大和[その]補強ほんとに必要ですか? 遊撃手問題の負の歴史は再び繰り返されるか


日本一を逃してから3日…

19年ぶりの日本シリーズに敗れシーズンオフとなったベイスターズ
指揮官もオーナー報告を終えようやく2017年シーズンは終わった
しかしシリーズを終えてまだ3日ではあるが
既に始まっている秋季キャンプにシリーズを主力で戦った若手選手も合流
指揮官も明日からキャンプ地奄美に向かう
来シーズン優勝に向け80勝を目標に
盗塁、バントを増やすスモールベースボールを掲げ
2018年はシーズン優勝、日本一にいよいよ文句なく挑戦することになる
そして指揮官だけではなく球団も2018年に向けて準備を始めている
ドラフト終え本格的な補強に動きはじめている
シリーズ終了後2次戦力外として松本啓二郎のクビを斬り
改めて選手枠を増やした
助っ人外国人エリアン、クラインは自由契約で
ウィーランド、パットン、エスコバ―の来季の契約延長を全力で行うようだ
そしてFA補強にも今年は動くようだ

大和、野上、村田…俄かに動き始める中で

今シーズンのFA取得選手の中で注目は
西武の牧田、ロッテの涌井、日ハム増井など先発もリリーフも出来る投手の去就だ
今年CSすら逃した巨人が触手を伸ばしている
しかし牧田と涌井はメジャー志向が強く既に球団にメジャー移籍を伝えているとも言う
目玉の選手たちはやはり今年もメジャー志向が強いようだ
一方で他球団移籍を視野に宣言する選手もいるようだ
既に日本一に輝いたソフトバンクホークスから
第4戦ベイスターズ濱口のノーヒットノーランの夢を破った鶴岡慎也
高谷、甲斐に次ぐ3番手捕手に甘んじている彼は
2度目のFA宣言で他球団への移籍を模索する
またFA権を取得しながらチーム事情から戦力外通告を受けた
かつてのベイ選手村田も新たな職場を探している
そんな中ベイスターズが獲得に動くと噂されているのが
阪神大和と西武野上だ
セカンド、ショートさらには外野も守ることができ
抜群の守備で両打ち、粘りの打撃も出来る
今ベイスターズにはいないタイプの選手と言えるかもしれない
そして西武野上
ベイスターズには喉から手がでるほど欲しい右の先発
今シーズンは二桁勝利もあげ
ベイスターズにとって必要な選手だ
本当にこの2人を補強出来れば
80勝、そして優勝に大きく近づく
ただ、その一方で私は大和の補強が果たして
このチームにとってプラスになるのか疑問を持っている
その疑問はこのチームの暗黒時代から
続く遊撃手の負の歴史の系譜から思う
今シーズン記事にした
倉本批判が多い中でもう一度考えるベイスターズの遊撃手問題の負の歴史
でも書いたがこのチームの根っこにある問題でもある

1番の補強ポイントに合致する大和

今シーズンのベイスターズの戦いを振り返った時
守備の脆さを指摘するファンの方は多いだろう
特に内野手、二遊間に関しては特に守備の脆さが目立った
昨シーズンからレギュラー遊撃手として定着した倉本
守備面は堅実だと評価されてきたが
今シーズンは怠慢にうつるエラーや肩が弱くなったのかと思うほど
ファーストへの送球の遅さが目立った
これは一時期弱肩でありながらショートをやった石川のように見える時もあった
倉本の守備の脆さは残念ながら日本シリーズの舞台でも目立ってしまい
それが敗戦の直接的な原因になってしまった試合もある
しかし一方で好守備やポジショニングの巧さを誉めるファンの方もおり
彼への評価はファンの間でも別れる
ただ、倉本を厳しく見ているファンも多くは
彼が遊撃手のレギュラーとして定着して
成長してもらわなければならないと
強く思っているだろう
しかし私もそうだが今チームで遊撃手が倉本しか出来ないような状況で
倉本にライバルに成り得る選手がいない
ライバルがいなければ選手は成長しない
そういう意味で倉本に競争意識を植え付ける選手がいないのは
彼の成長を妨げる要因になる

一方で遊撃手と同じく長年の懸念だったセカンドも
現在ベイスターズにはレギュラーがいない
シリーズでは全試合セカンドのレギュラーとして出場し
今シーズン終盤はセカンドに定着したように見える柴田だが
彼もまだ通年レギュラーだったことはなく
来シーズンも調子の波に苦しむことになるだろう
一方でセカンドもショートほどではないにしろ
柴田のライバルが不在と言える
ベテランの田中浩康はサブとしては貴重だがライバルと呼ぶには苦しいし
かつてのセカンドのレギュラー石川は
既にこのチームの戦力として計算されているかも怪しいところである
そうなると、セカンドショートが出来て柴田、倉本の競争相手に申し分ない
大和こそこのチームの補強ポイントに合致する選手はいない

