“yesterday is not another‐day”采配に酔った指揮官のツケとそれを払うファンと選手 2017年8月19日対巨人1-6●


温厚なベイスターズファンが怒った昨日の采配

もし昨日の試合を見て私とは正反対な良識なファンは何と言うのだろうか
「これはきっとベイスターズファンが試されているんだ」と強く言って我慢できるか
実は暗黒時代私は常に自分にこんなことを言い聞かせてベイスターズの試合を見ていた
確かに暗黒時代はそれで良かったしそれが自分のメンタルを保つのに必要だった
しかし今、ベイスターズは3位はもちろん
それ以上を狙っていかなければならない位置にいる
昨日のようなふざけた敗戦を「試されている」とメンタルを保つ必要はない
あの7回の采配で失った物が多すぎた気がする
それはあの同点弾を浴びた三上がファームに落ち再起不能になってしまったかもしれないこと
砂田がイニング跨ぎで疲労困憊になり、いつ次の三上になるかわからない状態
そして勝てる試合を采配で落とされチームの雰囲気は最悪になってしまったということ
温厚なベイスターズファンが怒った昨日の試合…そしてあの采配
まずは今日の試合を振り返る前にあの采配をもう一度考察する

全ては17日の今永100球交代だった

指揮官の語る
「tomorrow is anotherday」
「明日は明日、切り替えていこう」
いい言葉だとは思う、しかし切り替えるという言葉
我々ファンが暗黒時代よく耳にした言葉
その時の指揮官が口にしていた言葉だ
前任者中畑清も負けるとよく「切り替えるしかない」と話した
しかしこの「切り替える」という言葉ほど負け癖がつきやすくなる言葉もない
前日の失敗を引きずらないのはプロであれば当然のこと
しかしプロである以上前日の失敗を自省し次につなげなければならない
それがプロとして一番大事なことだ
だからこそ指揮官にtomorrow is anotherdayなんて吐いて欲しくない
明日は今日と繋がりその前には昨日があるのだから
昨日の反省を出来ない者が明日を語ることはできない
あの7回三上の継投
当の指揮官は意図をこう語る

「山崎を休ませたかった。パットンを抑えで使うつもりであったのであの場面三上しか右投手がいなかった」

山崎を休ませたかった、ならそれは昨日ではなく一昨日ではなかったか
これは多くのコメンテーターの方もコメントしていることだが
17日の中日戦、最早エースと呼べる今永を7回100球で交代し
8回エスコバ―、9回山崎を投げさせた
今永は4点リードをもらった8回は間違いなくいけた
しかしそれをしなかった
そもそも指揮官の先発100球への拘りが今現在のリリーフ陣の勤続疲労を生んだ
山崎を休ませるつもりがあるなら、なぜ17日投げさせたのか
そもそも今シーズンリリーフ陣の防御率は悪い
先発陣の防御率が3.66なのに対して救援陣は4点台に近い
そしてリリーフ陣は山崎康晃を除けばこの数字はもっと悪化する
もっと先発に長いイニング投げてもらうことが
勝利に一番の近道なはずだ
17日の勝ち試合が昨日の敗戦に繋がったと言える
アナザーデイではない
そして昨日
山崎を休ませたいと言いながらエスコバ―、砂田に回跨ぎをさせたことで
結果的にリリーフ陣をさらに苦しめた
最早傷口に本気で消毒薬だと思って塩を塗っている状態だ
この負のサイクルは止まらない

三上に対しての温情は何だったのか

仕事のお客様で昨日のベイスターズの試合についてこんなことを言っている方がいた

「あの監督は温情采配が多すぎる、言ってしまえば温情で黒星を重ねるタイプ、あれでは優勝はできない」

そのお客様は決してベイスターズファンと言うわけではない
それでも鋭い目を持っている方だなと思った
昨日打たれた三上に対して
私もコメンテーターの方ももう数カ月前から
一度ファームに落として休養させるべきと声があった
特に今年の三上はいい時はほとんどなかった
それなのに防御率が昨日で5.57になるまでファームに落とさなかった

「三上は抹消します、最近安定感を欠くピッチングが続いていましたし。2ストライクをとった後の制球に苦しんでいた。2軍にいってもらって本来の姿を取り戻してもらえれば。調子が悪かったけど、チャンスを与えて結果げ出なかった」

