6番戸柱起用は正解なのか、正念場の8月求められた指揮官の柔軟性 2017年8月9日対ヤクルト7-2○


最下位相手に勝ち越す命題

3連敗をしないことで有名なラミレスベイスターズ
しかしここにきてそうでもなくなってきた
週末の広島カープ戦連敗し昨日も最下位ヤクルトにまさかの敗戦
これで3連敗となった…4位巨人とのゲーム差は3
2位とのゲーム差以上に4位とのゲーム差を勘定するようになってくる
2位阪神は4位巨人と潰しあっている間
ベイスターズはしっかり最下位ヤクルト相手に3連勝して勢いを取り戻したかったが
昨日の逆転負けでそれもなくなった、しかし最下位チーム相手に負け越すわけにはいかない
負け越すようなことがあればそれは間違いなく4位転落も覚悟しなければならない
CSを目指すなら最下位相手には勝ち越すことが命題
落合中日が暗黒時代のベイスターズに負け越せないプレッシャーがあったというが
今のラミレスベイスターズにそれがあるだろうか

6番戸柱起用…負け込む中での柔軟性は

今日のベイスターズのスタメンはいつもと変わらない
と、いうより3番筒香にして以来大きな変化はない
しかし私も今のスタメンに不満がある
そんな中コメンテーターのR2さんよりこんなコメントをいただいた

いい加減相手先発の左右に応じて2番セカンドと6番捕手を変えるだけの打順やめてほしいですね。特に6番捕手です。今日は戸柱がホームラン打ちましたが打率出塁率長打率全て6番としては物足りなく6番の成績としてはリーグ最低クラスです。
打点も7月からぱったりペース落ちてますしたまのホームランに期待するなら8番でいいです。クリンナップは悪くない成績だけにもったいないと思います。

6番戸柱
5月19日以降彼がスタメンで起用される時はこの打順で起用されている
(ちなみに5月18日に1試合5番で起用されたが、それを除けば5月5日から6番で起用されている)
得点圏打率の高さ、打点の多さを評価してラミレス監督は彼を6番で起用した
しかし6月の月間打率は.188、7月の月間打率も.188
4割近い得点圏打率も.324も下がり打点も7月は2打点
6番で起用されるべき利点は今の戸柱にはないと思う
本塁打だけなら確かに6番より8番起用の方が怖い
今日はこの6番戸柱に注目しながら試合を批評していきたい

先制本塁打を打っても…いやだからこそ

今日は仕事が早く終わり自宅に3時頃には帰って来たので
早めに試合を見ながら記事を書いている
だからこそ上記は試合前に書いていたのだが
6番戸柱をやや否定的に書いたら今日は彼のツーランで先制した

試合はヤクルト先発梅野がプロ入り初登板であっただけに
立ち上がりから攻めたかったが初回はあっさり3人で攻撃を終えてしまう
3連敗中だけに嫌な流れであったが
4番ロペスがヒットで出塁した2回に
1死から戸柱がやや甘く入ったカットボールをスタンドへ運んだ
昨日に続き2試合連続本塁打
「やはり快星会の批評は甘いな」と言われそうだが
それでもやはり私は彼を今6番で使うことに懸念がある
8月に入り昨日まで打率は.211
一発長打が武器なら尚更7番8番に置いた方が
彼の怖さが際立つ
そして何より今の彼はインサイドワークのまずさも目立つ
8番に置いて打撃面のプレッシャーを軽減させてあげてもいい時ではないだろうか
これはたとえ嶺井を起用する時でも同じだ
9番倉本も打撃は上がってきているし
そもそも9番にしたから倉本が打ち始めたわけでもない
9番倉本1番桑原で得点力が上がったという論拠は私は幻想で
単純に倉本と桑原が打撃の調子が6月7月に上がっただけだと思う
9番倉本の起用を神格化する意見には納得できかねる
むしろ今だからこそ9番投手に戻してもいいだろう
8番投手が許されるのは打撃センスが高い
今日のウィーランドや飯塚が先発する時だけでいいのではないだろうか

ウィーランドの交代時期

一方でベイスターズの先発ウィーランド
今日はリベロに本塁打は許したが6回まで4安打
4四球は確かに多いが得点差を考えても今日は7回はいける状態だった
しかし相変わらずこのチームの指揮官はリリーフ陣にツケを払わせるのが好きなようだ
6回まで90球
100球信者の指揮官がまだ交代をするには微妙な球数だった
しかし7回のマウンドには砂田が立った
7月の月間防御率は12.79と状態は決して良くない
前半戦の疲労もたまっている、それでもまだ砂田を使わなくてはいけない
何度も休養すべきと書いたがそれもベンチはしない
8月5日以来のマウンドではあるがこういう休める時に無理に投げさせる必要はない
三上不調の今勝ちゲームは7回砂田8回パットン9回山崎で考えているのかもしれない
しかし無理に勝ちパターンを確立させるだけのリリーフ陣の状態でもない
長く投げられるのであれば先発をひっぱるべき
ましてやウィ-ランドの勝ち星を何度間違った継投で消してきたか…

