今永の好投もマグレ当たりの一発も全てを消した7回のミス 悪いのは三上か倉本か指揮官か 2017年10.29日本シリーズ2nd game対ソフトバンク


勝敗を分ける第2戦

19年ぶりの日本シリーズはやはりペナントレースを勝てなかったベイスターズが
横綱ソフトバンクホークスにこてんぱんにやられた
シリーズ前日予告先発を拒否したラミレス監督
第1戦の先発は誰が投げるのかと思ったが
結局戦前の予想通り井納が先発
井納は球が全体に高めに浮き試合を作ることが出来ず
5回途中でマウンドを降りた
そして満塁の場面でCSで投げていない田中をリリーフ起用
その田中が大ピンチを抑えることは出来ず
半ば曝し投げのような形でこのイニング7点をホークスに献上
試合は5回で決まってしまった
終盤には盤石のリリーフがいるホークスに
いかに序盤からリードを奪って逃げ切れるかが重要な中で
昨日のような展開で有れば勝つことは出来ない
打線もクリーンアップが沈黙
シリーズに進出すれば満足なのかと言いたいぐらい元気はない
乙坂を指名打者に使わなければならないベイスターズが
ホークスに勝ち目があるのか
第1戦を見る限り、隙を見せればホークスは見逃がさない
第2戦もし負ければ十中八九ベイスターズの日本一はないだろう
そして今日負ければかなり高い確率で4連敗で終わるだろう
3つ負けられる日本シリーズではあるが
今日が重要なターニングポイントに成る
明日移動日がある今日は総力戦で臨んでほしい

指名打者細川に期待されるもの

今日のスタメンは指名打者にルーキーの細川を起用した
昨日代打で登場してヒット、即スタメンとなった
シリーズのような短期決戦ではラッキーボーイの存在が明暗を分けることがある
これは2年前に記事でも書いたが(参照:2人の山田が観た短期決戦の天国と地獄
シーズンで全く活躍できていない選手をシリーズでスタメンで使い
チームの命運を託すことがある
今年のベイスターズではこの細川がまさにそういう存在を求められる
プロ初打席で初本塁打、緊張する場面で物おじしないだけに
流れがわるいベイスターズを変えて欲しい
昨日の試合でもスタメンで使って欲しかったぐらいだが…

初回の攻防がまた序盤の明暗をわける

ベイスターズの先発は今永ホークスの先発は東浜予想通りとなった
絶対的なエースがいない中、一番頼れるのが今永だ
この試合、絶対に落とせないことを考えれば
先制点を許してもらっては困る
序盤にいかにリードして終盤のリリーフ陣につなげられるか
2年目の今永にはまさにエースとしての役割を求めざるを得ない
しかし、昨日のVTRを見てるかのような初回の攻防に成る
1回表先頭の桑原は東浜の変化球に翻弄されボール球を振り
空振り三振
昨日の記事でコメンテーターのジョニーさんが桑原の打撃を不安視していたが
第1打席もその不安の通りタイミングが合っていない
指揮官が戦前キーマンに名前を上げていた選手だけに
彼の調子が上がらなければシリーズは終わってしまうだろう
今日は2番に梶谷を起用しているだけに桑原が出塁して
1,2番で足も使っていきたいところだが四球も選べない今の桑原では
それも出来ないのか…
そして梶谷、ロペスも倒れ初回の攻撃を終えると
その裏今永の立ち上がり
マウンドへ登る姿は2年目とは思えない風格
背番号21がマウンドに登る姿は
同じ21番の背番号をつけた若田部が野村弘樹が上がっているようだ
しかしその今永の前にホークス打線は見てるこちらが歯ぎしりするくらい
普段通りの横綱野球でどっしり構える
先頭の柳田が初球をヒットで出塁すると
次の今宮は1球で送りバント成功
わずか2球でチャンスを作ると
昨日の殊勲者デスパイネが3球目の直球をレフトへタイムリー
ややアンラッキーな当たりにも思えたが
それでも5球で先制点を奪ったホークスに今永も自分の投球をさせてもらえない
すると動揺したのか直球も浮き始め
まだそこまで警戒する必要はない内川に四球
1死1,2塁とピンチを広げてしまった
ここで今永が追加点を許せばこのシリーズは終わっていたかもしれない
しかも次の打者は私が今一番ベイスターズに欲しいと思っている中村晃
彼の打撃は4年前の交流戦で見てから
12球団で一番1番打者を任せたいと思わせてくれるくらい私は惚れている
このシリーズも一番警戒すべき選手は中村晃だと思っているが
その中村に今永はスライダーを使ってしっかり三振に切り
続く松田も抑えてこのイニング最少失点で抑えた
初回の攻防が序盤の明暗をわけそうだが
それでも今永が“エース”らしく傷口を拡げなかったことが
まだこの試合に望みを残してくれる

