“勝負”に行かなかったことが“合格”のドラフト、“優勝”のために清宮はいらない


成功と言われるDeNAドラフトに死角はないのか

TBS時代このチームのドラフトは失敗のイメージが強い
歴史を紐解けば2003年の森大輔、吉川輝昭、牛田、呉本…
自由獲得枠を使えたこの時代で見る耐えがたいこの年の指名は
未だにオールドファンが集まると失敗ドラフトの最たる例としてと語られる
翌2004年は那須野に5億もの大金を払い通算15勝も出来ずに
ロッテに出すのだから目もあてられない
2009年のドラフトでは投手が絶対的に必要な中
内野手の筒香を1位で指名した時は正直私はこの球団の姿勢を疑った
(もちろん、結果的にこれは大成功と言えるのだが…)
しかし親会社がDeNAに変わってからはドラフトは成功しているように見える
毎年即戦力として新人選手が1軍の舞台で輝き
今も中心選手として活躍する
12年のドラフトでは1位白崎、3位の井納、6位の宮崎
13年は3位の嶺井、4位の三上そして育成1位の砂田
14年では1位山崎、2位石田、3位倉本
15年は1位今永、3位柴田、4位戸柱が
昨年のドラフトでは1位濱口、5位細川…
週末の日本シリーズのベンチに入るであろう選手が名を連ねる
いかにこの球団のスカウティングが素晴らしいかを物語る
しかし12年の1位2位の白崎・三嶋、13年の1位2位の柿田・平田は
及第点よりもやや下のレベルの活躍しか見せられていない
柿田にいたっては1軍で投げることなく今月戦力外を受けた
当時中畑監督に「先発ローテに入れます」と答えた八馬スカウトに反省文を書かせたいところだ
そもそも縁故でプロ入りした八馬に未だにこの球団で飯を食うならもっといい仕事をして欲しい
さて話が逸れたが、DeNAのドラフト戦略は他球団と比べ相対的には大合格点だが
絶対評価として厳しく見ればまだまだ考えるべきところはある
そんな思いをもちながら、今回のドラフトを見た

清宮を見送った大英断

今年のドラフトの注目は早稲田実業の清宮幸太郎だ
1年生の時から注目されている彼に戦力としてはもちろん
プロ野球人気が落ち目と言われる中
メディアからも注目されグッズ含めた収入も考えれば
客寄せパンダ的な意味でも各球団は獲得したいと思うところだろう
しかしこれは何も清宮に関してだけではないが
プロ野球人気が落ちている昨今(個人的には落ちているとは思わないが…)
メディアが必要以上に高校野球スターを作りたがり、少しでもいいと持て囃すので
実力以上に過大評価されがち
ましてや高卒野手、さらにパワーヒッター、スラッガー
と言うのはプロで金属バットと木製バットの違いに苦しみがち
確かな指導者…いやその選手の相性にあった指導者がいる球団に
入団することが出来ればその才能を伸ばすことが出来るが
先発からリリーフもしくは敗戦処理としてもチャンスの貰える投手とは対照的に
1軍での出場なく去ってしまう選手も少なくない
筒香や松井のような選手は稀だろう
特に清宮は守備に関しては素人目に見ても上手いとは言えない
DHのないセリーグで守備に神経を使って打撃も力を出せなくなってしまう可能性も高い
ベイスターズファンにとってはそれこそ19年前古木に大きな期待をかけたが
守備の影響で打撃もダメになった苦い記憶もある
一部スポーツ紙ではベイスターズの清宮指名を予想していたが
私としては清宮の指名には反対だった
メジャー志望の筒香の後釜が急務とも言われるが
細川、山本、白根と小粒ではあるが同じタイプはいるし
何より日本シリーズには出られるとはいえ
来シーズン以降優勝をするには筒香の力が必要
言ってみれば筒香がメジャー移籍を表明する前に
絶対に優勝しなければならない、彼がいなくなれば優勝は厳しい
そう考えると筒香の後釜を考えるより
優勝のために一枚でも二枚でも即戦力投手を獲って
盤石な投手陣を築くことの方が重要である
清宮を1位で指名するのは優勝を目指すベイスターズには
言語道断、回避すべきで、絶対に投手を指名するべきだ
ドラフトで清宮の指名を回避したことは
高田GM初めベイスターズ編成の大英断だ

