指揮官の去就がかかる8月、守れなかった1点リード以上に重かったもの 2017年8月12日対阪神1-2●


2位より3位死守が大事な1戦

既に指揮官ラミレスは2位を狙う事より3位死守を念頭に置いているだろう
2年契約が終わる今年、既にオーナーが続投して欲しいな~的なことを
ぼかして言っているが中畑監督4年目のように
前半戦終了時に続投要請するようなことはまだしていない
首位で折り返しながら最下位に転落し
それでも続投要請し辞任されたお恥ずかしい失敗はさすがに学んでいるようだ
おそらく水面下でもまだ正式な続投要請は球団は出していないだろう
そうなると指揮官も最低限CSは出ておきたいだろう
さすがに2年連続CS出場している監督の契約を延長しないわけにはいかない
指揮官もそれがわかっているだけに
上位を意識するかという記者の質問に
「下位球団との差を広げることが大事」
とCS圏内にいることが重要だと話す
指揮官が下位球団叩きに神経を使うにはそこにある
3位死守
今日の試合でもその言葉を強く感じた内容だった

筒香の一発をどう守るかがテーマの試合

この試合ベイスターズの先発は井納
阪神の先発は能見
今シーズンの成績だけみれば五分五分とも言えるが
ここ数試合辛抱できない井納だけに不安が強い
今日の試合は井納がしっかり7回くらいまで投げてくれることが望ましい
立ち上がりからヒットと四球でピンチを作った
コントロールが定まらず球数が多くなる
それでも毎回ランナーを出しても得点に結び付けない
4回に筒香が4試合ぶりの一発で先制
ゲームの流れが変わった
しかし筒香が本塁打を打った後の4回裏も5回裏も
チャンスを作りながら後1本が出ない
ここで指揮官の中ではこの筒香の1点を守り抜くことを考えてのだろう
6回ランナーを1人出しながら中谷に四球を出すと
ここで躊躇なく田中をマウンドに送った
指揮官の中で中盤失点が多い井納への不安
ベイスターズ打線に拙攻を見てこれ以上の追加点はないと悟ったのか
まだ89球の井納を見切った
ここで田中がしっかり抑えてピンチは切り抜けたが
この時点で指揮官は1-0で勝利するシナリオを描いていたはずだ

エスコバ―は何のための先発転向だったのか

そして7回のマウンドには8月6日に先発マウンドで5回7失点のエスコバ―
黒羽根のトレードでベイスターズに移籍し7月8日にリリーフとして初登板
4試合投げて無失点とまずまずの結果を出したにも関わらず急きょ
7月23日に抹消された、その理由を先発転向の調整を兼ねてと
指揮官は言ったが疲弊したリリーフ陣を休ませるのに
充分な結果を残しこれからもリリーフとして期待できるエスコバ―をなぜ
先発に転向させようという動きになったのかわからない
しかも代わりにシリアコを1軍に昇格させたのだから采配に不満が募る
その上エスコバ―の先発挑戦は8月6日の1試合のみ
そして1週間も立たないうちにリリーフに転向させ
「新勝ちパターンの1人として期待」と話すのだから笑ってしまう
このイニング一つ四球を許すが無失点に抑え結果は残した
やはり無駄な2週間のファーム生活だった

打たれたリリーフ陣が悪いのか打てない野手が悪いのか

8回パットンが打たれ指揮官の1点を守ることは出来なかった
今月5試合に登板して防御率は0.00
7月も防御率1.69とこの2カ月は安定していただけに
指揮官が彼を三上の代わりに8回を任せようとする起用するのはわかる
私自身はパットンを信用していないが今のリリーフ陣の中で
守護神山崎を抜けば彼を信用するしかない
ただ、阪神戦は広島戦の次に苦手にしている
対戦防御率は5点台、本人も意識していたのかもしれない
そして延長10回には砂田が打たれた
勤続疲労の影響もある
おそらく来シーズン砂田は今年の登板過多の影響で
今年の須田のようになってしまうだろう
いや、既に休養しなければならない状態かもしれない
ただ、今日の試合でリリーフ陣を責めるのは酷だ
問題は13安打打っても1得点しか取れなかった打線だ
8回のチャンスで嶺井に代打荒波を出すという采配
荒波の対右投手の打率が高いことで起用したのかもしれないが
得点圏打率.076の選手を使う場面でもない
期待値でいえば嶺井の方が高いし
少なくとも荒波の方が嶺井より期待できるといえない
さらに悉くチャンスを潰した今日の試合は代打陣控え陣の薄さをさらに露呈してしまった
昨シーズンあれだけ当たった代打起用は今年はほぼ当たっていない
指揮官は自身の契約のクビをしめている