最下位でルーキーを投げさせたチームに当然の勝利

3連敗を止めることは出来た
最後の三嶋の投球にはケチがついてしまい言いたいことはあるが
ここではやめておこう、とにかく勝った
しかし最下位ヤクルトはルーキーの初登板
ベイスターズの先発が1番安定しているウィーランドであることを考えれば
勝たなくてはならない試合だった、負ければそれこそ巨人に尻尾を掴まれる状態になる
見下すわけにはいかないがヤクルト相手にはしっかり白星を獲らないと先がない
当然の勝利といえば当然の勝利だろう
しかし暑さが激しい8月に指揮官の起用や采配にもやはりもう少し柔軟性は持たせて欲しい

ここからポストシーズンまでは指揮官の理想や考えを自ら否定しても
勝てる采配をしていかなくてはならない
そしてチームは1,2軍のスクランブルで戦わないと後はない

19年前も優勝に黄色信号が灯ったのは8月だった

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. ↓今のコメントは私です。キャッシュクリアしたら名前が消えてしまいました。

  2. 最近は試合の中盤くらいから観戦していますが、ウィーランド先発の試合は安心して観れます。オフにでも特集を期待していますが、歴代優良外国人のTop5に入るんじゃないでしょうか?

    100球制限はラミレス監督の最も拘るところと認識していますが、昨日の6回90球は少なすぎましたね。試合前インタビューで監督は三嶋を勝ちパターンで使ってみたいとコメントしていたそうです。7回は左が3人続き、8回はクリーンアップが回ってくる、だから継投の采配としては的確だったと認めるしかないのですが、監督と篠原Cの継投の考えにズレが出てきているんじゃないかと思うのです。監督はできるだけ多く選手を使いたい方針ですから、、リリーフ陣に負荷が余計にかかるわけです。でもさすがに4点リードの7回に三嶋を登板させなかったのは好判断でした(笑)

    捕手に関して私の意見は今の3人体制に否定的です。今季は専属捕手ではなく戸柱と嶺井を使い分けていますが、リードやキャッチング、インサイドワークだけでなく盗塁刺数や打率までも比較され競争させられているのは他の野手とは違ってあまり良策ではないと思うのです。捕手は扇の要。それだけに最近の捕手分業(DeNAだけじゃない)に異論があります。しかしもはやそれ自体も死語になりつつあるのでしょうか。

    9回裏1アウト1,2塁の場面でショートゴローに打ち取った球が楽々併殺だと思ったのに肩が弱く併殺崩れ‥そこが弱いですねベイは。そして失点。失点が1点で済んでほっとしましたね。

    1. コメントありがとうございます
      歴代外国人助っ人についてはオフには特集記事を書いてみたいですね
      三嶋を勝ちパターンで使うのはさすがに?ですよね、昨日の9回のピッチングを見ると不安が残ります
      ただ、三嶋自身は生き残る道はリリーフとして活路を見出すしか今はないかもしれません
      個人的には三嶋より国吉の方が期待したいですが…
      捕手3人制については難しいところだと思いますが、今のベイスターズではまだレベルが横一線に見えるので私は3人制も致し方ない気はしますが
      ただいずれにしろ10数年前に比べ今のプロ野球は捕手に打撃を期待するというか、打撃だけしか求めない傾向になっていることが私はやや不満ですかね
      もっとリード面、配球面で捕手の能力を汲むようになって欲しいと思いますね
      倉本の肩は、石川並ですね。ちょっと問題かもしれません

  3. 先ずは勝手当然の試合に不満はあるが勝ててよかった!悲しいかな、阪神負けろより、追い上げてきている巨人負けろにの3位死守に気持ちがなっている。
    昨夜の采配にも不満多々あるが、今日は貴殿のタイトルに基づいたコメをします。

    戸柱6番は、少し打とうが反対派。6番となると、チャンスで回ることが多く、それだけに期待するが、8番なら期待もそこそこ、ホームラン云々ではなく、打率からしたら、そしてキャッチャーの負担から言ったら8番で良い。以前、元ヤクルトの高津が投手の負担考えたら投手は、9番が良いと言っていたが、キャッチャーの経験もある私の意見としては、キャッチャーの負担は、投手同等。現、巨人の阿部慎之助や野村克也、田淵幸一は4番を打っていたが、元々、戸柱はホームランバッターではない。
    今こそ、8番キャッチャー、9番投手。倉本6番、石川復帰の2番で、阪神を追撃して欲しい。
    ダミレスの自己主張采配はいらない。
    8番投手がベストなら、歴代の名監督がとうにやっている。それをやるのは迷監督!だからチームもさ迷っている!

