王者広島に一矢報いた大勝か、奇跡の「優勝」への序“勝”か 2017年8月4日対広島13-3○


「優勝」を口にした責任

マジック点灯目前の広島カープ
昨年ダントツで優勝した広島だが
今年もその強さはかわらない
打線も投手力もセリーグの中ではダントツである
今のカープの強さは確かなスカウティング力と育成力の賜物だろう
しかし私には広島カープがセリーグで2位以下にこれだけのゲーム差を
拡げるほど強いとは思えない
セリーグの他の球団があまりにも弱いと思う
広島相手に巨人は4勝13敗
ヤクルトは5勝11敗、中日は4勝10敗
この数字を見ればやはりセリーグの他球団が弱すぎる
ましてや決して強いとまだ言えないベイスターズが5分で戦える相手に
この数字のこの3球団には「おいおい」と言いたくもなる
もちろん、ベイスターズが暗黒時代どれだけカープの白星を献上してきたかを
棚にあげるてしまっているが…
マジック点灯直前の広島カープにベイスターズがどう戦うか
しかし決してカープは畏れる相手ではない、確かな野球をやればいい
ただ少しの弱みや隙を見せれば喰われてしまう

石田、開幕投手でエースになれなかった男の意地

今日のベイスターズの先発は石田
もう何度も記事にしてきたが今シーズン
キャンプ前に開幕投手に指名されてしまい
それからプレッシャーやオーバーワークで本来の力を出せず
怪我で離脱もした、今シーズンの石田は苦しいシーズンだったとも言える
ここまで3勝4敗…この夏場にどれだけ勝ち星をつけることが出来るかが重要になる
しかし立ち上がり石田は田中にヒットを許し菊池にタイムリーツベースを打たれ
開始5分で失点をすると鈴木誠也には甘く入ったスライダーをスタンドに持っていかれる
初回で3失点してしまう
昨日間今シーズン開幕投手争いをするべきだった今永が
好投し既に昨シーズンの勝ち星に並んだ
開幕投手を任された石田はここで不甲斐ない投球をするわけにはいかない
2回以降はスライダーも決まり始める
2回~4回まで毎回ランナーを許してしまうが踏ん張って抑える
先頭打者の出塁は許さなかった
4回まで6安打を打たれるも初回に打たれた4安打以外はしっかり抑えた
味方が2回に逆転し4回にさらに追加点をとってくれ
5点のリードを奪うと5回、6回は3者凡退で抑えた
決して良かったとは言えない
それでも開幕投手を任された男の意地は見た気がする
しかし6回で球数は104球
ラミレス監督のいつもの病がここでも出た
6回でお役目御免、7回は田中を出した
やはり100球での交代は絶対に変えないようだ
中6日で投げる投手に100球目途が本当に必要なのか
リリーフ陣が疲労する中で必要なのか
そしてこの大量リードの中もう1イニングいかして良かったのではないか
怪我復帰後の石田だから100球で変えたという言い訳は
昨日も今永を100球で交代した以上通用しない

桑原絶好調、田中浩康の意地、1・2番で9打点

そして打線の主役はこの2人だろう
先頭打者の桑原と2番の田中浩康
まずは桑原、今シーズン春先彼の1番起用には
再三再四記事で酷評してきた
思い切りの良さは買うが、1番打者としては球数の稼げない桑原に大いに不満があった
いやその桑原を使い続けた指揮官に大きく不満を持った
しかし今その桑原がこのチームで一番得点力が高いといっても過言ではない
6月の月間打率.303そして7月は打率.389
クリーンアップを打たせたい数字だ
春先の桑原への無礼の記事を改めて謝罪するが
しかしやはりあの時桑原の起用に固執した指揮官の采配には不満はある
ただそれでもこの桑原の絶好調いや覚醒は今のベイスターズを助ける
今日も2回裏満塁のチャンスで決して真芯とは思えなかったが
しっかり振り切りスタンドへ運んだ、4回にもタイムリー打ち
3安打で5打点の活躍、今の桑原ならクリーンアップで使いたいぐらい
そして桑原の後を打つ2番の田中浩康も今日は活躍した
正直私はそろそろセカンドは柴田を優先的に起用し育成していいと思うが
田中もここで結果を残さないといけないのは感じていただろう
1回2回と打席で結果を残すことは出来なかったが
4回の桑原のタイムリーの後に点タイムリーを打ち
6回にもダメにダメを押すタイムリー
今日は猛打賞で4打点を上げる
1、2番で6安打9打点を残せば勝てないわけがない
やはり上位打線次第でこの球団の得点力は変わる
当分は1,2番は今のラミレス監督のやり方でいいのかもしれない