バランス以上に「優勝」を意識した指名

その1位には立命館大学の東を指名した
今永、石田、濱口といった若い日本人左腕先発がいるベイスターズの中で
左腕投手の1位指名はないと思われたが
左は何枚いてもいらないと言う事はないし
今永、石田は怪我の不安もあるし濱口には2年目のジンクスも来シーズンはある
特に今永、濱口に今年以上の活躍を求めるのは酷でもある
私は田嶋か東の指名を期待していた
結果的に東を単独で指名できたことはベイスターズ編成の大勝利といえる
特に今年のように不作と言われるドラフトでは1位指名で重複して抽選を外し
外れ指名でも重複し続け外してしまうのは避けたいところ
今年のホークスではないが
下位でも指名できる選手を上位で指名しなくてはならないのは
それだけで失敗ドラフトに成る
不作の年でそうなると厳しい
ベイスターズは単独で一本釣りで出来たことは大きいだろう
2位指名以降を振り返れば
2位はニッセイの神里、俊足の外野手
力の衰えを隠せない荒波や盗塁技術に疑問符がつく乙坂
桑原も含め盗塁が決してうまくない選手が多い中で
リードオフマンとしての期待もかけたい
個人的には同じ外野手なら横浜高校増田の指名もおもしろいとは思ったが
横浜高校養成所にする必要もないわけでこの指名は納得だ
そして3位から6位までは投手指名
3位の北海高校阪口の指名は同じ長身の国吉にも後がない
4位の斎藤は社会人になってから伸びた感じはするが正直伸びしろは感じない
現状の力でリリーフとして活躍できるかどうか
ただ、戦力になれば来シーズンの優勝に大きな働きを見せるだろう
5位の日大三高櫻井はもっと上位で高校野球好きの日ハムあたりが指名するかと思っていたが
この順位で指名出来たなら獲得する意味はある
6位の寺田はベイスターズの好きな独立リーグ指名
この3位~6位の中で来年2人1軍の舞台で戦力になれば順位も大きく変わるだろう
7位以降は正直私の勉強不足もあって批評する知識を持ち得てないが
7位の宮本は内野手というより外野手としての指名になるのだろうか
9人の指名は多い印象を受け、なぜこんなに指名したのかと思うが
優勝を意識した投手偏重の指名は例年のDeNAドラフトの中でも
個人的に納得のいくドラフトだった

気付けば2000年生まれがプロ野球選手に

2年前ドラフト関連の記事で私は

いよいよベイスターズが優勝した98年生まれ(早生まれ)の選手がプロの門を叩く時がきた
気付けばそれだけ歓喜の瞬間から時がたったのだろう

今年は高校生では1999年生まれ、早生まれならミレニアム生まれの選手がプロの門を叩く
彼らがこの世で生を受けてプロの門を叩くまでの時間を
ベイスターズは日本シリーズに出場出来なかったということだ
それだけの時間このチームは低迷期にいたということだろう
しかし、今このチームは日本一、そして本当の優勝をするために
階段を登り頂点は見えてきた
今回のドラフトではこのチームがそこを意識して指名しているように思える

さて、明日から日本一をかけた19年ぶりの挑戦が始まる

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

    1. コメントありがとうございます
      八馬がスカウトして頑張っているのは百も承知なのですが、どうしても柿田の件だけは…これも謝罪しておきます
      すいません

  1. ドラフトのことはお任せ下さい、長年4月、5月にシーズンが終わるので楽しみは秋のドラフトということで4月から未来のベイ選手の情報をかき集める癖がついています。(笑)
    夏休み中の高校野球はどの選手がベイに必要かという視点でしかみていません。あっ、故郷の千葉代表を応援していますが—。
    私は今回のドラフト85点です。世間では中日、オリックス、日ハムが◎評価ですが私はオリックスの次に良いドラフトと思っています。
    1位、東は私としては田嶋or東で一番欲しかった投手です。(清宮は要らない派です)
    2位、神里、正直言って2位でのドラフトならトヨタの藤岡に行って欲しかったです。倉本、柴田が絶不調或いは故障した時に即戦力として評価していました。俊足なら本当は上武大の島田もまずは代走要員で良いから4位くらいでも取って欲しかったが社会人でもまれた盗塁技術に期待します。
    3位、阪口は甲子園でみるまでは全くノーマークでしたが一目惚れしました。実は谷繁も一目惚れした選手。あの時はたまたまTVを付けた瞬間にある捕手が盗塁を矢のような送球で刺してびっくり、どこの誰だと見たら江の川の谷繁、打てる捕手で有名だったので、こんなに良い肩もあるなら絶対1位で取って欲しいと思った選手でした。阪口はまだまだ伸びますよ。
    4位、斉藤はう~んです。決め球が無い。他球団の4位をみると上武大の島田or星槎国際湘南の本田に行って欲しかった。飯塚、綾部fanには申し訳ないが私はまだ彼らには??で阪口を交えて競わせたかった。
    5位、櫻井、まさかここまで残っていたとはで大喜び。打者の声もあるが2年は投手でやってもらいたい。私は左のワンポイントなら1年目から行けると思っている。スライダー絶品です。
    6位、寺田は全く知りませんでした。進藤が伸び悩んだからサイドハンドで面白い存在になるかもと思っていますが育成かもっと下位でも取れたような気がする。同じ6位をみると奈良学園大の宮本内野手or明徳の西村を取って欲しかった。
    7位、宮本はノーマークでした。同じ宮本で内野の右投げ左打ちなら先に書いた奈良学園大の宮本の方がと思う。
    8位、楠本は拾い物です。バッテイングGoodですが、肩が壊れているから代打要員かと。
    乙坂CSの1Stステージでは活躍しましたが、シーズンのあんな打率では抜かれます。
    9位、山本、やっとここで捕手を取ったが私の一番の不満はファームで佐野が捕手をしていること網谷、西森、亀井の育成組しかいないからの苦肉の策であるがしっかりとした捕手をファームにもおかないとファームの投手が育たない。佐野は1塁or三塁でロペス、宮崎の控え、代打要員として1軍に置いて欲しい選手だけに、またまた捕手が育成選手では物足りない。
    来年は好不調を見極め1軍捕手は2名にして貰いたい。

