巨人に塩を送り、勝ちを捨てたラミレス采配 擁護不要で予後不良な指揮官 2017年8月18日対巨人9×-7●


巨人に引導をわたせるか

2007年からはじまったクライマックスシリーズも
今年で11年目を迎えようとしているが
ここまでの10年必ず出場していたのが読売ジャイアンツ
つまりこの10シーズンこの球団がBクラスに転落したことはない
しかし現在4位、ベイスターズとのゲーム差は5
今年は大型補強を敢行するも
陽も期待通りの活躍をしたとは言えず
マギーを獲得したことで村田をベンチに置かなければならない状況が続くなど
高橋監督の頭を悩ませることの方が多かったようだ
極めつけは山口の暴力事件で補強などしなかった方が
監督としては気が楽に采配を揮う事が出来ただろう
ベイスターズはここまで巨人に対して7勝9敗1分とやや分が悪い
先月末の2連敗の悪夢が残る東京ドームでの対戦
このカード勝ち越すことが出来れば引導を渡すことが出来るが
負け越せばCSもまだわからなくなってしまう
相手はCSだけは逃したことがないチームだけに油断は出来ない

先発田口を打ち崩し石田が好投出来るか

今日の巨人の先発は田口
週末にベイスターズと対戦カードが多いので
田口菅野といった表ローテを相手にすることが多い
特に田口には対戦防御率1.13と良く抑えられている
筒香、ロペスといった選手がいても田口相手にまだ本塁打を1本も打てていない
筒香に至っては今シーズンまだ4打数0安打とヒットが出ていない
田口相手にチャンスは少ない、立ち上がりをしっかり攻めたい
一方で開幕投手を任されながら結果が伴わない石田
既に今永とは大きく差が離れてしまった
前回は4回途中7失点
田口とは同郷広島対決
大事な1戦で不甲斐ないピッチングを見たくない

初回の理想的な攻撃、しかし1得点

ベイスターズ打線が田口を打ち崩すなら初回と踏んでいたが
先頭の桑原が素晴らしい働きを見せる
変化球主体の田口に下手に手を出さずしっかりボールを見極め
フルカウントから甘く入ったボールをヒットにした
春先早打ちの桑原に散々罵詈雑言かいたが
今の桑原は非常にいい先頭打者になりつつあると思う
そしてここで田中が300犠打目になる送りバントで2塁に進めると
筒香がタイムリー、理想的な得点で田口を攻めた
田口も何が起きたか理解できずに失点しただろう
しかしここからこのイニングたたみかけることが出来なかった
ロペスの凡退、宮崎がツーベースを打つも筒香は還れず
このイニングは結果的に1点のみ
これで田口を生き返らせてしまった感じがした

石田嶺井の甘すぎるマギー対策

一方で石田もチェンジアップとフォークを効果的に使い
戸柱とは違って上手く嶺井の配球に応えていた
しかし私はマギーには気をつけろという気持ちで見ていた
マギーは東京ドームではここまで8本の本塁打
東京ドームで強いというより東京ドームでしか本塁打は警戒しなくていい
また直球主体のパワー投手より石田のような軟投派の変化球投手から一発がある
特にランナーがいない場面では8本塁打
ランナーがいない時ほど一発に警戒しないといけない
しかし4回裏先頭打者のマギーに
緩いチェンジアップをスタンドに持っていかれてしまう
もう少し注意深くバッテリーも考えて欲しかった
そしてこのイニングさらに打たれ逆転を許してしまった

