超満員のハマスタで旧友と戦うシリーズ 内川とファンの溝は埋まったのか


それぞれの思いが交錯する横浜でのシリーズ

「2年結果を残したのにこの程度の年俸しかもらえない」
「ライトスタンドで野次を飛ばすんですよ、いなくなって(自分の)有難さがわかるんじゃないですか」
「これ、全部記事にしていいですよ」
2009年の秋頃だったと思うが
私が“愛読紙”東京スポーツに掲載されたその選手のインタビュー記事を読んで目を疑った
「こいつ、こんなこと言う奴なの?何調子のってんの?2年結果を残した?お前どんだけ今まで怪我して迷惑をかけてきたと思ってんだよ!?」
怒りのあまり次の競馬の記事を読まずにその新聞を捨ててしまった
“天下”の東スポの記事を全て信用するわけではもちろんない
しかしタブロイド紙や夕刊紙の記事は見当違いのことを書くことは多いが
殊インタビュー記事ではあまり極端な曲解はしない
だからこそ、「これ全部書いていいですよ」とその選手の言葉をそのままのせたんだろう
誰のインタビュー記事かは分かってくれるだろうか
そう、内川聖一
彼がベイスターズ時代
首位打者をとった翌年打率3割を残し球団との下交渉で
自身の予想を下回った年俸提示をされたことに怒り
インタビューでこう答えていた
それから私はこの選手をあまり好きではない
いやもっと言えば首位打者を獲得した時もそれ以前からあまり好きな選手ではなかった
そしてこの記事でさらにこの選手に対して私は良いイメージを持っていない
だからこそ、2010年FA宣言した時もあまり寂しいとは思わなかった
ただ、問題は移籍後
ホークスに移籍してからのインタビューなどで本当に言ったことも言ってないことも
面白おかしく紹介され、「横浜を出る喜び」などと言うのを見て
私以外にもこの選手へいい印象を持っていないベイスターズファンは多いだろう
それが移籍後初の交流戦、横浜スタジアムでの凱旋での
ファンのブーイング、そしてそれに応戦する内川
この選手とベイスターズファンの気持の距離を決定的に隔てた

内川とベイスターズファンの7年

そして彼が移籍して7年がたった
「優勝したい」と言った内川は移籍後ホークスで4度優勝を経験
今やホークスの背番号1を受け継ぎ
選手の精神的支柱、模範ともなっていて
工藤監督は彼を4番に起用する
彼にとっては既にベイスターズにいたという歴史が
消されているかのようである
一方でベイスターズも彼が去ってからとは変わった
彼が最後に在籍した2010年はベイスターズはダントツの6位
この年で3年連続最下位
彼が去ってからも2年間最下位だった
しかし球団の親会社が変わり少しずつベイスターズは変わってきた
内川が知っている選手は去っていき
今やスタメンで内川と共にベイスターズのユニフォームを着たのは
ルーキーの年に1年だけ一緒だった筒香くらいである
そしてベイスターズは昨年から2年連続で3位
今年はいよいよ日本シリーズに進出しホークスと対戦する
そして何より変わったのはファンの数
内川が首位打者を獲得した時でも空席が目立ったスタジアムは
今や平日のチケットを獲るのも一苦労、毎日が超満員である
内川がベイスターズに在籍した時を知らないファンも大勢いるだろう
明日のハマスタでも内川にブーイングが飛ぶことはないだろう
もし飛んでもなぜ、飛んでいるのか理解できないファンの方が多いかもしれない

内川とファンの溝は埋まる前に溝を気にしなくなった

では、内川在籍時を知っているファンは
未だに内川に怒りを持っているかというとそんなことはないだろう
この7年でベイスターズが強くなり魅力あふれる選手が増え
何より内川がベイスターズにいたことすら忘却してしまった
そして考えてみれば内川があの当時ベイスターズ球団に感じていた怒りは
我々ベイスターズファンが球団に感じていた怒りだった
石井琢朗、鈴木尚典という生え抜き功労者をクビにし
確かな補強をせずお茶を濁した補強や理解できない補強だけで
チームを強化したと勘違いし案の定成績は低迷
結果が出なければ監督のクビをすぐに変え
球団関係者は責任をとらずにいる
DeNAがこの球団を買い取った時に
あらゆる資料が欠如していることに唖然としていたようだが
それだけこの球団のダメさは際立っていた
それがチームの中で本気で戦っている選手には余計に怒りを買っていたのだろう
内川とベイスターズファンは同じ気持ちだった
だからこそ、その球団を出て行った内川がこの球団のダメさを指摘した時
我々ファンは「お前だけ逃げといて残された俺たちはどうすればいいんだ」と
怒りを感じ溝が出来てしまったのだと思う
しかし、その溝は今気にならないほどの月日が流れチームも強くなった

それぞれの思いが残る横浜でのシリーズ

内川と同じように吉村もベイスターズから移籍した選手
彼はあの暗黒時代のベイスターズファンに夢を見させてくれた選手
2010年以降不調に陥ってからもファンは吉村のバット投げに
力をもらい毎年開幕前の成績予想で
「吉村30本」と復活を夢見ていて過ごしていた
そして寺原も暗黒時代先発でリリーフでベイスターズを支えてくれた
吉村、内川、寺原…

違うユニフォームを着ているが元ベイスターズで
我々ベイスターズファンと共に戦ってきた戦友
あの頃とは違う空席がない、超満員のハマスタで
旧友と熱い最高峰のプレーを見せて欲しい

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 貴殿のブログで吉村も思い起こしてくれました。確かに毎年吉村の大ブレークを私も期待していました。
    内川、そして村田とも正直、私の感覚でも裏切り者感覚ですがそれは日本人的感覚かもしれませんね。ただ、去って行った後に元球団のことを悪く言われるのは貴殿が言うようにこの球団に育てられた恩を忘れたところか恩をあだで返すことは怒りを感じます。
    その分、ベイファンの皆さんは暗黒時代のベイを支えた三浦が大好きなんです。FAで阪神行きを諦めていましたがファン感謝デーで残留を決意。入団時代から三浦を知っている私は泪しました。その分、ドスコイに対しては呆れかえりました。

    さて、今日からハマスタで生き返るか、ベイスターズ。多分、あのダミレスですから1番桑原を
    そのまま1番で使うでしょうがともかく塁に出て欲しい。
    因みに私なら武田のカーブに桑原がアジャストするとは思っていませんので倉本の逆襲を期待して1番倉本です。

    1. コメントありがとうございます
      内川が移籍して砂をかけるようにベイスターズへの愚痴を言っていたころ
      内川だけでなく移籍した選手がみな横浜のことを悪く言い
      我々ベイスターズファンも何かファンであることすらいけないことのように感じてしまうこともありましたが
      2012年三浦が150勝あげた時“横浜に残って良かったです”と言った時救われた気がして涙が止まらなかったことを思い出します
      さて、1番桑原を変えるのは私も考えています
      短期決戦は調子次第で打順を変えていいと思うんです、しかしCSであれだけ冴えわたる采配を見せたラミレスだがそれはしないでしょうね
      私はどうせ足の勝負をしないなら宮崎を1番とも思いましたが…
      さて今日はどうでしょう

  2. 私には深く踏み込めない世界ですが、内川選手にはベイスターズも日本一になれる球団になった事を見せつけたいですがね〜。
    ともかく選手も挑戦者の気持ちでいるようなので、ハマスタで逆王手できる位頑張ってほしいですね。

    1. コメントありがとうございます
      内川がいた時とは違う雰囲気のハマスタで意地を見せて欲しいと思います
      挑戦者であるこそ果敢に挑んで欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。