    以上、FOXのドラフト総論です。欲しかった東と俊足の神里も取り、阪口、櫻井、楠本が取れたことに満足です。大学、社会人は待ったなしの1年目からの活躍を期待しましょう。

    1. コメントありがとうございます
      詳細なドラフト批評ありがとうございます
      非常に勉強になります
      このコメントをこのまま、記事本文に引用したいくらいです
      私からこのコメントに返信することはほぼないんですが
      櫻井をこの順位で指名出来たことは本当に大きいですね
      彼は私も投手として期待しています、そして櫻井が入ったことでいよいよ飯塚の野手転向も考えていいと思います
      さて、東はリリーフとしての方がうまくいく気が私はしていますが
      これだけ左腕投手をドラフトで獲得した以上は砂田をしっかり先発で勝負させてあげたいですね
      また内野手をドラフトであまり獲得しないのを見ると、やはり大和をFAで獲るつもりなのか…
      日本シリーズに進出したと言っても優勝はしていないベイスターズ
      このオフ更なる補強があるのか注目したいところですが、ドラフトでこれだけの人数を補強するとなるとFA戦線は期待できないか
      とにもかくにもシリーズの結果次第でまた変わってくるのでしょう
      ドラフト総論ありがとうございます

  2. ドラフトに関しては、プロに入る前の選手を研究する程の関心もなくプロ入り前の選手を判断できる眼力も
    ない私は論評は控えて感想です。
    清宮、安田、田嶋、東の4人に絞ってたようですが重複を避けたのは賢明なんでしょうね。
    個人的には安田を近い未来流出するであろう筒香の後釜に育成チャレンジしてはと思ってましたが
    投手は無難ですね。
    右投手のいい投手ならと思ってはいましたが、今の時代左バッターが多くなり確かに左投手は数多くいても
    いいのかな?とは思います。
    先発も砂田と競わす事もできるし、どちらかが中継ぎになれば左の中継ぎも今年同様毎数足りるし
    そう考えるといい1位指名かな。
    左は多いとはいえ高校生出の若い投手はいなかったので、一人取れてこれは御の字。
    2軍捕手足らないのも一人取れてよかったし。
    内野のバックアップになれるかもしれない選手もとれてよかったけれど
    外野手俊足とはいえ、2位で取る必要あったのかは疑問ですがそんなに不作でいい選手いなかったのでしょうか?
    外野の1軍枠の争い熾烈になりますね。
    筒香以外ちゃんと桑原、梶谷も含めてレギュラー争いさせて欲しいですね。
    細川、佐野、乙坂、関根、新人君…………荒波はとっても厳しくなるのではないでしょうか?
    来年のラミちゃん起用方が今からなんだか心配。
    ずっと外野はこんなに若手がいるのに、代打、控え専門の扱いになってしまうのか???
    ともかく、近年のベイスターズのドラフトは成功しているのでスカウトさんの眼力を信じて、一人でも多く
    大成してもらう事を願うばかりです。
    素質もさることながら、プロに入ってからは野球に対する姿勢、気持ちが一番重要と考えます。
    自分で道を切り開いていってほしいですね。
    若いっていいな〜(笑)

    1. コメントありがとうございます
      清宮よりは安田と私も思いましたがやはり今この2、3年で優勝をするということを考えると即戦力投手が必要でしょうね
      左をとったことでようやく砂田にも先発再転向のチャンスが訪れたということでしょか
      しかし今年の勤続疲労を考えると来シーズン砂田の怪我が心配ではあります
      捕手の少なさは指摘されていますね
      私は個人的には他球団から戦力外になる捕手を獲得した方がいいかなという気はしています
      黒羽根が去り30代のベテラン捕手は不在
      そうなると他球団からの戦力外から拾うのが一番いいと思うのですが
      残念ながら今年はいないですもんね
      さて、問題は外野手争い
      ドラフトで誰を指名しようとレギュラー争わせることをしない今のラミレスベイスターズの外野陣に未来があるのか
      そこが一番気に成りますね
      とにもかくにも明日からのシリーズが重要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。