遅すぎた…
既に三上は潰れたしまったように思う
温情でチャンスを与えるなら温情でもっと早くファームに落とすべきだった
昨日の一発で既に彼は戦意を喪失している
だからこそあの後も後続を抑えることが出来なかった
これで指揮官は三上を潰してしまった
昨日の試合悪いのは三上ではない
三上を責めるのは間違いだ、使った指揮官が悪い
指揮官を彼が使い続けてツケだ
しかし指揮官は自分の非は認めない
指揮官は言う

「三上は疲れというよりかは、制球力を欠いている」

いやいや疲れしかない
自身が潰れるほど使い続けてきただろう
指揮官は采配力が欠けているのかもしれない
いや、こういうことを言う私のようなファンが忍耐力が足りないのか
今日の試合前指揮官は言った

「昨日何が起きたというのは全員が知っていること、特に何も言うつもりはない」

何が起きたかわかっていないのは指揮官かそれともファンか
今日も指揮官の采配が敗因の一因となった

エース菅野に勝つ野球をするには

今日の巨人先発はエース菅野
ここまでベイスターズは今シーズン5度対戦
1勝4敗と大きく負け越している相手だ
対戦防御率も1.15
ロペスが菅野に対して対戦打率が.412だが
筒香は.214数字だけ見れば今日のキーマンはロペスになりそうだ
そしてベイスターズの先発は井納
彼には記事でも厳しいことを書いてきたが
今日で3度目の対戦、可哀想と言えば可哀想だ
とにかく井納次第で今日の試合は決まる

7回なぜ嶺井に代打を出したのか

今日の井納は決して好投をしたとは言えないが
それでも要所を締めて試合を作った
5回裏陽にタイムリーを打たれたことは
井納も嶺井もよく反省して欲しいが
それでも6回まで2失点に抑えたのは
昨日の敗戦で負のオーラが出ているベイスターズベンチに
期待を持たせてくれたと思う
しかし不可解なのは7回表
6番嶺井に打席が回ると指揮官は代打荒波をコール
これは明らかに失敗だ
代打に荒波を出したことを怒っているのではない
後藤を出そうが白崎を出そうが鈴木尚典を出そうが私は怒っているだろう
ここでもし代打を出すなら
それは井納を次のイニングで代えることを前提した場合のみ
井納までまわれば代打、まわらなければ続投とか
中途半端な考えであればこれは絶対にしてはいけない
先発投手が好投している場合捕手を途中で変えられるのは
投手も息があっていたのにあの呼吸がずれてしまうし
変わる捕手も試合にすぐ入ることが出来ないのでリードに狂いが生じる

これは野村克也氏もよく言っていたことだ
これは私が長い野球観戦の中でも好投していた投手が
捕手を変えたことで流れがかわるのを見てきた

2011年だろうか
ハマスタでの楽天との交流戦で楽天田中将大が7回か8回無失点で好投していたが
先発捕手の嶋が変わった瞬間、村田に本塁打を打たれたという試合を観戦した
やはり捕手が途中で変わるのは先発投手にとっては百害あって一理なしだ
もし井納を変えるつもりがないなら嶺井に代打は有り得なかった
言うまでもなくこれが7回裏のグランドスラムの一因になった

快星になるにはまだ時間のかかる碧い星

変わった平田がマギーにグランドスラムを打たれたが
最早ここで継投をどうこう言うつもりはない
今更指揮官を責める元気も気力もない
記事にするだけ無駄だ
甘くいってしまった戸柱平田のバッテリーミス
やはり若いチームのだろう
今日の敗戦でベイスターズと巨人のゲーム差は3になった
しかしこのゲーム差をまだあると考えるのは間違いだろう
ベイスターズは巨人阪神に大きく負け越している
さらに今は広島にも負け越しはじめた
巨人がここ最近広島に勝ち始めていることを考えると
この3ゲームは余裕のあるゲーム差でない
黄色信号が灯り始めた数字だ
指揮官は自身が招いてしまったこの危機をどう乗り切るのか
明日負ければCSは赤信号に変わる

しかしこのチームをまだ信じたい
1-6でビハインドの場面でヘッドスライディングをした倉本
8回を無失点に抑えて尾仲
そしてオレンジタオルが振りまわされる中
最後までこのチームを信じたベイスターズファン

快星になるには時間がまだかかりそうだが
選手やファンはまだ腐っていない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. ちょっと言葉になりませんね。どこがどう悪いと指摘するよりすべてがおかしくなっている。選手たちのモチベーションも下がっているし、頼みの采配も信頼できないとなると目標が定まらないので落ちる一方ですよね。梶谷ももはやオフの契約更改のことしか念頭にないバッティングと思います。主軸もここぞの場面で打てないし、代打の成功率はひどすぎて目も当てられません。スタメン野手のほうがまだ打率が良いのですから。

