙い球があるのか何も考えていないように見えるスイング
しかし5球目落ち切らなかったフォークを打ってタイムリーにする
このイニング3点をとる口火をきる

:第2打席:3回表2死ランナーなし
小野を出来ればノックアウトしたいと思う3回
梶谷は初球スライダーがぬけてボール
2球目もスライダーがボールに成ると
3球目からは小野は直球を続ける
これでフルカウントになると
スライダーで打ち崩そうとするが
梶谷が狙っていたのかファウルで粘り
最後は苦し紛れに直球を投げるも外れて四球
早打ちの梶谷にしてはよく選んで出塁したと思う

:第3打席:5回表1死1、3塁
ロペスの2塁打と戸柱のヒットで1,3塁とすると
梶谷は直球で勝負をしてくる小野の3球目を
外野までボールを運び犠牲フライ追加点を奪った

ここまで3打席で2打点
4打席目は敬遠、5打席目は空振り三振で終わるが
2打数1安打2打点と結果は残した

今日はしっかり結果を残せることが出来たが
それでも梶谷に安定感はない
今シーズン2番で起用することに固執していた
指揮官も得点圏打率の低さで
ようやく下位打線に置いたが
これだけ打撃に波が激しいと梶谷を
レギュラー扱いをさせるべき選手なのかも疑わしい
3年前梶谷を内野手から外野手へ転向を図り
彼に打撃を優先させようとしていたが
結局梶谷は思ったほどの打撃開眼はなかった
本来今のヤクルト山田のようにトリプルスリーもあり得ると思っていたが
今はその期待をかけることは苦しい
この状態であれば何のために打てる遊撃手という
期待を捨てて当時から有り余っていた外野にコンバートしかわからない
内野手としてエアポケットに入っていたのところは確かにあった
それでもまだ長い目でみるべきところがあっただけに
今の梶谷を見ると外野手転向は失敗に終わったと私は思う

ウィーランドの好投

梶谷の話題から離れて今日の試合を振り返るが
昨日の今永に続きウィーランドも良かった
やや球数は多かったところもあるが
緩急を使ってしっかり阪神打線を抑えた
今永が昨日決定的に抑えたロジャースに
7回ツーべスを打たれたのは
また火をつけてしまったところもあるかもしれないが
安定感は抜群、正直試合を壊すことはない
早い処来年再来年あたりまで契約を結びたいところだ
メジャー挑戦をもう少し待って欲しい

8回パットンにした危機管理

ウィーランドが7回ピンチを作り
指揮官は7回にいわゆるマシンガン継投で砂田を加賀を起用した
砂田1人で任せずに加賀もここで投げさせた意図は今いち見えてこないが
ただ、三上を今日は休養させようと考えていたことがあり
パットンをどうしても8回で使いたい
そうなると指揮官がこの1年
ずっと神経を使っている7回につぎ込めるだけリリーフを使っても
抑えたかったのだろう
ただ、結果論でもここでつぎ込み1点差にまでしてしまった
8回は三上の代わりにパットンに任せたが
ロジャースに本塁打を打たれてしまった
私も今の三上は疲労も蓄積し安定感がないので
今日起用しないという選択をした指揮官の危機管理を
一定理解はできるが8回こそロジャースに加賀をぶつける選択肢をとって
パットン、加賀で1回を任せる選択肢もあり得たと思った
と、いうのはロジャースに加賀が通用するかも見てみたかった

9回守護神山崎の奮闘と宮崎に守備固めが必要か

さて最終回
三上は休養させても山崎はマウンドに立った
ここ数日抑えてはいるがやや疲労が見える山崎
不安も残った
先頭大和にヒットを許すが原口を空振り三振に喫する
そして代打中谷もサードゴロで抑える
併殺で試合は終わるところだが山下が悪送球で
アウトを一つも取れずに1死1,3塁にしてしまう
守備固めで出た選手のプレーにしては非難をされても仕方がない
ただそれ以上に今の宮崎に守備固めをする必要性は感じない
決して守備がうまいと言えないが
大きな守備のミスをするタイプの選手では宮崎はなくなった
山下程度の選手で守備固めを任せるのであれば
宮崎を下げて追いつかれ
もしも延長になった時のリスクを考えると
守備固めの必要性は感じない
山下もこないだ指揮官に名指しでミスを指摘されたことで完全に動きが鈍い
あの送球は一瞬イップスになってしまったのかと思うほど不安を持った
山下には試練の時かもしれないが今はファームに落ちて
もう一度やり直す時だろう年齢やあらゆることを考えると
今年1軍で定着できないと山下にとってはプロ野球人生を左右しかねると
脳裏を色々よぎるだろうが今一軍にいるのは自信を失うだけになるだろう
そして守備固めで筒香を下げることもあるラミレス監督だが
今のベイスターズはよっぽどのことがないかぎり守備固めをする必要はない
というより守備固めをしたことの方がリスクが高い
ただ、この後しっかり抑えて山崎は素晴らしい