高橋監督の甘さで貰った4点と継投

そしてこの試合の1つ目のハイライトになる6回の攻防
6回表
筒香のこの日2本目のヒットと宮崎の芸術的な右打ちで
チャンスを作り嶺井のタイムリーで同点に追いつく
今日の田口は変化球のコントロールがいまいちだった
そしてここで7番梶谷
私は梶谷を歩かせられた後ベイスターズベンチは石田に代打を出せるか
出すなら誰を出すかに注目していた
ところが巨人小林は立ち上がらない
座って勝負を避けるつもりかと思っていたが
巨人バッテリーは勝負して梶谷にスリーランを打たれ3点勝ち越し
もちろん打った梶谷を誉めるべきだが
ここでの巨人バッテリー、もしくは巨人ベンチの甘さでもらった勝ち越し弾だ
もし私が巨人ファンで「水道橋快楽会~94年10月8日を忘れない~」と言うタイトルで
巨人ブログでもやっていたらこの場面に関しては酷評して書いていただろう
1塁が空いていて次は投手、石田をそのまま打席に立たせれば併殺もあるし
代打をだすことになればリリーフ陣は山崎は脆弱なベイスターズ
そして何より代打陣は数字が悪い、ここは歩かせるべきところなのになぜ
お陰でベイスターズは難なく逆転することが出来た
しかしその裏石田はあっさり坂本にツーランを打たれて1点差まで追い上げられる
次の阿部を打ち取ってラミレス監督は石田を代えた
正直このイニングはひっぱっていい気もしたが
この試合右打者によく打たれていたことを考えるとこの継投はまだ理解出来る
平田がよく仕事をしてくれた

ようやく出た後藤の一打

そして7回表
巨人2人目西村が1死2,3塁のピンチを作ると
先ほどのイニングの反省からかここでは梶谷を歩かせた
そして8番投手のところで代打後藤
正直西村相手だから乙坂や荒波を出すような采配をするんではないかと
不安で見ていたがしっかり後藤を打席にいかせた
ヒットが出ていないが乙坂や荒波より四球が選べる分
後藤の方がまだ得点が期待できる
そしてここでようやく今シーズン初ヒットがタイムリーとなって貴重な追加点
後藤もこれで本来の打撃に戻ってくるだろう

7回に三上を出し巨人に3点を譲り返す采配

そして7回
今度は高橋監督に負けず劣らずラミレス監督が魅せたへボ采配
敢えてへボ采配と書かせていただく
防御率5点台の三上をなぜ7回に出したのか
ラミレス監督お得意のデータでも
三上の巨人戦の対戦防御率12.15という数字は頭に入っていないのか
三上以外ならパットンでも砂田でも田中でも誰でも良かった
なぜ、わざわざ三上を投げさせなければならなかったのか
これもお得意の“レギュラーに決めた選手は外さない”という信念なのか
三上は今ファームで調整しないと
来シーズン以降の野球人生にも関わるほどの不調
メンタルも技術的にも今は調整が必要だ
そして今日も案の定ピンチを作り1死2,3塁にした
ここで投手を変えていいところで陽の場面でも続投
結果は最低最悪な同点本塁打
こういった采配をこの大事な場面でする限り
シーズン終盤まで巨人に引導を渡せそうにない
それどころか逆に喰われてしまう可能性も充分ある
ゲーム差がいくらあっても安心できない
4回に高橋監督が采配ミスで梶谷本塁打を打ったが
その譲ってもらった3点をしっかりここで譲り返す
人情派の監督ということか
そして三上の後にエスコバ―を出したラミレス監督
なぜ、頭から投げさせないのか
エスコバ―は連投が続いているから出し惜しんだのか
なら、なぜ昨日今永にもっと投げさせないのか
本末転倒な采配だ、しかもエスコバ―は回跨ぎとなった

嶺井に代打乙坂…理解の出来ない采配の連発

そして9回表にも不可解な采配があった
先頭打者の今日当たっている嶺井に代打乙坂を出す
カミネロ相手に打っているからという理由なのか…
しかしそれなら8番投手のところでいい
わざわざ当たっている嶺井のところで出す必要はない
理解できない起用で9回表も得点出来なかった
9回裏砂田が何とか踏ん張っ延長に持ち込んだが
勝てる雰囲気はないまま、宇佐美にサヨナラ弾を浴びた