    今日の試合もひどかったですよ。どうやって建て直しを図るのでしょうね。もはや勝ち運も失った指揮官にどんなミラクルがやってくるのでしょうか。ちょっとポジることがしばらくできそうにないですね。

    1. コメントありがとうございます
      この3連戦で全てが崩れてしまったように思えます
      今まさに3位死守も苦しい中で選手の疲労もファンの疲労もピークですね
      ここからラミレス監督が自身の采配を一度全く180度代えるような意識で戦わないと本当にCS出場はなくなるでしょうね
      +要素がない中どういう戦い方をするのか、もはやモチベーターとしての指揮官の役割も出来ていません
      明日からの広島戦後がない中でどう戦うか

  2. 冷静な分析ですね。一番重い責任者が何らの責任を感じていない。コ-チ陣をはじめ誰も真実を語らない。。。

    印パ-ル作戦の失敗を認めなかった中将の如く。三上、砂田、須田、だけでなくこれから何人を犠牲にするつもりなのか? あまりに選手とファンが。。。。。CSも絶望的。とりあえずウィーランド 今永での広島戦の連勝だが。。

    選手にはたして戦意残っているのであろうか? 権藤なり、監督経験者がラミレスの草野球並みの采配を辛辣に批判すべきではなかろうか? あまりに一生懸命な選手、ファンに失礼だ。

    何もなかったような顔で横浜で広島に3連敗するのであろうか?勝ち方だけではなく負け方のほうがはるかに重要である。何等の責任をかんじていないのであれば辞任に追い込むくらいの発言をする人物がひつようである。今までそれがなかったので暗黒時代続いてきたのではあるまいか?

    今回はさすがに憤りを覚えた。

    1. コメントありがとうございます
      真実がわからないために負けが込む、負けが込むから真実がわからない
      まさに今はそんな状態ですね
      今一番必要なのは指揮官がどうやって自らのクビをかけて戦うか
      CSに出られないなら首を差し出す覚悟があるのか中途半端な覚悟で采配をして欲しくはありません
      もし広島に3連敗した時指揮官はまだ平然としているのか
      暗黒時代はまだ終わっていないと私も思います、今が暗黒時代を本当に抜けて出したのかの分岐点ですね

  3. 実はワタクシ、7月末のドーム二連敗と今回の二連敗、全て観戦しておりました。それも全部立ち見で‼️

    投手の交代はどの監督も難しいと言っているのに、リリーフ捕手まで導入。ラミレス氏、完全に常軌を逸してますね。
    今日負ければ、おっしゃる通り赤信号点滅、どころか点灯ですね。あっ安心してください。今日は観戦に行きませんので………⁉️

    1. コメントありがとうございます
      現地観戦お疲れ様でした、立ち見での観戦とは疲れも何倍もあることでしょう。頭が下がります
      しかしこの連敗はべイタリアンさんの責任でしたか(笑)もちろん冗談ですよ
      あんな采配をやられてしまえば、負けない方がおかしいですからね
      ラミレスは采配に酔っていますね、これだけ酔えばそれはチームも2日酔いします
      2日酔いに利くのは勝利だけ
      今日は勝ってくれなければ本当にCSはなくなります…

  4. この連敗は、確実に木曜日に今永を7回で降板させたツケですね、
    おとといしっかり勝っていれば、菅野に対しても余裕を持って対峙できたはずです。
    菅野だってここで3連敗するようなことがあれば、CSは相当厳しくなるのは分かっているはずなので、調子が良くても隙を見せることがあったかもしれません。

    井納は井納なりに良く投げたと思います。良かったとまでは言いませんが。
    嶺井への代打は意味不明です。
    荒波を出して何をしたかったのでしょうか。

    ここ数試合だけでなく、ラミレスは選手の調子を無視した選手起用をしていると言えます。
    そこがかなり問題だと思います。
    選手はロボットじゃありません。
    体調もあれば感情もあります。
    ましてや試合はテレビゲームじゃありません。
    三上も何度も打たれれば、自身も喪失してもおかしくありません。
    今永がいいピッチングしてるなら、今永と心中でしょと思うリリーフもいると思います。
    でも、選手が試合に出たくありませんなんて言えるわけがありません。
    そして、ピッチャーがいい調子で投げているのに無理やりキャッチャーを代えて何したいんですかね。

