「目標は優勝」、口に出して言えるシーズンが来た


20年前もそうだった

あの年とようやく同じ状況になったと言える
今から20年前の1998年1月
前年37年ぶりの優勝に後1歩に迫ったベイスターズ
例年シーズン前は「今年は優勝するよ」と
言ってはみるものの
心からそれが出来ると思っていたファンなど
ほとんどいなかっただろう
しかし20年前のシーズン前
「今年は優勝する」とファンも心から願うことが出来
口にすることも出来た

98年シーズン前

20年前を振り返ろう
97年シーズン
前半戦独走状態の野村IDヤクルトを
夏場から追い詰めたのは
春先14ゲーム以上のゲーム差で離されていた
横浜ベイスターズだった
石井、波留、鈴木尚典といった20代中盤の選手が
マシンガン打線の中核を担い
9回は大魔神佐々木が締める
97年シーズン前若手エース斎藤隆の離脱で
評論家からBクラス予想が多かった中
8月には首位に肉薄するところも来た
しかし9月ハマスタでのヤクルトとの首位攻防戦
石井一久のノーヒットノーランでチームは意気消沈
後一歩のところで勝ち切ることが出来なかった
そのオフ97年躍進の立役者大矢監督が退団
ヘッドコーチの権藤が監督に昇格する
翌年の優勝を狙うために
補強に積極的ではなかった球団も動く

球団が本気で「優勝」を狙う

過去の歴史を振り返っても大型補強は
93年の駒田ぐらいしかあげられない球団も
このオフは動く
右の大砲不足もあり
まずは巨人を戦力外になった岸川を秋季キャンプ前に獲得
トレードでは
近鉄から中根仁の獲得に動き交換相手に
92年最優秀防御率獲得し佐々木とダブルストッパーを担った盛田を放出
また左腕不足だったチーム事情もあり
内野手永池を放出し巨人から阿波野を獲得した
さらにヤクルトからFA宣言した吉井の補強に動き
「メジャーがダメならベイスターズ移籍」と一部スポーツ紙で報道されるほど
積極的に交渉に動いた
吉井は夢を追いメジャーへ渡り獲得には至らなかったが
どこか優勝を狙う姿勢が足りなかったベイスターズ球団が
この時は本気で優勝を狙っていた
97年11月にプロ野球選手の脱税事件が発覚し
ベイスターズ所属の波留、万永、川崎も関わっており
開幕からベストメンバーで戦うことはできない不安があったが
それでも球団もファンも本気で
このシーズンでの「優勝」も目指していた

20年後の今年も

その20年後の今年も
同じ匂いがする
昨シーズンCSからの下剋上で日本シリーズ進出
シリーズでは2勝したとはいえ王者ホークスに完膚無き敗れたが
DeNA球団も本気で優勝を獲りにいっている
FAではベイスターズの一番の穴、二遊間の補強に
阪神から大和を獲得
サブとしてシーズンを戦うことの多かった大和に
3年もしくは4年の大型契約を結ぶことに
多少の違和感もあるが
それでも今は「今年の優勝」を狙うには
絶対に必要な補強なのかもしれない
ハマスタの改修も始まり
98年の再現に舞台は整いつつある
いやそれ以上のステージが用意されているのかもしれない

「今年は優勝」を口に出せる幸せ

歓喜の98年シーズンを楽しんだ我々だったが
それから思い出したくもない暗黒の10数年の屈辱を味わう
気付けば
98年以前も「今年は優勝するよ」とジョークも交えた言葉でさえ
口に出すのも躊躇われ
「100敗しなければいいよな、今年は」とシーズン前から
最悪な時の予防線を張り
時には「このチームは今年で消滅してしまうのかな」と
成績以外の不安に駆られる時もあった
歓喜の98年から
暗黒時代を経て20年の時が経った2018年
我々は再び心からこの言葉を口に出すことができる

「今年は優勝する」

横浜の街は今年ついに快“星”になる

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. お久しぶりです。
    今年もブログ楽しみにしてます。

    先日のスタメン発表でセカンド大和、ショート倉本はかなり違和感がありますが、高田GMはショート要員として大和を獲ったのだから、二遊間は絶対に競争させてほしいです。その上で発表した通りのスタメンならいいのですが。GMは監督にちゃんと話をしてくれって感じですね。

