2015年10月3日 対読売  3年ぶりの最下位という現実に目を背けるな!!


それは、5年で優勝だった

2011年12月1日プロ野球臨時実行委員会とオーナー会議
正式にTBSホールディングスからDeNAに横浜球団譲渡が承認された後の
新オーナー春田真会長の記者会見でのこと

春田オーナーは球団の目標を聞かれこう答えた
「来季の(2012)目標はまず、最下位を抜け出してくれと言う事。そして3年以内にCS進出、5年以内に優勝してくれということを(GMには)申し上げたいと思う」

実はこう答える前にオーナーは
「(目標ではなく)願望でもいいですか」と断ってはいた

しかし、それでもオーナーの願望という名の目標
この4年間では遥かかなただった

1年目…46勝85敗13分
2年目…64勝79敗1分
3年目…67勝75敗2分
4年目…62勝80敗1分

最下位、5位、5位、最下位

結局この4年間は何だったのだろうか…

奇跡の中畑野球最後の試合

予備日であったこと、そして前日にヤクルトが優勝を決めたため
チケットを持っていた巨人ファンの足が遠のいたのか
確実に満員になる予定だったハマスタは3塁側で少し空席が目立ち24178人
最近28000人越えが日常になっていたハマスタに慣れていたファンには多少物足りなさも残った

それでも、この4年間
ベイスターズを、横浜を、野球界を盛り上げてくれた主役に敬意を払い
30000人以上のような熱い大きな歓声がベイスターズを後押ししていた

しかし、先発三浦が1年間の疲労もあったのか
ピリッとしなかった
3回4失点早々とマウンドを降りる

それでもファンは中畑野球の代名詞『大逆転』にはいい演出にも思えたはずだ
今日はきっと何かが起きると…

4回裏
振り返れば中畑野球の1年目の開幕戦で1番打者だった
言わば中畑ベイスターズの先陣を切った梶谷がツーランを放ち2点差に迫る
倉本にもこの回タイムリーが生まれ1点差

しかし、巨人に追加点を効果的に奪われ差を広げられる
しかし6回と8回に
伸び悩み中畑ベイスターズで2年間結果を残せず
一度は中畑に突き放された筒香が2本の本塁打
2点差にまで追い上げる

しかし、ここまでだった
試合は敗れ3年ぶりの最下位が決まった

中畑野球4年目の挑戦は最下位
「3年でCS」とのDeNAの願望は
4年たっても最下位という現実に終わった

これは紛れもない事実だ

満員のスタジアム、最下位の球団

ファンが増えた、スタジアムが満員になった
新規のファンが増えた、遠のいていたファンが帰ってきた

プロ野球である以上これらのことは大事なことだ
ファンがいなければプロスポーツは成り立たない
Jリーグでは週一開催の試合にファンを集めるのに苦労し
経営がままならないチームもある

ハマスタも4年前まで閑古鳥だった
2011年の最終戦
無料開放したライトスタンドと
優勝が決まる中日ファンで埋まるレフトスタンドと3塁側以外は
ファンが疎らだった

それがこの4年で劇的に変わった
あり得ない
98年以上にファンがハマスタにいる
それもオレンジ黄色が1塁側まで浸食してるわけではない
今や青のユニフォームを着たファンが我が物顔で3塁側に座っていられる
相手が阪神だろうと巨人だろうと
だって3塁側も半分近くベイスターズファンなのだ

これは間違いなく中畑清をはじめ球団の営業努力の賜物だ
もし、観客の増加率や大入りの試合が何試合あるかを競う競技であれば
間違いなく優勝

しかし、これは厳しいようだが野球で強いチームを争うリーグなのだ
だからこそ、4年間低迷の責任を取るべき人間がいるのは仕方がない

たとえ、この4年間が無駄だったと言われても受け入れなければならない
前半戦首位ターンで迎えたチームが最下位になるということは史上初という記録も
笑える話ではない

だからこそ、厳しいことを言うようだが
中畑監督に「御苦労さま」とは言っても
この4年を賞賛はできない

しかし、責任は監督だけが負うものではない
冒頭の当時のオーナーが言った願望という名の目標をもう一度読んで欲しい
「来季の(2012)目標はまず、最下位を抜け出してくれと言う事。そして3年以内にCS進出、5年以内に優勝してくれということを(GMには)申し上げたいと思う」

そう、GMにお願いしているのだ
もちろんこの時まだ監督は決まっていない時だ
だからGMに頼むしかなかったのかもしれない
しかしこの球団はGM制を布いている限り
コーチの編成から選手の補強そして

「ファームの責任を山下一人にとらせるのか」

でも書いたファームの育成までGMの手腕
であるのならば、この低迷の責任は
今日万感の拍手で送ってもらった男だけにとらせるだけで終わってはいけない

そして何より
観客が入っただけで興奮して舞い上がって
続投要請だけをした
球団オーナー、社長もそろそろ気づくべきだ

今年の前半戦を首位で終えたことが異常だっただけで
借金18で終えたこれが今のチームの現状なのだ

球団を持つということは勝てるチームにする責任があるのだ

勝てるチームにすることを疎かにすれば

今年までお客さんが入ってくれていたことが異常であったことに
気づくはずだ
いつ、また2011年までの閑古鳥スタジアムに戻るかわからない



前オーナー春田が掲げた目標「5年で優勝」には後1年ある

次の監督は
ファンを集める監督を選ぶことより勝てる監督を選ぶのが今は最優先
そして来年必ず優勝する
それが、ファンを4年で集めた中畑清に対する球団の恩返しであり償いであるはずだ

背番号70の4年間が無駄だったか有意義だったか
それとも未来に咲く大輪の花の芽だったのか
評価するのは来年以降の球団の成績だということを忘れないで欲しい

DeNA球団は
3年ぶりの最下位という現実から目を背けてはいけない

中畑清監督の4年間お疲れ様でした

次回以降、中畑清監督の4年間を私なりに振り返ります
辛辣なコメントや厳しいコメントもしっかり目は通しますのでぜひ、読んでいただくと嬉しいです

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメント一覧

  1. おはようございます
    終わりましたね、寂しさを感じます
    今年レフトに打球があがっ時、ライトかぁ❓なんて一瞬思う日もありました
    中畑1人の功績ではないが、大きな一因として、4年間で残してくれたものだと感謝します
    来年誰が監督になんて希望はありません、ただ中畑が残したファンが引き続きスタジアムを青に染められることだけは希望します。苦言を言うなら今年中畑に優勝を目指して貰うだけの補強をしたのかと思うことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。