続投ラインはCS出場、分岐点となる一戦でのラミレス采配 2017年8月13日対阪神8-2○


ロッテ伊東は辞任、責任の取り方

「今季限りでユニフォームを脱がしてくれと言いました。理由は成績がおもわしくないから。随分早い段階で決めていました」

ここまでのロッテの成績は33勝67敗…
この成績ではユニフォームをまだ着ていようと思う監督の方がいないだろう
しかし2013年から指揮をとり5年間で3度のCS出場は立派といっていいだろう
親会社の経営不振や汚職で納得いく補強はなく、“限られた戦力で戦う”と言えないくらいの戦力で
しっかり結果を残せたのは間違いなく采配の力と言えるだろう
今シーズンの低落は傍から見ていても伊東監督の責任と言うには可哀想で
球団が全く指揮官を助けるつもりのない整備しかしておらず、同情の気持ちは絶えない
これは2010年の尾花ベイスターズの時にも思ったが
やはり親会社が最低限の戦力を整備しなければ采配批判するのも躊躇われる
と、いうより正に采配以前であって今のロッテにしろ2010年代初期のベイスターズにしろ
誰が監督をしても成績が変わることはないだろう

しかし現状のベイスターズについて考える時
「戦力が足りない」とか言った指揮官擁護は私は出来ないと思う
親会社も変わりドラフトである程度の新人補強も成功し
“大補強”と呼べる動きをオフにすることはないが、“整備”と呼べる動きはできている
そして今のセリーグのレベルを考えれば優勝をするかどうかは別に
優勝争いに加わるだけの戦力は私はあると思う
もちろん、まだまだ球団の補強に対しては不満も多いし言いたいことは山ほどあるが
指揮官に同情するほどの戦力で戦うことは強いられていない
だからこそ、最低でもCSに出場することが
今ベイスターズで監督をする人物に求められた合格ラインだと思う
これは何も昨年1度だけ出場した分際で何を言うかと思われるが
2014年頃から私は既にCSに出場するだけの戦力は整っていたと思うので
2014年から2016年までまだ1度しかCSに出場出来ていないことに不満を持つ
2015年中畑監督が自ら辞任したのも当然の結論だったと思う
だからこそ、今年のラミレスはCSは最低限求められたものだろう

指揮官の意図が見えない采配

ここまでのラミレス采配、コメントを振り返ると
ぶれていたり矛盾したことを感じる
コメントでは宮崎を6月にレギュラーと言っていたのに
7月頃、本人に正式にレギュラーであることを伝えたとか

昨日も戸柱を突如レギュラー捕手、これからは投手によって捕手を変えることはしないと言いながら
打撃状態がうんぬんだとか井納との相性がといい嶺井を使った

単純に指揮官の言葉に矛盾があるだけだと思っていたが
通訳の伝え方が上手くないのではと最近は感じる
選手時代の専属の通訳ではなく球団通訳が今は指揮官につく
そのために微妙なニュアンスが伝わりきれていなのでは…と感じる
そうなると果たして選手とも、どの程度コミニケーションがとれているのかも懸念される

私はラミレスが就任した当初
「いくら日本に長く在籍したとはいえ、やはり通訳を介して選手とコミニケーションをとるのは日本人の監督に比べて半分程度になることが心配」とのことを書いたが
2年目を迎え指揮官と選手さらにはコーチ陣とのコミニケーション、さらに球団とも
細かいニュアンスが伝わりきれているのか
このニュアンスがうまく伝わらないことが采配に微妙なミスを生んでいるとすれば勿体ない
昨日記事でも書いたエスコバ―の件含めそのあたりのずれはこの辺りから生じているのだろうか
それとも単純に指揮官の采配がその程度なのか

CSを考えると負けられない今日の阪神戦
采配に注目しながら今日も批評していく

先発濱口と変えることのない打順

今日の先発は濱口
7月12日の試合で途中降板して以来
丸1カ月ぶりの登板横浜スタジアムでは7月5日以来となる
横浜スタジアムでの防御率は2点台と安定している
対阪神戦では0.68とベイスターズ先発陣では一番いい
復帰戦の舞台としては非常にいいと思う
ただ、チームは連敗し今日負ければ巨人とのゲーム差が再び縮まる可能性もある
今日がCSに出られるかどうかのひとつの分岐点ともなる大事な試合
復帰戦でありながら濱口に求められるものは高い
さらに今日は高城ではなく、戸柱とのコンビネーションとなる

そして昨日13安打1得点という無駄打ち打線
ラミレスは今日も特に打順弄る事をしなかった
打率の低い6番、8番投手でチャンスを潰すことの多い打順
投手を8番に置くことのデメリットが目立っている中で考えていかなくてはならない
しかし今日は打線に復調の兆しは見た