柴田の成長、粘りの11球

そして2回表筒香が内野安打で出塁し2塁へ進塁して
6番に今日は入った柴田
シーズン中散々不平不満を指揮官へ書いた私だが
この柴田をしっかりものにしたというのは、まさにラミレスの功績の一つだろう
今シーズンセカンドが誰になるのかと言うのは
このチームのひとつの重要な課題であった
ヤクルト戦力外のベテラン田中浩康を獲得し
なかなかレギュラーを獲得出来ず30歳を迎えた石川
さらには助っ人エリアンも可能性としてあったが
やはり若い力が必要だった
そしてシーズン後半セカンドのレギュラーに柴田を育てた
ラミレス監督の功労は讃えるべきであろう
何より柴田のバッティングは今シーズン成長した
コンパクトな打撃に加え確かな選球眼もついた、そして粘りの打撃
今日も東浜に簡単にシンカ―2球で追いこまれるが
変化球をファウルで粘り、結局11球の末四球で出塁した
この柴田の四球を見て私はこのイニングでの得点を確信した
しかし残念ながら柴田の粘りに後続が凡退
ラッキーボーイを期待した細川を得点に繋げることは出来なかった

今永と東浜、投手戦か貧打線か

この試合中盤まで最大にして唯一のチャンスと言っても良かった2回表
このイニングに得点を奪えなかったベイスターズ打線
千賀、東浜といったパリーグを代表する投手を
全く打ち崩せない味方打線へのフラストレーションで
ピッチングが崩れないか
2回裏今永は先頭の川島慶三にツーベース打たれ初回に続きピンチを作る
しかし後続3人を3者連続三振に切って切り抜けると
3回裏は2死から内川にヒット、中村晃に四球と
3イニング連続で得点圏にランナーを進めてしまう
しかしここで松田にレフトポール際に大きな一発を打たれる
と思ったがこれがファウル、VTR判定でも覆らず
何とかレフトフライで無失点に抑える
そして4回裏も2死から甲斐に二塁打を許し
4イニング連続で得点圏にランナーを背負うが
ここも柳田をスライダーで空振りを奪い
ピンチを切り抜ける
中盤5回で今永は1失点で9奪三振5安打2四球
シーズン中であれば毎回ピンチを作っているだけに
決して手放しで誉められる内容ではないが
短期決戦のシリーズでは結果が全て
この強力打線を1失点に抑えている今永は
やはりこのチームの“エース”と呼んでいい存在なのだろう
一方で東浜にベイスターズ打線は手も足も出ない
5回まで筒香が2本ヒットを放っているがそれだけ
筒香の前にランナーを貯めることが出来なければ
得点にはつながらない
今永と東浜の投手戦とも言えるが
チャンスを作りながら得点できないホークス打線
東浜相手に簡単に手を出して凡退するベイスターズ打線
貧打戦とも呼びたくなる内容だ
6回までにリードしていれば負けないホークス
盤石のリリーフ陣が出てくる前に追いつき追い越せるか
6回以降はベイスターズ打線が得点を奪うとすれば
まぐれあたりの一発か…
どんな形でもいいから得点が欲しい