結局阪神にさらに苦手意識を植え付けられた

今日の敗戦で2位を狙うというのも厳しいものとなった
やはり97年の再来も夏の奇跡もこの球団にはまだまだ早かった
優勝を口にするには選手だけでなく首脳陣、球団もレベルアップが必要なようだ

CSを考えれば少しでも阪神に苦手意識を植え付けたかったカードだが
逆に阪神にもっと苦手意識を植え付けられてしまった
結果、CSでの戦いを考える以前にCSに出場できるかもわからない
指揮官の1点を守る采配も契約延長を守る采配も今日は水の泡だった

勝負の8月は試練の8月となった

虎との差は今日も広がった

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 開幕時から言い続けていた
    ・接戦で勝てない采配  ・打線ではなく「打点」が露出した試合となった。
    昨日の8回パットンは、最近の好調なら私も同じ起用をしたが、私が監督なダミレス不可解采配をを示します。

    ・7回に田中凡退後に柴田を8番で起用。この打席では田中は凡退したが当たっていたし、引っ込める
     意図がわからない。その柴田がなんの因果か最後のバッターになった。
    ・8回に先頭の筒香が出た時になぜ、代走を出さないのか?勝負師の監督ではない。接戦で代走を使わず 休ませる時にしか乙坂を使わないダミレス無能采配。代走出して宮崎の2塁打でホームまで行けたかは 別として、そこで代走を出せば阪神バッテリーからしたらロペスへの攻め、配球が違って来るはず。
     内野手も特にセカンド、シュートは1球ごとに盗塁を意識した目線、守備となる。レフトか1塁しか
     経験がないダミレスには、このバッテリー、セカンド、シュートの気苦労はわからない。
    ・その筒香が3塁に進んでも代走は出さない。無能采配、1点をもぎ取るつもりはないのか?
     遅くともここで代走をだせば阪神バッテリーはスクイズも警戒し、内野も更に1、2歩前に出る。
    ・代打の荒波でなく、嶺井をそのまま、或いは戸柱と言う意見以前の問題だと思っている。
     誰が出ても期待できる代打陣が居ない現状も春先から言っているファームと1軍のあり方とレギュラー 固定の大いなるツケ。
    ・9回の山崎投入。阪神は8番から始まる打線で、抑えのエース投入?延長になればクリーンアップに
     回ってくることは明らかであり、そのベイもクリーンアップに回るのが10回であれば山崎投入は10回
     ではないか?
    私の采配で勝てたかはわからないが、ダミレスには勝ちへの拘り、執念が全く感じられない采配。
    関根に打力は期待しないが、代走要員としてあげる。ランナー3塁で外野フライさえも期待できない
    選手はファームへ啓二郎、佐野あたりをあげて欲しい。
    どこのチームも疲労困憊、接戦では采配が大きくものを言う。このままでは、虎の尻尾を捕まえる
    ところではなく、巨人に捕まってしまう日も遠くはない。
    濱口よ、流れを変えてくれ、打撃陣よ接戦にならないように序盤から打ち崩せ。でないと勝てない。

    1. コメントありがとうございます
      指揮官の代走起用はほんとに私も疑問符ばかり。単に主力を休ませる目的では勝負も何もありませんからね
      しっかり昨日のような場面で勝負して欲しいです
      控え含め固定選手だけで戦うなら選手枠50でたりるんじゃないの?いいたくなります
      もっと1,2軍の入れ替えを頻繁にやって欲しかったもっと競争を見たかったと改めて思います
      結局ロマックに固執した昨年と采配はあまり変わらなかった印象を受けます
      松本も今上げないと後藤のように調子を落としての1軍昇格になってしまったら目も当てられません
      濱口が今日どこまで奮起してくれるか、私は今日の勝敗で本当にCSに出られるかどうかの分岐点に成る気がしています