    昨日の試合を勝てるなんて思ってもいませんが、勝てる試合や勝たなければならない試合を訳の分からない選手起用をして落とすから、菅野が絶好調でも勝てるようにどうにかしろと言いたくなってくるわけです。

    それは、今の采配でも選手が最高のプレーを見せ続ければ問題なく勝てるかもしれませんが、団体競技なのに個人のポテンシャルのみに頼るのはちょっと違うと思います。

    巨人の息の根を止めるどころか、逆に巨人に飲み込まれそうになっています。これは相当痛い。
    濱口、なんとかこの雰囲気を変えてくれ。

    1. コメントありがとうございます
      今の夏場にリリーフ陣の疲労のツケを払わなければいけないのはもう6月頃には分かっていたはずです
      その時もう少しリリーフの疲労を軽減することを考えて野球をやっていればもっと違った形でこの夏場を迎えられていたでしょうね
      そして野手陣にレギュラー扱いしたら絶対にスタメンを下げないと決めたことで控え選手のモチベーションを下げてしまったツケも
      今払っている気がします、選手の調子を無視した選手起用は投手だけでなく野手にもしてきましたからね
      三上は今シーズン帰ってくることは難しいでしょうし、それをしては三上の野球人生を短くしてしまいます
      確かな考えで選手を見極めて選手起用をして欲しいですね
      今年CS出られなければそれは監督の采配ミスです

  5. 昨日の嶺井は菅野に遊ばれ2三振、そしてダミレスが、そこまで考えて嶺井に代打を送ったかは?だが、
    私は昨日の嶺井には怒っています。5回無死1,2塁で小林のバンドをサインプレーで、阻止した後に菅野に高めのスライダー要求し、バンド決められ、陽に2点タイムリー!何故、一番バンドし易い球を要求し、楽々とバンドさせたのか?野村克也なら大目玉でしょう。
    そして皆さんが言うように嶺井代打なら井納も交代でしょう。
    もう一つ昨日のダミレス無能采配は、小林誠敬遠で無死満塁にしたこと。先日の中日戦で味をしめたからの無能采配、打つバッター、投げる投手の違い、満塁で2死を取ってマギーに回ることを逆算すれば、打てない小林で1死を狙い、菅野に代打ならそれはそれで、OKと考えなかったのか?ダミレスは後のインタビューで菅野に代打は、無いから満塁策にしたと話しているが、私にはサッパリ理解出来ない。
    平田を責めるつもりは無いが、ダミレスが急に7回を任せられる投手になったと、褒めていたが陽を三振に取った球やその前の球はびっくりするくらいの甘い球、マギーの時も2,3球真ん中で、打ち損じで助かったと思っていたが最後もまさにホームランボール。
    あのコントロールでは、厳しい。
    後、私が1ケ月前から好調だからと、推していた尾仲だがストレートも走らず、変化球も切れが悪く、たまたま抑えただけ!私がファームで見た尾仲とは別人!旬な時に上げないから?巨人戦でのテレビ放送で力んだから?次の登板はしっかり投げて欲しい。

    最後に長くなるが、阪神の記事を紹介する。
    先日、ダミレスと金本の選手起用の違いを書いたが阪神は平等にチャンスを与えがまさに機能している。
    この記事でも痛切した。監督の違いで2位は無理も確信した。ロジヤースに疲れが見えたから休ませての大山起用の記事です。お気に入り固定スタメンで他の選手にチャンスを与えないダミレスとの違い。そして、選手のモチベーションで違い、これでは阪神に勝てない。

    「3番・左翼」で出場した10日の巨人戦(東京ドーム)。試合前、大山のユニホームだけ真っ黒だった。お尻から太もも、膝下にかけて土がこびりついていた。フリー打撃後の走塁練習でスライディングを繰り返していたためだが、そこに大山の姿勢が隠されていたことを中村外野守備走塁コーチが明かした。
     「スライディングひとつでアウト、セーフが変わります。それが試合を大きく左右するときもある。ベンチスタートが多い大山には練習からやっておけという話はしていた」と説明した後、「でも『スタメンのときはやらんでエエぞ』といったんですけどねぇ」とうれしそうに笑った。もっとうまくなりたい。結果を出したい。そのために、常日頃からどん欲に汗をかく。だからこそ、メジャー経験者の助っ人の代役でも見劣りしない。むしろ食いかねない存在感を発揮している。
     シーズンは残り35試合。福留、糸井、西岡がスタメンにそろい踏み、好調鳥谷、成長著しい中谷らと手駒がそろってきた。将は「今まで…昨年とか今年なかった、うれしい悩みというかね。みんな使いたいですよね」とホクホク顔だ。

