「優勝」その重い言葉を信じるために必要な凡事徹底を求められる選手と首脳陣 8月3日対中日4-3○


暗闇のトンネルを抜けるための凡事徹底

引き分けで終わったと言っても敗戦したような昨日の試合
日曜日の巨人戦のハイライトを見せられているかのような9回
リリーフも疲労困憊のようだが昨日現地で観戦したファンの方が疲労困憊だ
「負けなくて良かった」なんて言葉は使いたくない
なぜなら昨日はある意味負け以上に苦しい引き分け
疲弊気味のリリーフ陣を総動員してしまったのだから
今日の試合は絶対に負けられない、いや勝たなくてはならない
先週の木曜日の敗戦から続く暗闇のトンネル
抜け出すことが出来なければ気付いた時には
Bクラスに転落してしまう
ここでしっかり踏ん張って欲しい
そのためにはチームに必要なのは
凡事徹底だ

今季中日初対戦の今永の徹底

ベイスターズの先発は今永
7勝5敗防御率2.65
6月に入ってからは成績も安定してきた
しかし今シーズン今永は中日戦での先発はない
昨シーズンは3試合に登板し1勝2敗で防御率1.29
負けは先行しているが全体的に抑えている
ただ福田にだけは対戦打率が.333と打たれている
この福田に対して今永がどう抑えることが出来るかも
今日の試合のポイントになりそうだ
今永も昨日のウィーランドと同じく
カーブとチェンジアップで打者のタイミングを外すタイプ
しかし最近は直球を決め球にして三振をとっている
今永と戸柱によるバッテリーによる徹底的な配球をみせて欲しい

福田にやはり打たれた今永のエースとしての徹底

先発今永は立ち上がり少し球は浮いていた
それでも初回は三者連続三振
ノビのある直球でしっかり相手打線を力でねじ伏せた
しかし2回表
ビシエドに高めに入ったスライダーをヒットにされてしまう
そして迎えるのは昨シーズン苦手にしていた福田
今永が福田に打たれているイメージがあったとは思わないが
少し力が入っていた
直球が2つ浮いてしまった、カウントは1-1となり
もう1球直球を投げると思っていたが
ここでバッテリーはチェンジアップを選択
しかしこれが浮いてしまいスタンドに放り込まれる
決して悪いボールではなかった
ここで少し乱れると思ったが
やはり今永は凄い、打たれた後崩れることなくしっかり後続をたつ
そしてギアも入れ替えたようだった
ここがなかなかエースになれない井納とは違うところなのかもしれない
4回にビシエドに本塁打を打たれてはしまったが
6回を投げて3失点
エースになりつつある今永には決して好投したと評価はできないが
それでも充分な好投だった
しかし今のリリーフ陣の疲弊を考えればもう1イニングはいけたはずだ
なぜ続投させなかったのか、そして代打を出すにしても
なぜシリアコだったのか…ここが今日の試合批評の肝だ

代打シリアコという選択肢は徹底されて良かったのか

さてベイスターズ打線は今永を援護した
福田に本塁打が出た直後の2回裏は
ロペスが2塁打で出塁すると戸柱がタイムリーで1点追加
今永のマズイバント失敗はあったが
倉本がレフトが照明が目に入るミスもあり
同点タイムリーとなって直ぐに追いつく
そして3回にはロペスがフォークボールをしっかりすくい上げ
ツーランを打って勝ち越す
今日のロペスは4打数3安打2打点と上向いてきた
そして6回裏
1死から梶谷がスリーベースを打った後
8番今永の打席で代打を起用する
6回96球の今永をもう1イニング行かせても良かったと思うので
ここはそのまま打席に立たせることもひとつあっていい選択肢だと思った
しかし指揮官はここで代打を出す
この時1点差、追加点を奪いたい意図は理解できる
ところがベンチから出てきたのは背番号98番
背番号55ではなかった
普通に考えればここは後藤だろう
まだ代打でヒットはないがしっかりボールは選べている
またこういう場面での集中力は強い
しかし指揮官はここで昨日あげたばかりのシリアコを起用
そしてシリアコは中途半端な打撃でゴロ
これが3塁ランナー梶谷の飛び出しで最悪な形になってしまう
不運な当たりだったといえばそれまでかもしれない
しかしここは今永に代打を出すなら最善の采配をして欲しかった
凡事徹底は何も選手にだけに求められていたことではないだろう