  2. 井納をあの場面で代えるなら、井納は二軍に落として若手を使った方がマシだと思います。
    確かに、ここ数試合の状態を見ると代えるのも分からなくありませんが、今頃この手を使うなら、もっと早い段階でこの手を使ってほしかった。
    能見にもヒットを打たれ、四球を与えるし、この程度のピッチングしかできないなら、熊原で十分です。

    現地で観戦してましたが、13安打を打ったとも思えないくらいチャンスがあったとは思えませんでした。
    チャンステーマもあんまり流れませんでしたし。
    おそらくほとんどのチャンスが2アウトからだったからでしょうね。だからそれほど点が取れないのは仕方ないのかなあとも思います。
    そういう意味では、8回のチャンスは1アウトだったし、どんなことがあっても点を取る必要があったと思います。
    次の回康晃が投げるを考えても、嶺井の場面で代打はありません。
    しかも、荒波。
    まじで、横浜高校出身の選手と思えないくらい自分勝手なバッティングしようとしますね。
    峠を越えた選手はもう使わない方がいいと思います。
    どうせ打てないなら、若い関根や佐野を使ってほしいです。

    あとは打順ですね。
    いつまで倉本が9番なんですかね。
    ピッチャーのところは打てないのは当たり前。
    パリーグじゃないんだから、9番から1番のつながりがそこまで重要とは思えません。
    桑原も一時に比べると調子落ちてきてますからね。
    6番倉本、7番梶谷、8番キャッチャー、9番ピッチャーでいいと思います。
    特に梶谷は、今の打順だと勝負を避けられることもあるだろうから、全然打てなくなってますよね。
    調子が悪いのか、実力がないのか、打順のせいなのか、打てない本当の原因は分かりませんが。
    意外性に賭ける選手なら今のままでもいいが、監督は梶谷のことをそう考えているんですかね?
    それだったら、梶谷のレギュラーははく奪すべきです。

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦お疲れ様でした、フラストレーションがたまる展開だったかもしれませんね
      荒波は完全に梶谷をさらに拗らせてしまった感じで自身んも年齢を考えても求められていることを考えなくてはいけないのですが
      相変わらずのホームランバッターのような打撃スタイル…あれでは高い能力を持ちながら
      社会人になるまでプロに指名されなかった理由も分かる気がします
      打順はそろそろ変えていいでしょうね、特に昨日の試合は今の打順が限界であることを表す試合でした
      6番に倉本をあげていいでしょうね
      梶谷に求められているものは何なのか?私も彼には高いものを求めているので今のままならレギュラー剥奪します
      石川がファームで外野の練習をはじめましたが、梶谷と本気で争わせてみてもおもしろいと思います

  3. この8月は、今シーズンやってきたことのまとめに近いものが出てきますね。
    ご指摘のように、トンチンカンな選手選択や起用の影響で、層の薄い、同じ失敗を繰り返す学習能力の低い集団に なってしまった⁉️
    ここんとこ、当面のライバルや超えなきゃいかんチームには完全に見下されて闘われてますな。(虎には21世紀に入ってずーっと見下されてますが・・・・・・・)
    このチーム、ホントにCSに出る価値のある集団なんでしょうか⁇

    1. コメントありがとうございます
      まさに8月はまとめ、今までのツケを払う期間という感じです
      これを自身の采配の責任だとしっかり自省して奮起してくれればいいんでしょうが
      明日は違う日だと言ってまたこの指揮官は能天気でいるのか、いられるのか
      重要な局面ですね

  4. 勝てませんね。今日の試合は福留一人にしてやられた感がありました。
    阪神戦になるとなぜか打てませんね。とくにリリーフの速球には手も足も出ません。
    苦手意識はこれほどまでに苦しめるものなのでしょうか。言葉になりません。
    復調している選手もいますが、繋がりのない打線に今後の期待もできません。
    ついに監督の神通力も通用しなくなってきたのか悉く采配も空回りするばかり、
    もちろん打たれたリリーフ陣が悪いのでも、打てない野手が悪いのでもなく
    すべての責任は監督にあると言いたい。

    その上で残るゲームを奮闘して3位死守して頂きたい。足を絡める攻撃も良し。
    スモールベースボールも良し。これぞDeNAの戦い方というものを魅せてほしい。
    今はそれしか言えないですね…