2位単独で苦手虎食い

今日は他にも桑原にバントさせたことや
柴田の活躍、倉本の好調についても書きたいことは山のようにあるのだが
今日は仕事の後夜中1時から試合を見て記事を記事を書き終えたのが
4時前になってしまったのでこの辺でやめておく

ただ、今日勝ったことで
97年の匂いはプンプンしている

広島の挑戦権は今ベイスターズにある

明日も勝ってトラをしっかり得意球団にしたい

スターナイトを前に気分は高まる

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 記事とみなさんのコメントで網羅しているので、言いませんが。
    山下の件。私も守備固めというより宮崎の休養と思うのですが、確かにやってはいけない守備でしたけど
    すぐの二軍落ちはどうなんでしょう?
    パパごんさんのコメントに近いです。
    野球にエラーはつきもので、控え選手だけ完璧な守備を求められる?
    倉本は、どれだけエラーしてるの?
    なんかおかしくない?
    場面が象徴的だったので、みなさんのコメントは分かりますが。
    昨日金本監督は、外野のお見合いの件で、下手くそな選手とルーキーを起用してるのは自分だから自分のせいとコメントしてましたよ。
    これが普通でないかな。
    ファン心理はしょうがないけど、監督がフォローもせずにすぐ降格させるうちの監督は私は、好まない。
    あまりにも、レギュラーを贔屓しすぎでは?
    野球は、登録選手そして支配下選手全員でやるものだ!

    1. コメントありがとうございます
      山下の件はやはりあの巨人戦の後指揮官が名指しで批判したことが私は納得いきませんね
      あれでは委縮してしまうでしょう
      宮崎への休養を考えるのであれば1点差ゲームで無い時にして欲しいかなと私は個人的には思いますが
      それにしても山下の代わりにあげる白崎
      昇格が怪我で復帰後即一軍では見切り発車的な感じもします
      乙坂だって結果を出せていないのに1軍にずっといます
      そして指揮官は絶対に自身の采配を自省しません、これでは自分のことは棚にあげて選手批判ではファンも怒りたくなりますね

  2. 快星会様、こんにちは。この間は批判的なことを書いてすみません。

    昨日の試合はとにもかくにも勝つことができて良かったです。私も宮崎に守備固めは出さないで欲しいとは思っていますが宮崎が怪我がちなところを踏まえれば多少は仕方ないかなと。宮崎が今から抜けるのはチームにとって致命傷になりかねないので。守備固めというより宮崎の休養や怪我のリスク軽減のため交代していると思って納得しています。

    昨日は山下の守備に腹が立ち、巨人戦の後に抹消しておけば良かったのにと思われる方もいると思いますが、私はミスをした後すぐに抹消せずに挽回のチャンス(?)を与えた指揮官に一定の評価をしています。こんなミスをするのはプロじゃないから今すぐ帰れ!とデニーみたい事は絶対にして欲しくないので。ところで何であいつは未だにピッチングコーチをしているのでしょうか?

    1. コメントありがとうございます
      いえいえ謝らないでください!全然問題ないです、むしろ記事への批判はありきで自由に書いていただくのがコンセプトなんで
      むしろ私の返信が失礼だったら申し訳ありません
      宮崎への守備固め確かに休養と言う意味では理解できますね、確かに今宮崎に離脱されればそれはチームがTHE ENDとなります
      ただ、やはり1点差の時は延長の可能性を考えて下げて欲しくないと思ってしまいます
      3点差以上であれば宮崎や筒香をさげることに理解出来るんですが…
      山下に名誉晩回のチャンスを与えるのであれば私は敢えてレギュラーで起用して欲しかった気もします
      守備固めだと中途半端だったかな…ただ昨日のミスで降格してしまいました
      デニ―は私もあまり好きではありません、それはトレードで西武に出されて後
      番組で
      FAで悩む谷繁に「FAでベイスターズ出るんでしょう?」とか言い出した時には
      私は思わずテレビの画面に映る奴を叩きました笑
      決して投手コーチとしても優秀ではないですが、デーブみたいに先輩への処世術がうまいんでしょうかね

