3夜の奇跡の夢を醒まさせた終盤3イニングでの5失点 2017年8月25日対ヤクルト8-6○


悪夢の3連敗から奇跡のサヨナラ3連勝で…

一週間前の金曜日
我々ベイスターズファンは怒りに満ちていた
「ふざけた采配」、「ラミレスは監督の器はない」、「これでCSは厳しくなった」
私も試合批評では酷評の嵐だった
18日の東京ドーム7回裏の采配は間違いなく今シーズンワーストゲーム
そしてその敗戦でベイスターズは4位巨人に3連敗した
最早CSは苦しくなった…と私も思った
しかし22日からの広島戦
悪夢の3連敗が遠い昔の出来事のような奇跡
いや奇跡を越えた奇跡が起きた
クリーンアップ3連発、9回2死からの同点劇と延長でのサヨナラ、そしてエース今永が打たれてもサヨナラ勝ち
3日間で起きた出来事とは思えないほどの濃さ
半世紀以上起きなかった劇的な勝利
奇跡を越えた奇跡の余韻にまだ浸りたい気持ちがある
しかしその余韻に浸れるほど4位巨人との差が広まったわけではない
劇的な勝利を3夜演出しても巨人とのゲーム差は18日試合前の5ゲームに戻らない

奇跡の勝利はいらない最下位ヤクルトとの大事な3連戦

今日から神宮での最下位ヤクルトとの3連戦
ここまで対戦成績は12勝6敗
6つ勝ち越している
広島相手に奇跡の3連勝をしたベイスターズが
最下位相手に負け越していては
事態はまたドーム3連敗での状況に戻る
あの奇跡の3連勝に本当の意味で付加価値をつけるには
ここでしっかりヤクルトに勝ち越し上手くいけば3タテして
大型連勝を築くことが必要だ
劇的な勝利はいらない、すっきりした勝利を見たい
大事な大事な3連戦になる

先発井納、未だエースになれず

そして今日の先発は井納
既に何度も記事中で触れていることだが
私は井納には俺がエースだという自覚を持って欲しかった
今年で5年目とはいえもう年齢は30を過ぎる
チームの大黒柱になっていていいはずなのだが
1年目が5勝7敗
2年目が11勝9敗
3年目が5勝8敗
4年目が7勝11敗
そして今年はここまで4勝7敗
一皮も二皮も剥けていいはずなのに
彼が二桁上げたのは2年目だけ
それだけに今年は彼に期待をかけたが
ここまで彼は成績も内容もいまひとつ伴っていない
そして今日もそうだった
テレビ中継での解説の斎藤明夫も

「井納の場合はどこまで集中力がもつかがポイント」

彼の場合突然崩れ始める
1回、5回、7回と彼が崩れやすいイニングだ
今日も突然の乱調になって試合を壊して欲しくない
立ち上がり坂口にツーベース打たれていきなりピンチを作った
それでも今日の井納は良かったとは言えないが
何とか先発としての役割を果たした
6回92球で1失点
もう1イニング投げて欲しい気持ちもあるが
ラミレス監督の中で井納への信頼は低いのだろう
ただ今日は私でも井納を6回で降ろしたかもしれない
しかしこの起用では久保や飯塚を使っていると変わらない
やはり彼はエースにはなれない

7回猛攻6得点!打線は好調

そして打線は今日も好調
筒香のタイムリーで3回に先制
そして7回には
梶谷の四球から始まり
桑原、柴田、筒香と連続タイムリー
このイニングで6得点を奪った
今日はヤクルト先発ブキャナンも非常に良かったが
彼が出した3つの四球を全て得点につなげたことは大きかった
そして筒香も好調を維持しこの日は4打数3安打3打点
本塁打もタイムリーも打てる今の筒香こそ本来の筒香だ
奇跡のサヨナラ3連勝から打線は好調
7回表を終わり8-1で大量リード
試合は安心して見られると思った
しかしここからフラストレーションがたまる

終盤3イニングで5失点という失態

井納が6回で降りて不安だったのが
リリーフ陣
奇跡の3夜では先発陣が仕事が出来ず
ほぼリリーフ陣の好投がサヨナラを演出しただけに
尾仲にしてもエスコバ―にしても2イニングの回跨ぎをしている
だからこそ今日誰をリリーフで使うのか気に成っていた
広島3連戦投げていないパットンや
22日に登板しただけの平田二人で2イニング起用するものと思っていた
しかしラミレス監督は7回のマウンドに田中を送った
昨日は投げていないが
広島戦で22日と23日に登板しているだけに
少し不安を持って見ていた
そして案の定田中は大勝ムードに水を差してしまった
中村の不運なスリーベースは仕方がないにしても
その後1死しかとれないのはやはり問題だろう
ここにきて疲労もあるだろうが
リードを考えればもう少し気楽に投げて良かった
しかしこの場面大勝ムードだけに
田中よりは平田を先にいかせて欲しかった