砂田、パットン、山崎に徹底した連投連投

さてシリアコの凡退で追加点を奪えなかった7回裏
ベイスターズのマウンドは砂田が立った
昨日に続いて登板、疲労困憊のリリーフ陣の中で
1番の被害者とも言える砂田
正直未来ある若手有望左腕をこれ以上使い物にならないほど
肘肩をすり減らして欲しくないが、連投となった
加賀やパットン、三上でなく砂田を起用
データ好きのラミレス指揮官らしく
対中日戦では防御率0.00だから砂田を起用したのだろうか
しかし彼がこれ以上疲弊していくのは見ていられない
そして8回は三上でなくパットンを起用
巨人戦で本塁打を打たれたことで三上の信頼はやや下がったのかもしれない
そして9回は山崎3度目の正直
何とか3人で締めたことで汚名返上された
しかし山崎もパットンも砂田も明日からの大事な3連戦を前に
連投した、今日の試合の流れを考えれば仕方がない今日とも言えるが
やはり昨日延長にしてしまったツケの払いは重い
私としてはもう1イニング今永でいって欲しかったと思う

「優勝」信じていないのはファンか選手か監督か

さてスターナイトの後の恒例の前半戦ハイライト
2012年の時は見ていて「こんな強いチームでないだろう」とやや失笑気味にみてしまったが
年々チームが強くなり見るファンも12年のような思いで見られなくなった
昨年からは本気でCSを狙えるチームになったことで
ドキュメント映像を見るこちらも、もっともっと映像に思い入れが強くなる
今年は特に桑原、倉本と散々ここで厳しく書いた選手の苦悩を見ると
本来は熱情型の人情派の快星会としては胸があつくなり涙が出そうになる
ラストの筒香のヒーローインタビューでの「優勝」宣言はここでも記事にしたが
やはり強い熱いものを与える
本気でこのチームの優勝をもう一度見たくなる

しかし敢えて厳しく書く
優勝を本当に信じているのは誰なのだろうか
送りバントを失敗し凡事徹底できない選手が信じていいのか
選手の力を信じるのはいいが自身の采配を自省しない指揮官
そしてその指揮官のイエスマンになってしまっている首脳陣が信じていいのか
また確かな補強、整備が出来ず現場に見えない力を働かす球団が信じていいのか
確かに首脳陣も選手も球団も暗黒時代とは比べものにならない
非常にいいチームだ
暗黒時代とは違いファンはこの球団のファンであることに誇りを持てる
しかしまだ“優勝”を高らかに叫べるチームではないのだろう
それは今年だけの戦い方を見ても思う
後1歩、2歩まだ先はある