濱口の好投で光の見えた先発陣

立ち上がり2死から大山にツーベースを打たれたり
2回には四球と2本のヒットと犠牲フライで1失点した上でピンチを作ったが
松田のバント失敗から流れを止めることが出来た
直ぐに裏に味方打線が逆転し気持ち的に楽になったかもしれない
それ以降はいつもの濱口らしい投球で大胆に細かいコントロールを気にせず投げ切り
6回102球で1失点、充分合格点となる
今永、ウィーランド、濱口それにローテ及第点の井納、石田で何とか5人を揃えることが出来た
最後まで何とかこの5人で乗り切っていけるのではないかなという感じはしてきた
左投手が多すぎると感じてしまうのは贅沢な悩みだろう

敗戦処理、大量リード専用なら三上は降格させろ

さて濱口が6回まで投げると7回は三上が登板した
この時点で8-1と7点差
この状況で投げるのであればファームにたくさん試してみたい投手がいる
わざわざ三上にこの役割を与えるなら降格させて別の若手を上げた方がいいだろう
三上もこの場面で投げて得るものもない
今はしっかり休養と調整を彼に与えるべきであろう
状況によってはCS直前まで調整させていい
本来の仕事場に戻れるようになるまで中途半端なことをしない方がいい

筒香2本の本塁打でようやく火がつくか

昨日唯一の得点をたたき出した筒香が
今日も2本の本塁打を打った
これで19本塁打
状況によっては30本も狙えないことはないところまで持ってきた
さすがと言える
今シーズン春先彼がもう少し打つことが出来れば
チームも広島に接近していただろう
そういう意味では筒香の責任は重大なのかもしれない
今少しロペスの状態が下がってきているだけに
筒香の状態がCSに向けてピークになっていくと
チームも勢いがつくだろう、結局このチームは筒香頼りであることに変わりはない

試練の8月、貯金はつくれるか

9回三嶋が相変わらずのピッチングで
イライラさせてくれたが試合はものにすることが出来た
3連敗することなく何とかこのカード1勝できた
8月は5勝5敗1分と5割に戻した
CS出場を考えるとこの8月も貯金を作りたいが
状況的には5割で終えれば御の字かもしれない
とにかく今は下位球団から貯金を作り上位球団に3連敗しない
最低限での目標ではあるがその流れで戦っていくしかない

試練の8月、乗り越えることが出来なければ
指揮官にもチームにも先はない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. (間違って送信してしまいました。さきほどのコメントは消してください)
    先日、「不甲斐ない」と愚痴る私に妻の一言が見事に刺さりました。「でもDeNAはずっと最下位のチームだったんでしょ?」そうでした。昨年Aクラス入りを果たし、いつのまにか強豪になったかのように錯覚していた自分に気づかされました。選手層も戦術もまだまだ薄いチームなのだから優勝のための算段をしたり、高度な戦術を使うなど俄然無理な話なんじゃないかと思ったわけです。これまでなぜ凡事徹底ができないとか、なぜ指揮官は場当たり的な采配ばかりをすると批判していましたが、そもそも当たり前のことができたりセオリーどおりの采配がなされていたら19年も優勝から遠ざかっていないわけです。それでもDeNAになりドラフト戦略も功を奏し、ようやく他チームとも戦える戦力がついてきたわけです。ところがついつい欲目が出て悲願の青写真を投影し、それが巧くできていないことに苛立ちを募らせていたことに気づかされたわけです。

    前置きが長くなりましたが、昨日の試合はまさにベイスターズらしい戦いぶりだったと思います。主将の筒香が(今は3番にいますが)打つと打線が奮起してムードが上がり、大量得点を得て勝利する勝ちパターンです。接戦に競り勝つスモールベースボールや序盤に先制点をあげて逃げ切るリリーフ重用もシーズンを戦う上で大事な戦術ですが、やっぱりベイスターズの戦い方はコレなのかと!つまり投手陣に疲れの見える季節だけに下剋上を狙う挑戦者としてできるだけ多くの試合を打ちまくる打線頼みの戦術しかないのかなと個人的には思うのです。そうするとベンチ選手の入れ替えもはっきりししてきます。いつまでも結果の出ない選手は覚醒を目指す他の二軍選手と入れ替えて風通しをよくすればいいのです。二軍選手の中になかなか思ったほど結果が出ていない事実も勿論知っています。網谷も細川も佐野も百瀬もまだ一軍起用の段階ではありません。ですが残りのシーズン、できるだけベンチの入れ替えを活発にしドラ1の白崎を使っているぐらいならば同じドラ1の啓二郎を使って頂きたい。また山崎憲晴にも出番を与えてほしい。そして選手たちは自分の持っている個性を全力でアピールしてほしいと思います。