負ける采配でしっかり負けた

今日は勝てる試合だったし勝たなければならない試合だった
しかし残念ながら指揮官もしくは首脳陣の不可解な采配で負けた
敵に塩を送った采配、これでは巨人に引導どころではない
巨人に喰われるだろう
今日の敗戦は普通の1敗以上に大きい
しかも選手のミスではない、采配ミスだ
試合後指揮官は自らの采配を自省できるだろうか

明日は別の日ではない
この内容でANOTHER DAYにされては困る

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. いつもながら適格な分析されていますね。采配を見ていると監督の度量不足でしょうね。特に投手については交代時期、選手の選択ともに最悪ですね。どうしても人並みに7回より継投にしたいのなら権藤にでもやってもらうべきでしょう。草野球並みですね。ますます暑くなります。明日濱口で勝てないと6連敗の可能性がでてきましたね。
    それでも来年ラミレスなら続投なら救いがないですね。ようやく筒香がよくなってきたのに。。。。
    とにかく三上は今年は終わっています。砂田もラミレスの使い方の稚拙さで潰れかけています。須田をつぶした如く。監督に物申す投手コ-チでないと。。。。。ファンの怒りの頂点です。
    何度も同じ間違いを平気でするのは勝負音痴ですかね?????

    1. コメントありがとうございます
      この球団は球団の言いなりになる監督を求めているのでラミレスを変えることはないでしょうね
      三上、砂田、須田が潰れこの監督は次は何を潰すんでしょうね
      チームを潰さないことだけを望みます

  2. 既に貴殿含め、多くの方がコメントしている通りです。

    実は三上を出すまでは、初めてラミレスいい采配やったとコメするつもりでした。
    1回の田中のバンド、先日来語っている、相手投手がエース級である時は先制点のためにもバントがするべしと力説したいたことを実践。そして7回の代打後藤は、ここで後藤を出せと念じていました。しかしある意味ここで使われない、左の乙坂、荒波はもはや信頼されていない。
    ジョニーさんも言っているが、これは中日戦で今永降板で得意の無駄遣い継投、まさかの山崎投入までやったツケ。次が巨人戦ということを思えばあの無駄遣い継投があり得ない。
    まして、三上や砂田のに関しては7月初旬ころから、一度ファームでリフレッシュ。それも最初の5日は投げさせないで完全休養させるべしと言い続けていたが、それをすることもなかった。
    もういい飽きたが、監督の采配はその日の試合だけではなく、ファームとの連携を取りいかに疲れが見える選手、好調な選手を見極め使うかも問われる。
    中継ぎ投手も馬鹿のひとつ覚えの無駄遣い采配。これでは今年須田が潰れているが、来年は総崩れする。この話はいずれ、しっかりコメしたい。
    今回の無能采配に関しても自責コメントは無し。あきれ果てるだけである。

    三上に責任を無し付けるた入れ替え要員は藤岡?国吉?尾中?
    野手も高城は何のために居るの?荒波、乙坂も信頼していないなら降格では?
    飾りの飯塚は5日間何してるの?

    兵法に「天の時、地の利、人の和」があるが今のダミレスは天候を考えていない飯塚の無駄登録、雨で中止があり得る試合で先制点を取りにいかないバンドを1回にしない作戦、裏表を理解してない選手起用、選手、コーチ、ファームと連携が取れていないお気に入り重宝采配。
    これでは接戦で勝てる訳がない。のむさんの名言がまたまた身に染みる。
    「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の 負けなし」
    ベイの勝ちは采配に関係なく、選手が頑張った時で
    負けはダミレスの無能采配ばかりで本当に不思議の負けはない。