  3. 既に貴殿や皆さんが書いているが、昨夜の不可解采配は、宮崎に代えた山下!
    先日の巨人戦で、私は、バッサリと1軍レベルの守備で無いと言い切った!未だに1軍に残している理由がわからない(-_-#) ピクッ

    私も砂田続投させた!
    本来なら楽勝の試合のはずが、無駄に投手を使ってしまった!
    ダミレス采配は、勝ちに不思議の勝ちだらけ!
    如何に選手が、頑張っているかだ(笑)
    でも、桑原にバントは、少しは1点とる野球覚えて来たかな?
    それに、しっかりと、最初から三上は今日は休ませるという起用はやっと、中継ぎ投手のことを考えた起用と考えたい。
    私は、調子良い中継ぎなら回跨ぎは賛成派
    しかし翌日は、しっかり休ませるを理想としている。
    マウンドに立つだけでなく、ブルペンで投げる疲労も考慮し、中継ぎローテーションを組み、この夏場阪神叩き、カープに迫ってもらいたい。

    1. コメントありがとうございます
      昨日の守備はちょっとまずかったですね、あれでは1軍で起用するのは苦しいでしょうね
      砂田はあの場面続投させて良かったでしょうね
      と、いうよりワンポイントで投げるタイプの投手では砂田はないはずです
      三上を休養させ、桑原にバント…少しずつ我々の思うような采配を見せ始めているラミレスですが
      選手がとにかくよく踏ん張っていますね!
      中継ぎローテションはこの夏場しっかり組んで勝負の9月に広島と勝負できれば最高ですね!

  4. 昨日はファームを観に行き、プロ野球ニュースでしか見ていないので、あまり言えませんが1つだけ。

    幸輝の事です。
    今年初め、雄洋の怪我のこともあり、ラミレスはセカンドのレギュラー1番手と話していましたが、
    キャンプ早々の肉離れがけちのつけ始め。
    何度か一軍と二軍を上下して、二軍で結果を残して上がってきた1打席目に本人も入ったと思って、バットを投げてしまった打球はフェンス直撃のツーベース。
    個人的にはこれもケチだと思っていますが。

    小学生の時に自分の試合を応援に来る途中に亡くなったお母さんの年齢までプロとしてやっていきたいと発言していた幸輝のコメントを聞いて、全く同じではないですが同じような状況の私からすると応援している選手の一人です。
    ただ毎年のように変わる打撃フォーム。
    焦りなのか研究熱心なのか・・・
    ちょっと変えすぎではないかと思っています。

    去年は代打成績は良かっただけに、正直後輩の柴田よりも先にチャンスを掴むと思っていましたが、
    まさかの守備での失態を・・・
    おっしゃられるようにイップスになっていなければ良いなぁと昨日の映像を観て思いました。

    去年、康晃が打たれてベンチで泣いているところを、カメラに映らないように真っ先に壁になってくれた幸輝のためにヤスも踏ん張ってくれたと思っています。

    私ならあえて今日幸輝を使って、1回でも守備機会を処理させてから2軍に落とすかなぁ。
    このまま下で鍛えても1軍に来ると・・・という感じになりそうで・・・

    個人的な思い入れでの長文失礼致しました。

    1. コメントありがとうございます
      山下はセカンドの守備も打撃ももっと開花すると思っていましたが
      今は自身が焦りや不安からか必要以上に一軍でのプレーに怖さを感じてしまったように思えますね
      セカンドが今のベイスターズの唯一の穴だけにチャンスなんですがそのチャンスに対して焦りが強すぎるのかもしれません
      山下は今年はメンタル面のトレーニングが必要ですね
      パパごんさんにとっては特別な思いがある選手だけに心配もあると思いますが
      今日はファームに落ちてしまいましたがまだ腐らず時間がかかってもいいから汚名返上して欲しいですね