    1. コメントありがとうございます
      正にその通りですね、おそらく東北ベイ党さんのこのコメントが
      ベイスターズというチームの本質なんだと思います、そしてそれがこの球団の歴史ですよね
      実は今日これから書こうと思った記事はこの優勝できなかった19年についての考察を書こうと思っていました
      そういう意味では非常に参考になるコメントです
      ただ、私は実は今こそベイスターズが変わろうと試してみるチャンスだとは思っています
      緻密な野球を本気で取り組んでみるのもいいと個人的には思っています
      そして高田GMにしてもラミレス監督自身も本当は緻密な野球を理想としているのだと思います
      これは前任者中畑監督もそうだったと思っています
      ただ、同時にその緻密な野球が選手が出来ずに仕方がなく大味な野球をするしかなかったんだと思います
      しかし今までの20年はそうだったのかもしれませんがこれからの20年間を考えた時
      私は緻密な野球を本気で取り組んで欲しいと思っています
      と、話は長くなりましたが
      言いたいことは山崎憲晴を使って欲しいですね!本当に見たいですね!

      1. ここに緻密野球を勧める本旨が書かれていましたね。改めて拝読致しました。
        >高田GMにしてもラミレス監督自身も本当は緻密な野球を理想としているのだと思います
        これは前任者中畑監督もそうだったと思っています
        ただ、同時にその緻密な野球が選手が出来ずに仕方がなく大味な野球をするしかなかったんだと思います
        >しかしこれからの20年間を考えた時、私は緻密な野球を本気で取り組んでほしいと思っています。

        球界が、いやDeNAが20年先を考えたチーム編成を本腰で取り組んでくれるといいですね!
        私は今永あたりがチームリーダーになる頃、そういう取り組みに挑めるかもと思っています。

        1. コメントありがとうございます
          DeNAが本気で球団をずっと持ち続けようとするなら20年先、このチームが盟主と言われるようになって欲しいと思います
          仰る通り今永はもちろん、山崎もそうですが今の若手がその意識を持てば変わってくると思います
          私も20年先を考えてみていきたいですね

  2. 他球団を羨んでもしょうがありませんが、昨日のヒーロー福留を休ませるなんざぁー虎の層の厚いこと。で、出てくる選手が文字通り、虎視眈々とレギュラーを狙っており、正にeye of the tiger でプレーしてますね。

    せっかくスカッとした勝ち方したのに水差すようで申し訳ありませんが、虎との間には、何か埋められない大きな差があるように感じてなりませぬ。

    1. コメントありがとうございます
      阪神とベイスターズの差は仰る通り埋められない大きな差がありますね、それが今の両チームの差ですね
      開幕前ノーマークだったタイガースが今こうやって層が厚いのは本当に悔しさも感じます

  3. まさにベイの勝ちパターン、采配が絡まない試合であったが、不満はある。それは勝ったからクローズアップされないが、無死1、2塁での濱口のバント失敗。これは采配ミスではないが、単なるスローガンで機能してない「凡事徹底」????への不満。
    ファームにいて投げられない間にフォームで何をやらせていたのか、1日中走っていたわけであるまい。
    特に先発陣は、2回、3回と打席が回ってくる。バッテイングは期待しないが、送りバンドは確実にできるようにキャンプ、シーズン中、ファームみっちりやって、いたコーチ陣はメニューを与え1日100本くらいやらせるべきである。下手な選手は怪我の心配もあるが自分の勝利のためでもある。
    下手な選手は遅い球、変化球で良いから、バンドの構えからみっちり教えるべきである。
    丁度今、手本となる高校野球をやっている。バンドは構えだけみて、下手か上手いかすぐわかる。
    練習すれば上手くなる。今のベイはリリーフ陣を厚くしているから野手の登録が少なく、手薄。
    ダミレスは誰もやっていないことをやることが好きみたいだか、それならまもなく1軍復帰と思われる石川、田中に頼らずに、バンドをやる選手を代打要員をFOX監督は提案したい。
    先発投手で当日、明らかに投げない選手をバンド要員として代打で出す。勿論、みっちり練習しないと無理であるが、そうすればバンドで野手を使わずに済む。
    最近、田中⇒柴田、宮崎⇒シラタキと言った守備固めとは言えない単に野手を無駄遣いして、後半、延長で同点にされ選手を使い果たしているようなケースが目立つ。先日も筒香に代走を惜しみ、延長で1点負けていても宮崎に代走を出さない、呆れた采配は怒りが止まらない。

    三上を一度ファームは私も大賛成。10日の内5日は完全休養。これは三嶋も同じ。そして高城も不要であり石川を1軍に。もう少し言えばシラタキor乙坂or荒川の内2人ファームで啓二郎、関根を上げる。
    試合が無い日ではあるが、1軍、2軍の入れ替えも大事な戦い。調子が良い選手をいかに起用するか。
    首脳陣の戦いに休みはない。