蘇った梶谷、宮崎の一発

そしてそんなことを書きながら迎えた6回表
桑原倒れた後の梶谷が東浜の高めに入った
見逃せばボールであった直球をライトスタンドに運び
同点に追いつく
今日の東浜から得点を奪うならこの形しかなかったのかもしれない
続くロペスが内野安打で出塁すると
ホークスベンチは動いて東浜を変える
ブルペンの戦力が充実しているホークスだけに
動くのもベイスターズに比べると早く出来る
ここで嘉弥真を投入
左キラーだけに筒香をあっさり抑えると
今度は森を起用
中盤勝ち越しを許すことはさせない
しかし宮崎がインコースに入った直球をレフトスタンドに放ち
勝ち越しツーラン
考えてみればシーズン、CSもベイスターズの火がつくのは
一本の本塁打から
この日も梶谷の本塁打が死んでいたベイスターズ打線を蘇らせた

盤石なリリーフとは

こうなるとどこで今永を変えるかがターニングポイントに成るが
6回まで既に116球
7回のマウンドを任せることはできないだろう
しかし冒頭でも書いたようにこの第2戦は勝たなければ9割方
日本一を獲得することはできない
無理してでも120球近く投げている今永を7回に投げさせる方が
ホークスに比べれば盤石とは言えないベイスターズリリーフ陣を出すより
勝機はあると思っていた
しかし指揮官はここで今永を降板、リリーフを投入する
CSではリリーフ陣が踏ん張ってくれたが
決して盤石と言えるほどとは言えないいリリーフ陣
特にこの7回を投げさせる投手には最後まで苦労した
ここはエスコバ―かパットンかはたまた砂田か
しかしラミレス監督はここで三上を送った
今シーズンプロ入りしてから最低といってもいい成績だった三上
防御率は5.12、悉く試合を壊してしまった印象が強い
CSファイナルで満塁のピンチを切り抜けたが
あれはカープ打線に救われたところもあるだけに
この大舞台でリード時に7回に起用することに不安を感じたベイスターズファンは
私だけではないはずだ
そして案の定三上は明石にツーベースを打たれてピンチを作り
1死3塁にしてマウンドを降りる
確かにこの時点で2点差あったが先頭打者に長打を打たれた三上
勝ちゲームだったこの試合をひっくり返される原因はここにあったはずだ
そしてこの後の展開は予想通り
三上に代わる砂田が柳田に打たれて1点差にされ
パットンが登板、倉本のエラー微妙なホームでのビデオ判定もあったが
気付けばこのイニングが終わった時にスコアは4-3と逆転されていた

倉本のエラーは責められて当然であるが
彼を遊撃手のレギュラーとして無条件に近い形で今シーズン起用した
指揮官にもその責任は問われるべきであると思う
今年の倉本はこういうエラーが多かった
まだまだ倉本のためにもレギュラーを無条件で与えてはいけなかった
9番という難しい打順で1年間頑張ってきたことは認めるが
やはり来シーズンは柴田を遊撃手にして2人を争わせるべきだろう
報道であったように阪神から大和を獲得するなら
遊撃手として争わせてほしい
倉本に期待するだけにここで満足して欲しくない
そして本塁のタッチプレー、VTR判定で覆ってしまったが
正直私はこのアウトセーフにあまり関心はなかった
アウトになり同点で終わろうがここからの展開では
ベイスターズに勝ち目はない
あの状況にしてしまった三上、倉本そして指揮官の采配が
勝ちゲームをひっくり返してしまった要因がある
このシリーズ間違いなくこのイニングで出来事が
日本一の明暗を分けたと後で言われるだろう

日本一が厳しい中で19年ぶりの日本シリーズ横浜

今日の敗戦で日本一はかなり厳しくなったと言わざるを得ない
今永が6回までホークス打線を1失点に抑え
沈黙する打線はホームラン2本で何とかリードした
勝ちゲームを作れる内容だった
しかし継投、そして守備のミス
隙を見せれば横綱はそこをついて勝ちに来る
昨日に続き今日もホークスの強さを見せられるだけの結果に終わった
いや、ベイスターズがまだ日本シリーズでパリーグチャンピオンを互角に渡り合える
実力でないことを認識しただけなのか…
明日移動日を挟んで19年ぶりに日本シリーズが横浜スタジアムで行われる
ここから日本一を獲るのはかなり難しいだろう
しかしここで本当に4つ負けて終わればそれこそ3位チームはこれだから…と言われる
3位でシリーズに出場したことを胸をはるためにも
YOKOHAMAで本気で勝ちにいって欲しい
CSで後がない中で連勝して勝ってきたこのチームの底力を
もう一度信じてみるしかない