そして8回はなぜかエスコバ―を投げさせた
ここはパットンで良かったのに
なぜ昨日一昨日と連投しているエスコバ―を投げさせたのか
まだ5点差あっただけにここで無理させる必要はない
結局エスコバ―は荒木にツーラン打たれて2失点
3点差にしたことで山崎を出さざるを得ない展開にしてしまった
そして山崎もバレンティンに本塁打を打たれて
試合には勝ったが
終盤3イニングで5失点
しかも勝ちパターン投手を起用しておきながら…
非常に後味の悪い勝利となった

奇跡の夢は醒めた、それでも結果は残せた

奇跡の夢は終盤3イニングでの5失点で醒めた
リリーフ起用は今日は明らかに失敗に見える
特にエスコバ―の起用は納得がいかない
しかしそれでもしっかり試合に勝ったという結果を残した
まだ奇跡の貯金は残っているようだ

今日は批評に多くを割かない
しかし明日以降必ずしも
最下位ヤクルト相手に勝ち越せるとは限らない

奇跡の夢は醒めた

ここからはしっかり勝っていくことが必要だ
巨人とのゲーム差は今日も広がらなかった

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 出れば必ず打たれる三上投手を、ラミレス監督は何故出すのでしょうか?

    1. 1カ月後の返信になってしまってごめんなさい
      三上も今回のクライマックスでは活躍してくれましたね
      さて、日本シリーズではどうでしょう?

  2. 横浜快星会様
    いつも貴殿の厳しくも愛情溢れる批評に敬服しております。
    さて25日のヤクルト戦以降ブログの更新がございませんが
    お仕事の都合等でお休みをされているのでしょうか?
    昨日(29日)の試合など是非貴殿のご意見を拝聴したいと存じます。
    ブログ更新を心待ちにしております。

    1. コメントありがとうございます
      御心配おかけしてすいません、少し週末から今週いっぱい仕事が忙しく試合結果すら確認できず
      記事更新出来ていません、すいません
      また週明けには完全に再開できると思います

  3. 初めてコメントさせていただきます。厳しくも愛情あふれる主様の記事はいつも楽しく読ませていただいています。
    大洋ホエールズの緑/オレンジユニフォーム時代からのファンです。そのころから今にいたるまで、佐々木全盛期を除いて終盤に安心して見ていられる試合は、この25日に限らず(27日だって決して安心できませんでしたよね)まったくないような気がします。が、錯覚かもしれないのですが、先日、希望を持てる出来事があり、勢いでコメントしている次第です。娘が最近ベイスターズファンとなり(うれしいことではありますが、見向きもしなかったのに何故なのか、彼氏の影響なのか、その意味では不安で複雑なのですが)一緒に観戦する機会が増えました。先日の連夜のサヨナラ勝ちのときに、娘から”物の怪がついている”というコメントがありました。彼女は97年生まれですし、にわかファンなので98年のことは優勝の事実と大魔神の存在意外はまったく知らないはずです。確か98年の巨人戦の7点差引き分けだったか、記憶が曖昧なのですが、権藤さんの”物の怪がついている”的なコメントがあったことが鮮明に記憶に残っております。これは偶然の暗合なのか、残り試合から考えてリーグ優勝はほぼ絶望でしょうが、CS進出・突破に希望が持てるのでは、と都合のよい妄想を膨らませた次第。主様の冷静な分析に比してなんともお恥かしい限りなのですが。

    1. 初めてのコメントありがとうございます
      そして返信遅れてすいません
      私は言いたいことをいいながらファン歴は浅く緑オレンジ時代はまだ生まれる前で
      本当にオールドファンの方のご意見は参考になることばかりです
      そして娘さんがこの度ベイスターズファンになったいうことで、とりあえずはおめでとうございます(恋人の影響だと複雑ですね)
      もののけにつかれたという表現は確かにあの98年の巨人戦での権藤監督のコメントですね
      しかし2位となり優勝を狙えるようにベイスターズがなった97年生まれの娘さんがベイスターズファンになって
      あの時のようにベイスターズがAクラス、もしくは優勝も来年以降夢でなくなったことを考えると感慨深いですね
      今年97年のように2位になって終わることができればそれこそ運命を感じます