    投手を8番に置くことのデメリット

    1. 投手を8番に置くことのデメリットは書こうと思っていて、送信してしまいました。
      いずれまた。

    2. コメントありがとうございました
      バント失敗は今シーズンベイスターズは多すぎます
      はっきりいって凡事徹底とは何だったのか、キャンプで何の練習してきたのかと思いますね
      今の1軍でバントが1番うまいのが移籍してきた田中浩康というのも皮肉ですね
      バント臨時コーチで三浦に徹底的に教えてもらうべきでしょう、その時ラミレスも一緒にバント練習して欲しいですね
      宮崎⇒白崎の守備固めを意味がよくわかりません
      白崎は代打としてもっと起用して欲しいですね
      松本、関根をあげて荒波、乙坂をさげるのがいいと思います
      とにかく選手の入れ替えはここからミスは許されませんね、そこをラミレスはどう考えているのか…

  4. 昨日は開幕カード以来濱口戸柱バッテリーなのが少し不安でしたが問題なく抑えられて安心しました。
    Aクラスの座を守りきる上でも2位争いの直接の相手である阪神に3タテだけは避けたかったなかルーキー濱口と主砲筒香という看板になる選手の活躍で勝てたのは大きいですね。
    まあ打順については相変わらず不満があります。梶谷が捕手と投手に挟まれてるため盗塁仕掛けにくいとか倉本が調子上がってきてるのに9番とか。

    1. コメントありがとうございます
      濱口をうまく戸柱がリードできて良かったです、ただこれで高城も自身の立場が危うくなってしまっただけに奮起して欲しいです
      とにかく阪神に3タテしなかったことは評価できます。ただ同時に勝ち越すことはできませんでした
      これは2位を狙うという目標が厳しくなってきたということです
      さあ、ここからどういう戦い方をしていくでしょうか

  5. 現地観戦してきました〜。久々の楽な試合。
    なにより阪神に3ゲーム差に戻せた事がよかった。
    阪神投手が松田という時点で負けられない試合でしたが。
    さて内容ですが、濱ちゃんそんなにいいとは言えないながらも尻上がりにそこそこ投げてくれましたね。
    この安定性は、今永に続くところじゃないかな。
    そして、筒香が2本連発できたのでさあやっと爆発できるかと期待出来る今後ですね。
    ちなみに今日の試合は、ベイスターズ得意の相手のミスとホームランによるものが大きいです。
    中谷はおそらく照明が目に入ったのでしょう。
    普通なら倉本の打球アウトでしょう。
    今日のようないけいけどんどん、やはり今のベイスターズにはこれしかないんですよね。結局。
    緻密な野球、スモールベースボールなぞ、秋季練習、春キャンプでチーム方針のもと練習しないと
    できないんですよね。
    昨年秋秋季練習でバント練習の徹底したはずができないんだから、ろくな練習、指導ではなかった訳ですよね。
    8月まだ、半分以上ありますがやはりラミちゃんでは優勝は無理ですね。
    来期以降、もし今期2位になっても優勝を球団が本当に狙いたいんなら監督は代えるべき。
    代えないのだったら、ラミちゃんの得意な(選手を勝手に打たせるというべきか)いけいけどんどん打線を
    大補強しなくては球団はいけないでしょう。
    ラミちゃんで来年優勝狙うには、85年の阪神打線のような打線を組めないとこのままじゃ無理ですね。
    今年は昨年より、戦力向上しています。まだ層は薄いですが、2位にいて然るべき所でした。
    そういえば、三上の件ですが梶谷ヒット打たずに凡退していたら三上続投だったみたいですね。
    ピッチング練習していたので。
    調整したいのなら、そのまま三上打席でもよかったのでは?
    快星会さん曰く2軍で調整させないのであれば。
    なんだか、ちくはぐな印象を持った場面でしたね。
    ゴメス見れたのはよかったのですが………..来季も見れるのかは微妙な感じですね………..厳しいかな………..。
    ともかく、次は中日も打線が安定してきているので最低でも勝ち越しをして読売戦に向かってほしいですね。

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦お疲れ様でした、いい試合みられて良かったですね
      濱口が先発として大丈夫そうなのと阪神に勝ったことで昨日は全て良しと言えます
      筒香に関しては既に我々が評価する域を越えたスーパーモードに入っていますね
      さて、来シーズンの話でいえば私も緻密な野球で本気でこの球団を強くしたいなら私はファンの反感を抱いても仕方がないような
      人気はないが確かな実績を残せる監督を呼ぶべきだと思います
      そしてそれが出来ないなら大補強をするしかないでしょう
      ただ、それも果たしてファンが望んでいることなのかというと…
      後藤は昨日の三振でかなり来年もユニフォームを見られる可能性が低くなってしまった気がします
      明日からの中日戦しっかり勝ち切って欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。