ベイスターズ7代目 背番号00 東野峻 ~砂遊びの背水の陣~


前回紹介した藤井秀悟が引退し
2015年のシーズンから横浜DeNAベイスターズの背番号00をつけているのが
かつて読売巨人軍の開幕投手を務めた東野峻です
今回は東野峻について書いていきたいと思います

ベイスターズでの弱肉強食

今シーズンベイスターズの選手は、ユニフォームにそれぞれが選んだ今シーズンの
パーソナルスローガンを付けています

東野峻のパーソナルスローガンが
“SURVIVAL OF THE FITTRET”
弱肉強食

まさに東野峻は弱肉強食のプロ野球界を良くも悪くも味わってきた選手です
2011年、東日本大震災の影響で1カ月遅れでスタートしたプロ野球
その開幕戦、巨人の先発マウンドにたっていたのが東野峻でした
彼はその試合見事に7回途中まで2失点と勝利を収め、歓喜のマウンドにいました
その3年後、彼は戦力外を受けた選手が集まる合同トライアウトのマウンドに
巨人軍で開幕投手を務めた男が3年で味わった屈辱
弱肉強食の世界を体現していたのです

期待された巨人のホープ

東野は2004年のドラフト会議で7巡目指名を受けて巨人軍に入団
背番号は93
高卒とはいえ期待薄の7巡目でしかも戦力が有り余る巨人の中で
1年の猶予もない状態でプロ野球生活のスタートを切りました

3年目の春季キャンプ
これまで1軍登板のなかった東野でしたが原監督の目に留まり
最速150キロのストレートそして縦に割れるカーブを評価され
注目の若手投手として新聞でも取り上げられ始めます
そのシーズンはヤクルト戦で初登板
このわずか1試合のみの登板でしたが確かな自信を持って
2008年のシーズンを迎えます

この4年目となるシーズンでは28試合に登板
横浜戦ではプロ初先発勝利を達成すると翌週の広島戦で初完投勝利と2連投2連勝
球団からは来シーズンの飛躍を期待されて背番号は槇原などがつけた背番号17を与えられます

2009年には先発ローテ入りし8勝
その年の日本シリーズ第六戦に登板します
翌2010年には
13勝と二桁勝利をあげて、チームの柱に
そして2011年
開幕投手として登板し勝ち星をあげ

ドラフト7巡目の投手が巨人軍で開幕勝利をあげる快挙

そして1カ月後には阪神能見からプロ初本塁打を放つなど

まさに弱肉強食の「強食」を地で行く活躍をみせました
しかし、彼はここから今度は「弱肉」として喰われる立場になってしまいます

まさかのオリックス移籍

試合中盤に
突然球威がなくなり変化球のキレも悪くなり四球が増え、失投を痛打されることことが多くあり
09年に原監督に「砂遊びは卒業しなきゃ」とまで苦言を呈された悪い癖が治らず
7月には配置転換でリリーフに回されます
後半戦先発に戻されても本来の投球はできず
正捕手阿部からもメディアを通じて厳しい言葉をかけられて8勝11敗でシーズンを終えます
伸び悩む成績に球団からの評価も悪くなり

翌2012年、1軍でもファームでも不甲斐ない成績を残すと
オフにオリックス香月・阿南とのトレードで(巨人からは山本和作)移籍
巨人開幕投手のトレードは過去20年ではじめての出来事でした

オリックス移籍後は先発を期待されるも本来のピッチングは戻らず
2年間で1勝に終わり2014年に戦力外通告を受け
巨人軍の開幕投手が3年後にトライアウトのマウンドに立つ凋落でした

しかし、トライアウト直後にベイスターズから連絡が入り入団が決まり
3シーズンぶりにセリーグに帰ってくることとなりました

ベイスターズ東野の真価

背番号は元同僚藤井のつけていた00をつけます
今年のオープン戦ではリリーフとして防御率1点台と好調ぶりを見せつけますが2軍スタート
ファームで春先は安定したピッチングを見せます
それが評価され、交流戦の古巣オリックス戦で一軍初登板
ハマスタでは大歓声を受けてマウンドに立ちますが、失投が多く1回2失点
砂遊びを卒業したところを見せられません

その後も好投すればその次は打たれるの繰り返しで安定感がなくファーム落ち
それからはファームで先発を任されることもありましたが
1勝3敗2セーブ、防御率3.42と安定感はなく
今年も秋がきてしまいました

東野についての印象は巨人で結果を出しても
原監督や阿部に苦言を呈されて可哀想だなと思っていたんですが
今年の東野のピッチングを見ると…

まあ、言うほどコントロールが悪いようには思えないんですが、あっさり打たれるんですよね
先頭打者に打たれるともう何失点するんだろうと…
それでも、彼の本来の力がこんなものだとは思わないだけに
1度先発のチャンスをしっかり与えて欲しいかなとも思います

この秋は、東野ファンの方にとっては少し心配もあるかもしれませんが
もう1年彼の復活を待ってみたいと個人的には思う選手です
追記:2015年戦力外通告を受け、打撃投手転向

今回の東野峻投手で背番号00の歴代選手紹介は終わりです
次回からは背番号0の歴代選手を紹介していきたいと思います

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。