    だが、やはりダミレスは所詮、ダミレス。7回三上投入は耳を疑いましたし、2、3塁でも続投は
    論外。まさに無能采配としか言いようがない。

    1. すいません。
      最後の3行は下記の下に入れている語句です。

      実は三上を出すまでは、初めてラミレスいい采配やったとコメするつもりでした。

      東北ベイ党さん
      私もラミレスナイス采配と言いたいが、今日も猛批判です。

    2. コメントありがとうございます
      さて昨日の試合、FOXサンと話したいこと山ほどあります
      おそらく実際あったら昨日の試合だけで5時間は話込むでしょうね
      私も三上を出すまではラミレスの采配をある程度評価していました
      しかしまさかの三上継投…しかも2,3塁にしても代えずに続投、結果は同点
      そしてリリーフ陣を休ませると言いながらの2イニングの砂田
      最早ラミレスは私に記事をかくネタを提供してくれているんだと思わなければやりきれません
      自身の采配ミスを何かとデータで言い訳をしてきたラミレス
      今年CSを逃したらどんなデータを出して言い訳するんでしょうね
      そして今日の試合も私は怒っています

  3. 現地観戦でした………最悪。
    まず、投手陣 石田は立ち上りはよく球数も少なかったのですが途中からいつものように被弾しました。
    坂本のツーランは余計でしたね。
    いいときの石田ではなくなってきているので、今後も心配です。
    平田を僅差の展開で使った事はよかったと思います。
    前から言ってましたが、敗戦処理投手なぞ不要で平田でも場面によりますが十分働けると思ってました。
    さて、エスコバー3連投でしたがなんとか防ぎましたが。
    三上……登板させたあと2.3塁になったらやっぱり交代させないと。
    砂田もいいピッチングしていたのに残念です。
    ストレートをインコースに要求すればいいものを、スライダーばかりでは………リード面がどうかと思います。
    数々のご指摘ごもっともです。
    ただ、今に至る迄の投手起用のツケが今出てきてますね。
    中継ぎ陣の過登板、点差開いての勝ちパターン継投。
    前から夏場まずくなると言ってましたが、その通り。
    最近になって、コーチの進言か分かりませんが多少気を使うようになりましたが時すでに遅し。
    三上抹消になりましたが、どんどん投手入れ替えて乗り切ってほしいものです。
    で、打撃陣。点取っているのですが勝負所で点が取れない。
    序盤追加点が上げれない。
    同点にされてから延長迄見事に抑えられてしまう。
    残塁が多く、どうも打線の巡りが悪いですね。
    ロペスも一時期の勢いなく、3番筒香にこだわるなら4番宮崎でもいいのでは。
    みなさんご指摘の6番倉本でいいと思うし、8番投手代えないのなら9番梶谷でいいでしょう。
    (本来の9番投手の方がいいのですが、今更言った所で)
    あとは、2番倉本でいけいけどんどんするならいいかとも思うし、ちょっと考えてもらいたいですね。
    収穫はゴメスにタイムリーが出た事。
    あと、話はちょっと逸れますがビジターレフト席の7回の読売の闘魂込めての時、ブーイングはまあよしとして、『ゆけゆけそれゆけ』の所を『死ね死ねくたばれ』とけっこう多くのベイスターズファンが叫んでましたが、もう慣例になってしまって楽しんでいるのでしょうが、『くたばれ』はまあいいとしても『死ね死ね』と
    言う表現はとてもベイスターズファンの品位を汚すと思います。
    どこかのチームの真似から始まったのでしょうが………
    夏休み、子供が多いのにどうなんでしょう?夏休みでなくとも大の大人が情けない。
    応援団主導ではないが、放置するのもどうなんでしょう?
    一人でもこのコメントを見た方に、ベイスターズファンがもっといいお応援をできるようにご協力をおねがいしたい。
    ともかく、3連敗だけは避けたいですね。
    井納次第。