  5. お疲れ様でした。4時前までこの記事を書かれていたということで有難いのですが、ゆっくり休んでください。

    まず四面を虎ファンで囲む甲子園球場で勝てたことを称賛したいと思います。序盤のリードから終盤にもつれ一点差のゲームでしたが、相手のミスに付け込めたことも(こちらもミスしていますが)、単打ではなく打線として繋がりが出ていることも勝因だったと思います。今季は本当に良い投手(ウィーランド)を獲りましたね。テンポの良い投球だけでなく困ったインタビューにも返答がナイスガイ。また山崎も逆転に殺気立つ球場の雰囲気に呑まれることなく投げ切った精神力を褒めたい。体全体で山崎のツーシームを受け止めた戸柱もまた勝利の立役者です。そして終盤の采配は一つの勝利を手繰り寄せるものではなく、リリーフも場当たり的なものに見えますし、守備固めの交代も全体的な底上げのためかと穿って見えます。こうした批判は監督の耳に届いているんでしょうが、どことなく合理的な采配(合否の判断はつきませんが)をこれからも果敢に挑戦し続けることでしょう。2位になりましたから文句は言えませんが、采配の不満は私でも感じています。守備固めのコールがされた時不安がよぎり、併殺の機会を山下が悪送球した時に頭を抱えましたが、、勝てて良かったです。

    今注目されている柴田ですが、またもやライトの梶谷と交錯しそうな場面がありました。某番組で張本がよく喝を入れるのがこういう場面での声がけです。深追いしすぎて周りが見えなくなっている柴田の守備に冷や冷やさせられます。どう思われますか?

    梶谷に関して阪神サイドの解説者がバレリーナと揶揄しているのを聞きました。もうすでに三振の数も103とかなり多いです。蒸し暑い夏場に入って四球の見極めが悪くなっている印象があります。バッティングの技術はあるのに長打を打ちたい本人は低めを拾うアッパースイングをやめません。いっそ足を使ってセーフティバントなど試みてほしいと思うのですが、梶谷にそういう考えはなさそうです。
    外野手コンバートは苦肉の策でしたよね。でも残念なのは梶谷からポジションを奪える他の外野手がいないことですよね。層の薄さを改めて感じます。

    1. 桑原のバントのことを言い忘れていました。あの場面よく決めてくれましたが・・下手ですねぇ^^;

    2. コメントありがとうございます
      今日は休みだったので4時まで記事を書いても大丈夫です、ご心配ありがとうございます
      さて昨日の試合非常に評価をしづらい試合でした
      ウィーランドの好投、山崎の鬼気迫る熱投で甲子園のファンを黙らせたことは私も素直に評価したい
      ただ同時に守備固めの不安や継投などやはり怖いですね、少なからず勝っているだけに私も評価しなければならないのでしょうが…
      さて柴田、打撃はかなり評価しているんですが仰る通り守備面では不安が残ります
      ただ、これはセカンドでの守備機会の少なさや外野との連携がうまくいかないことは予想されtらこととも言えますね
      今はまだそれが大きなミスに繋がっていませんがおそらくセカンドを固定できなかったツケは大事な8月9月に払う事に成る気がします
      私は楽天が巨人クルーズをすぐに獲得したようにベイスターズの編成にもこのセカンド問題の解決を早急に考えないと
      こないだの山下といい外野との交錯などのミスは続くかもしれませんね
      これは梶谷にも問題はあるのかもしれませんが…
      桑原のバントの下手さは今年あれだけバントをする機会がなければこうなりますね、細かいプレーが必要な時にミスが出ないか不安です

  6. 勝って良かったと思います。
    でも、昨日の勝ち方は非常に気分が悪いですね。
    それは、山下の存在でしょうね。
    白崎や飛雄馬を見ているみたい。
    緊迫した場面で、エラーかまされちゃあたまったものじゃありません。
    山下はもう一軍で見たくありませんね。
    守備固め入れるなら、せめて憲晴にしてほしいですね。
    というか、2点しかリードしていないのに守備固め入れるか?って感じです。

    打線は効率的に点を取れて良かったと思います。
    桑原が送りバントをしっかり決めたり、梶谷が犠牲フライを打ったりして、みんな最低限の仕事を繰り返したからこその6点だったと思います。

    今日も勝ってほしいです。
    石田、頼んだよ。

    1. コメントありがとうございます
      山下のあの守備は非常にフラストレーションをためましたね
      もしあそこで追いつかれてしまえば山下へのイライラはこんなもんではないでしょうね
      守備固めだけを考えるなら確かに憲晴の方がいいのかしれませんね
      打線はようやくチーム打撃が出来るようになってきたのかもしれませんね
      ただ同時にこれからはバントもしっかりきめていかないといけませんね
      細かい野球をして欲しいですね、しっかりと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。