そもそも、ラミレス監督って客呼べるのか?


新監督問題が混沌としそうだ

中畑清がデーブ問題男らしく辞任した後
球団の後任選びは難航しているように見える

ラミレス、ローズ、ササキ、古田、進藤、ヒルマン…

スポーツ新聞もあまりに候補が多すぎて
おもしろがって候補者の名前をだしているようだ

だいたい、候補を10人に絞ったと報道されたが
10人という数は絞ったではなく「名前があがった」というべき
絞る作業ではなく
監督になってもらいた人をGM、社長、オーナーで言いあっている段階だろう

池田社長にとっては、初めての監督選び
高田GMにとっても巨人の天下り球団脱却と以下省略で書いたが
はなから工藤監督候補を切って中畑監督を就任させた11年とは違って候補者から選んでいる

実質初めてのDeNAの監督選びとなる

高田GMも池田社長も意見があわないようで
監督が決まるのは
11月の秋季キャンプまででいいと発言
長期戦の様相だ

工藤監督白紙から中畑清監督就任にわずか4日
しかかからなかった球団にしては
なぜ、こんなに時間がかかるのだろうか(おもいっきり皮肉)

ここまでのスポ-ツ新聞での発言を見ると
ラミレス・ローズなど外国人監督を推す池田社長
日本人監督にしたい高田GMのように見える

まあ、それでも2人に共通するのは
GM制の理解が一番重要なことのようだ
今シーズンの総括は中畑一人ではなく
GM含めた編成面においても行わなければならないはずだが
その点については後回
もしくは問題にはあがってないようだ

ところで、相変わらず球団は
中畑野球の継承やら、ファンの人気うんぬん
重要な選考要素にしているようだ

球団の営業努力で客を呼んだのに
中畑清一人が呼んだとでも思っているわけではないんだろうが…
どうもファンの支持が高い監督を呼びたいようだ

ファンの支持を見極めるためにスポーツ紙に連日監督候補の名前を
リークしているようにも思える

間違えてはいけないのは
ファンが監督を支持するのは
シーズンに入り試合に勝っていくことで集めるものだ
監督就任直後のファンの人気など
組閣直後の内閣支持率ぐらい意味のないものだ

どうもそのあたりがこの新興球団にはわかっていないようだ

ところで今新監督候補の最有力候補がラミレスのようだ
中畑野球を踏襲できて、現在の選手の特徴を把握できている
いまいち人気の低いヘッド進藤の内部昇格に比べれば
人気面では申し分がないということらしい

しかし、ラミレス監督は人気なのか?

結論からいえば
私はラミレスが監督になって人気面、観客動員の面での効果は薄いと見ている

アレックスラミレス
ヤクルト、巨人、DeNAそして独立リーグ群馬と
日本人選手以上に日本野球に溶け込んだプロ野球選手と呼んでいいだろう

ヤクルト時代は、200安打達成するなど文句のない結果を残し
巨人移籍後も49本塁打を2010年に
MVPを08年から2年連続獲得するなど
優勝と日本一に貢献
DeNAでも外国人初の2000本安打を達成
衰えの見えた守備はご愛敬だった

そんなラミレスは
本塁打後のパフォーマンスをはじめとする
ファンサービスを大事にしている選手としても有名だ
サインはめったなことでは断らないし
日本語も堪能なため
試合前にファンとのコミニケーションも怠らない
文句のつけようのない選手だ

その人柄は、チームメートにも愛され人望も高く
ベイスターズ時代
長年不調だった吉村を指導したことで指導力の高さも窺える

おそらく来年、ベイスターズの監督をやらなくても
近い将来どこかで監督をするのは間違いない人材だ

しかし、こと観客動員がラミレス監督で増えるかというと疑問だ

まず、ラミレスは日本語は堪能だが
細かいニュアンス含め当たり前だが
前任中畑清より決して日本語が流ちょうではない
中畑清のウィットの利いた底抜けの明るいコメントを言うようなことはない

過去4シーズンの最終戦で魅せたチカラ強い
ファンを熱くさせるメッセージを通訳なしで伝えることはなかなか難しいだろう

また、記者との軽快なやり取りを試合前キャンプですることも出来ない
中畑清1年目のような新聞一面独占ということはないと思って間違いない

さらに抗議でベースを投げたブラウンやバレンタインのように
外国人特有の感情的な熱い部分も
日本人のマナーを心得ているラミレスが
そんなことすることはないだろう
そういったパフォーマンスは少ないとみていい

またラミレスがベイスターズに在籍していた期間は
わずか2年
同じく候補にあがるローズに比べれば、短い
「あのラミレスが監督だ!見に行こう!」
という話にはなりにくいと見ている

ここまで言うと
「お前はラミレスが嫌いなのか」
と言われそうだがそういうわけではもちろんない

要するに
監督で客を呼ぼうなど
せこい考え方を球団は捨てるべきだと言う事だ

はっきり言って今あがっている監督候補で
名前だけで試合を見に行こうなんて思うほど
ファンは馬鹿ではないし、ファンをなめてはいけいない

確かなファンサービスを提供し、営業・企画を充実させることは大事だが
監督には
いかに勝つことだけを考えさせてあげるかということ
また、そういう環境を整えてあげられるかだ

中畑清監督に対して否定的なことを私は言う事が多いが
新規球団の立ち上げから参加し
ファンや世間から注目を浴びるために
必死に野球以外のことも考えさせらていたことには
同情もするし
実際世間に注目させたことは
評価どころか勲章もんだ

だからこそ、中畑清でいい想いが出来た球団は
今度こそ監督が勝利だけに徹することができる環境を整えるべきだ

コーチの育成をして欲しい
GM制度の理解を持って欲しい
球団の言う事を聞く人がイイ
ファンサービスできる人がいい
年俸が安い人がいい
ベテランを干せる人がいい
球団が気に入る若手を使ってくれる人がいい…etc.

球団は三木谷のようにどこぞのオーナーのように
野球ゲームをしたければ
プレイステーションでも買ってやってくれ

勝てる監督を本気で選ぶためなら
ファンや選手は秋季キャンプ後でもいくらでも待つ

しかし、球団とGMの思惑が渦巻いて
11月まで待つ余裕が
最下位の球団にはあるように思えない

CSが終われば世間は
阪神の新監督
もしかしたら巨人の新監督候補で騒ぐだろう
最下位の球団の監督など興味はない

勝てる球団に舵を切るチャンスを失ってはいけない

ここまで読んでいただきありがとうございます
最後に応援クリックお願いします! (※ブログ村に移動します)
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

記事更新時に通知を受け取ることが出来ます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。