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦お疲れ様でした、もう昨日の試合を見た同士の方には頭が下がる思いでした
      最後まで応援御苦労さまです
      さて、昨日の試合の批評をしたところで他のコメント返信と重複してしまうので
      ここでは最後の部分に関してコメント返信します
      「死ね死ね」を言って楽しむファンは残念ですね
      私が子供の頃ホエールズファンはアウトコールはしないし守備の相手チームがマウンドに集まると応援をやめるなど
      よっぽど巨人より真摯なファンでした
      父親に「大洋ファンは本当に横浜人らしくスマートだ」と教えられてきました
      しかし一部のファンによってそういう部分が崩れているのは残念ですね
      12年くらい前ハマスタライトスタンドであるベイスターズファンがライトを守る高橋由伸に「由伸死ね」と言っていたのを
      連れの友人と注意したことがありました、そしたら「このガキー」とそのファンに逆ギレされたことを思い出します
      まあ、こういうファンはどこにでもいると思いますが
      そういうファンを少数派にする努力を球団もしていかないとなりませんね
      かといって、違う意味で球団の言いなりになるファンでも困りますが…笑
      と、いっても今日の試合批評も酷評する私です笑

  4. こういう試合でも冷静に批評できる快星会様は素晴らしい!昨夜はとても冷静に試合内容を分析する余裕もなくふて寝しました。今季最も印象の悪い試合運びでした。

    序盤からの1点先取はこれからのDeNAの戦い方に期待感を与えてくれました。途中所用で席を外していたのですが、低調な梶谷相手に先発田口が勝負を挑みスタンドギリギリの3ランをもぎ取った時には小さくガッツポーズをしたものです。ところが先発石田が今日もピリッとしません。先頭のマギーを出し坂本に2ランを献上、そして阿部慎之助を抑えたところでベンチは平田と選手交代。この采配はどうなんでしょう?最初に思った迷采配でした。(後続を平田が抑えてくれたので結果良しです)7回にはついに代打後藤にタイムリーが生まれ続いて倉本の犠飛で今度こそ勝負ありと確信しました。ところがその裏に登板したのが三上。8回の起用と拘っていた指揮官が不調の三上を7回で投入するとは理解できません!そこはインタビューでもっと突いてほしいところ、油断し過ぎもいいところです。火消しに登板したのは連投のエスコバー、しかも8回もイニング跨ぎをさせるとは愚の骨頂。9回には砂田を放ち10回にも跨がせてTheEnd。FOX様の猛批判が想像できます。素人目からしてもなぜ7回に三上だったのか、明確な理由がよくわかりません。もしあそこで砂田だったら、いや健二朗だったら、結果論ですがエスコバーでも全然違う展開になっていたはずです。これは采配の大失敗。打たれた三上と砂田が気の毒すぎます。監督には”Tomorrow is another day”とは言ってほしくない。昨日の試合をベンチには猛省して頂きたい!こんな試合をやっているようではAクラス圏内などお笑い種ですよ。ひどすぎる!

    1. コメントありがとうございます
      いえいえ冷静ではありません、はっきりいって腸は煮えくりまくっています。
      さて昨日のアホ采配でベイスターズは敗れ今日も予想通り敗れました
      今日の試合に関してはこの後書く記事に譲りますが
      昨日の試合は最低最悪な試合でした、監督解任話がでていいでしょうね
      平田の交代も不思議でしたが全ては三上を出した指揮官の采配
      すでにあの采配をした時点で八百長を疑われても仕方がないレベルです
      一度監督がファームに落ちて休養した方がいいのかもしれません
      すいません、コメントは冷静になれませんでした

  5. 現地で観戦してましたが、最悪の気分でした。
    快星会様のご指摘の通り、三上の投入と乙坂の代打。
    何してんの?って思いました。

    まず三上の投入。
    これは、昨日今永を7回で降板させたからだと思います。
    昨日今永をもっと引っ張っていれば、昨日はエスコバーの登板はなかったでしょうし、あの場面はエスコバーだったでしょう。しかも、同点に追いつかれてからエスコバーを投入し、回またぎ。
    意味が分かりません。
    さらに、今日は康晃は休養日だったようですね。
    だったら、なぜ康晃をセーブのつかない場面でも投入するのか疑問です。