    1. コメントありがとうございます
      嶺井のリードは昨日良くなかったですね、陽に対しては甘すぎました
      しかしラミレスは采配に酔っているのがわかりますね
      本当に自分の采配に酔って動かなくてもいいところで動いて試合を壊す
      一度の成功で味を締めて調子にのって、自分は名監督だと勘違いする
      まだ優勝したわけでもないのに自分の采配に酔うようでは名監督と呼ぶには程お遠い器です
      本当は来シーズンは確かに指導力経験のある人物を監督に据えるべきでしょう
      私はロッテの伊東なんて一度据えて見たいですが…
      まあ、この球団が監督を変えることはないと思うのでいっても無駄ですが
      引用された阪神の記事、やはり競争がある球団でこそチームは活性化するでしょうね
      セカンドと捕手にしか競争がない球団が優勝をすることは難しいでしょうね
      今日もまたいつもの打順で勝負するラミレス…今日勝てなければCSは苦しいでしょう

  6. おっしゃるとおり捕手交代が全て。
    平田戸柱、スライダー続け過ぎですね。
    どうも戸柱のリードは、あきらかに外すボール球など教科書通りでもったいない。
    逃げのリードだな〜、打たれてもいいから強気でいってもいい場面だと思うけど。
    逃げのリードで打たれたら目も当てられない。
    それより3安打、ソロホームランのみでは勝てませんね。
    読売ミスしてくれないし。
    まあ、今日の負けはある程度予想出来ていただけに、昨日の敗戦が痛いですが。
    明日、勝てば息を吹き返すでしょう。
    相手はルーキー、こちらは連敗ストッパー濱ちゃんだい!

    1. 濱ちゃんもルーキーだった…………..ルーキーとは思えない濱ちゃん、がっちり勝ちをもぎとってもらいましょう。

    2. コメントありがとうございます
      確かラミレス監督は就任当初、インコースを使ってもっと抉るリードをさせると言ってはずなのですが
      どうも戸柱の弱気なリードが目立ちます
      そして今日菅野に対しての負けは計算していただけに金曜日の逆転負けが痛すぎますね
      今日はリリーフも休めているので内容より結果だけを求めて野球をして欲しいですね

  7. やはり今日の最大の問題点は嶺井に代打を出したことですよね。野村克也氏のその言葉私も見たことありますし正論だと思います。
    投手はそれまで呼吸合わせてた捕手が突然変わりリズムが乱れやすく、代わった捕手は投手が消耗した状態から受け始めるけどそれまでの調子や消耗、相手打者の状態などが(出る前に打ち合わせするにしろ)スタメンより把握しづらいというあたりが原因でしょうか。
    まあ結果的には嶺井がそのまま出場してもその後打たれてたかもしれませんし菅野マシソンを攻略出来ずそのまま負けてたかもしれませんがここまで壊れた試合になることはなかったんじゃないかと思えてしまいます。
    今日ヤクルトのエース小川が5点差ということもありリーグ最強広島打線に対して8回0失点と好投しました。8回に打球が当たったからかルーキの登板数にゆとりがあるからか9回は譲りましたがやはりいけるときはどんどんいってくれるのが真のエースだと思いますしそれは監督が信じて託さなければ育たないものでしょう。
    ラミレスももっと先発を信じて「作られたエース」ではなく「自らその座を勝ち取ったエース」を育ててほしいものです。今のところ今永がその位置に最も近いのでしょうが。

    1. コメントありがとうございます
      嶺井への代打はちょっと考えて欲しかったですね
      作られたエースという意味では、今年開幕投手を任せた石田もそんな感じでしたね
      しかし残念ながら開幕投手を与えたことが彼の成長を少し止めてしまった感じがします
      今永は自身にストイックで一番エースに近い投手であると思います
      後は彼自身が首脳陣に自ら「最後まで投げたい」という言えるだけの気概を見せてほしいですかね
      なぜ、桑原や倉本にフルイニング出場に近いほどの信頼をしながら今永には完投をもう少しさせないのか
      もちろん野手と投手では違うのはわかるんですが、もっと任せていいと思いますね
      さて、今日は絶対に勝たないといけませんね、内容より結果が求められます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。