カープの悔しさを味わえない、ベイスターズファン…98年の歓喜の日から今日で17年


17年前の今日

1週間後の中間テストもあり部活はなく、早帰り日
それでも数学の因数分解の勉強より理科の光合成の復習よりも
大事な大事なことが学校帰りに待っていた
10月10日のダブルヘッダーの中日戦のチケットを持っていた自分には
その日にアレを決めてしまうことに若干、複雑な心境ではあったが
それでも、ヤクルトに3連敗しようやく一昨日勝ち
マジックは1に
今日決めなければ、38年ぶりの歓喜を味わえないかもしれない…

そんな98年10月8日の昼休みの私の心境だったんだろう
一方、17年後私は
「CS争い最後までするカープにだいぶ差をつけられたな…」と
遅めの昼食をとりながら移動先で昼休みを迎えている

17年前、我々ベイスターズファンは
その10年後もしくは20年後
おそらく横浜ベイスターズは
今の広島カープのような球団になっているものと思っていた

横浜市民の9割はベイスターズファン
新球場の横浜ドームはみなとみらいで1番人が多く集まる施設
監督は98年優勝した大魔神ササキ
ヘッドコーチの谷繁が次期監督
打撃コーチの尚典や内野守備走塁コーチの琢朗はその後の争いかな
元気印の波留は外野守備走塁コーチ
2軍監督は佐伯監督のもと、確実に選手が育っている
谷繁引退後は、ポスト谷繁のベテラン新沼が頑張ってるけど
もう、そろそろ若手がしっかり育って欲しい
多村、紀田は主軸で頑張ってるけどもう引退も近いだろう
98年のドラフトで引き当てた松坂はメジャーから横浜愛で復帰し
今年は男気エースとしてまだ頑張ってくれている
三浦とのダブル大輔コンビは今年も2人で25勝してくれた…
市民球団横浜ベイスターズのファンがいる限りこのチームは死なない

こんな妄想をいや、現実的なものになるとあの日我々は思っていた
しかし残念ながら、現実は180度違った結果となっている

そしてこの妄想に近い形を実現しているのが
広島カープなのかもしれない

新球場マツダスタジアムはついに200万人の観客動員を突破
監督は野村謙二郎から緒方へ
次期監督は前田智かな
今年引退した東出は人望もあるし、2軍監督なんかをやるんだろうな
石原はまだまだ頑張って欲しいけど、ポスト石原の会澤も来季は正捕手をとるだろう
カープを裏切ったように見えた新井はカープに帰ってきてくれた
メジャーでも二桁あげた黒田はカープ愛で男気エース
マエケンのメジャー挑戦が心配だけど
昨日悔しい思いをした大瀬良や野村あたりが来年奮起してくれる
そのためにも市民球団カープのファンは引き続き熱い応援をする

プライドを捨てて、悔しさを押し殺して認めるが
今のカープに嫉妬する
羨ましい
今のカープの姿にベイスターズはなるはずだった

ところが人気も実力も
差がでてしまっている(人気面は若干追いついてきたが…)

見下されているといっても過言ではないだろう

00年代末期どんなに低迷が続こうと
「21世紀に入ってまだAクラスになっていないチームもあるしな…」
無理やり広島を見ながら自分を慰めていた

10年代に入り
「まあ、一度もCS出れんチームもあるからのー」
昨日負けた広島ファンは自分を慰めたのだろうか

昨日のカープのような本当の意味での悔しさや挫折
今のベイスターズの選手、球団は味わっているのだろうか
慣れきった最下位に、たいして悔しさを感じなければ
もう、プロ野球なんかやめてしまった方がいい

昨日大瀬良が流した涙を見て
ベイスターズの選手はどう思ったんだろうか…

そして、誤解を恐れずに言えば
昨日の試合を見て
最下位の監督に万感の拍手を送った我々ファンも考えなければいけない

最下位や低迷に慣れ、感覚が狂っている我々ファンも
昨日本当の意味で悔しさを味わったカープファンのような経験を
97年にはしていた

そしてそれが翌年の優勝につながった

もう一度選手、球団、そしてファンも勝てるチームを目指していく時なのかもしれない

プロ野球において10月8日といえば
94年の「巨人対中日」の最終戦優勝決定試合だろう

しかし、我々ベイスターズファンにおいては
甲子園で38年ぶりの優勝を決めたあの日である

あの時の歓喜をもう一度味わいたい

t02200396_0480086413447780363

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

  1. >QuWA田ベイスけさん
    まさにその通りですね

    非常に悔しい、恥ずかしい結果を残してしまったことを選手、球団、ファンはどこまでわかっているのかが来季の浮上に関わるでしょうね

  2. 多くの人が望んだ 信じたカープの勝利を 淡々としながらも静かに燃えた中日ナインの執念 意地 負けん気 プライドにも大拍手を送りたい
    卑下したかないが 終盤グズグズの試合して終了したチームより 何兆倍もカッコ良かった
    て事は セ・リーグのどっかのチーム以外は いい終わり方をしたってことか…あ~あ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。