シリアコを上げた理由、7回田中健を投げさせた理由

6回を終わり12-3で大量リード
先にも書いたが今日はリリーフ陣に休養できる日だ
使うならビハインド・ロングリリーフ要員の三嶋、平田ぐらいだろう
しかし指揮官は7回石田をマウンドから降ろし
田中健二朗をマウンドに送った
なぜ、石田を下したのか、そしてなぜ田中を投げさせたのか
ここまで38試合登板し、疲労がたまっている田中
大事な場面を任せるべき投手の1人ではあるが
今日のような大量リードの場面でなぜ投げさせる必要があったのか
石田を変えるなら三嶋に2イニング投げさせてもいい
そもそも三嶋はロングリリーフ要員
1イニング限定で投げる必要はない
8回に出て1イニング投げたが
それでお役目御免にしていい投手ではない
平田、三嶋で3イニングで良かった
これではリリーフ陣は休めない

そして7回からファーストの守備に入ったシリアコ
守ってはキャッチボールレベルの球を捕球できず
打っても中途半端なファーストフライ
このレベルでなぜ昇格させたのか理解できない
既に彼が今シーズン構想外なのは間違いない
後は年俸低いし育成枠に落として残すか
支配下のまま残すにしてもさらに年俸下げるか
しっかりと切るかは球団の自由にしていいが
今日で彼をファームに下げてもいい

一矢報いただけの勝利か「優勝」への序勝か

今日の大勝は久々にスッキリした勝利だった
大勝後いつも打てなくなる傾向にあるベイスターズ打線の明日以降が心配である
しかし思うのはやはり広島カープには余裕を感じる
マジックがかかる試合だったとはいえまだ8月初旬
別に今日負けても大勢には影響はない
このベイスターズとの3連戦も3連敗しなければ問題ないというくらいだろう
いや、3連敗をたとえしても慌てる必要はないだろう
今日のベイスターズの勝利も
2年連続王者になるであろう広島に一矢報いただけの勝利だろう

しかし先発石田が「カープより上に行く」と話した通り
まだこのチームは奇跡を信じているのだろう

この勝利が
優勝への序章いや「序勝」になるためには
ここの1勝で喜んでいる余裕はない

広島ファンに我が物顔されなくなりつつあるハマスタで
本当の奇跡を見たい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 王者相手に大勝と浮かれる気持ちを抑えながら…
    初回にタナキクセイヤと3点を献上した時には『今日の試合は終わった』と思ったものです。
    それだけに2回の反撃はお見事であり、DeNAの怖さを与える試合運びだったと思います。
    勝っている時はクールで(スタメンに)ミスも少ないのですが、負けている時はミスも増え泥仕合になることも多い、DeNAは不思議なチームですね。昨日はセイバーメトリクスで選手の分析をしていたのですが、桑原の貢献は打撃だけでなく守備に関してもリーグ1位の数字(UZR)なんですね。彼の好調ぶりがチームを勝利に導いているのは間違いないことです。先発石田も2回以降は先頭打者を与えない素晴らしい投球内容でした。とくに5回表の三者凡退(タナキク三振、丸中飛)には痺れました。嶺井のリードも良かったと思います。
    先発交代目安の100球についてはメジャー流を根拠にわれわれも画面越しに100球に近づくと『交代時期だな』とつい思ってしまうのですが、メジャーでは中4日の球数制限であって日本での中6日ならばもう少し個人差があってもいいはずです。この辺りは野球界での議論が深まっていくことを望みますね。

    桑原と一緒に9打点を稼いだ田中浩康の活躍は嬉しいですね。チームの勝利に貢献すべくベテランが頑張っている姿は若いチームに活力を与えています。若手とベテランの融合こそ優勝するチームに備わっているものだと改めて実感しました。監督もあくまで柴田との併用を考えているようですが、少ない機会にどんどん貢献してもらいたいですね。また大量リードの場面でしたが三嶋のストレートにキレが戻ってきたように思いました。鈴木誠也相手に低めのストレートを投げ込み見逃し三振とは個人的にはあっぱれです。

    さて昨日のような大勝の場面では、首脳陣の考えとしてはできるだけベンチの選手を使いたい気持ちはわかるのですが、戦力に劣る選手を終盤で使うのは対戦相手に対しても些か失礼ではないかと。昨日の8回表広島タナカのショートゴローをミットに収められないシリアコは一軍には上げてはならない選手です。そして先日送りバントをフライにして走者を殺した白崎も一軍に及ばない戦力の選手。残り少ない限られたチャンスを彼に与えることさえ勿体ない。バントの巧手だったそうですが、見る影もありませんし、凡退して戻ってくる彼の表情を見てもまるで反省が感じられず同じことを繰り返している。申し訳ありませんがドラフト1位の白崎こそトレードの駒に相応しいと私は思いますが、他チームに移った途端活躍しそうでそれもまた嫌ですね。

    今日の先発は井納と薮田、薮田は前回ヤクルト相手に6失点と隙があります。序盤から仕掛ける展開が良さそうですね。私はむしろ広島のほうが余裕がなさそうに見えますよ。ぜひ3連戦勝ち越しを!