補償、1億…そこまで身銭切ってとる選手か

一方で大和は現状阪神では年俸が高い
補償が必要なBランク選手である
彼を獲得すれば補償で金銭以外に
人的補償としてベイスターズの選手を失う可能性もある
特に阪神は補償が伴う選手が自軍から出た場合
人的補償で選手を補強することが多い
2012年の平野のオリックス移籍では高宮を
2013年には久保のベイスターズ移籍で鶴岡を補強した
今回大和が他球団に移籍した場合
間違いなく人的補償を求めるだろう
現状ベイスターズには若手の有望選手も多く
プロテクト外になる選手でも育成に力を入れれば伸びる選手が多い
以前獲得した久保のような主力として先発の柱になるような選手や
レギュラーとしてバリバリ働いてもらう選手であれば補償をとられても問題ないが
私は大和はあくまで倉本、柴田の競争相手と思って獲得すべき選手だと思う
補償を伴ってでも獲得するべき選手であろうか
また大和は阪神からの強い慰留で3年3億または4年契約の大型契約を
蹴ってまでFA宣言をしたという報道もある
そうなるとベイスターズはそれと同等もしくはそれ以上の契約をすることになる
阪神で完全にレギュラーを獲得したわけでもない選手に
1億近き年俸を出す必要があるのか
またオリックスも獲得に動くとなればマネーゲームは必至
さらには細かい起用法のオプションもつけなくてはならないだろう
そうなればバルディリスの一軍特約のように後々問題になることもあるだろう
倉本、柴田のライバルどころか大和が優先的に起用されることもある
また年俸面で今年は宮崎など大幅に年俸を上げなければならない選手もいる
彼らが決して他チームで準レギュラークラスとも言える選手の年俸が自分より
多いと思った時にどう感じるか
ここも優勝に向けてひとつになりつつあるチームの輪が乱れないとも限らない
さらに大和は今シーズンキャリアハイとも呼べる打撃面での成績を残しているが
今年30歳の彼にとって新天地でこれ以上の成績を残せるかも疑問である

大和なら村田でも…

さらに日本シリーズを振り返って思うのが
ベイスターズにとって指名打者、代打に成り得る選手の不足だ
後藤が成りを潜め、下園が引退した今
来シーズン代打、そして交流戦でのDHはこのチームの一番の悩みの種に成る
そうなると大和以上にDHや代打を出来る選手の補強が必要だ
今年巨人を戦力外になった村田修一
私は彼の補強は未だに必要ないと見ているが
今回のシリーズを振り返れば
大和以上にベイスターズの補強ポイントに合致するタイプの選手だとも思う
守備はサードとファーストが主でロペス、宮崎と
絶対的な主力がいるベイスターズでレギュラーは与えられないが
代打もしくは宮崎、ロペスのもしもの事態にしっかり起用できる選手である
またかつてのように監督室で寝るようなことはしないだろう
戦力外選手だけに足元を見て契約も出来る
補償ももちろんない
大和以上にこのチームの補強ポイントに合致するのではないだろうか

遊撃手の負の歴史は繰り返される

また大和を獲得すれば再びこのチームの遊撃手の負の歴史が繰り返される不安もある
このチームの遊撃手の負の歴史は度々このブログでも触れ
冒頭でリンクに付けた記事“倉本批判が多い中で…
でも書いたが石井琢朗が2008年に戦力外を受けてから
石川を遊撃手のレギュラーにすべく偏重起用し
藤田、渡辺、内村…と言った他チームでレギュラーに成り得る内野手を放出し
最終的にドラフトで2014年ドラフトで倉本を獲得し
何のための7年だったのか…という負の歴史がある
その間に藤田や渡辺直人が移籍したチームでレギュラーになったのは笑えない皮肉だった
それでも今倉本が遊撃手のレギュラーとして階段を登り始めている
ここで他球団からFAで遊撃手を獲得した場合
またこのチームは遊撃手の負の歴史に戻ってしまうのではないだろうかと不安になる