台風のさった横浜で快“星”になることを本気で願う

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. まあ、7回を投げるピッチャーがいないことが如実に出た試合でした。
    今永を続投させた方が良かった。
    どうしても負けられない試合、そして一番頼れるピッチャーがしっかり投げてくれた。
    この試合勝てなかったのは痛すぎます。
    下手したらストレート負けありますね。

    倉本のエラーは痛かったです。ただ、今は頼れるショートは倉本だけなのだから気を取り直してプレーしてほしいと思います。
    倉本に競争相手は必要ですが、倉本の競争相手は柴田ではなく他球団から取ってくるか若手で期待できる選手になるでしょう。柴田と競争させるなら去年でしたね。
    せっかくセカンドの穴が埋まりつつあるのに、わざわざ白紙にする必要はないと思います。
    大和が取れればベストですが、仮にFA宣言しても横浜に来る可能性は低いと思います。

    こうなったら、リリーフに三振を取れる濱口を待機させるしかないでしょう。
    ピンチで三振を取れない三上や砂田、そして健二朗がセットアッパーでは厳しいです。

    1. コメントありがとうございます
      今永は次の登板を考えずもうこの1戦しかなげさせないくらいのつもりで続投を考えて欲しかったですね
      倉本に関しての遊撃手問題は、ジョニーさんのコメントを見て納得しました
      確かに柴田を争わせてセカンドを空白にさせてしまうのはチームとしては無意味ですね
      倉本が成長していくしかないんでしょうね
      濱口リリーフ待機は一理ありますね
      もし3戦目を落せば4戦は総力戦でそういう起用をするかもしれませんが
      3戦目からそれをやる勇気があればシリーズの潮目もかわるかもしれませんね
      また引き続きコメント下さい

  2. 惜しい試合でした。
    よく日シリはシーズン中通りの試合をすることが大事なんて言うことを聞きますが、悪い意味でシーズン通りの野球が出てしまいましたね。(ラミレスの継投のことですが。)
    ソフトバンクは昨日の試合を見る限り、言うほど強いチームとも思えませんでした。サファテもビビっていた印象だし。
    宮崎にヒットが出たのは明るい材料です。
    先発陣には7回まで投げ切らせれば勝てると思います。
    ハマスタでは最低でも2勝を期待します!

    1. コメントありがとうございます
      ほんとに悪い意味でシーズン通りの野球でhした
      ただ仰る通りホークスの強さが際立っていますが手も足も出ないほどでないのも確かです
      だからこそ、昨日は勝って欲しかった
      ハマスタで2勝はして欲しいです、ウィーランドの打棒に期待します

  3. 逆転した時に私はメールをくれた仲間や妻に7回まで今永で行かないとと話した。しかしシーズン中から100球に拘るダミレスは代えた!
    それも出せば左の代打が出るとわかる中でリリーフ陣で一番不安な三上を送り出す無能采配!
    ブルペンが映し出され、三上、砂田だったから嫌な予感はしていたが出すならエスコバー、左右病のダミレスにつける薬は無いようだ。
    そして皆さんが批判する倉本のポロリ。確かに致命的なエラーだったか、セカンド、ショートの守備経験ある私は敢えて言うとゲッツーで勢いつけてベースに入った時に腰より低い速い球はあーなる事がある。多分、倉本同様に柴田は責任を感じているはず。
    柴田の守備を絶賛する人が多いが前日の今宮盗塁時に
    目線が完全に逃げて送球を逸らしたのは不満だった!
    あれはベースに固着せずに前に飛び込みショートバウンドど捕るか自分の体に当て止める球だったと思っている。
    私は昨日の覆った判定や倉本のエラーよりも、やはりダミレスの采配、系統ミスで負けたと思っている。
    もうひとつ言えば、工夫のない打者陣、サファテの球に振り遅れているのにバットを目一杯長く持ち振り回す乙坂、戸柱。ホークスの選手は明石、甲斐、そしてツーストライクになると短く持ち替える松田を見習って欲しい!それをしっかり指示出来ないベンチとの差が大きい。
    横浜で無能采配を覆し生き返る選手に期待する。