    1. コメントありがとうございます
      私も巨人の追い上げに不安がある日々です
      8番投手はラミレスの自己主張采配、自分が目立ちたい采配ですね
      オフに周囲は反対したがおれは推し進めた的なことを書いた本でも出したいんでしょうね
      6番に倉本でいいと思います、戸柱も6番に置かれてはリードに集中できないでしょうね
      名監督になりたい迷監督…この監督では優勝できませんね

  4. お久しぶりです。
    もう大丈夫ですか?
    さて、この試合昨年ならずるずると先発も足りなく連敗する勢いでしたでしょうけど
    今年はモスコーソでなく、ウイーランドがいる。ヤクルト相手にはそこまで連敗しませんね。
    ただ、3回で5-1カープならともかく、ヤクルト相手なので昨日のようにはそうそう打たれないと
    思って勝てると踏んだんでしょうが、まあみんなそうでしょうが、そこで1点追加点を取る野球が
    できない。
    相変わらず、進塁打打てないのだから、5回の戸柱2試合連続ホームランでもバントでしょう。
    変わったばかりの2線級投手相手に、ワンアウト2塁でなんでプレッシャーをかけないのか?
    1点入れば、どんどんヤクルトには重くのしかかってくるのに。
    ベイスターズは、首脳陣は、監督はそういう野球ができない、やらない、やれない。
    4点差より5点差、5点差より6点差。
    どんどん、選手も気力は減っていくものでしょう。負けてる側としては。
    点差あるとすぐ、打線の爆発待ちで大量点を狙ってしまう。
    確かにそういう試合もあったけど、確率の話しでしょう。
    1点づつ積み重ねていくのが、常套手段ですよね。
    それこそがスモールベースボールなのだけど、ラミちゃん流スモールベースボールはずれてるからね〜。
    点差開けば、平田、三嶋,加賀で終わらせる事もできるのに。
    そういえば、ウイーランド今日は90球でしたね。100球の記録更新!。
    なんでもう1回投げさせないんでしょう。
    結局、砂田、パットンを使ってまた、4点差でも康晃使うのかと思ってたら、ロペスのホームラン。
    そして、登板前にろくに投球練習してなかった三嶋に投げさせる。
    肩はもちろん1回作っているでしょうが、登板前にちゃんと投球練習をさせてもらえないで登板する三嶋。
    これはひどすぎませんか?
    康晃しか、投球練習させないというのは、追加点とったら三嶋というパターンを全く考えてない。
    どういう監督、投手コーチなんでしょう?
    理解出来ません。
    そりゃ、打たれてもしょうがないでしょ。
    ブルペンも万全を期してもらいたいものです。

    1. コメントありがとうございます
      御休みもらってすいません!(>_<) 進塁打が打てないのは前半それをもとめなかったから、送りバントができないのは前半戦それを選手に徹底させなかったから 今更スモールベースボールと唱えてもそれは似非スモールベースボール…自己満足なスモールベースボール まさにスケールがスモールベースボールって感じですね 三嶋もここまで連投続いていましたからね、準備はしっかりさせてあげて欲しいですね 康晃、三嶋に練習させていて問題ありませんもんね 万全を尽くすのは首脳陣かもしれませんね

  5. 予告通り観戦してきました。
    個人的なことですが、税理士試験で散々だったので、勝ち試合を見られて良かったです。

    個人的に今日の試合を見て指摘したい点が2つあります。

    まずは、快星会様のご指摘の通り、ウィーランドの交代時期。
    調子を考えても、7回まで投げさせて代打だと思います。
    わざわざ疲労がたまっている砂田を出す必要はありません。
    勝ちパターンという幻想にとらわれすぎて、昨年の8月のようになってほしくないです。

    次に、バントをしない件。
    今日はバントをする場面は3回あったと思います。
    3回の柴田、4回の桑原、5回の戸柱。
    2回に先制してリードしており、うちの先発は安定感のあるウィーランドだから、1点ずつ取っていけばいいと思いました。
    まあ、先発が打っても打っても点を取られる久保なら打つのは構いませんが。
    柴田と桑原は結果的に進塁打になったからいいものの、ねらって打ったとは思えませんでした。
    戸柱に至っては併殺打。
    そのあたりの作戦は、うちのピッチャーによっても考えてほしいです。
    でも、誰がピッチャーだとしても、2~3点リードで無死1塁なら、クリーンアップと梶谷以外は送りバントが基本だと思います。(梶谷については、梶谷の打順で送りバントすると次がピッチャーのため)

    明日は今永。
    当然勝利が必須です。
    今永、頼みます。
    また、金、土は横浜スタジアムで応援してきます。

    1. 現地観戦お疲れ様でした
      暑い中応援大変でしたね、試験もお疲れ様でした
      ウィーランドの90球交代は指揮官のコメントを聞いても理解できませんね
      どうも指揮官は「5回で交代したかったけど、6回までいかしたぞ俺は」的な気持ちがあるようですね…
      理解する方が難しいかな…一方でバントは全くさせません、何がスモールベースボールなのか
      指揮官の考えがスモールな感じですね
      金、土も現地観戦頑張って下さい!
      私は今月先月と中々いけずテレビ観戦です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。