80勝、優勝…それに必要なものは

倉本、柴田をレギュラーを無条件で与えることには反対である
以前の記事でも倉本のライバルに成り得る選手を
トレードなりで補強すべきだとも書いた
その考えは今も変わらない
しかしFAでの補強となれば
それは倉本のライバルとしてでなく
逆に倉本が無条件で控え内野手となってしまう可能性が高い
特に他球団との獲得競争になる大和にはそういった条件も与えられる
確かに大和は素晴らしい選手だ
内野手としてだけでなく外野手としてゴールデンクラブの獲得経験がある
彼を獲得すればそれこそ倉本、柴田だけでなく桑原、梶谷のライバルにもなる
レギュラーが固定化しているラミレスベイスターズに競争の風を吹かせてくれるし
レギュラーと決めた選手を頑なに代えないラミレス采配にも
良い意味で柔軟にしてくれるだろう
それでも大和の補強に不安を感じてしまう

80勝、優勝そしてその先の日本一に必要なことは
間違いなく選手のレベルアップであり、補強だ

しかし間違った補強を行えば
転落の危険もある

2014年後一歩で優勝を逃したオッリクスが
大型補強を敢行してどうなったか

暗黒時代のベイスターズも
実はお金を出してしっかり補強していたが
暗黒を脱することが出来なかった

今シーズン
果たしてベイスターズはどんな補強するのだろうか
そしてそれは吉と出るのだろうか

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. 私は大和がFA権を行使して他球団に移ろうとすることに懐疑的です。最後は元の鞘に落ち着くか同じ在阪球団のオリックスに移籍じゃないかと見ています。その上で大和をDeNAに迎える是非とFAに参戦する人的補償の面で論じたいと思うのですが、私も概ね快星会様に賛成です(村田加入には反対ですが)。決して大和が要らないのではなくむしろ喉から出が出るほど素晴らしい選手ですが、スタメン確約で二塁or遊撃のポジション固定という契約になりそうなのでこれには反対。それに今季のスタメン+大和を加えた打順を考えたのですが、梶谷や柴田が6番7番あたりに落ち着きそうで、下位打線に怖さが感じられません。来シーズンこそ梶谷の足を魅せてほしいと思っているので梶谷+大和を上位に置くと、桑原を下位に下げ柴田か倉本が続くという打線になります。これもアンバランスな感じがします。

    FA参戦に関しての是非ですが、鶴岡の時に痛い目を見た人的補償のことを忘れるわけにはいきません。球団が急速に刷新を始めドラ1でも暗黒時代の選手を戦力外にしている事情からDeNAのプロテクト漏れを他球団にくれてやるわけにはいきません。とくにセリーグは捕手難の時代、DeNAは主力に捕手を3枚投じましたが、その中で一人はプロテクトから外れるでしょう。おそらく高城だと思います。大和にしろ野上にしろ大金払って獲り、高城を放出することはとても考えられないことです。球団にはFAに参入するよりも育成に力を入れて頂きたいと思います。以上の理由で大和取得に反対ですね。

    1. コメントありがとうございます
      わかりやすい考察です、思わず「おー」と声をあげてしまいましたが
      大和がもしベイスターズに移籍したと考えると大和を2番に置いた場合の
      打順起用は頭を悩ますことになりそうですね
      私は梶谷はもう今年を見て実力的にもう伸びることはないと諦めてしまっているので
      もう6番7番でいいかなと思っていますが
      桑原、大和で上位を組んだとしても再び倉本を9番で使うのかなど不満もあります
      ただ私は桑原、梶谷にも競争意識を植え付けさせたいと思っているのでそういう意味では本編でも書きましたが
      外野も出来る大和の補強に魅力は感じます
      しかしやはり問題は人的補償のプロテクト。東北ベイ党さんの懸念する高城のプロテクト外は
      梅野など若手の有望捕手が多い阪神相手だから獲得しないと油断して外しそうで不安です
      鶴岡の放出は間違いなくこのチームの大失敗でした
      あれで私はある意味このチームの正捕手問題は3年遅れてしまったと思います
      黒羽根が伸びなやんだ原因もそこにあります
      FA問題に関しては今一度考えていかなくてはなりません

  2. 少し中途半端になり、すいません。昨日から神戸に来ており、バスが着いてしまいました慌てて終わらせました。
    柴田には飛躍を込めての辛口ですが、貴殿なら私が機動力⚾を望んでいること、重々承知だと思いますが、大和の方が2番としての確実性、しぶとさもあると思っています。大和取ったなら非情ですが、ピロヤス、石川はプロテクトから外してもいいと思っています。

    1. 神戸にいるんですね、ほんとに日本全国お疲れ様です
      大和がいれば確かに機動力野球は今シーズンより出来るでしょうね
      私も石川、田中浩康あたりがプロテクト外で獲得される分にはいいのですが
      東北ベイ党さんも指摘するように高城がもし外で持っていかれれば目もあてられません
      このあたりをしっかり球団に考えて欲しいですね