ただ、やはり私は優勝がもう一度見たい
このチームの歓喜をまたこの目で見たい

まだ19年前の歓喜を忘れられない

もう1度あの98年10月8日のような歓喜を見たい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. お疲れ様です。
    前回の投稿で、今の抑えや中継ぎのピッチャーの疲弊が、監督のせいでなく球団のせいだと申し上げました。
    昨日のCSフジテレビの「プロ野球ニュース」を見ていたらベイスターズの中継ぎ・抑えの事を取り上げていて、他のチームに比べて登板過多だという旨の話をしておりました。
    その原因のひとつとして、サラッとした話で掘り下げられてはいなかったのですが、「ラミレス監督の先発投手に対する100球へのこだわり」というものがありました。そういうサラッとした話題だったので、あまりラミレス采配に対する批判的な言い方はしていなかったのですが、基本的に先発は100球までとラミレス氏は決めているために先発が5回とかで降板してしまうため、リリーフ陣に大きな負荷が掛かってしまっているということを言いたかったのでしょう。少なくとも私にはそう聞こえました。
    はっきり覚えていないのですが、数字も出ていて、リリーフ陣の登板数の多さと防御率の悪さが出ていたと思います。
    こういったことを見ると、現状のリリーフ陣の疲弊について、ラミレス監督の責任というものがとても大きいものだということが分かります。
    何故なら、好投しているときでも100球を目途に変えてしまうことなど、先発には球数制限をしておきながら、中継ぎ・抑えについては、仕方ないけど彼らの役割だからそのシチュエーションになればいつでも使ってしまうというのは、ちょっと乱暴なのでは?
    この状況を打破するためには、ラミレス氏が先発の球数制限に対する考え方を緊急対応的なものでもいいですから、変えることではないでしょうか。
    例えば、制限を持つにしろ、100球だった先発の投球数を、115球から120球くらいまで伸ばすとか、それとも打たれていないときは、最低でも7回までは投げさせるとか、あと2か月の勝負ですから、春先との投手の起用法を変更してもいいのではないでしょうか。
    春先は、まだ長丁場だから、先発投手を大切にするというのは分かりますが、優勝やクライマックスへの進出が見えてきたラストスパート的・スクランブル的に大切な時期なのだから、今までのやり方に固執している場合ではないのではないでしょうか。
    解説の岩本氏がベイスターズのリリーフたちに対して「大変な状態なのは分かるけど、この際せっかくもらったチャンスだと思って、意気に感じてやってほしい。」という様な趣旨のことを言っていました。
    私も同感です。でも、同時に、選手にばかり負担を望むのではなく、ラミレス氏には今まで通りの頑な一辺倒な采配ではなく、臨機応変な対応をして、選手がいい状態で試合に臨める様、選手以上に必死の覚悟で臨んでもらいたいものです。

    1. コメントありがとうございます
      非常に共感できるコメントです
      100球目途で先発を変える起用で決して数字が良くないリリーフ陣に負担がかかり
      今はどうしようも出来ない状態になっていますね
      少なからず先発投手よりリリーフ陣の方が防御率が悪い以上、極端なことを言えば
      先発を変えることはそれだけ失点する確率が高くなるというわけになるのでやはり先発にはもう少し踏ん張ってもらうしかないですし
      その起用を指揮官にはしてもらうしかないですよね
      仰る通りここからは指揮官は自身の理想や拘りを捨てて状況を見た采配をして欲しいですね
      ここからある意味本当の意味で采配力が必要です

  2. レフトポールあたりに陣取っての観戦と申しましたが、ファンてどこも一緒ですね。
    特に低迷している中日のファンの方々は、やはり数年前の黄金時代の幻影がチラつくのか、かなり愚痴っぽいし、なんと我がベイ球団を羨ましがっておりました。

    で、昨日の今永。おっしゃる通り、エースと期待されながら一皮剥けん某投手と違い、ホームラン打たれても手を膝につくなんて落ち込んだ姿をナインに見せません。打たれた後でもこの堂々たる姿が、味方の逆転を生むんでしょうね。
    あと、今永の代打シリアコ⁉️ おっしゃる通り、その関係を不等号で表せば、シリアコ<今永<後藤ですよね‼️
    勝ったからいいようなものの、これからは大事な試合が続くんだから、『キチンと』した起用をして欲しいですよ‼️ホント

    1. コメントありがとうございます
      観戦お疲れ様でした、レフトでの応援緊張感もあったと思います
      低迷時のファンはそんなもんでしょうね、愚痴をどうしても言ってしまいがちですね
      シリアコにした理由が良く分かりませんでしたよね、そんな優先起用する選手でしょうか…
      きちんとした継投はしっかりしてこの夏場奇跡を起こし欲しいですね