  4. 貴殿の普通り、奇跡の夢は醒めただが、私は佐久山の勝利にも水をささない程度に無能采配を非難したが、今日はあきれ果てた。
    実はニッポン放送で、ノムさんが解説で、かなり捕手に偏った話しが大方が、外野手出の監督は、細かい作戦がデキない、自分のプレイスタイル采配になるに共感していた。以前も書いたがダミレスは1年1年が勝負の外国人プレイヤー、四球での出塁は殆ど評価されないから、早いカウントから打つが、ダミレススタイル。早いカウントからのヒットばかり評価する偏重で選手は感化されている。
    今日の無能采配を回ごとに羅列する。
    3回2死から桑原四球、この回に結果論、無策で筒香の2点タイムリーがはいったか私なら桑原を走らせた。5回の倉本2塁打、桑原バンドで、1死3塁は柴田にスクイズ。要は機動力野球をやり、相手バッテリー、内野陣を悩ませて欲しい。
    リリーフの不満は貴殿と同じ、先日貴殿に須田、三上に続き潰れそうなのはタナ健と言ったが、現実味を帯びてきた。エスコバーも潰れる。尾仲もブルペンで投げ続けている。
    私なら平田をロングリリーフで起用している。

    後は嶺井のリード、投手に簡単にバンド決められる行為が、情けない。
    全く勝ち気分にならない、試合。
    ダミレス、コーチ陣よ!いい加減、無能采配はやめてくれ。

    1. 昨夜はまたまたの系統の無駄遣い采配に怒りを感じ、22時過ぎから飲んでコメしたので誤字や解説不足あったので補足します。
      3回2死から桑原四球で柴田の時に私なら盗塁は、柴田では長打望めず、ここで桑原がアウトになっても大きな痛手はないから桑原を2塁に進ませたかった。先日の今永先発の時に広島は今永崩しで6回のエンドランを仕掛けている。田中も盗塁している。これは精神的に投手は堪える。打球が当たったせいもあるがチームが今永を崩したと思っている。
      そして1死倉本3塁で私なら柴田にスクイズは、こういう野球をやってくる実績があれば他球団も必ずみているので、相手チームには嫌な印象を植え付けられるという別の効果も狙っている。
      もうひとつ機動力で言うと7回無死1塁ランナー梶谷で代打に石川ならこれ以上ない役者がそろったので私ならエンドラン仕掛けた。結果は単に打っての凡退。
      盗塁、エンドランは失敗のリスクもあるが、バッテリー、内野手は仕掛けてくると思うと疲弊します。梶谷7番になり走る数も減っているような気がする。まー次が投手だと普通は走れないから梶谷の良い面も薄くなっている。
      最後に完全休養日にしていい尾仲、そしてパットンも現地観戦の人の情報だとブルペンでは投げていた話がありました。もしかして故障と思っていたがなぜ、パットンではなく
      エコスバーを連投させたのか?尾仲も休ませる日はブルペンも不要とできないベンチワークに呆れてしまう。

      1. コメントも遅れてしまってさらにはここ数試合試合批評出来ずすいません
        ちょっと仕事が今週どうしても忙しく9月入るまで試合を確認することも出来ず試合批評もできない状態ですいません
        ただ、ここでも仰るようにリリーフ陣に無理をさせているツケが今まさにここでもまわってきて
        先発投手陣も結局疲労で既に投手陣は崩壊をしているように私には見えます
        中日にもし負け越すことがあればやはりあの広島戦より巨人との3連敗が全てだったといえるシーズンになりそうですね
        追伸:記事更新なく御心配かけてすいません

  5. 今日の継投ですが、連投しているエスコバーを登板させたのは納得できないですね。
    結果論ですが、私も8回はパットンが妥当だったと思います。
    ただ、ラミレスは5点リードしているから8回エスコバー、9回パットンで考えていたのでしょう。
    そういう継投をせざるを得ないのは、井納が監督から信頼されていないからだと思います。
    先発が長いイニングを投げられなければ、中継ぎに無理が出る。
    信頼できる先発ピッチャーなら7回の攻撃の場面で代打なんて出されない。
    多分送りバントだったと思います。

    でも勝ったから良しとしたい。
    明日はエスコバーは休養させてください。
    展開によっては、明後日も休養させてもいいです。

    それと、井納と同様ピリッとしない石田も明日は本当にしっかり投げてほしい。
    明日だめなら二軍に行って法政大学の先輩である三上と三嶋と3人でなんで法政大学出身のピッチャーは活躍できないのか、真摯に考えてほしいと思います。