    1. コメントありがとうございます
      やはり阪神はベイスターズ相手に成ると意気を吹き返す感がありますね
      とにかく今の状況を打破するには勝つことでしょう、どんな感じでもいいので
      しかし、2位以上になるのはかなり難しい中で3位死守とは言うのは選手のモチベーション的にも苦しいでしょう
      ここからが本当に意味で指揮官の力が必要になります、クビをかけて奮起して欲しいですが

  5. ビハインドでも1,2点差なら勝ちパターン、4点差以上リードでも勝ちパターン。これをシーズン序盤から重ねてきたツケが回ってきてる感じですね。
    もちろん調整目的や試合の流れによってはそんな場面でも投げさせるべきでしょうがラミレス采配においては負担を分散させるとか負けるとき少しでもダメージを抑えて負けるとかの考え方はあまり無かったように思えてしまいます。
    先発の多くがイニング稼げないのも要因ではありますがそれもラミレス監督が短期的なリスクを嫌って早く降ろすことが多い面もありますし。
    あとはファームとの入れ替えもそこまで多くないのでなおさら一部に負担を集中させてしまってますね。
    今日の試合については色々ありますが嶺井に代打荒波出したところが最大の疑問手ですかね。桑原が右打者により打たれてるからと言って対右打率悪い嶺井をそのままいかせるかは悩みどころですが荒波もあまり期待出来ないしそれなら今日2本ヒット打ってる勢いと捕手を代えなくてもいいメリットを考えて嶺井そのままの方が良かったと思います。
    試合前戸柱が謎のタイミングでレギュラー認定されたのでラミレス監督のなかで嶺井への期待度が周囲が思うより低いってことなのかもしれませんが。

    1. コメントありがとうございます
      まさに序盤のツケが今まわってきています、もちろんどんなチームもこの時期のリリーフ陣は疲労困憊でしょうが今のベイスターズは無駄に春先リリーフを使い潰してしまったツケがきています
      100球交代も先発を怪我させないためだったのかもしれませんが
      石田、ウィーランド、濱口みな離脱しました、何のためだったのか…
      8回の代打の場面は同意見です、捕手を途中で変えるリスクをもっと考えて欲しかったですね
      レギュラー認定についても指揮官の言葉がコロコロかわるだけに良く分かりません、この辺りは通訳とのコミニケーション不足もあるのかなと思っています
      いわゆる意訳がラミレスの思いとは違うニュアンスでされているのかな…と思います

  6. 今日の試合ではっきりわかりました。8回裏、何しても点取らなきゃいけないところで取れない。ラミレスじゃ無理です。

  7. 阪神に負け越し決定………明日も負けるとCS2位など夢になりそう…………….。
    なんとしても明日は負けられない。現地観戦で頑張って応援してきます。
    それにしても1点を取る野球がやはりできないラミレス。
    CS3位が限界なのかな。
    エスコバーの件も多くの人が、疑問だらけでしょう。
    そして、相変わらず控えも固定メンバーで戦うラミレス。
    投手が疲弊しようが、代打で打てなくてもほとんど入れ替えをしない……….。
    夏場はどんどん、控え投手は入れ替えて、代打もいいかげん啓次朗をあげないと!
    今日もファームで3安打じゃん。
    1点を取れないチームは、そりゃ負けが込みますよね。
    そして、1点を守れるチームはやはりカープだった。
    読売菅野で1-0で負けるのは悔しいでしょうが、ここが地力の差でしょうね。
    1強5弱、5弱のど真ん中になりそうな………..今年も昨年の調子悪い8月に似てきつつありますね…….。
    とにかく、前を向いて明日ですね。

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦今日は必死でいや決死でお願いします、もし采配がおかしければスタンドから采配を笑
      松本は今が一番いい時なのにここで上げないとまた調子が落ち始めてあげる感じになってしまいますから今日にでもあげてほしい
      エスコバ―もそうですが、早いとこ今年で複数年切れて通告を待つだけの林をロングリリーフ敗戦処理で上げて
      3年分を使い潰してしまう覚悟で連投を!彼にも最後の炎を燃やさせてあげましょう
      まあ、とにかく今日の濱口に根性を見せてもらいましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。