  3. 6回裏は三塁ランナーが俊足梶谷ということもありますし打者今永そのままでスクイズ狙い、代打出すなら後藤というところでしょうか。少なくとも昇格直後のシリアコに打席与えるならリードにしろビハインドにしろもっと軽い場面にしてほしかったです。
    継投については信頼できるのが山﨑くらいでその山﨑も後半戦登板多すぎてだいぶ消耗してますし今後勝ちゲームをしっかりとれるのか不安になりますね。
    打順については6番捕手はやめてほしいところですね。昨日はタイムリー打ちましたが打率2割ギリギリの戸柱と投手に挟まれた梶谷が生きませんし最近調子落とし気味とはいえ首位打者争いをしている宮﨑を帰しづらくてもったいないです。シンプルに6番梶谷7番倉本と比較的打てるのを集めた方がいいと思えます。

    1. コメントありがとうございます
      本当にシリアコはもっとプレッシャーのかからない場面で出すべきだったし本人にとってもそれが良かったですよね
      今のリリーフ陣数字が残せていないのに疲労が続くという悪循環ですよね、これでは間違いなく大型連敗を喫してしまうでしょう
      ファームから誰か成績を残せる選手をあげるか今のリリーフを休養させるか先発をなるべくひっぱるか
      早急な判断を任されます
      そして打順は仰るようにシンプルに打てる選手を集めるしかないでしょうね
      6番戸柱は今は期待できませんね

  4. 今永はお見事。
    2本ホームランは浴びたものの、よく抑えてくれました。
    ただ、最低でももう1イニング投げるべきでしたね。球数、調子を考えても、あと1イニングくらいは投げられたと思います。というか、完投も考えてもおかしくなかったと思います。
    しかも、代打シリアコ。意味が分かりませんでした。
    だったら、今永あるいはある程度バントのうまい選手にスクイズでもやらせるべきでした。
    こういうところが凡事徹底できていませんね。

    それと、これ以上ない安定感のあるピッチャーをいとも簡単に変えるなんて、どうかしてると思います。
    昨日は勝てたからいいものの、昨年の8月に石田を続投させないで勝ちをみすみす逃した嫌な思いが頭をよぎります。
    今一番頼れるのは今永なので、今永の代え時は絶対に間違えないでいただきたい。

    次の広島戦。最大の山場です。横浜にとってもセ・リーグにとっても。
    この時期にそういう試合をできるようになったのは、強くなってきた証だと思います。
    セ・リーグの灯を消さないためにも、当然3連勝を期待します。
    負けたらマジック点灯してしまいます。
    それは阻止していただきたい。
    まずは石田にそろそろ本領発揮をしてもらいたいです。

    1. コメントありがとうございます
      今永を続投させななかった判断はよくわかりませんね
      100球交代に拘りはあるのにリリーフの連投には何も感じないんでしょうか、この指揮官は
      代打シリアコって…なんでここでもっと軽いところで出せよ、ここはもっと期待できる選手でしょうと思ってテレビで見ていました
      今日の広島戦はまさにセリーグにとって山場ですね
      ここでベイスターズがもし3連勝でもするようなら「優勝」と言う言葉を信じてみたくなりますが…

  5. 昨夜は岩手で仕事し、夜は呑みながらチラチラチェックしていたが、私も貴殿同様に1死3塁で今永に打たせた!100歩譲ってもシリアコは200%無いし、意図がわからない。
    あの場面、同点、若しくは負けている場面なら代打だがリードしていて、リリーフ陣に赤信号なのにまたまた、3人もリリーフ陣を使ってしまった!
    勝には勝ったが、この迷走采配では優勝は夢にもならない。

    1. 今永を続投させなかったツケはこれから出てくるでしょうね
      今永に代打を出したのに得点出来ず、3人のリリーフを使ってしまった
      この采配をする限りこのチームが輝くのは難しいでしょうね
      岩手ですか?いいですね~日本全国でお仕事お疲れ様です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。