    そして、乙坂の代打。
    私はどこかで康晃が投げるものだと思っていたので、嶺井を代える理由が分かりませんでした。
    あの場面なら、エスコバーのところで乙坂でしょう。

    また、ご指摘の通り、梶谷のホームランは巨人のミスですね。
    普通は敬遠だと思うので、巨人バッテリーは馬鹿だなあと思って見ていたのですが、こっちのベンチが馬鹿でした。

    これ、下手したら3連敗ありますね。
    井納に一世一代のピッチングを見せてもらうしかありません。

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦お疲れ様でした、非常に腹がたつ試合だったと思います
      それでも最後までの現地での歓声、声援に頭が下がります
      さて山崎を休ませるならなぜ、昨日今永をもっとひっぱらなかったの?エスコバ―は休ませなくて良かったの?
      砂田も田中もいるのになぜ、三上?まさに私もジョニーさんと同じ意見です
      そしてこれで今日は砂田、エスコバ―は休養日にするんでしょうか?リリーフ陣を崩壊させたのは指揮官自らですね
      乙坂の代打も本当の勝つ気があるのか?って感じですね
      さてこのベンチの馬鹿な采配を井納が黙らせる好投するしかありませんね

  6. いつも、慧眼だなあと感心しながら、拝見していました。ただ、ここまでのところ、貯金も有り、快星会様ほどには酷評はしなかったのですが、流石に今日はラミレスの緊張感のない采配に気分が悪くなりました。多分、来期の契約オファーが既に来ているんですね。そうじゃなきゃ、こんな弛緩した采配など出来ません。CSは別にして、監督は変えるべきであると思いました。

    1. コメントありがとうございます
      契約は延長されているんでしょうね、もう
      この試合の緊張感のなさはそうでなければできません
      最早擁護不要な采配、私も記事では酷評しながらどこか心で擁護していた指揮官ですが昨日の試合は擁護出来る要素がありませんね
      残念ですがこの指揮官で優勝を来年以降狙うのは厳しいでしょうね

  7. 今シーズンワースト采配と言ってもいいかもしれない試合でしたね。
    何よりまずご指摘の通り7回三上です。ラミレス語録によると登板過多の山﨑を休ませ抑えパットンでいく予定のためあそこで使える右投手は三上しかいなかったとのことですが、今季三上は基本的に成績悪く特に対巨人、東京ドームとも壊滅的な数字です。どうせ代打も出てくる場面ですし左右にこだわらず砂田田中エスコバーの誰かで良かったでしょう。三上が出てきた瞬間から嫌な予感しかありませんでした。
    ようやく抹消が決まったそうですが遅すぎです。他の監督ならもう2,3ヶ月は早く抹消してじっくり調整させてたでしょう。
    ゲーム差的に少なくとも3タテだけは避けたいこのカード、難敵田口を攻略して勝てるいい流れだったのを采配ミスで追いつかれ最後は相手若手のプロ初ホームランでサヨナラ負けで勢いつけてしまうという最悪な流れに変えた試合ですね。

    1. コメントありがとうございます
      私は記事を試合みながら書いていたため、今日は勝つと思ってかいていたので
      三上を出したことには唖然としました、そして案の定
      今日は確実に勝てる試合で普通のことをやれば負けない試合でした
      結局首脳陣が凡事徹底できていないんですね
      なぜ山崎を休ませるならもっと考えた継投をしなかったんでしょうか…理由がわかりません
      結局無駄にリリーフ陣が疲労蓄積しただけで勝利も逃しました
      これでこのカード負け越す確率が高くなりましたね
      非常憤りを感じる采配でした

  8. ほんとです。今日はひどいです。三上は一旦調整して、9月後半に備えたほうがいいと思います。

    1. コメントありがとうございます
      ようやく三上を降格させる決断ができたようですが、果たして9月後半までに調子を戻せるか
      私は今年は三上にはゆっくり休んでもらうことも手だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。