  3. 倉本に関しては変わらない高評価のFOXですが
    素直に大和は億単位、人的補償あっても欲しいです!
    対阪神戦で大和に苦しめられた分も無くなります。
    私としては、基本は柴田と争そわせる!また、倉本、宮崎故障時でも、そんなにレベル下げることなく、起用できる。
    柴田と争わせる理由は、何を言ってるFOXという意見あるとは思いますが、そこそこだが上手いとは思っていません。柴田は、左右の足の運びが菊地に比べたら格段に遅く、それをカバーするために安易に直ぐに飛び込んで捕球しようとしています。そんなシーンひ何度見たことか。またまだ、鍛えれば伸びると思いますが私の守備評価はそんな感じです。バッティングも時折粘りますが、落ちる球には空振り多いです。

    1. コメントありがとうございます
      FOXさんは大和補強に賛成なんですね、実は意外でした
      しかし理由を見ると納得しますね、確かに手痛い一打を浴びることが多かった大和を阪神から削ぎ落す意味では魅力です
      ただ、大和を補強した場合私は遊撃手に彼を起用する可能性が高い気がします
      そうなると倉本柴田でセカンドのポジションを争う形になる不安もあります
      そうなるのであればこの補強が柴田、倉本のレベルアップを測るというより
      柴田の倉本の潰し合いになる可能性もありそれは本末転倒になってしまうかなと思います
      ただ、大和ほどこのチームの補強ポイントに合致する選手はいません
      高田GMがそこをどう評価するかきになります

  4. まず、秋季キャンプですが………去年も春キャンプも盗塁、バント課題になっていて力をつけるはずでしたよね。
    同じ事言っているけど、本当にうまくなるんでしょうか?とっても疑問。
    対策臨時コーチを雇うなり、したらどうでしょう?
    来年変われるとは今は思えないのですがね〜。
     さて、大和。
     くれるなら欲しい選手ですが、1億も払う選手じゃないですよね〜。
     それに人的保障が一番心配。
     プロテクトしても、けっこういいあぶれる選手いますよ〜。
     悩ましい所ですよね〜。
     野上も、くれるなら欲しいけど………..
     投手陣は若手が伸びてくれれば、なんとかなりそうなんだけど。
     ともかく有望な若手を失って迄FAでとる二人ではないとは思いますが、難しいところですね。
     ニ遊間は、確かに大和位の選手がいるといい刺激になるのですが、トレードで誰かいませんかね〜。
     まず私は倉本セカンドコンバート、柴田ショートをどうかと思います。
     倉本ではやはり、ショートよりセカンドの方が守りはいいかな。
     柴田のショートも肩が懸念ですが、それよりも打撃が一皮むけるといいのだけど。
     ともかく、誰か一人新戦力はほしいですね。
     あと、村田は個人的にいらないな〜。
     故障対策の、バックアップは外国人とるような話出てますし村田は個人的に好きではないな〜。
     けっこう、年棒安くていいなら欲しいという方多いみたいですけど。
     う〜ん……………。
     優勝する為には補強は必要ですが、そんなお金使うなら若手を育てられるコーチに大金はたいてほしい
     ですね。

    1. コメントありがとうございます
      秋季キャンプのバント、盗塁うんぬんの話は前任者の中畑監督のころから目指されている話だと思うのですが
      結局このチームはうまくできていませんよね
      これはどうしたって仰る通りコーチの問題でしょう
      高田GMは球団として育成をマニュアル化しようとしているところがあり
      極端なこと言えば誰がコーチでも球団の考えと同じように育成して欲しいという感じですから
      個性あるコーチや他球団で実績のあるコーチを招聘しようと動きはありませんよね
      本来盗塁、バントの話するなら石井琢朗なんかいの一番に声をかけて欲しいところですがそんな姿勢はありませんでした
      さて、本筋から話がずれましたが大和の補強
      補償がないなら私は彼の獲得に反対しなかったのですがやはり補償を考えるとうなずけない補強です
      彼がベイスターズにくれば間違いなくスタメン確約でしょう、そうなれば非常に内野陣が小粒になります
      そして補償で若手投手や捕手をとられれば目もあてられません
      村田の補強は私も必要ない派ではあるのですが大和を獲るなら補償のない村田の方がましかなと思った次第です
      ただ、勝つにはやはり補強も必要ですが果たして高田GMは誰を獲得するのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。