    ここ数年ドラ1ピッチャーがしっかり活躍しているので、今年もかなり期待が持てると思います。

    監督の采配も不安ですが、打線はやはり筒香が打たないと勝てないですね。
    昨シーズン序盤は状態が悪く、筒香が打てば勝てたのにという試合が何試合もありましたが、今年は序盤から全開で行ってほしい。

    あとはここ数年スタートダッシュが悪すぎるので、それがなければ優勝は十分狙えると思っています。

    1. コメントありがとうございます
      大和を柴田の競争相手にしか使わないのであればそれは、ちょっと…って感じですね
      倉本、柴田もしくは梶谷あたりの競争相手に大和を使って欲しいですね
      今年も倉本や梶谷を無条件にスタメン確約するのであれば、何のために大和を…って気持ちになります
      とにかく今年は開幕まで選手には競争心を持って戦って欲しいです

  2. お帰りなさい!!!
    球春到来という感じですね。
    優勝を当然狙える戦力ですが、やはり監督がとっても不安ですね…………..。
    昨年同様、コメントに血が上りそうですが(笑)いい意味での変わり身を願ってます。
    選手も有望な選手も数多く入団し、在籍選手も飛躍が期待されますし切磋琢磨し
    是非白熱した、レギュラー争い、1軍争いを繰り広げてほしいですね。
    キャンプインもあと少し、春近しですね。

    1. コメントありがとうございます
      今年もよろしくお願いします
      今年はやはり私のブログは指揮官の采配を厳しく見ることになると思います
      ただ、私が批判すれば批判するほどチームは伸びていると勝手に思っているので
      今年もたくさん批判や厳しく記事を書いてオフには「快星会よ、謝罪しろ!」というシーズンになることを祈っています
      来月1日2日は宜野湾に行く予定です!

      1. 今年も一緒に批判しましょ!
        謝罪する時は私も一緒に謝罪する事になると思いますので、その時は一緒に謝罪しましょ(笑)
        キャンプいいですね〜。
        私は沖縄は無理なので、今週新人合同自主トレ行ってきます〜。

  3. 快晴会様
    お久し振りに貴殿のコメントを拝読出来て嬉しく思っております。
    折から昨日は今季のチームスローガンが発表されました。
    VICTORY IS WITHIN USですか。
    個人的には今季本気で優勝を狙うなら1998年スローガンの復活でも
    良いのではと思っております。
    GET THE FLAG AGAIN !

    1. コメントありがとうございます
      今年もよろしくお願い致します
      私も今年は20年の時を越えて「GET THE FLAG AGAIN!」には一票です!
      その方がレジェンドマッチをしただけに気持ちが高まりますね!

  4. 貴殿の帰りを待っていました!

    20年前は丁度、今の貴殿と同じくらいの年齢だと思うが、当時より戦力的には投打とも充実している。
    当然、優勝を狙う戦力は整っている。
    しかしながら、唯一心配なのは監督の采配!
    冷静に考えたらリーグ3位、CSでの采配も雨で延期があったから出来た投手起用を絶賛されているが日本シリーズでは、野球の質、采配の無力を露呈した。
    その反省があり、犠打、盗塁を増やさないと勝てないとやっと理解したようだが、キャンプでどう実践していくか、とくと見せて貰いたい!
    私なら世界の盗塁王福本を臨時コーチとして呼び教えを請う、意気込みだけで、盗塁は増えるものではない。時のごとく、投手の癖、配球を盗み塁を奪う。
    心配な監督は先日開幕オーダーを発表したが新婚更なるで心機一転の柴田、シラタキ、メキシコで活躍した乙坂の名前は無かった。彼らだけではない、みんな生活掛けている中、意味がない無能発言。
    今年は最初はラミレスと呼ぶ予定だったがやはり、ダミレスと言わせて貰う。

    1. コメントありがとうございました
      再開しました、まずは3月までは1週間に2度くらいの更新頻度を目標に開幕まで調整していきたいと思います
      さて、私もFOXさんの言う通り97年に比べて今の戦力は投手陣も野手陣も充実していますね
      そして今日記事でも書く予定ですが、やはり指揮官の采配が気に成ります
      CSで魅せた采配は確かに冴えていました、しかしシリーズそしてシーズンでの采配は私は誉められません
      特に広島奇跡の3連勝の前の東京ドームでの3連敗はもし、CSを逃していれば更迭されてもおかしくない指揮官のミスでした
      そして先日の必要性のないスタメン発表、百害あって一理ないあの発表は何なのか…今年も指揮官を厳しい目で見ることになるでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。