    1. コメントありがとうございます
      私も同様で昨日の試合の一番の敗因は継投ミスだと思います
      今永をあそこで代えた理由がもし、今永にもう1試合を投げてもらうためにも…と考えていたのだとすればそれは甘い
      昨日の第2戦は総力戦、何がなんでも勝たなければいけない試合
      今永を7回、山崎で8回から2イニングいかせるくらい無理をしていい試合でした
      後を考えるべきところではありませんでした
      後3イニング2点のリードを守ることを考えれば三上という選択だけはなかった気がします
      倉本に関しては確かに映像で再確認すると柴田も問題でしたね、しかしそれでもとって欲しかったですね
      今回のシリーズ横綱ホークスを見て選手、首脳陣、球団はどう思うか?
      日本シリーズに出て満足して慢心していては来年また低迷してしまいます
      とにかく横浜でもう一度輝いて欲しいですね

  4. 今日の試合も昨日に続いてシーズン中を見ているようでした。
    こういう時に不思議とホームラン打つ不思議な梶谷。
    でも、ホームランでしか点が取れない打線。
    シーズン同様安定感のない三上。
    エラーが目立つ倉本。
    投手起用がよく分からないラミレス。
    何度見てきた事か、何度同じコメントしたことか。
    CSであれだけのシーズン中と違う戦いができたのに、シーズン中の野球をしてしまうベイスターズ。
    シーズンと違うのはホークスというセリーグの球団より強いチームと対戦している事。
    ただ、今日は今永が内容どうこうより気持ちを出す投球を見せてくれた。
    だからこそ打線もホームランではあるが3点は取れた。
    ただ、記事にある通り7回の投手起用ですね。
    今永を引っ張ろうとは、私は思いませんが素直にエスコバー、パットン、康晃で1イニングづつでよかった
    でしょう。
    右、左そんなにこだわる必要あるのでしょうか?
    現状信用出来る3人で逃げ切ればいいでしょう。
    わざわざ、前回また不安を見せていた三上を投げさせる場面でないでしょ。
    右投手出したって、どうせ代打で左バッター出てくるんだから頭からエスコバーでいいじゃない。
    左右にそんなにこだわっても、どうせ柳田に廻ってくるんだから。
    倉本今日は非難の嵐でしょうけど、WBCのGG佐藤を思い浮かべてしまいました。
    日本中から非難された彼は、また、エラーを繰り返してしまい野球人生もそれ以降尻すぼみになってしまった。ずっと尾をひいていたと思います。
    倉本もベイスターズファンから非難を浴びても、気持ちを切り替えてプレイしてほしい。
    そうでないと又大きなエラーをしてしまいそうな…………GG佐藤のようにはならない事を祈るばかりです。
    日本中からプレッシャーをかけられたGG佐藤よりベイスターズファンの数なんてたかが知れているんだから
    (笑)
    起きてしまった事はプレイで返すしか道はない。
    念願のハマスタで沢山のベイスターズファンが見守る中で第3戦からプレイ出来るのだから選手の奮起に期待します!
    (ハマスタで屈辱的な胴上げを見せられた方が、来年以降の為になるなんて意地悪はいいません)

    1. コメントありがとうございます
      昨日の試合は本当に7回でしたね
      もし7回リリーフに出すにしても三上でなくて良かったはずです
      今年は三上でこうやって勝ち試合を落としてしまったことが多くありました
      正直私は三上は8月に下げてから来シーズンまで休養と調整をしっかり与えてCSやシリーズからは外しても良かったかなと思います
      来年以降も三上はリリーフとして最高のパフォーマンスを見せてもらいたいだけに
      春先から全くいいところのなかった彼を中途半端に起用して潰すことだけは避けたかった…しかしシーズン終盤また1軍に上げてしまいました
      倉本にしてももう一皮も二皮もむけてほしいだけに今とりあえずのレギュラーでなくて絶対的レギュラーにしてしまったことはまずいと思っています
      さて、シリーズだけを考えればある意味もう後はありません、そして横浜スタジアム
      勝敗は二の次でいいので思い切ってやってほしいですね
      そして指揮官はCSのような短期決戦型の采配を存分にして欲しいと思います
      さすがに横浜スタジアムで内川にのびのびやって欲しくないですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。