    1. コメントありがつございます
      そしてコメントの返信が遅くなってしまい申し訳ありません
      しかしこの試合の直後は私も非常に舞い上がっていました
      1,2番がこれだけ打てば勝てるにきまっていますね
      しかしこの2戦、3戦は私の舞い上がったおもいを打ち消してくれました、そして今は3位死守が大事な時ですね
      そしてシリアコとは一体何だったのか、彼はなにをしに1軍の舞台にきたのか
      年俸やすいので残すなら、育成にさげて安易に昇格できないようにして欲しいですね
      そしてもしヤクルトにも負け越すようなことがあれば本当に大変なことになります
      今日から大事になります

  2. 貴殿が言うように7回の田中投入は、田中にとっても、チームにとっても、プラス要因が見つからない。私が田中なら、俺は今の立ち位置、信頼感はこんなものかとがっかりしてしまう!
    それにシリアコ、あそこでロペス休養のため、起用するのは反対しないが、あの守備、打撃で1軍に残す価値は無しが判明したし、そもそも誰の意向か知らないが1軍昇格が大間違い!

    大活躍したピロヤスに厳しい意見をひとつ、これはベテランだからこそ言わせて貰う。
    石田が、ヒット打ち、桑原の当たりで3塁に進んだが
    その初球を引っ張ってのファール。
    全力疾走した石田の立場からしたら、粘って欲しいところ、少なくとも初球は打つべきではない。
    ノーアウト、1死なら時間的には問題ないが、投手経験もある私からしたら、息が少しでも上がっているとコントロールに影響する。
    野球は、個々人の戦いでもあるが、見えないところでのチームの戦い、これが当たり前のようにできるチームは戦力以上の力となる!

    1. コメントありがとうございます
      そして返信遅れてしまい大変申し訳ありません
      田中の起用は正直ベンチがどう考えているのかわかりませんね
      この3戦目も田中の起用は敗戦処理でした、こういう起用している以上リリーフ陣がベンチを信頼できなくなっても仕方がないでしょうね
      田中もベイスターズに来てからちょっと積極的な打撃を取り違えている部分は目に付きますね
      広島に負け越したことで既に優勝はもちろん2位狙いも厳しくなりつつあり
      正直3位死守が命題になりました、ここからがFOXさんの仰る見えないところでのチームの戦いが大事になりますね

  3. スターナイト2.3戦は旅行でテレビ観戦出来なく、1球速報では分からないのでコメントは控えました。
    今日はいきなり3点ビハインド、それでもよく逆転勝ちしましたね。
    まあ、相手の投手が初先発だなんてそんな投手なら打てますね。
    カープも余裕ぶっこいてますな〜。
    桑原は、今年一皮むけましたね。
    これも、ラミちゃんが頑固に使い続けた結果ではあるけど桑原個人だけ成長しても勝ち星増える訳では
    ないのよね〜。
    春先他の選手と併用しても、同様に桑原成長出来たとは思うけどな〜。
    勝ち星随分減らしちゃったんだから、それでラミちゃんのお陰とは言えませんね。
    そして確かに7回の田中起用は、相変わらずの疲弊するだけの起用。
    私は、元来敗戦処理、大差勝ちしか投手起用しない使い方は大嫌いです。
    それではまったく成長しないし、モチベーションも上がらない。
    でも、そういう起用しかしないんだったら、三嶋と平田で終わらせればよろしい。
    なぜ使うのか全く同感で、意味不明。
    そして、今まだ優勝と奇跡を信じたいお気持ちは分かりますが、現実路線でCSの為に
    カープに苦手意識を植え付けるため、3連勝できるような戦いをお願いしたい。
    それでも8ゲーム差。優勝は無理でもカープとってもCS嫌だと思いますよ〜。

    1. まずはコメント返し遅れてしまい申し訳ありません
      ここ数日体調を崩したり不甲斐ないベイスターズのことを忘れるために深夜飲んだくれたりしていました笑
      さて冗談はさておき広島とのカードしっかり初戦勝ったのに第2戦、3戦は横綱との差をしっかり見せつけられ気付けば
      3位死守も怪しくなってしまいました
      三嶋、平田も敗戦処理専用になってしまっていますが三嶋に関しては多少自業自得かな…と苦笑
      それにしても少し疲れがでてきていますね、チーム全体に
      CSをこれではわかりませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。