    CS出場が決定するまで、先週の金曜日のふざけたピッチングは忘れないぞ。
    三上が打たれたのもあるが、そもそも石田がしっかり抑えてれば、余裕で勝てた試合だったんだから。
    石田はファンから信頼されるようなピッチングをしてください。

    1. コメントの返信おくれてしまってすいません
      ここでの起用法がこの後の4試合を2勝2敗と五分で終わっている現状につながっていると思います
      先発では井納も石田もウィーランドも疲れがあり
      あの奇跡の広島3連戦も先発は崩壊していただけに
      今のベイスターズは先発もリリーフも疲労困憊ですね
      中日にもし今日負けて負け越すようなことがあれば広島の奇跡もなにもかもなくなってしまうでしょう

  6. 楽勝ムードの終盤、ヤクルトの追い上げは脅威でした。勝ちは勝ちですが、課題の多い試合でした。中継ぎの踏ん張りが利かなくなっているのが心配ですね。

    今の継投に「勝ちパターン」とか「ビハインド」の線引きがあるのか疑問です。監督コメントでは平田は三上の代わりにと言っていましたが、ビハインドの登板も多く、今日は5点リードの中2/3イニングの起用でした。8回には3連投のエスコバーがコールされ、勝ちの方程式の一角のはずだったパットンは今日も出番がありません。そして砂田もエスコバーもイニングを跨ぐこともあります。継投はかなり流動的でお気に入りを連投させるイメージがあります。残り一箇月と少し、この救援陣容から故障者が出ないことを願うばかりです。

    1. 随分返信おくれてしまいました
      すいません
      この日のヤクルト戦での不安が的中したように神宮で勝ち越したにも関わらず
      リリーフ陣の勤続疲労がエスコバ―や尾仲にも見え始め
      指揮官も今や考えがあってリリーフを出しているか謎ですね
      残り1カ月あまり巨人に喰われる可能性も高いでしょう
      広島3連戦のような奇跡が起きることはもう考えにくいでしょうから
      巨人がこけるのを待つしかありませんが直接対決で分が悪いベイスターズが逃げ切るには
      難しいかもしれません

  7. 今日も選手は集中していた。
    ただ、7点差になって集中力が選手そして、監督も切れてしまったのか。
    7点差でも7回の時点で筒香下げるのはどうかと思う。
    まだ20代半ば、なぜそんなに筒香ばかり大切に下げたがる?大いに疑問。
    そして投手陣。
    記事にある通りです。
    井納投げている時から、健二郎のみブルペンでスタンバイしてましたね。
    その流れで7回登板でしょうか?
    おっしゃるとおり平田でいいでしょ、それも2イニング。
    あわよくば3イニング投げてもらって今週休みでもよかったのに。
    健二郎調子も今ひとつで疲れてますね。
    今日の登板疑問です。
    もう、藤岡、国吉、三嶋、須田(まだちょっと早そうかな)と代えて調整してもらわないと
    CS行く迄に潰れますね。
    そして、エスコバー3連投。
    一昨日は2イニング投げてるのに、なぜいきなりこき使う?
    昨日コメントしましたが、一昨年のエレラのようには使わないでと書きましたが、よく考えてもらいたい。
    平田回跨ぎでよかったでしょう。
    康晃明らかに今日は登板なくなったと思っていたのでしょう。
    昨日とは全然ボールの勢いが違いましたね。
    勝てばいいのではない。
    せっかくの勢いをやはり止めたのは監督だった……………….。
    ただし、明日また勢いを継続させる事ができればまた前進出来る。
    ともかくラミレスには要注意。

    1. コメント返信が大幅に遅れてしまい申し訳ありません
      神宮のヤクルト戦は2勝1敗と勝ち越したものの昨日のナゴヤドームで逆転負けと
      非常に苦しい状態になってしまいました
      そしてここでいただいたようにリリーフ陣を相変わらず疲労困憊にさせてしまったために
      エスコバ―、尾仲にも疲れが出始めついにリリーフ陣は崩壊、先発陣も昨日のウィーランド見ればわかるように
      疲れが見えてきました
      この状態でラストランの9月を戦えるのか不安は残りますね
      今は指揮官の采配のツケを払うには選手の疲労が強くて難しいでしょう
      9月までに大きな不安が残ってしまいましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。